アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


01<<  2018.02 >>03
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


セブパシフィック航空 マニラ ~ 関空 往復 3490円
2009年 8月2日


いよいよモアルボアルからセブシティに移動します

セブで1泊した後、空路マニラヘ戻って添乗員の業務を再開し

願わくば、相方の目を盗み、うふふですw






モアルからは添乗員の独断でセレスのエアコンなし自然の風が吹き込むバスで

2時間30分 75ペソ 150円、セブ市内のサウスバスターミナルへ

画像はセブ東海岸と西海岸の分岐点の街、カルカルCITY

セブに着いた時は全員、顔まっくろw







セブ滞在での予定は愛車のアジアンバイクのパーツ探しです

今回は、ローダウンサスの物色で現在取り付けてるローサスを

上回る短いのを見つけました1200ペソ 2400円、安い~w


wave


関連リンク

私も普段の足としてアジアでレンタルしたバイクをカスタムして乗っています。







いよいよ魑魅魍魎なマニラヘ向けAirでGOです


画面のHQマークでより鮮明な画像で表示します

友人の関係者が安否を心配してるので身内ネタで恐縮です (出演、ツレ)

by - あじあん添乗員



Phot by   CASIO EXZ-85









2009年 7月31日


旅に出ると必ず滞在中、1度はバイクをレンタルしパトロールに出かけるのが常だ

レンタルするバイクは決まってHONDAの小排気量(125CC)カブスタイルだ

日本の大手メーカーでありながら現地工場で生産されてるので

日本では販売されていない即ち販売も一部の輸入業者のみで商われている


関連リンク


私も普段の足としてアジアでレンタルしたバイクをカスタムして乗っています。







前回の続きのバイクでパトロールのレポートです

セブ南部 モアルボアルから中部のカルカルへ向け走ることにした

動画はその時のセブ西海岸から東海岸へ抜ける山越えの山頂付近です。







峠を越えた辺りで軍の検問に出くわしたセブ南部は現在、ノーヘルでも

大丈夫と聞いていたが現在地点は既に中部に差し掛かり、ひょつとして

ここではセブシティ同様にヘルメット着用を義務つけられてるので

難癖をつけられるのではと少々(汗



画面のHQマークでより鮮明な画像で表示します

友人の関係者が安否を心配してるので身内ネタで恐縮です (出演、ツレ)

by - あじあん添乗員


関連リンク


前回、ひとりでパトロールの記事です。


Phot by   CASIO EXZ-85










2009年 7月27日



ローシズンのモアルボアルは村もレストランも空いてて良いんだけど

土産売りやマッサージ叔母さんの標的になってる状態w

雲は多めなんだが夜は涼しくエアコンも要らずで

ヒートアイランド大阪のウエットな気候からくらべたら快適かな

潜りはペスカドール島とハウスリーフでのガイドなしダイブ






潜りは宿の近くのブルーアイビスを利用してます

画面のHQマークでより鮮明な画像で表示します

友人の関係者が安否を心配してるので身内ネタで恐縮です (出演、ツレ)

by - あじあん添乗員









別の日には宿でのんびり派とレンタルバイクでセブ方面へ走る派と別れ

モアルから山を越えセブシティ方面、カルカルの町まで詣でる


画面のHQマークでより鮮明な画像で表示します

友人の関係者が安否を心配してるので身内ネタで恐縮です (出演、ツレ)

by - あじあん添乗員


Phot by   CASIO EXZ-85






2009年 7月25日


マニラから国内線でセブ島に到着後、ローカルバスでセブを南下、モアルボアルへ

国内線もプロモの恩恵に授かり往復3000円程度だったので

浮いたお金でモアルでは、いつもの小洒落たマルコサスへ


画面のHQマークでより鮮明な画像で表示します






友人の関係者が安否を心配してるので身内ネタで恐縮です (出演、ツレ)

by - あじあん添乗員


Phot by   CASIO EXZ-85






2009年 7月23日


いつものようにNet 回遊していると5Jことセブパシフィック航空プロモを出していた

チケット代には関西国際空港使用料の2650円も含んでるのでそれを差し引くと

マニラまでの往復の航空運賃は往復840円片道だと420円 げ~っ!

ってことは吉牛の牛焼肉丼と同額w  阪急三番街のモロゾフのプリンとも同額だw


そろそろ日本でのトランジット?が3ヶ月を越え何かと世間のしがらみに

疲れてきた頃だったのでサンパギータ薫る 秘国 比国にガス抜きに詣でれそうだ

ひとりで美味しがってると今後の付き合いに支障を兆すので そんなこんなで

私が所属するダイビング同好会のぷっすん中年隊で、この時期に休めそうな輩は

ってことで2名ほどピックアップし総勢4名で格安の海外大人の遠足に詣でて来ます



って言うか、なんでうちのおばはんまでついて来るねん

一路平安!



