アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


01<<  2017.02 >>03
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シャルガオ島への航路

2007 Jur 1
6:20 起床 港へ朝の散歩代わりに乗り場とタイムスケジュールを確認しに行く
昼の12:00頃に出港とわかり時間が有るのと暑いのでジョリービーで休憩

街中をぶらつきながらバイクのパーツ屋を覗きカスタム情報収支する

surigao-kouro.jpg

12:15 シャルガオへ向けてモンテネグロのボートは出発しました。
ごたぶんにもれず日本の中古船です。第二愛媛丸でした。

shiyarugao

座席は海風香る甲板のエコノミー108ペソ エアコンは確か175ペソだったかな?
出港して船は複雑な入り江を抜ける小さな魅力的な無人島?が多数見られる
その後、大きな水路に出てシャルガオを目指す

shiyarugao

船のスピードはきわめてのんびり
する事が無いので本でも読んで昼寝かな

景色に見とれて昼飯をとってなかったんで昨夜のパンと売店で買ったジュースの
貧乏くさいセットで飢えをしのぎました。今夜は贅沢しよ

shiyarugao

辺りにマングローブ林が現れ船員が慌しく動き回りボートは
15:30シャルガオ・ダパ港に到着しました。

港からはジプニーが待機してるのでそれに乗り込みます
このジプニー これでもか~ってくらいに詰め込みます。

じゅうぶんに車内も天井の上もいっぱいに成ったら出発です!

shiyarugao

帰国してからこんな記事を拾いました(ドキッ

06/11/27(月)

[フィリピン]小型客船が沈没 乗客14人の死亡確認
フィリピン南部ミンダナオ島東方約30キロの海上で25日、航行中の小型客船が沈没し、

少なくとも乗客14人の死亡が確認された。日本人の犠牲者は報告されていない。
客船はミンダナオ島北部のスリガオを出港し、東方約60キロのシャルガオ島に向かっていた。

客船には約60人が乗船。
2006年11月26日22時02分 毎日新聞 /


スポンサーサイト

Cloud 9 地区

ダパの町を出発したジプニーは頼まれた品物を仕入れるという
便利屋さんも兼ねてるようで町中をうろうろと買出しを始める始末

それでなくても乗車率150パーセント以上なのがいっそう狭くなる
島の情報はほとんど無しに等しい


shiyarugao

唯一、スリガオの港で親切だか押し売りだか解らない叔父さんから
頂いた宿のパンフレットを握りしめジプニーの行くがままに任せました。

shiyarugao


そのうち客がひとり降りふたり降りとだんだん人数は減って来たものの
休暇を島で過ごすのかギターを担いだフィリピン人の若い連中が降りないので
少し開けた町(のちにここがジエネラル・ルナ)と判明しました。

shiyarugao

ルナで降りておけば良いのに一緒について行きそのうち彼らはボロッちい
コテージで降り出しましたが、そこは私がこの島に抱いていたリゾートとは
大きく違い降りる気にならずまだジプニーに乗っていると

shiyarugao

おめぇ~はどこまで乗ってるつもりじゃ~ってな感じで聞いて来たので
握りしめてたKesa Cloud 9 の紙切れを見せたら了解ってな感じでしたが
すでにスペシャル・ライド料金に成ってるとは知らずでした。

shiyarugao

10分程度乗ったか乗らないでKesa Cloud 9に到着
ジプニーを仕切ってる大なまずのような親父がスペシャルだから200ペソだ~って
凄んで来る始末、ちなみに皆さんが降りていったルナまでなら20ペソなんで

訪れる方はルナでいったん降りてバイクタクシーに乗り換えましょう
それならダパ~ルナ 20ペソ ルナ~Cloud 9地区 20ペソで行けます!

けっきょく凄みかえすわけにいかず半値の100ペソで手をうちました(怒

shiyarugao

私が滞在したKesa Cloud 9 の前から伸びるサーファー用の沖へ行くための桟橋です。

訪れた時期はちょ~どシャルガオ・ガールズ・インターナショナル・サマーフェスタの最中でしたが
女性の大会は規模が小さいのか観光客で混むということはなかったです

shiyarugao

10月の末から11月の初めにかけてのメンズカップの時期はハイシーズンなのと
波の高さが増すのでけっこう賑わうらしいです。

それに比例してコテージなども値引きなどの余地はありません

shiyarugao

到着日はとりあえず疲れてるので宿探しに歩き回る気はないんで
言うがままにKesa Cloud 9に決めました

ここは庭も綺麗しレストランも落ち着いて雰囲気は○です。
スタッフの女の子も可愛いです(笑

shiyarugao

部屋は最低が500ペソ(敷地の離れで雰囲気ともオススメでは有りません)

後の宿の項で画像をアップしますが私は二棟続きのコテージ風の部屋にしました。
料金はファンルームで800ペソもします。

かなり快適でリゾート気分を味わえますが長期滞在には懐が痛みます
短期の旅なら気に成らない料金ですが二ヶ月の旅の私は一泊だけの宿と考える予定です。

shiyarugao

上) オーストラリアからのサーファーが長期滞在しています。

下) 未来のプロサーファーを目指し、ちびっ子朝から海へ繰り出します

shiyarugao

シャルガオ島(SURIGAO 地区)
ビサヤ諸島南部、ミンダナオ島北端沖に位置する。 
マニラからは、セブ経由の飛行機で乗り継ぐことができる。
毎年サーフィンの国際大会も開かれ、フィリピンでも最も知られるサーフィンスポット。
世界に知られる゛Cloud Nine゛のスポットを始め島内に数箇所で楽しめる。

shiyarugao

値段の高いリゾートでの食事を避け滞在中によく通った食堂
ライダースストアーって洒落た名称ですが早い話トロトロ(大衆食堂)です。

トロトロは Cloud 9地区にはここ一軒です。
普通のトロトロと比べて少し高いですがリゾートのレストランで食べることを考えると
コストパホーマンスに優れています

shiyarugao

それに、ここの親父&母さんの腕はリゾートレストランより味は確かです。
でもお洒落じゃないんで観光客はビールを飲むくらいで地元人以外で食べてた人は
見ませんでした。初日の夜から私はここでデイナーでした。

豚の唐揚げ・魚フライ・ガーリックライス・ドリンクも含め100ペソです
似たようなチョイスでもリゾートのレストランでは300ペソは覚悟です。




Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。