アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


01<<  2018.02 >>03
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フィリピン マニラ ターミナル2 空港泊
先日、無事に帰国を果たしましたので、改めて今回の旅の画像&説明文を

大幅に差し入れ構築し直し再び旅を進行させて頂きます。



2011年4月8日

大阪からのセブパシフィック航空は、ほぼ定刻にマニラに到着
その後、乗り換えてセブまでの国内線をプロモーションの関係で

フィリピン航空になっちゃつたので、フィリピン航空専用のターミナル2へ
移動をしなければならないが、もし翌朝の便が7時以降の方は

フードコートの充実しているターミナル3で朝まで過ぎされ早朝にターミナル2への
移動が懸命だ。 さて各ターミナルを周回する空港シャトルバスは

午前12時で終了していたが、今回は空港関係の大型のバンが止まっており
快くターミナル2まで乗せて貰えた

2011

チップは4人で50ペソなので、深夜に到着した人でターミナル間の移動を
強いられる方はイエロータクシーに乗る前に先ずは大型バンが止まっていないか
シャトルバス乗り場周辺をチェックされるのもコストパフォーマンスかもしれない。

2011

移動後のターミナル2は搭乗券を持っていてば入り口直ぐの辺りに限定されるが
深夜で有ろうがエントリーさせて貰える。だが中では仮眠だけ可能な環境なので

2011

近くのジョルビーかアルコールを飲む人はジョルビーの隣の建物に入り
1階にある空港関係者の食堂でトロトロ形式のおかずを提供しているので
50ペソのサンミゲールを買って、そこで時間つぶしするのを勧める。




スポンサーサイト

フィリピン マニラ ターミナル2 空港泊
先日、無事に帰国を果たしましたので、改めて今回の旅の画像&説明文を

大幅に差し入れ構築し直し再び旅を進行させて頂きます。


2011年4月5日

一昨年はモアルボアル、昨年はマカオ・珠海と何度か添乗員をさせて頂いてる

土建屋関係の役員様が、この先、多忙に成る前にフィリピンでダイビングをしたいとの

リクエストを受けましたので、プチ添乗員として比国へ向かいます。


2011


数年前に初めて比国へ添乗員として同行した時の懐かしい画像ですね

現在は二児の父親になられたお客様もいてはります。

金髪は卒業されたものの、後頭部の髪の毛が寂しくなったお客様もいてはります。


2011

帰りの空港ではお客様の土産が機内へ持ち込めないとやからを言われまして
それを交わす為の判断からか、ハクペソ(100ペソ)を渡されました。

わたくし、すかさずカメラを向け撮影したところ、わたしにも火の粉が掛かりかけたので

お客様を見捨てて脱兎の如く逃げてしまう失態をしでかしましたw

現在では空港職員の教育も向上したのか、その手の輩は見かけません


2011

5j

効率化の向上によって低価格かつサービスが簡素化された

格安航空会社LCC(Low Cost Carrier)5Jでマニラまで詣でさせて頂きます。

2011

今回のカスタマー様 一同で御座います。

関西空港・出発ロビーにて



過去に訪れた島の画像です前後のページで観覧できます。






マニラ空港 ターミナル 3 空港泊 4
2011年1月28日

以前にお伝えした空港泊の記事で質問が寄せられたので追記しておく
どうも記事の内容の最後のオチが現役バックパッカー贔屓めいてたので

不安を持たれたと感じたのだが、私自身の主観を優先させた結果の内容であって
要するに空港職員に追い出されたりする事なく朝まで過ごせると言いたかったのである。

この時は空港で朝まで過ごす人など、そうそういないだろうと考えていたが
先日、知人のダイバーが4月にセブ島北部のマラパスクアと言う島へ

行く為にセブパシフィクを予約したところフライトスケジュールが
変更されてるのに気づいた


2011


下記は変更後である

便名:Flight 5J - 827
関西空港 20:40 午後 出発
マニラ、ターミナル 3 、23:50 午後 到着

LCCの運命か出発時刻がより遅く変更されていた。
従って、マニラに到着し通関手続きなどが終了し市内へ向かうと

深夜になってしまう  そのままマニラ詣で済まされる方は良しとし
翌日に知人のようにセブ便に乗り換えるとなると

早朝便をチョイスして空港泊する方が身体的にオススメのような気もする
そう考えると空港泊を強いられる方も今後は増えるのではなかろうか


2011


そこで前回に撮りためていた中でターミナル3の4階に有った
spaと言うかマッサージ屋の画像も追加しておく

料金は高目だが同じ様な施設を日本の空港で使ったとしたら
この様な値段では決して有り得ないのではなかろうか

この時も常時、客が居るように見かけなかったので
一番、値が張る1時間コースを利用すると終了後も室内の控えシートに
居座れるのではと厚かましい考えを持つのは関西人の私だけかなw





マニラ空港 ターミナル3 空港泊 2
2011年1月18日

前回に一部報告したマニラ空港ターミナル3 空港泊の続編である
空港泊にあたり目的の4階に到着した訳だが、気持ちとしては

早々にサンミゲールで喉を潤したいのだが、今宵の寝床を
何処にするかを決めておかないとなんとも落ち着かないと
言うところがか… 自分でも嫌な性格だw

そんな訳で4階のフロアーをコロコロバックをひこずりながら
3回もアラウンドしてしまった。

そのうち怪しい奴だと思われガードマンにチップをせがまれるのではないかと
心臓がパクパクし始めた頃に手頃なスペースを見つかり
やっとこさサンミゲールタイムと成った。