2008-09a


↑ 画像はクリックすると大きく表示されます



昨年、同時期に訪れたモアルボアルが見れます!




スポンサーサイト

フィリピン セブ島 モアルボアルからマニラヘ戻ります。
2008 7月29日

セブ島モアルボアルからマニラヘ戻ります。

今回は存分に水中も陸も楽しめたモアルボアル 8日間滞在して思いましたが

この地でのロングスティの場合は、この周りは月払いならけっこうコストパホーマンスに

借りれるコテージが有ることも確認出来ました (機会が有れば、いづれ紹介します)

何よりもパナグサマビーチは除きますがモアルの村を含め品物豊富な商店や

生活するにあたり生活物資が簡単に入手可能だし年老いてからの重要ポイントで

大きな病気をした場合でもキャピトルのセブシティまで行けば、何とか成ると言える

いろんな要素を兼ね合わせても私自身のポイントは高い土地です。


2008-pp

AM6:20

コテージを出る時にレセプションの女性に空港までのTAXIの、ご予約はされてますか?と

真顔で聞かれました ここの客筋では、ごく自然なことなんでしょう 

ハイしています もう表で待たせていますと思わず言っちゃいました(汗


客筋に反した私たちは、これからバスでセブシティへ戻るので前日に

ハイウェイ(バス乗り場)までのトライを頼んでおきました

この方が、くだんのレンタバイク屋の主 マッコイ氏です

本業はトライのドライバーですが愛車のWAVEを貸してくれます

2008-pp

ハイウェイで降ろしてもらいセブ市内へ向かうバスを待ちます なかなか来ません

20分は待ちました セブから来た時も同様で、ここで降りますよ

2008-pp

車窓からバイクで通過した懐かしい景色を眺めながら次はいつ来れるかな~って

考えたりする暇もないくらい飛ばします 沿線住民も心得てるのか事故は無いようです

2008-pp

セレスの黄色いバスは相変わらず他社とのチキンレースを繰り返し

2時間もすればセブ市街へ入ります 久しぶりの都会に戻って来ました

2008-pp

日本で乗ってるバイク(愛車)の悩みで荷物を置くスペースが無いので困っています

前後にカゴでも付けてと、あれこれ考えてるのですが日本では手に入りません


そうだ この方法があったんや~ って笑ってしまいました。

2008-pp

モアルを7時に出たバスは二時間後の9:30にはセブ市内の南バスターミナルに到着です

12時に乗るセブパシフィック(5J)のマニラ行きに乗るために

ここで待ってるTAXIでセブの空港へ向かいます

相変わらず走り出すとメーターを倒さず交渉して来るので相方と毎度の あうんの呼吸で

ドアを開け飛び降りる真似をすると OK OKとしぶしぶメーターを倒してくれます

2008-pp

国内線のターミナルは数年前から無料でインターネットが使える施設が有りますが

日本語は文字化けします。 今年も、まだ文字化けします 来年も同じでしょうね

2008-pp

セブを12:05分に出て1:30分にはマニラへ到着

滑走路に進入する前にいつも通過するハイウェイですね後方にマカティの高層ビルが見ます

2008-pp

思えば何度歩いたでしょうかマニラ国内線の敷地内を

さてトイレするので急ぎます

2008-pp

いつもの定宿サントスは1階の手前しか部屋が空いておらず

この部屋は以前に泊まりましたがレストランのカラオケがうるさく、よく寝れませんでしたので

相方のご好意で数軒、隣にあるフレンディHOTELに宿泊です。

2008-pp

朝食付で1600ペソ 都会に戻って来たぞっと 改めて実感しました。

お約束のロビンソンへ買い物の荷物持ちとして休む間もなく出動させられます

なんたってご好意で、ここに泊まらせて貰ってるので文句は言えません(笑

2008-pp

ホテルの朝食は数種類のメニューからチョイス出来ますが 

フィリピーノスタイル(魚・ソーセージ・ガーリックライス)は別に追加料金が

必要って言われました なんでやねん?

