アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


05<<  2018.06 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マドウライ
前回の続き

2006年8月現在の1R 2.6円


飯も食ったしマドウライ行きのバスでも探すかと腰をあげバス停もどきのような場所へ行って
びっくり道路には人人であふれ、おまけに来るバスはみな満員で座れるどころか立つ場所の確保も

難しい混みよう、どうもこのバスは近郊へ行くバスで私たちが行く長距離は来そうも無く疲れ果てていると
ひとりのオートリキシャの若者がハイウエイを走ってる長距離バスが料金所で止まるのを狙い

交渉してあげるという捨てる神あれば拾う神もある サンキュ~~♪それでも1時間以上は待ち続け
チェンナイ(マドラス)から満員でこの地まで走って来た座席のないバスへ飛び乗り

無謀な追い抜きで悪名高いインドのバスで12時間
南インド ヒンズー教 巡礼地のひとつマドライへ疲労こんぱいのバス旅になりましたわ



大都会と違って、このくらいの街なら楽しく散策できるね
歩き疲れるともっぱら画像のサイクルリクシャーを使いました

DSC_0039.jpg

何度も書くようだが来るあてもないバスを真っ暗なバス停で待つこと1時間
いくら待っても違う行き先のバスばかり
ついに痺れをきらし有料道路の料金所でスピードをゆるめるバスに

次々駆け寄りマドライを連発し みごと1時間後に乗り込むが巡礼者で
満員のため床に寝転がって12時間の旅でした

この時ほどポケットに忍ばせていた。
IWハーパーの小瓶が心を落ち着かせくれたものか

DSC_0053.jpg

巡礼者を満載したマドウライ行きのバスは1時間を過ぎたあたりで最初のトイレ休憩
チャイとクラッカーを買い込みハーパーのあてにする。
二回目の休憩は夜中の2:30頃、コヒーでも飲んでくつろぐ近くのインドミュージックテープ屋では

夜中に関わらず大音量で流し続けていた
その後バスは順調に走り続け6:40分頃マドウライのバス停へ着きましたわ

暫くはバス停のベンチから動けずチャイを飲み今宵の宿のめぼしをつけ
オートリキシャでR80で連れて行ってもらいました

DSC_0061.jpg

私たちに興味が有るのか、しきりに話しかけてくる"おばさん"
じもぴ~言葉が、わかんなくてすみません

DSC_0062.jpg

この後マドウライの鉄道駅へこれから先の先の予定のコチン~バンガロール間の
寝台列車の予約を取りに行きましたよ

外人専用窓口がありすぐに2等エアコンナシの寝台がとれました
印度もコンピュータ化が進み旅しやすくなったもんだわ


スポンサーサイト

マドウライ


でも1日平均にして3時間は歩いてたね
気持ちよくウォーキングしてたらふく南インドのカレーを

↑北インドはチャパティやナンでしたが
南はもっぱら米食でした。

三度きれいに平らげても体重は変わらずでした
海外太りも無く旅をしてるほうが健康的な日常をおくってる管理人でした。

DSC_0046.jpg

この果物にもカレー色した物体をつけて食していました野菜の感覚なんでしょうね

DSC_0046a.jpg

バス停を探してる不安な時でも容赦なくつきまとう路上生活者

DSC_0047.jpg

インド人の好きなスナックのひとつカレー味の豆 彼らは本当に豆が好きで精力がつくと胸をはって言ってたっけ!


マドウライ
インドには多くの路上生活者が居ます。それはこの国に古くから伝わるカースト制度に由来しています。
インドでは近年までカースト制度により身分が固定し、職業選択の自由がなかったわけです
物乞いの子は物乞いになるしかないみたいです

現在の憲法ではカースト制度は禁止されているが、実際は何も変わっていないのが現状です
変わらない大きな理由はヒンドゥー教にあると聞きましたね



子供を抱いた若い女の人。口元に手を持っていき、そしてその手をこちらに差し出してくる。
私と子供に食べ物をください、食べ物を買うお金をください、というのだ

しかしその女の人も赤ちゃんも、ガリガリに痩せているわけではない。全く普通です。
身なりだって、キレイなサリーを着ている

物乞いのおばさんたちは楽しそうにおしゃべりしている
私達が近付くと手を差し出してくるが、無視して通り過ぎるとまたおしゃべりが始まる。そんなもんですね

チェンナイ(旧マドラス)で囲まれた物乞いさんです。



インドの名物の一つに、大都市に数多く住む物乞いがある。
インドを訪れたことがある方はよくご存知かと思うけど

お金や物を乞うたくさんの人たちがいます。
たいていは、女性であり、子どもであり、高齢者や障害を持った人たちです。

バクシーシーお恵みを!と集るその物乞いたるや堂々たるものです。
痩せこけた赤ん坊を片手に抱き憐れみを乞う、なかなか役者です(笑

DSC_00051.jpg



マドウライ
ミナクシ寺院へやって来ました。靴のまま門から中へ入ろうとすると
外で靴を預けてはだしで入りなさいと忠告される神聖なんすね
寺院の中には化粧されたヒンズー教の神聖な神様の象がいてて

10Rをお布施すると長い鼻で頭をなでてくれましたよ
寺院の中には他にもたくさんの神様の仏像などがあり
全部見て回るのにはたいへんな広さでした



寺院の中は冷んやりと涼しくてボ~っとするには最適ですが
熱心にお祈りされてるだけに寝ころぶわけにはいきません

DSC_0031.jpg


なんだか心が洗われる思いでした。 少しは日ごろの悪さがあらためられたかな?



マドウライ
1R 2.6円




聖職者と下は正反対のふざけた子供(笑

DSC_0068a.jpg

DSC_0039a.jpg

ミナクシ寺院の前のお土産屋さんが絶好の撮影POINTらしく
連れてリキシャマンに行かれましたが何も買わずに出ようとしても
誰も引き止めません さすが南インドは旅しやすいすネ!

帰りがけにサイクルリキシャに乗って寺院の外周をうろうろしました30R

DSC_0037.jpg

マドーライでの宿です。 昨夜バスの通路12時間移動の強行軍に
立腹し相方はエアコン付きの部屋に泊まると一歩も引きません

宿はミナクシ寺院にほど近く付近は門前町の雰囲気を漂わせていました。
HOTELウエストタウンAC付で700Rでした。

部屋のエアコンの噴出し口にタイ航空でもらったビールを冷やして飲みましたよ





Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。