アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


01<<  2018.02 >>03
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タイ ホアヒン リゾート・ビレッジでだらだら
2009年 9月6~ 未定


9月に入ってからのタイはと言えば、毎日のように夕方になると

西の空から黒い雲が現れ、ゴロゴロと空が泣き出したかと思うと

突然のスコール、時には1時間以上も降るときも・・・


このあと、一気に街の空気が入れ替わり、涼しく過ごしやすくなる

マンゴー・レインとでも呼ぶのだろうか

2009-thai

昨年に襲った世界的大不況のあおりで、観光大国であるこの国の観光産業も

客足減少で大打撃を受け、それに空港閉鎖(昨年、私はもろに受けました)

政治混乱等で更に観光客離れに拍車がかかってるとは確かなはずなのに

久しぶりに訪れたホアヒンを歩いてみて感じたのは、高級リゾート&スパが

これでもかというように建設され、まるで景気拡大の中国を思わせるようです

2009-thai

それとは別に、この地をロング・スティや移住と選んだ外国人(裕福なタイ人も含む)

そういった人達を対象ととしたプール付の一戸建てビレッジが売り出され

ハワイやオーストラリアの、なん割引かで購入出来ると相まって

今やタイを代表する保養地になって来てるのも確かだ

2009-thai

今回、いち押しのオススメのランド(一戸建て)

リビングの横はプール、室内の詳細は帰国後に

ちなみにお値段は2300万円 どうです、買えまっせ~

2009-thai

それにしてもこういう所に来ていつも思うのは、欧米人は余暇の楽しみ方を

よく分かっているというか、時間の過ごし方が私たち極東アジアの人間には

到底かなわないほど上手なのには感心させられる、ここでよく目にする欧米人は

若いパッカーも多いけれど、さらに多いのは仲睦まじい老年夫婦だとか

ふら~っと歩いているリタイア後のアローンなおじさんだったりする

2009-thai

ホアヒンは、ヨーロピアンが多く集まる地区だけにレストランの数に

バラエティ豊富で一応は、タイ料理がメインですが客層が外国人ばかりなので

洋食を売りしてる店も多く最近ではイタリアンの店が目立つようになって来て

店内にビザを焼く本格的な釜を備えたイタメシ屋さんもあります


それに、商人として多くのインド系の移民?も見かけるだけに

本格的なインド料理店はもちろん食堂の感覚で入れるチープなインド料理店も増え

ランチタイムでも気軽に利用できる料金設定が嬉しい

(街のタイ食堂や屋台に比べて多少の割高感は否めません)

2009-thai

タイ湾を挟んでずーっと向こうにあるパタヤとは対照的に、若者や家族連れ

それにリタイヤした、いつも仲睦まじい老夫婦に人気のリゾート地のようで

のんびり、ぼぉーっとするには確かにいい場所に思えてなりません


リゾートのレストランでは、新鮮なシーフードをうりにし、夕方くらいから

ビーチサイドのテラスで、普段の倍の時間をかけて頂く、それが気取らず

誰にでも普通にできちゃうのがアジアの物価の安さがもたらす恩恵でしょうね

2009-thai


避寒地の候補に、ホアヒン・・・・   どうですか?