2008-pp

多忙な相方は、ひと足先に ご帰還です国際線まで送り私の任務は無事終了しました


この後、同じTAXIでドメ空港へ向かってもらいシキホールの友人に会いに行きます

フィリピンに関わってる方なら既に疑問をもたれたでしょうが普通ならモアルボアルから

陸地・ボートでドマゲッティ系由シキホールへでしょう?と思ったはずですが

私の任務はマニラまで送り届ける事が契約書でサインさされてました(涙





フィリピン セブ南部 カワサンフォール
2008 7月28日


フィリピン セブ南部 カワサンフォール


ガイドブックを見てるとモアルボアルから南へ 20~30km下るとカワサンフォールと呼ばれる

この地の観光名所が記載されてます ジャングルの中に滝がいくつかあり人が集まりそうな

場所と思い込み食指は進まなかったのですがトライシクルなどで行くと200ペソ~ 以上

掛かるような事も言ってます それなら せっかくレンタルバイクを借りてる事なんで

そのメリットを少しでも生かそうと見に行くことにしました


2008-pp

モアルボアルからバイクで40分近く走った所にサインボードを見つけました

バイクは、ここまでで後は歩いて滝へ向かいます

直ぐに駐車料金を徴収しに来ますが、なんと50ペソです この場所の数十メートル手前に

教会があるのでバイクで来られた方は、そこへ止めればパーキング代は徴収されません

2008-pp

今度は自称ガイドが二人寄って来ます 無視しても良いですが全ての滝を見たり

荷物を持ってもらいたい場合は1人 50ペソも払えばじゅうぶんなんで雇って下さい

いよいよハイキング気分でカワサン滝に向かいます!森林浴を兼ね涼しく過ごすには

モアルから遠征して来ても値打ちがあり それにとっても気持ち良い場所ですね

2008-pp

都市部の雑踏ではなく、たまには長閑な風景も良いですね

途中、水力発電所があったり古いコンクリの橋を見たり何度か橋を渡ります。

まだまだ歩きますよ

2008-pp

モアルの店では、ここで泳いだり バーベQを楽しんだりの1day ツアーも利用できます

川には淡水の手長エビが取れるそうです この辺りでも けっこう涼しかったです。

2008-pp

この滝のすぐ横には売店や宿泊施設もあり、泊まる事もできまます。

ただし料金の割には宿泊施設はオススメ出来ません

またこの滝を囲むように設置されている東屋のテーブルつきの椅子で食事も来ます

2008-pp

竹で出来た筏で滝の下まで行くことが出来ます 滝に打たれてのマッサージを薦めて来ます

が着替えを持ってないので見るだけでした勇気のある方は滝から飛び込んだりも

出来るそうですよ ここはマイナスイオンいっぱいって感じですね



マウスのカーソルを画像に当てて下さい画像が変化します。


↑ 環境により変わるのに時間が掛かる場合も有ります


2008-pp

カワサン滝からの帰りはモアルボアルの南側にあるバディアンの市場で昼食です

とってもローカル色の強い市場で観光客など皆無なんでしょうか

2008-pp

昼からカラオケの音響が辺り一面に、こだまします

夕方からは飲み屋に変るのかな場末な雰囲気をかもし出してますね

2008-pp

今回は相方の要望でリゾートでのんびりしてダイビングを楽しみたいとの事で

モアルボアルで8日間、滞在しましたが 遊び周って帰っても快適な部屋が待ってると

いつになく充実した日々を送る事が出来ました リゾートでは快適な宿がオススメですね

これからの旅も これをキーワードで楽しみたいと思いました。





フィリピン セブ島 南部 モアルボアル
2008 7月26日


セブ島 南部 モアルボアル


本日はレンタバイクを借りましてモアルボアルから北上した町『バリリ』で

お祭りがあるって聞きましたので繰り出しました





何度か走ってる道中なんで今日は寄り道せず真っ直ぐバリリの町へ向かいます

海岸線を道路は通ってそうですが海が見えるのは、ほんの一部区間だけです

2008-pp

モアルボアルのレンタルバイク料金は一般的に1日400ペソですが

私の宿泊したマルコサスの近くのトライシクル屋の親父でマッコイと言いますが

250ペソでHONDA WAVEが借してくれます前回、モアルで知り合い

今回も借りに行きました 本業はトライのドライバーなんで自分の愛車を貸してるようです

2008-pp

この道は全面舗装ですが、ところどころ大きな穴が空いてるのでバイク走行は要注意です

おまけに後方からセレスや他のバスが猛スピードで迫って来て威嚇したりします

2008-pp

途中、週末だけ開かれる市場なども出くわしローカル情緒あふれてますね

この辺り米で作った蒸しパンのようなライスケーキが特産のようでした。

2008-pp

