アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フィリピン パナイ島からミンドロ島へフェリーで渡ります。
2008 4月9日


パナイ島からミンドロ島へフェリーで渡ります


さてボラカイ日帰り観光も、じゅうぶん楽しみ

ボラカイ島からカティクランへ戻る港までの帰りは乗り合いのトライで15ペソ35円でした。

ターミナルフィ+ボート代70ペソ180円で来た時と同じく10分で対岸へ

宿へ戻りバックを背負い1時発のミンドロ島 ロハスへ渡る船の時間に合わせ

再度、港へ向かいました。



帰国地点のマニラが、そこまで見えて来ましたね

2008-p

カティクランの港です ボラカイへ向かう人 他の島へ向かう人 皆が利用する港なんですが?

ミンドロ島 ロハスまでのチケット代330ペソ850円 ターミナルフィが何故かボラカイへ

向かった時と同じ港なのに違う料金の20ペソ 不思議ですね!同じ港なのに

ボラカイへ向かう人は高い料金を支払わされているようです。

2008-p

港からは直ぐの距離にボラカイ島が見えますね

潮の流れの関係で港でも水質は綺麗に保たれてます

ボラカイへ渡る待合室とミンドロへ渡る待合室の客層&服装が違いすぎ笑えました。

2008-p

ボラカイ島とは反対側の景色で、うっそうと茂った椰子の林の向こうがカティクランの空港です

2008-p

1時に出港の私が乗船したミンドロ島行きマハリカ?社 フェリーです

重油の匂いまんまんの船内でした。

2008-p

この船でロハス~(VAN)に乗車 カラパン~(ボート)でバタンガス~

(バス)でマニラに今夜遅くに到着する強行軍の乗客の姿が見られました

2008-p

学生の休みの時期だっただけに多くの若いグループは飛行機代を浮かすため

陸海で移動してる姿が見られました 確かに、この逆でこればマニラから

コスパでボラカイへ遊びに行けるってことですね

同じ航路のモンテネグロ社のフェリー カティクランを目指しています

2008-p

このルートこそ以前、耳にしたアロヨ大統領が推進してる

Strong Republic Nautical Highway計画の一環なんですね

各地にバスとフェリーを組み合わせた長距離バス路線を開設したので

マニラからバスでミンダナオ島へ参れると言うのは本当でした。

2008-p

夕闇せまる頃、ミンドロ島 ロハスに接岸です

ここから先、少しでも北上しようかと考えてましたが暗くなり

景色も見れそうにないので見送りですね

2008-p

ロハス着 6:00 港では売り子さんがニンニクを数珠つなぎにしたのを売っています

もちろん食用と思われますが芸術的なのでクール宅急便が有れば送りたいくらいです。

歩いてる多くの客は、この先に待機してる大型バスでミンドロ島を北上して行きます

2008-p

フェリーからは見慣れた懐かしい行き先のバスがどんどん吐き出されて行きます

マニラのクバオ行きが見えた時は思わず乗ってしまいたい衝動にかられました

でも実際は全席指定のためか、ここから乗車する人は見かけません

ほとんどの車両が満員状態でした。

2008-p

いったん港から町へ出ようとハバル・ハバル(バイク・タクシー)のドライバーに

距離を聞くと、ここから2キロ程先とのこと

2008-p

それと島を北上するバス乗り場は、ここから近いと言うことで今夜はここの港町に

宿をとることに決め港のエントランス(ゲート)付近のD`Port ロッジに交渉の末

ロハス泊まりで ミンドロ島 北上は明日に仕切り直しです!

