アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


05<<  2018.06 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シキホール島からボホール島へのフェリー
2011年3月4日 シキホールを去る日

シキホール島からボホール島へのフェリー(Lite Ferry)

【追加画像】

シキホール島 ラレナ港からボホール島(タグビララン)を経由しセブ島(セブシティ)

まで運行している格安フェリーである。(格安のため時間帯は悪い)


2011


運行スケジュール詳細は、ひとつ前の欄に載せてます。


2011


港には暇も手伝って多くの見送り人の姿が見られた


2011


お約束の日本の中古船


2011


親父が座ってる席はボホールまで、一番安い170ペソの木製椅子の座席


2011


50ペソアップで寝ながら過ごせるパイプベットの席


2011


子供は人数に入れないのか雑魚寝でベットに納まっていた。



ここから先のフィリピン脱出 帰国までの画像は

ボホールのカテゴリー セブのカテゴリー マニラのカテゴリーから見れます。




スポンサーサイト

シキホール島からボホール・タグビラランへ

2011年3月4日

シキホールを去る日


2011


ラレナの港からドゥマゲッティを経由しミンダナオのダピタンまで運行している

料金は安いがドゥマゲッティの港で物資の積み下ろしにかなりの時間を要する

ラレナに長期滞在中は、この船でドゥマゲッティへ買出しに行ったりと役立つ


2011


今回、島を離れボホールまで乗ったボートのスケジュール

往時・復路書かれている


2011


シキホール島を離れた後、帰国準備にあたりセブ島から日本への
搭乗ゲートであるマニラまでセブパシフィック航空のプロモを日々
島のFree Wi-Fiを通し狙っていた。


2011


その甲斐あってか先日、運良く日本円で2000円も満たない額で
Web 予約が入った。


2011


ラレナの港には乗船客・下船客をあて込んだバーベQ屋台の店が連なる

この道を真っ直ぐ行くと右側に場末のカラオケ屋が存在し

そこの女性目当てに島の人間が集まる場所もあるから驚きだ


2011


夕方くらいから開店し夜遅くまで、呑んだくれが集まる


2011


朝からモーニングコーヒーにゆで卵だけで商う店もある


2011


1リットル瓶のビールが60ペソ 120円なんで、夕食代わりに飲み明かした夜もある


2011

前回はシキホールの街に滞在していたのでバイクで30分かけて

夜道を走らせここまで飲みに来た事もある

2011


さてドゥマゲッティから前回同様にボートとバスを乗り継いでセブシティまで
行くのもなんなのでどうしたものかと思案していたら島で私が借りてる

アパートの近くで歩いてアクセス可能なラレナ港から
ボホール島の玄関口であるタグビラランに行くフェリーが出ているようだ


2011


シキホールを19:00に出発しタグビラランには22:30に到着予定
水曜・金曜・日曜と週に三便、運航している 
料金がこれまた糞民クラスだと170ペソ 340円と格安だ。

さてと背中のバックにはテクノロジーを屈したAppleの製品が
詰め込まれているものの身なりは誰が見ても日焼けした糞民同様なんで
あえて170ペソの席に収容されようと考えている。


2011


このボホールへの船もフィリピンではお約束で日本の中古船だ
日本で退役後も墓場へ送られず、老体にムチを打って第二の人生を
ここ南国のフィリピンで頑張ってる姿は、おまえもまだ頑張らんかいってな
声が聞こえて来そうで少々、心苦しいw


取り敢えずはボホールに数日、滞在して再びフェリーでセブ島へ向かうとするか

さよならシキホール





シキホール レンタルバイク 運転免許

2011年2月26日

フィリピンに限った話しではないがアジア各地を旅した際にバイクをレンタルできそうな
環境が整ってる場合には足代わりに借りてローカルな気分に浸る
時には大いに迷子になり現地の人に道を尋ねもって草の根交流も楽しむ

昔に一度だけ国外免許証を取った事が有るが(何故か国際免許とは言わない)
バイクを借用する時もまたは現地で警官に制しされて尋問された際に一度も提示しないまま
有効期限の1年が過ぎてしまい、あれはなんだったのかと自問した塩梅だ


2011


もちろん、何処の国よりも頻繁に乗る機会があるフィリピンでも同じだ
飯代目当ての検問でパスポート及びバイクの登録証の提示は求められたものの

国外免許証の提示など一度もくちにされた事は無く警官は
味の素・ありがとうって言って終わりなのが毎度の事だ

そんな事情だけにフィリピンでの免許取得など興味のかけらも無かったが
ある日、島に住む事情通のアサワ(嫁)が陸運局(LTO/Land Transportation Office)の

係りの者と親しくしてるので時間も有るのだからフィリピン全土で通用する
免許証を取ってみないかと持ちかけられ、それならと早々お願いしたわけだ

@ 但しフィリピン入国後、1ヶ月が経っているのが条件だ


2011


ここからは、ちょっとアンダグラウンド的な臭いもするので書く事をためらったのだが
島の事情通から念を押されたのはあくまでも日本の運転免許証は所持していない事を
前提に口頭質問では答えて下さい。
それと以前は所持していたが現在は返納していて持っていないと言うこと

これに対し、日本の免許証が有るとのべるとセブの領事館へ行き、免許証の
日本語訳を作成してもらい、それを持ってLTOへ行かねばならなく
セブでの日本語訳に二泊三日かかるらしく面倒だといわれた。

