アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2017.03 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


サマール島 カトゥバロガン レイテ島 タクロバン

2008 2月 5日

サマール島 カトゥバロガン ~ レイテ島 タクロバン バス移動

水産市場周辺の探索を終了し宿へ戻って身支度も済ませ
わずかな時間を利用してカサ・クリスティーナHOTEL 2階にある

NetCafeで旅日記の更新 カトゥバロガンではわずかな滞在でしたが
充実した時間を過ごせました


2008-p




2008-p

カトゥバロガンの水産市場横のバスターミナルです。
みなさん立ちションするから臭います アジアのバス停のお約束ですネ

2008-p

タクロバンまでのドライバーと料金を徴収係りの太っちょの助手くん
ハンドルを握った瞬間から目がすわり人間が変るんですよね
ご多分にもれず道中は飛ばされましたよ

2008-p

1時30分にタクロバン行きのバスが出発
バスのシートは簡易なタイプで長距離には向かないです

おまけに窓の半分近くが木製の雨戸に覆われ
バス移動の楽しみ車窓からの眺めも雨戸に邪魔をされ
首をかがめないとよく見えない

2008-p

カトゥバロガンを出発してから暫くは道路の状態が悪く
アレンからの道のりを思い出される悪路で同じく道路に亀裂が入って

バスのドライバーは右へ左へのハンドルさばきで乗車している
地元の人の顔にも疲労がうかがえる

2008-p

バスはその後、小さな村をいくたびか通り過ぎ
そのつど客を乗せたり降ろしたり時にはニワトリなどの珍客もまじえ
タクロバンの町へと黙々と進んで行きます。

2008-p

トイレ休憩が明白ではない場合、Lalake 男性はほとんどその辺で立ちション
女性はこういうバスで移動するときは大変だろうなあと同情しました

2008-p

いよいよサマール島とお別れしてレイテ島へ渡ります
ここはサマール海ですこの海峡の幅は最狭部では約2kmあり
今ではサン・ファニーコ橋が架かっていますのでバスに乗ったまま移動出来ますね

この橋はマルコス大統領時代に日本の援助で建設された橋だそうで
東南アジアで最も美しい橋の一つだそうです にっぽん万歳!

2008-p

1時30分にカトゥバロガンを出発したバスは
4時45分にタクロバンのNewバスターミナルへ到着しました
料金は80ペソ210円でした。

写真を撮ってあげたドライバーが親切にトライシクルのドライバーに
市内まで連れて行ってくれるように話をつけてくれました
町の中心までは10分 20ペソ 50円でした。

2008-p

宿は市内の中心 港に近いプリムローズHOTEL
トイレ・シャワー ファンルーム 300ペソ 800円

2008-p

タクロバン到着後、めいっぱいシャワーを浴びキレイに成ったのですが
夜にバーベQ屋で再び炭だらけに成っちゃいました

相方の21日間、滞在のバックと私の3ケ月滞在のバックです。
ちなみに相方のグレゴリーは20年以上前に購入した旧タグのグレゴリーバックです。

2008-p

港と反対側にバーベQ屋台が数軒並んでる一帯があります
どこも安価で美味ですよ

2008-p

この並びにバーベQは屋外で焼いて食すのはエアコンの効いた室内と
新しい商法の店が有りまして、なかなかの盛況ぶりでした

2008-p

フィリピンは外食の盛んなお国柄 大学生も外飯が普通ですね



スポンサーサイト

ルソン島・ドンソル ~ サマール島 カトゥバロガン 移動

2008 2月 4日

ルソン島・ドンソル ~ サマール島 カトゥバロガン 移動

前回の続きでドンソルからのジプニーが11時50分に港町マトンに到着
もたもたしていたため対岸のサマール島 アレンへ行くフェリーが出発

次のフェリーが2時に出発との事でトロトロで昼食・休憩
その後ターミナルで対岸から到着するフェリーを待てど来ません


2008-p



2008-p

結局、遅れて3時30分に対岸へ向け出航となりました。

この港で4時間近く待ちました ふぃりぴん・タイ~ム ♪

2008-p

マトンからアレンまでのフェリーチケットは船の入り口で買います
ターミナルフィーなどは先に建物で買わされたので、いつもと勝手が違ってあせりました

来た道を戻って買ってこい~~!ってな事がよく有るんですよ、アジアでは

ターミナルフィー 12ペソ 33円

保険 10ペソ 27円

チケット代金 90ペソ 245円

2008-p

こぎたねえガキが私にまとわり付くと思えば
2階のデッキから海に向かってダイブ

高所恐怖症の私には絶対に真似は出来ません
パチパチと拍手をしたらハイお代は5ペソなりでしたよ

この間、フェリーの係員はニタニタ笑ってました
我が国なら係員がガキを、ひっつかまえ親に連絡でしょうね
いや~ フィリピンって国は、おおらかと言うか万歳~い ですね!

2008-p

フェリーはアレンの港を出航し進行方向、左側に綺麗なビーチをもつ
小島が見えて来ましたが観光化されてる様子は感じられません

どうでもよいけどフィリピン人はカップヌードルが大好きな国民のようで
船内の売店では、すごく売れてましたよ

クラッカーと共に食すのがフィリピンスタイルのようですね

食べたあとはなんの戸惑いもなく海に目がけてポイ! 万歳~い(笑

2008-p

ルソン南部・マトンからは地図で見て頂ければ解るように
海峡は狭く1時間30分ほどで対岸のアレンに到着です

2008-p


旅の詳細・地図はクリックすると大きくなります

旅で使用していた地図です!

現在時刻 5時 ちょーど良い時間なので
今夜はここアレンで一泊しあくる日にカトゥバロガンへ南下するか

迷ったのですが下船した近くにカトゥバロガン行きのバスが
止まってるので衝動的に乗ってしまいました。

サンミゲールよ暫く待ってくれ~ の心境です

2008-p

タイミングが良いと喜んでるのも束の間でした
走り出して直ぐにバスの下回りから異音がしたと思えば

ストップ 修理に1時間ほど掛かり再度仕切りなおしでバスは
カトゥバロガンへ向かい動き出しました。 今日中に着くのかなぁ

2008-p

順調に走り出し景色も楽しんだのも束の間 この間の道路状態の悪さに
驚かされる未舗装・ダートではないのですが

道のあちこちに亀裂が入りドライバーはそれを避けるために
ハンドルを左右に切ったり急ブレーキを掛けたりで
スピードが出せないので距離も時間の割りに稼いでいない

みなさま要注意ルートですよ 2008年現在

2008-p

窓の外は夜のとばりが下り景色を楽しめないので寝るしかないのだが
このような状況では うとうとしたもののハンドル操作で目が覚める

この間のルートは今、思い出しても試練の陸地移動です!

9時 途中の町でトイレ&食事休憩 食欲も失せてました。

2008-p


地図を参考して頂ければ解りますがアレン~カトゥバロガン、そう距離はないのに
6時間かかりました それも熟睡出来ない悪路をですよ(涙

カトゥバロガン着、夜中の12時
朝、8時にドンソルを出たので今日は16時間も移動でした

こんな夜中でもペディキャブがいててくれて助かります
これから宿さがしです泣けてきました

相方がしきりに値切ってますね 私は怖いから撮影です(笑

これから町まで知らない土地を夜中にペディキャブ  シュールですね~




Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。