わき見でノロノロ走ってるとバックミラーいっぱいに このようなバスの顔が写ってて

一瞬、ドキッとする事が でも日本のような悪質なドライバーはいてませんので

フィリピン・バイクツーリングは単車好きには是非オススメします

2008-pp

バリリの町に着きました 地方の村からジプニーやバイクに4人乗りなどして

大勢、集まって来てます 娯楽が少ないので皆さん、この日を楽しみにしていた感じですね

2008-pp

予想してたとおりローカルなお祭りです。 怪しい着色飲料やスナック屋台が

たくさん出店しており日本のお母さんがたから見れば歓喜の悲鳴をあげるかも(笑

2008-pp

ここでの娯楽は子供相手の賭博が目立ちました これはミネラルウォーターのキャップの

ひとつにコインを隠し、もうひとつの空のキャップと左右、混同しどちらのキャップに

コインが忍んでるかを、子供がお金を賭け当てる 日本ではご法度な娯楽です

2008-pp

極端に当たる確立が低いのに見せ金をぶら下げ無知な子供を誘き寄せてます

寅さんのような商売ですね  面白いことに必ずサクラが居てるんですよ

2008-pp

くじの中に番号が書かれており、その番号のところの紙幣が

手に入るという単純な、おみくじ賭博 胴元は子供ですね

2008-pp

こちらでも親父が、口八丁手八丁で子供を誘き寄せてました

2008-pp

真剣な眼差しのちびっ子ギャンブラー 将来のコックファイティング(闘鶏)予備軍ですね

2008-pp

バリリの町でローカルなお祭りを堪能しばんばん投げ銭で賭け事に熱中する

チビッコギャンブラーにフィリピンの将来のを安じていたら

モアルボアルへ帰る頃には、すっかり日も暮れかけてました

よい子は早く宿に戻ってサンミゲールタイムですね


モアルボアルの過去、関連記事です!




フィリピン セブ南部 モアルボアルでダイビング
2008 7月28

フィリピン セブ南部 モアルボアルでダイビング

セブ周辺ではと言うよりフィリピンのダイビングスポットとしては名のとおってるモアルボアル

まだ大阪からセブに直行便があった時分、過去何度か短い休暇を利用して潜りに来たものです

その時は村の中にあるサベドラダイブを利用していましたが今回、宿から歩いて30秒の所に


今回 初めて使わせて頂いたBlue Abyss Dive Shop

↑ というスイス人オーナーのサービスを利用しました。


2008-pp

ゲストは現在、私が滞在してるコテージのフレンチ&ジャーマンのみで

ローシンズンの現在は宿同様に空いてました。

2008-pp

このサービスはモアルボアルにダイブショップが数あるなか ある程度スキルを積んだもの

もしくはライセンスの資格がダイブマスター以上は この前で自分たちで自由に自己管理の下

1日、何度でも潜ることが可能でガイド料が掛からないのでコストパホーマンスで楽しめます

2008-pp

ビーチから直ぐのところでも珊瑚はたくさん育っておりスノーケリングや

マクロ撮影には、もってこいのビーチですね

2008-pp

ここらで水深3メートルくらいですかね ここらでも珍しい魚がたくさん住み着いてますよ

2008-pp

浅瀬から(3メートル) 深場40メートルオーバーへ落ち込むドロップオフに移る地点です

2008-pp

この日はドイツ人ゲストが二人だけでした。

2008-pp

別の日ですがフランス人も増え合計6人です

2008-pp

右手後方の島がモアルボアルのダイビングエリアでもっとも有名なスポットで

モアルで一番のダイブスポットと言えるペスカドール島です。

ペスカドール島はパナグサマ・ビーチから沖合い4kmほどのところにある、

直径90メートルほどの小さな無人島です。珊瑚が群生するリーフに囲まれていて、

そのリーフの外側は深さ40メートルを超えるドロップオフになっています。

2008-pp

別の日に向かったポイントの途中で横切ったホワイトビーチですね

2008-pp

1ボートダイブ 17ドルです 自分たちだけで潜るガイドなしダイブは15ドルです

この時期 ゲストが少なく身入りの少ないガイドはセルフダイブをしてる私たちを

ボートダイブに頻繁に誘って来ますが、ボートで遠征しなくてもじゅうぶん楽しめました。

2008-pp

ビーチの前のハウスリーフは海カメが2匹 居ついています

ガイド無しのセルフダイブで潜っていたので他のゲストを気にせづ近づけます。

2008-pp

ダイビングは午前の1本だけにして昼からは せっかくのリゾート滞在なんで

プールサイドや部屋のテラスでまったり のんびりです。

そのくせ、お昼はトロトロでおかずとご飯をテイクアウト 貧乏旅が染み付いてて嫌ですね(笑






Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。