スポンサーサイト

タイ 南部 ホアヒンで沈没ー3
2009年 9月6~ 未定


カンチャナブリのトラ寺へ娘の消息を・・・・
 

本来の用事も済んだのに、その後だらだら過ごしてる、ホアヒン滞在記です。

だらだらと言ってもタイにいる昼間の犬のように、ダレきってボ~っと木陰で

寝そべったりしてるのではなく、それなりに後半の滞在をこなしてます

2009-thai

アジアへ詣でた際に、どこへ行くのも嫌になる気だるい昼下がりに涼も兼ね

髪の毛を切りに行くことが滞在中、一度はお約束になっている


一応、どこでも良いのではなく散髪屋さんではたった今、切りました~ってな

仕上がりが嫌なんで参るのは、決まって美容院です

それもエアコンがギンギンに効いてて若い女性の美容師さんがいてるのが希望ですw


万国共通で総じて美容師さん(死語かな?)は喋り好きが多く、ここでも

ご多聞にもれずコン・ジープン(日本人)が珍しいことも相まって話しかけられます


Meo(右)はタイの東北イサ-ン地方からの出稼ぎ娘です。

元、バンコクの美容院で勤めていたのですが友達の内輪もめに首を突っ込み

最後は二人とも店を辞め故郷へ戻っていたのですが田舎には仕事が無く


家族のため捲土重来を期して友人・Roi(左)を頼ってホアヒンで勤めるように

なったそうです、根っからの陽気なタイ娘で最初は、ヘアーカットだけのつもりが


店の前を通ると声が掛かり、お互い拙い英語で冗談を言ったり下ネタを言ったりで

滞在中、ヘアカラーやらペディキュアなどやるはめに・・・・

なんたって、こういった出会いも有り~ぃの旅なんですから

2009-thai

それ以外に昼から出向くのは・・・・


日本の厳冬期、日本を離れ避寒する保養地を探してもいるのですよ

街にはリタイアされた欧米人相手の不動産屋さんが数多くあり


オーナーはヨーロピアンですが現地を案内したりはタイ人なんで

スタッフ達は超フレンドリ-です、馴れ馴れしくてウザイくらいの

スタッフもいますがね、やつらと街から離れたビレッジなどへ出向き

いろいろとビレッジやコンドを見てまわりました。


大家族でも住めそうな邸宅から画像のような夫婦二人で厳冬期に避寒するには

ちょうど良い、こじんまりとした物件まで見てまわった


ちなみにこの物件で日本円で780万だ


(私の気に入った物件は帰国後にでも紹介します。)