それで当日は、付き添いのフィリピン人の嫁に
あの~わたし自前のバイクで来ちゃったんですが

免許が無くこれから免許証を申請しに行くのにバイクで乗りつけちゃぁ
なんか変すよね~ って日本の常識で尋ねると、みんなそうしてるから
問題な~いって言ったところがさすがフィリピン いやぁシキホールだわw


2011

私が島でレンタルしたチャイナバイク

安かろう悪かろうを今回、思い知らされました。

2011

ラレナの町で見かけた現在は営業していないガソリンスタンドのポンプ

2011




よい子の皆様にはデフォルトでの運転免許申請を載せときます。

■フィリピンの運転免許の書き換え取得方法

日本の運転免許から現地免許への書き換えは可能です。有効期間は3年毎の更新制です。
必要書類を管轄の陸運局(LTO/Land Transportation Office)に持参すれば
視力検査・薬物検査などの適正検査を経て、フィリピンの運転免許を取得できます。

【必要書類】
◆運転免許証の英文翻訳証明(日本国大使館・ 領事館発行)
※1ケ月以上の滞在者が対象。
※申請には日本の運転免許と旅券が必要。
◆パスポート
◆顔写真
◆無犯罪証明書(不要の場合もあります。)





フィリピン シキホール島での暮らし
2011年2月22日

シキホール島 在住邦人、数珠つなぎの日々を送っています。

そんななか、島に住んでる日本人のひとりが話したのは
都会では、いくらでも転がってる話しなんだけど
こんな田舎の島でも同じなんすね

くちを揃えて言われるのは初めて来た時はみんな優しくて
フレンドリーであの人も友達この人もと思って嬉しくなって
来たはずだったはずなんだが…
そのうちにお約束のように金貸してくれるぅって言い寄ってくる


2011


これは貸してじゃなくちょうだいなのでそのつもりで応対が必要だ
そのうち返済を募っても、あれこれ言い訳を聞かされて煙に巻かれるのがオチだ

長く住むほどに人間不信がひどくなる日本人も多いのは確かだ
解決策は無いのかと、ほうぼう聞きにまわっても

とにかくローカルの人を怒こらせちゃダメ
島で問題を起こさないことに尽きるだって… 

将来は棲家なんぞ造って一ケ所に落ち着かねえでウロウロしちゃおうかな~w


【追記画像】

ある日、島で知り合ったTOM氏の知人の誕生日会に呼ばれた

2月28日生まれで私を含め知人もTOM氏も同年代だ

2011

画像の彼は島の住民宅にホームスティされビサヤ語(セブアーノ語)を習っている。

宿泊費は名目上、一泊 200ペソを支払うとの条件らしい

2011

全てローカルなジモッピー料理だが。食堂で食べるのと、ひと味もふた味も旨く感じた

田舎の人は親切で面倒見も良いね~


2011

滞在中の別の機会にTOM氏と訪問したフィリピン人の家庭

ここの娘さんは日本人と結婚していて現在は日本で生活されている

2011

サヌアン地区から山手へ上がった地区に住まれており

歳の要った夫婦には、いささか街まで買出しに行かれるのは辛そうな環境だった

2011

屋根はトタンで断熱材など使用されてないが山手のせいか、それほど暑さは感じなかった

シンプルな室内だが生活に必要元な電化製品は揃っていた

これも娘さんが日本に嫁がれてるのが大きな要因だ

2011

サヌアンの市場で野菜と魚、調味料を土産代わりに持参して

家族分の食事をまかなって貰い、お昼はここで頂いた。

やはり食堂で食べるより美味しく感じた。




シキホール島 コテージ 沼口邸 加藤清正公
今回、島に滞在中 知り合いを通して紹介して頂いた沼口さん宅を紹介致します。

彼は、いくいくこのシキホールでコテージ&レストランをOPENさせる予定ですので

あえて本名と顔写真にはボカシを入れないで紹介しますね

2011

コテージの場所はと言いますとキウイリゾートのあるサンドゥガン地区にありまして

敷地はなんと4000坪も有する、広々と解放的で緑が多く安らぐ環境にお住まいです。

2011

現在は家族で住まれている母屋とレンタルコテージ(ほぼ完成)二軒

2011

手前と奥の二軒が、住める状態です。

現在は、おもだってコテージなどとの宿泊業のサインボードは上げていません

2011

交渉しだいで長期のレンタルもいずれは行いたいと考えておられました。

2011

完成に近いコテージです。

2011

部屋の内部

2011

バスルーム

2011

この時は島で調達可能な食材で鍋料理をご馳走になりました。

2011

赤シャツの方がオーナーの沼口さんです。

ここで宿泊業務を始めるので、あえて顔はボカシを入れずに紹介します。

2011

母屋の内部です。いろんな方が彼をしたって集まって来ます。

2011

お昼の12時に集合したんですがね

すっかり夜もふけて来たのに飲兵衛は腰を上げる気は無さそうですw

私も含めサヌアンの姉御、加藤清正公も含め帰る気はなさそうですね

深夜に皆さん自走でバイクにて帰宅されたあたりがシキホールは平和な島の証拠です。

わたくし今夜は結構な酔っ払いのため沼口邸の入り口に寝ていた
メス牛にバイクごと突っ込んで行きましたとさw





Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。