2011

ミニストップから、先へ進みさらに奥へと進むとセブンイレブンが
あり、品揃えはミニストップと変わらないアルコールは

この時は深夜の販売をしていなかった
フィリピン人の多くはカップラーメンをすすっているお約束のスタイルが笑えた

2011

コンビニでスナック類を "あてで" 飲むのもなんなんで
向かいのオカズ指差し食堂でポークアドボ80ペソ(ご飯込み)と

ミニストップで買ったサンミゲール39ペソがフィリピン到着
最初の宴となった次第だ

真夜中にハポン (日本人) がひとり、安っぽいアドボとサンミゲールが
特異に映るのか通り過ぎて行くフィリピン人の視線が痛かっだw

2011

セブンイレブンの手前を曲がってレストランの外れに
くぼんだ一角があり、フロアーを歩く人間から目が届かないスペースを見つける

遠いむか~し学生の頃に寝袋とテント、ホエーブスを担ぎもってSLを求めて北海道各地を
歩き回り、夜になると無人駅やら公園やらで一夜を過ごすためのスペースを感を頼りに
毎日のように探し歩いていた習性が未だもって生きていた事に感謝だw

ダンボールの代わりに更紗というところが路上生活者と一線をひいてる
つもりなんだが、わかって貰えるかなw


下記から過去のシキホール日記が読めます。


1> フィリピン 2007 シキホール 再訪 
2) フィリピン 2007 シキホール 再訪 
3> フィリピン 2007 シキホール 再訪 
4) フィリピン 2007 シキホール 再訪 
5> フィリピン 2007 シキホール 再訪 
6) フィリピン 2007 シキホール 再訪 
7> フィリピン 2007 シキホール 再訪 
8) フィリピン 2007 シキホール 再訪 
8> フィリピン 2007 シキホール 再訪 
9) フィリピン 2007 シキホール 再訪 
10> フィリピン 2007 シキホール 再訪 
11) フィリピン 2007 シキホール 再訪 
12> フィリピン 2007 シキホール 再訪 


1) ラレナ地区
2)  LAZI 地区 (graduation ceremony)
3)  バイクでぶらぶら 
4) 安宿さがし ダストラム 1
5)  安宿さがし ダストラム 2
6) 安宿さがし1 ブヒサンロッジ
7)  安宿さがし2 ココグローブ 1
8)  安宿さがし3 ココグローブ 2
9)  レンタルバイクでぶらぶら
10) ラレナの街
11)  シキホール地区の市場
12)  トンゴ地区 カガルワン
13)  レンタルバイクでぶらぶら2
14)  シキホール宿 コーラルケイ
15)  シキホール宿 スイスコテージ





マニラ空港 ターミナル3 空港泊 1
2011年1月18日

格安航空は夜、遅くに人目につかないよう現地着って言うのがお決まりのようで
関西空港を17:20分に離陸したセブパシフィックは現地時間の

22:30にマニラヘ降りたち通関手続き~預け荷物のピックアップが済むと
23:00もまわり、本来ならメータータクシー200ペソでギャングが出るのではと
心臓がドキドキしもって、マビニの定宿へ向かうのだがw

今回は翌朝7:10分の便でドゥマゲッティくんだりまで向かうので
もしこのままマビニヘ向かいチェックインを済ませ

いっぱいひっかけに行って戻って来たら寝るのが1時をまわるのは覚悟
それでもって翌朝の便に間に合うようにと考えると5時前には

iphone のアラームを鳴るようにしなければならない
それならって事で面倒なんで今夜は空港泊と決め込んだわけだ

その代わりと言っちゃなんだが、空港~マビニ往復+宿代が節約されるので
良しと考える自分は、まだまだ若い証拠かぁぁw

2011

4階にあるコンビニのミニストップ、深夜で有ろうがビールは手に入る

この付近の長椅子は全て先客に押さえられていた。
皆さん夜明かし組なので待って空く余地はなし

2011

ご覧の通り貧乏くさい空港泊の同胞面々 ターミナル3の長椅子は全て個別の
アームレストが無いのでごろ寝には向いている。

次回もターミナル3 空港泊の続きで、ついに寝床を確保したで~ 編です。


下記から過去のシキホール日記が読めます。


1> フィリピン 2007 シキホール 再訪 
2) フィリピン 2007 シキホール 再訪 
3> フィリピン 2007 シキホール 再訪 
4) フィリピン 2007 シキホール 再訪 
5> フィリピン 2007 シキホール 再訪 
6) フィリピン 2007 シキホール 再訪 
7> フィリピン 2007 シキホール 再訪 
8) フィリピン 2007 シキホール 再訪 
8> フィリピン 2007 シキホール 再訪 
9) フィリピン 2007 シキホール 再訪 
10> フィリピン 2007 シキホール 再訪 
11) フィリピン 2007 シキホール 再訪 
12> フィリピン 2007 シキホール 再訪 


1) ラレナ地区
2)  LAZI 地区 (graduation ceremony)
3)  バイクでぶらぶら 
4) 安宿さがし ダストラム 1
5)  安宿さがし ダストラム 2
6) 安宿さがし1 ブヒサンロッジ
7)  安宿さがし2 ココグローブ 1
8)  安宿さがし3 ココグローブ 2
9)  レンタルバイクでぶらぶら
10) ラレナの街
11)  シキホール地区の市場
12)  トンゴ地区 カガルワン
13)  レンタルバイクでぶらぶら2
14)  シキホール宿 コーラルケイ
15)  シキホール宿 スイスコテージ






Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。