アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2017.03 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フィリピン ネグロス島 西海岸をローカルバスで移動中です!
2008 4月6日


ネグロス島 西海岸をローカルバスで移動中です!


再び旅は移動モードに入りました。

この先の予定は帰国に向けての最終目的地のルソン島・マニラ

島国 フィリピンを陸地・海路にて北上して行きます。

現在地点のドゥマゲッティから空路でマニラなら1時間10分

ローカルバスや地元フェリーでの寄り道の旅路では

どれくらいの時間でマニラまで到着するのでしょうかね?


2008-p


だけど飛行機で一気に飛んだ場合に比べ数十倍の出会いが待ってるはずです。

まずは、ここネグロス島から お隣のパナイ島へ渡るためバコロド市へ向かいますが

地図の赤線で塗り潰しているネグロス・オリエンタル西海岸ルートをバス移動です。


2008-p

ドゥマゲッティ市内から南へ10分くらいの所にバスターミナルが存在します

中途半端な距離だけに徒歩で向かうかトライシクルに乗っちゃうか迷います

ビサヤ地方ではお馴染みの黄色いボディのセレス・ライナーバス

2008-p

敷地内にはハエガ多い食堂や場内には画像のような売店があり

珍しく移動の売り子は見当たりません

6:30分 BAYAWAN行きに乗り込みました 朝の早い便は涼しく移動は楽ですね

2008-p

地図でも解るように海岸伝いに道路はひかれてますが

たいていは海岸まで民家や草原などで距離が有り このような海辺を走るのは

出発して30分は経とうかと思われる辺りからです

2008-p

9:10分 BAYAWAN 到着 ここまでは70ペソ180円

2008-p

BAYAWANからは乗り継ぎがスムーズで9:25分発のヒノバン行きに連絡

売店で冷たい飲み物と思ってましたが乗り継ぎが良すぎてダメでした。

2008-p

車窓からローカル色の濃い漁村などが時おり見え厭きさせません

平坦そうですが地道・舗装の繰り返しです

2008-p

この西海岸ルートは途中未舗装の悪路が延々続く尋常では無い道も数多く残ってます

ものの数十秒で通り抜ける名も知れん小さな町が幾度と現れました。

2008-p

バスの車掌は途中で預かった郵便物をバスルート上の相手先へ届ける業務もしていました。

2008-p

11時 ヒノバン到着 72ペソ185円 ここでは2分の待ち合わせで最終目的地の

パコロド市へ向けてのバスが接続していました。

2008-p

つねに海岸線を通ってるので海が見え隠れの連続ですね

ローカル相手のリゾートは数軒、見ましたがロングステーは無理っぽいですね

2008-p

名も知れん一期一会の町を通り過ぎてゆきます

こういう何気ない町が帰国後、何かのおりに、ふと脳裏をかすめる一瞬が有るんですよね

2008-p

途中の山道では、たくさんの商品を抱えた移動サリサリ叔父さんが歩いています

見るからに大変そうです 『男はつらいよネグロス編 』

2008-p

2:10パコロド行きのセレスライナーはカバンカランの町で10分ほどのトイレ休憩に入りました。

2008-p

どこの町か忘れましたが面白い形の客室を付けたトライシクルが数台、客待ちをしてます

本来のサイドカーのスタイルですね!

2008-p

4:50分 出発地点のドゥマゲッティを出て10時間20分 目的のバコロド市へ着きました

今日は悪路の移動が多く疲れました お腹も空いたし喉も渇いたし

後は悪路でダンシングした胃をサンミゲールを たらふく飲ませて ねぎらってやります



あ~っと その前にバコロド市内に移動をして宿を見つけてと.............

まだまだ、しなければ いけないことが残ってます ふ~っ




スポンサーサイト


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。