アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


08<<  2017.09 >>10
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フィリピン レイテ島 リロアン ~ ミンダナオ島 スリガオ フェリー 移動

2008 2月 7日

フィリピン レイテ島 リロアン ~ ミンダナオ島 スリガオ フェリー 移動

タクロバンを8時20分に出発したバスは私が予想してたより
ずいぶん早くレイテ島 南端 リロアンの港に到着です

ご多分にもれずバスのドライバーが飛ばしまくったのも
早く着いた原因なんですがね

この調子だと今日の移動は けっこう距離を稼げそうで
再び行程の作戦会議をせねば成りません 嬉しい誤算です。


2008-p

タクロバンからのバスを下車して坂を下ったところに
ターミナルの入り口があり ここでまず3ペソ8円徴収されました

後で気づいたんですがフェリー乗船時のターミナルフィー16ペソ43円は
別に取られました そしたらここで支払った3ペソ8円は何だったのでしょう?

トライとかTAXIが港へエントリーする時の代金のように感じますが
私たちは徒歩でエントリーなんですが

まあわずかなんで、どうでもいい事ですが暇なだけに考えてしまいました

2008-p

これから乗るフェリーについの記事が見つかりました

2007年7月11日 10:00a.m. Mindanao島LipataからLeyte島Liloanに向かってた
Super shuttle ferry 10(所有者Asia Marine Transporttion Corp.)が

エンジントラブルで漂流しおりからの悪天候で救助に向かった船では曳航できず
Dinagat島方面に流された。その後、幸いにPasay行きバスの乗客41人と船は無事救助された。


2008-p


旅の詳細・地図はクリックすると大きくなります

旅で使用していた地図です!


フェリーの待合室へ入り係員にフェリーチケット売り場を聞くと まだクローズよってひと言
な な なんと次のスリガオ(リパタ)港へ行く船は夕方5時まで わら(無い)と言われ

現在の時刻が昼の1時 後、4時間もある~
思わぬところで足止め結局は最初に立てた予定より遅れる事に

バスが予定より早くリロアンに到着して喜んだのも束の間でした


2008-p

まあとにかく時間は売るほど有るのでフェリー乗り場に併設された
食堂で昼ごはんでも食べる事くらいでする事は有りません
ついでに携帯の充電もお願いしました

時間つぶしで港の周辺を ぶらぶらしようにも雨 雨
この季節は乾季のはずなんですが どうも今年は勝手が違うようです

食後、暇なんでターミナルの中を犬のように うろうろ徘徊しましたが
怪しまれるだけでちっとも楽しくないのでベンチで寝ました

2008-p

次のフェリーは5時と言うことは4時頃には港の沖合いに姿を現してもよいはずが
いっこうに、その気配すら有りません

やっとこさやって来たスリガオ(リパタ港)行きのフェリーです
出発予定の5時に対岸からリロアン港へ着きました ふぃりぴん たぃ~むです

タガログ語のマハールキタ(愛してます)と書いてるようで少し違いますね
こんだけ待たされ愛してますは ないで~って自分で突っ込みました

2008-p

なんだかんだでフェリーが出発したのは5時40分
この港で4時間40分 待ちましたよ

フィリピンへ来て私自身、耐えるという事を備えれれ
逆に喜こばないといけないんでしょうね ふぃりぴん万歳!

2008-p

港の待合室で私たち同様に耐えてた地元民です
だけど待ちくたびれたという顔の人は見当たりません

みなさん暇なんで家で待つのもターミナルで待つのも
同じ時間の使い方なんでしょうね

まだまだ私はフィリピンタイムの修行が足りません

2008-p

想像以上に乗船率が良いのか船内の座席が少ないのか
座席が埋まり甲板だけが広々、座れましたが

外はまだ雨、フィリピンと言えど海上は寒いです
百均で買ったカッパが重宝しました

2008-p

日が沈んでからの航海は暇なんで船内探索に出かけたら
そこだけが異様に空いてる部屋を見つけました

有料なんで空いてるのかなって室内へ入ると解明しました
冷房の効き過ぎです 中にいる人は我慢大会のように

時間が経つと次々に出ていかれてました

2008-p

極寒の冷房部屋からの負け組です

そおそお忘れてました フェリー代金ですが165ペソ445円にターミナルフィーが16ペソ43円です

2008-p

船内、探索中に遭遇しましたが最初ミイラと間違え心臓の鼓動が高鳴りました
よ~く見ると捨て子のようです (うそです ゴメンなさい

2008-p

ミンダナオ島 スリガオの町から少し離れたリパタ港に10時に着きました
外はまだ雨が降り続いています。時間も遅いし気分が乗りません

ここからスリガオの町までトライシクルで30分ちかく掛かりました
料金は35ペソ94円です。 これから宿さがしです

2008-p

宿に荷物を置き前回のフィリピン旅にも参った港近くのバーベーQ屋へ行きました
この辺りはマニラなどフィリピン各地へフェリーが出てるので何十軒もの
バーベQ屋さんが連なり辺りいちめん火事場のようです