2009-thai

それにも飽きたら、お気に入りのMP-3を持ち歩きエクササイズを兼ね

ビーチを素足で、ただただあてもなく歩いてみたり

2009-thai

歩き疲れたら、たとえ縁がないような高級なリゾートであっても

ビーチはセブ・マクタン島のように塀で区切られてないので

ビーチから気軽に立ち寄り食事もできくつろげる


なんたって、どこぞの有名ビーチのように日中韓の極東アジア人が発する

けたたましい言語を耳にすることなく、ぼ~っと専念できるのがいいよね





そんなホアヒンの話題、次回もひっぱります。





タイ 南部 ホアヒンで、沈没ー2
2009年 9月9~ 沈没


たとえ何度か訪問した国であっても、初めての街に詣でる時は

いつも最高にワクワクする、なんて言うか幼少の頃、母親から隣町へは

行ってはダメだ、近くで遊んでなさい・・・・

2009-thai

そんな忠告とは裏肌に自転車にまたがり、迷子になると人に尋ねもって

子供なりに探検した、あの時の感覚だ、それにひきかえ何度か訪れた街となると

途端に色あせてしまうよね、確かに最初に訪れた頃の沸き立つ気持ちは

ないけれど、何となくホッと安心出来るのも捨てがたい、自分と相性の

良い土地とは、飾り気など必要ではない、そういうもんじゃないかな

2009-thai

ガイド・ブックなど読まれると分かるが、9月に入ってからのタイは

非常に降雨量が多くなる、私が移動している南部は急に雲行きが怪しく

なったかと思えばポッリ・ポッリ、その後、激しい雨に変わり道路は川と化す


振り出すと長雨でスコールと呼べるしろものではない、そんな雨が多いなか

タイ中南部であっても、ここホアヒンは、一年を通じて温暖な気候で

タイの中でも降水量が非常に少なくカラッとした気候なのが嬉しい

2009-thai

前回のブログで書いたように職場放棄したドライバーからミニバスに乗り換え

ホアヒンのナイトマーケット近くに到着後、重たいバックを背負いながら

殺人的な日差しを浴び、海岸(東方向)に向かい、やがて 海上レストランが

ある通りに突き当たると、そこは海の上に突き出したゲストハウスやら

パッカー好みのヤモリと過ごせる安宿が軒を並べている地区だ


最近では、ホアヒンはリゾート地と呼ぶのが相応しいのか、海辺には

いくつか大型の高級ホテルがあって代表的なのがヒルトンにマリオット

まかり間違っても私のような分際には縁のないところだ


そんなオレとは違い以前に娘がパパ~どっちのホテルがいいかな~♪って

聞いて来た時は、我が娘ながら本気で首を絞めかけたくらいだw


この旅、初めて海らしいと言える景色に出会った


2009-thai

私が目指した安宿は、変わっていて入口から受付の先あたりは陸地ですが

部屋がある奥の方の床の下は海なのだ、部屋は非常にベーシックなもので

波の音が床の下から聞こえて来るかわり、うるさいと言えばうるさい


そんな安宿で、際立って海に突き出ている建物が、今回一泊だけした

SILIMA ゲストハウスで、人様の旅ブログで紹介され見たときは

それは良い宿に見えたのですが、実際は違ってました、ひとことボロ~い


タイは1~2月の気候もいいしベストシーズン以外は借り手が強いので

ロンプラで褒めてる宿を除き、だいたいは飛び込みで泊まれるようだ

2009-thai

借り手が強い、なのに暑さで思考回路が逝かれてたのか、値段につられたのか

くだんの250バーツのボロい×2、ハウスに泊まってしまったオレ


予想どうり蒸し風呂、サウナ状態で翌朝には1キロほど体重が減ったのではと

思うくらい寝汗をかいた、寝ながらダイエット出来るので考えようによっては

フィットネス・クラブを兼ねてるかも・・・・ 次の日は早々に宿探しに出た


ひとつ褒めておくとテラスからのサンセットはビールのよいあてになった


この辺りの安宿の相場はファン・ルームで250バーツ、750円

エアコン・ルームで500~800バーツが相場かな、1500円~


パッカーが沈没するには少々、コストパホーマンスに欠けるかも知れないが

オレも半世紀近く酷使して来た身なんだ、これくらいは許してくれ



沈没してるので暫く、ホアヒンでの日常画像が続きます。





タイ南部 ホアヒンで沈没-1
2009年 9月9~ 未定


見どころが無いって言いながらチュンポンの街に二日半も滞在しちゃったオレ

これから北の方向に上がる胸をゲスト・ハウスの1階に併設してる旅行社の

妙な色気を、発するお姉さまに話すと、ここに来てサムイやタオに

渡らない人って、あなたが初めてよ~♪ 何しに来たの~♪ってな嫌味を言われ

一瞬、殺意をもよおしたが、グッとこらえロット・バス(公共バス)にまるで

遠足に行くかのようにポテトチップやらチョコを大人買いして乗り込んだw


2009-thai


これから向かうのは南部チュンポンから、バンコクに北上する途中にある

ホアヒンという街、そんじゃそこらの地方都市の格付けでは無く

なんとタイの王室のプミポン国王も休養地としている、ありがたい

リゾート地だそうだ、ところでどこがありがたいのかオレには、わからんw



画像は、ホアヒン駅でホームのタイ様式の建物は、王室専用の待合室


2009-thai

チュンポンからの公共バスはホアヒンまで行くと言ってながら

ドライバーの気が変わったのか、ガソリンが尽きたのか

道がわからなくなったのか、途中で小汚いミニバスに乗り変えさせられる始末


例えて言うと、私が住んでる大阪で言えば、大阪駅から環状線で

天王寺駅までのキップを買い電車に乗り込んだが、途中の新今宮で運転手の

気分が変わり、こっから先は市バスか地下鉄で行ってくれってな感じw


まあタイ人の、こういった、え~かげんでマイペンライな性格も憎めないんだが

けっきょく、最初に聞いていた到着時刻より2時間、遅れでホアヒンへ(涙

2009-thai

ココ数年、タイに訪れた時はお決まり、たとえ数日間のトランジットでバンコクに

降り立った際にもホアヒンに立ち寄るくらいの、私にとっても国王に負けず劣らず

休養地と格付けされるようになった街だが、別段、隠れた名所などではなく

知らない穴場ってな大袈裟な場所でもなく、多くの日本人も訪れてるのが現状だ 

2009-thai

そんなホアヒンだが、サムイ・タオ・プーケットとはまた違った

なにか肌に合うものがあるんですよね、しゃしゃり出た華やかさもなし

もちろん退屈しそうな田舎でもないし、リゾート気分で連れと来るのも良し

ひとりで、ぷらっとやって来ても退屈しないし

そう言った意味も含め、カップル(死語)じゃない今回の私みたいな輩でも

ひとり酒、ひとり飯でも気軽に入れる食堂に、なにより身も心も

沈没させてくれる安宿も掃いて捨てるほどあるのもリピターさせる条件だ






2~3日、滞在してチェンマイ周辺にでも夜行で参ったろかって思ったが

やんぺ、やんぺ、沈没決定 そんな訳で、ここで旅が終わったりしてw







Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。