アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


05<<  2018.06 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ドゥマゲッティに到着 ビザ延長 安宿
2011 年1 月19日

空港泊で選んだ寝床スペースの真下は国内線の出発ロビーでありまして
従って、私が乗るドゥマゲッティ便よりも早く出発するセブ便とかの
乗客が真下を歩くので早朝からザワザワしだし、まるで目覚まし時計に
叩き起こされたように目が覚めた。

ミニストップでコーヒーを飲んでメールのチェックと思いきや
以前は、支障なしに繋がっていた無料のWi-Fi が今日は繋がらず
仕方なく7:05発のドゥマゲッティ便の搭乗手続きに1階へと向う

2時間前には既にチックイン窓口も開いており荷物を預け搭乗手続きを
済ませて国内線使用料の200ペソを払って、中へ入る。


2011


機内でダウンロードした映画でも見るつもりが
昨夜の睡眠時間が短かったせいか離陸と同時にうとうと…

目が覚めた頃にはセブ南部のスミロン島がコバルトブルーの
海に浮かんでいる地点であった。

8:30分、ドゥマゲッティの空港に降り立った
最近は小さいながらも荷物の受け取りのターンテーブルも
設置され、皆さんが、お行儀良く預け荷物を受け取れます。

いゃあ~ 暖かい 極寒の日本から着いた者には至福の瞬間だ

空港から市内までのアプローチはこの過去ログを参考に


2011


フィリピンでの滞在にあたり入国後、21日間はノンビザでの
滞在が可能であるしかしそれを超えての滞在になるとビザを
取らなければならないいわいる延長、ビザエクステンションである

数年前と比べ手数料も大幅に値上げされたが為替レートの関係で
日本円換算すると、値上げ幅は少ない

ドゥマゲッティのイミグレーションは市内にあって宿からも近く便利である
この時は宿が満員だったのでフロントに荷物を預けて
イミグレへ向かった。手続きを済ませて、延長されたパスポートを
手にしてから、いつもの円⇨ペソへの闇両替へ向う

再び宿に戻るとチェツクアウトタイムが近いため思惑どおりに
部屋の空きが出ていた。

一応、2011年現在のビザ延長の料金を書いておく

初回、合計 59日間滞在が可能 3030ペソ
二回目 1ヶ月延長を希望 4300ペソ
二ヶ月を希望した場合は 4800ペソ
ただ最近は、二回目の延長の時にIDカード
通称、Iカードを取らされる、もちろん有料で2800ペソ
(フィリピン人が所持を義務付けられている同じ様なカードである)
このカードは一度、取ると次回は再度、申請の必要ない

以前にドゥマゲッティにて延長した時の過去ログである。


2011


ドゥマゲッティでの宿は、だいたい決まっていて
昨年の10月はOKペンションだったので今回は久しぶりに
チャンゲ(市場)に近いビンテージインにする。
やはりここも以前と比べ値上げされていた。

ファンルーム (トイレ・シャワー) 300ペソ 600円
AC ルーム (トイレ・シャワー) 400ペソ 800円

共に部屋で宿の無料Wi-Fiが使えます。

( 画像はファンルーム )


下記から過去のシキホール日記が読めます。


1> フィリピン 2007 シキホール 再訪 
2) フィリピン 2007 シキホール 再訪 
3> フィリピン 2007 シキホール 再訪 
4) フィリピン 2007 シキホール 再訪 
5> フィリピン 2007 シキホール 再訪 
6) フィリピン 2007 シキホール 再訪 
7> フィリピン 2007 シキホール 再訪 
8) フィリピン 2007 シキホール 再訪 
8> フィリピン 2007 シキホール 再訪 
9) フィリピン 2007 シキホール 再訪 
10> フィリピン 2007 シキホール 再訪 
11) フィリピン 2007 シキホール 再訪 
12> フィリピン 2007 シキホール 再訪 


1) ラレナ地区
2)  LAZI 地区 (graduation ceremony)
3)  バイクでぶらぶら 
4) 安宿さがし ダストラム 1
5)  安宿さがし ダストラム 2
6) 安宿さがし1 ブヒサンロッジ
7)  安宿さがし2 ココグローブ 1
8)  安宿さがし3 ココグローブ 2
9)  レンタルバイクでぶらぶら
10) ラレナの街
11)  シキホール地区の市場
12)  トンゴ地区 カガルワン
13)  レンタルバイクでぶらぶら2
14)  シキホール宿 コーラルケイ
15)  シキホール宿 スイスコテージ




スポンサーサイト

HOME フィリピン ドゥマゲッティ
1) シキホール島からドゥマゲッティへ
2)  ベルタワー
3)  バイク
4) ドゥマゲッティ 安宿
5) ビザ 更新


ベルタワー
2008-p

2008-p

2008-p

2008-p

2008-p

2008-p

2008-p

2008-p

2008-p

2008-p

2008-p

2008-p

2008-p




バイクのカスタムパーツを調達
2008-p

2008-p

2008-p

2008-p

2008-p

2008-p

2008-p

2008-p

2008-p

2008-p


購入したパーツを帰国後に取り付ける



OK ペンション 安宿
2010年 11月30日

現在、管理人はタイ南部のランタ島にて越冬生活リハビリ中です。

iPadは画像の更新が不得意の為に日本滞在中にアップロードした画像で構築しています。


管理人の渡り鳥の季節がやって来ました。今回は以前に勤めていた会社で暫くの間ですが
軍資金を調達のため汗を流していました。少しばかり懐が暖かいです。

前半は娘が働いているタイ・カンチャナブリのタイガーテンプルへ
中盤は、日頃、パートで精を出し頑張っている相方とタイ南部へランタ島~ピピ島~プーケット
後半はフィリピンの知人の御宅へお手伝い、応援しに参ります。

暫く、安宿の画像でも差し入れておきます。今回もipad&iphone なので更新は控えますが
時間を見てnetcafeで更新できればと考えてる次第です。
それでは、皆さん良いお年を、来年も今年に負けない良い年でありますようにw


ここで少し紹介です。

下記は娘のブログです。 不定期のようですが、更新すると申してました。

トラと生活をしてるお寺


宿

フィリピン偏

対岸のシキホール島に滞在せれておられる知人宅を訪ねる際にお世話になる
ドゥマゲティでの定宿だ、名前はOKペンションと一度聞いたら後生まで忘れない屋号だ

ここ以外にも、もう少し安めのビンテージINと言う宿が有るので
最近はその日の気分で使い分けている

勤め人だった時代はドゥマゲティに滞在せづ一気にシキホール島を目指したものだがここ最近は
時間の余裕が出来たため2日ほど滞在してから知人宅へ向かうのが定番に成りつつある

ファン275ペソ AC440ペソ 共にトイレ・シャワー 付き 1ペソ 1・9円

宿

なにはともあれマニラから空路ドゥマゲティに着いた場合は空港を出た広場で
トライシクルが待ち構えてるのだがここでのトライシクルは強気で市内まで
100~150ペソと真顔で要求してくるので、そんな輩は無視をして歩き続けると
5分ほどで大通りに出くわす。ここで流しのトライを拾い
OKペンションまでと告げよう

その時は決してハウマッチなどと聞いてはいけません
この街でのトライは一部ツーリスト目当てのトライを除き、ひと乗り10~15ペソと
相場が決まっているのでツーリストが下手に交渉するとフィリピン人持ち前の
あつかましいDNAが発揮され数倍の値段をふっかけてくるので注意が必要だ
ここでは下車時に黙って10~15ペソを支払って立ち去るように

これで空港から10分の1のジモピー価格で到着って訳です。




Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。