2008-p

なかにはビールが置いてない店もありますが写真に写ってる暇な従業員が
ぱしりをしてくれます。 釣りは一応 誤魔化さずくれます

2008-p

私が入ったバーベQ屋のグラマーなキャッシャーです
机の前に手作りされたハートが気になります

なんの事ない ただ暇なんで作っただけだそうです


スポンサーサイト

フィリピン レイテ島 移動 タクロバン リロアン

2008 2月 7日

レイテ島 移動 タクロバン リロアン

今日は朝からレイテ島タクロバンをバスで南下して次なる目的地
ミンダナオ島北部のスリガオを目指します

何処まで今日中に移動出来るかは体力とキリストのみが お知りになる事です
仏教徒の私は深く考えません さてバックを担ぎ出陣です!


2008-p


旅の詳細・地図はクリックすると大きくなります

旅で使用していた地図です!


タクロバンの宿を7時にチェックアウトです
耳と指に翡翠の飾り物をした宿の華僑らしき叔母さんにバスターミナルまでの
アプローチを聞くと港市場付近のジプニーでアブカイNewバスターミナルへ行けとのこと

ジプニーで簡単に行けるのでTAXIやトライなど乗るなって力強く忠告されました
オバサン過去にひかれ掛けたとか嫌な思い出があるんでしようね



2008-p

ここは昨日、マッカーサーパークへ行った時にジプニーを乗ったのと
同じ地点です。比較的、楽にジプニーが見つかり7ペソで参ります

何故か町一番の暑い場所です?


毎度のことなんですが、ターミナルで悩む事があるんです
それはバスで長距離移動の時の朝食です

お腹に合わなくて途中でトイレに行きたくなったら、どないしょ?
トイレ休憩は有るのかな? 食べないのが賢明かな?

2008-p

でも結局は食べてしまう事が多いです
魚のスープしかも唐辛子をたくさん入れて(涙

今朝も姉妹のババエに辛いのが好きなのね~凄いね~って言われ
5本以上も入れたアホな私です

2008-p

右側のまるまると肉付きのよいバスで港町 リロアンへ向かいます
8時20分に出発しました リロアンまでは150ペソ400円です

2008-p

タガログ?ビサヤ? 話せませんがイラストでなんとなく理解できます
眼つきが普通の犬ではないことを物語ってます
こんな町は ただでも滞在したく有りません

2008-p

どこの町か忘れましたが分岐点ですね
バスに乗る人が急いでこちらに向かって来てますね

何処で待ってたのか急に現れました運転手も心得たもんです

2008-p

朝食を抜いた時は途中の村で売りに来るこういった人たちから買います
ホームメードの蒸した餅が多いです 当たり外れが有ります
それと ひとり旅の場合、量が多いのが難点です

どうでもいいけど ちょーど叔父さんが鼻から煙を出したとこですね

2008-p

バスが一番、パンクする恐れが有るのが このような路面です
フィリピンのローカルバスのタイヤは よ~く見ると再生タイヤが多いです

2008-p

変なオバサンが、こっちを見てます 石など投げて来ないか心配です
通りすぎ なにげに振り向いたら まだ見てました心臓の鼓動が高鳴りますぅ

2008-p

11時30分思ったより だいぶ早くSOGODのバスターミナルに到着です
貴重品を持ってCR トイレに直行です。 バスが出発しないか急いで出たので
手を洗うの忘れました ついでに2ペソ 5.4円 払うのを忘れました。

2008-p

写真を撮ってる私を皆さん不思議そうに見ていますね

2008-p

美味しそうな匂いがバスまで漂うな~っと思えば
クリスピーチキンです 迷わず買いました。

揚げたては最高に美味いですサンミゲールが欲しくなりましたが
昼間なんとトイレが近くなるので我慢です

2008-p

なにか大きな橋を渡ると味のある漁村が見えました
こんな所で冬の寒いあいだロングステーしても良いな~って思いましたよ
地図を見ると もう直ぐ目的のリロアンです

車掌さんに再度、フェリーに乗るからターミナル付近で
降ろしてもらうように伝えます

2008-p

12時48分 車掌さんから ここだよって教えられ下車しました
降りたのは私たち二人 みなさんミンダナオ方面には行かないようです
ほんとうにフェリーが運航してるのか心配になりました

再び心臓の鼓動が高鳴ります(汗

2008-p

ここを右手に下ればターミナルの入り口だそうです
歩いて行けるってことです。

近寄って来たトライの兄ちゃん すんませんね




Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。