2008-p

港のゲート横の安ホテル トイレ シャワー 300ペソ

若い夫婦が切り盛りしていて、とても親切でした。

宿のまわり港付近には地元相手の食堂や場末のカラオケ屋もあり困ることは有りませんね





日本から訪れる友人と合流する約束の場所は、このミンドロ島の北側にある


ドイツ人ダイバーが開発したプエルト・ガレラ サバンビーチという小さなリゾート??村です


そこへは島を東まわりで参るのが最短ですが バス・オタッキーは西海岸ルートで


北上します この旅、最後の辛いローカルバス旅に成りそうなんで


今夜はアルコールは控えめのサンミゲール5本にして早寝です(笑




スポンサーサイト

フィリピン パナイ島 西海岸 ローカルバスでボラカイ島を目指します
2008 4月8日


フィリピン パナイ島 西海岸 ローカルバスでボラカイ島を目指します

本日は、またまた移動の一日に成りそうです

イロイロ市からボラカイ島の対岸 カティクランの町へローカルバスで向かいますが

今回も通常のバス・ルートを使わずバスオタッキーは遠回り西海岸・迂回コースで参ります

少々、二日酔いの完全に目覚めていない頭でチェックアウト

前日に宿の叔母さんからボラカイを目指すなら『アンティーク・バスターミナル』からと

教えられていたので宿の前からバスターミナルへ行くジプニーに乗り向かいました。


2008-p


旅の詳細・地図はクリックすると大きくなります

旅で使用していた地図です!


ところが、いざバスターミナルに到着すると北上しカティクランへ参るバスは繁盛にあるものの

全て通常の近道を通る島横断バスばかりで オタッキーが乗ろうとしてる西海岸を北上する

バスは聞きますと ず~っと先のモロ・バスターミナルとわかり再びジプニー移動

2008-p

なんとか無事モロ・バスターミナルに到着

宿を出て市外を うろうろ1時間はジプニーで徘徊してました(涙

そらそうです カティクラン行きのターミナルを教えて下さった宿の叔母さんにしたら

好き好んで遠回りとは思いもつかず一般のバスターミナルを教えて下さったんでしょうね

2008-p

西海岸周りのサンホセ行きのバスは8:00に出発です

あれ何か変だなっと思ったら後ろ向きに乗車するトライシクルが走ってますね

後ろに車が着かれると ちょっと照れくさいですね

2008-p

8時に出たバスは10時過ぎにサンホセの町に入りました

2008-p

10時15分 サンホセに到着 ここまでは78ペソです。乗車したバスは、ここまでです

ブルーの制服の人はバス会社の人ですが自分の会社のバスの発着時間を知りません(涙

2008-p

ここで、この先へ向かうバスが、なかなか来ません

食事でもと思うが、この先は、まだまだ長いので腹の具合のことを考え控える

時おりバスが来るが全て逆方向 近くの人に聞くが全てでたらめ

ホコリっぽい待合所で待つこと2時間 やっと来ました この先へ進めそうです

2008-p

12時10分に到着したバスはラッキーなことにカティクラン行きでした

これで乗り換えせずに一気に目的地へ参れそうです

バスはドライバーの食事やらで出発したのは12時35分 ここで2時間以上、滞在しましたね

2008-p

地図でお解かりのようにバスは海岸線を進みます

ひなびた漁村や海岸線でリゾートなどはローカルを除き見当たりません

2008-p

再度、休憩があり最終目的地のカティクランへ4時10分に到着しました

本日も8時間以上の移動で、すっかり髪はホコリでガチガチ

ボラカイへ向かう いでたち ではないし今夜はカティクランの町に宿をとります

2008-p

町外れのツーリスト・ロッジ ファン・トイレ・シャワー付き 400ペソ

ボラカイの息が掛かってるのか高めですね

2008-p

籐のベットで涼しそうに見えますが恐怖の西日が差し込む部屋です

2008-p

シャワーを浴び食事がてら散歩で港へ行くと一日の終わりを告げる頃合でした

今日も移動でくたくたです さあ一杯やって休みます。




ボラカイ島で荷物を背負って安宿探しと考えるだけで気が滅入るので


ここカティクランを基点にボラカイ日帰り探索に決めました


なんたって、ここからボートで10分で対岸のボラカイ島なんですもの


それにロングステーの勧めで旅してるんですから






Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。