アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2017.03 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランタ島から プーケットへ移動

2010年 11月28日

ランタ島に滞在中、ゆいつ一日中出掛けたのは、スピードボートなら1時間程度で
参れる距離のタイでのダイビング三代スポットで称えられるアンダマン海に浮かぶ
ヒンデン&ヒンムアンへ大型船で3時間余りも掛けて潜りに行ったくらいだ

それでもダイビングとなると1日で数日分の滞在費を散財することになる
そのわりには大物との出会いも無かった訳だったが、ダイナミックな地形に
透明度は30メートルは抜けていてと楽しかったのは確かなんですが.....


2010

さてランタ島を離れプーケットに向かうのだが陸路でクラビを経由してプーケットへ
参るのがチープでバックパッカーの王道らしいが

2010year

あえて太陽が贅沢なこの季節だけにピピ島を経由してプーケットに参る太陽サンサンの
ボートを選び喧騒渦巻くパトンビーチへ向かった

津波で流された辺りはすっかり復興し小奇麗な建物がそこらじゅうで見られた

2010year

ココナッツホテル
私だけの1人旅なら通常は安宿ひしめくプーケットタウンで宿を取り
ビーチまで25バーツのソンテウでビーチ通勤とあいなるところ

2010year

今回はそうはいかず、パトンビーチより2~3本、奥まった通りにある
長期滞在者が目立つ地域に宿をとった

ネット予約のagodaなら朝食付きで700バーツ 2100円 だったのでまあ良しとしようか…

2010year

宿から数分も歩けば屋台街が広がっているので買い物には事欠かさない

2010year

こんなのが近くにあると、ついつい寝酒のあてにやらと買出しに向かってしまう

2010year

宿から10分くらい歩いたところにあるパトンビーチのお下品通りとも呼ぶ
パングラオストリートをビーチとは反対側に抜け大通りを1本越えた
ソイにあるピザ屋さん

いつも欧米からの長期滞在者の姿が見られ、ある夜につられて入ってみたが
安くて美味く超オススメ間違いなしってところだろうか

2010year

ピッツア以外にもパスタやドリア、ラザニアと何を頼んでも外れは一切なかった
店内奥はエアコンも完備されているが何故かテラス席に人が集まる

生地は、もちろん薄・厚のチョイスは可能だ

2010year

男同士ならハイネケンを片手に、ここらでちょつかい話し

2010year

そうもいかない環境の場合はハイネケン片手に人間ウオッチングかな



スポンサーサイト


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。