アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コタキナバル LCC (ロー・コスト・キャリア) 専用ターミナル
ケニンガウの街ブラを楽しんだあと、往路と同じ会社のバスでコタキナバルへ再び戻り
そのあくる日にはボルネオ滞在40日間を終え、セブパシフィック航空でフィリピン・マニラへ戻った

日頃からのんびり派の私でもサバ州・サラワク州・ラブアン島・ブルネイだけで
40日滞在は、いささか退屈でもあった、それに何より他のアジアに比べ物価が高い

特にマレーシアの中でもサバ州は食事も含めての物価高には泣かされた
それでも日本と比べるとまだまだ安いのだが例えば同じマレーシアのペナン・クアラルンプールなどと
食堂のプライスを比較すると、歴然に高いのが解る 長期旅行者には何より辛かった


2011


コタキナバル LCC専用ターミナル

両替所もあるが、この時は日本円からマレーシアリンギットのレートが掲示板に出ていないので
聞いいてみると何と交換できないと言うではないか、何故だか聞き詰めても知らぬ存ぜぬだ


2011


コタキナバル空港ではエアー・アジアのLCCターミナルが、通常の立派なターミナルとは別に
新たに建てられており、そこを間借りするように5J・セブパシフィック航空のカウンターがある


2011


待合室のほとんどの客はエアーアジアでクアラルンプールへ向かう乗客でしめられていた。
さあフィリピンへ戻ったらサンミゲールビールを浴びるほど飲んでやるぜ~


長い間、ボルネオシリーズを見て頂きましたが
一旦、今回で最終報告とします。

いずれ単発的だがボルネオ島を取り上げる機会が有れば秘蔵画像も取り入れ報告します。
今回、お世話になった旅先の皆さま Terima kasih ・ Selamat tinggal

2011年 5月25日


スポンサーサイト

サンダカンからコタキナバル、その後ラブアン島へ
まだまだボルネオ滞在日数が残っている身なのでもう少しサンダカンで滞在していても良かったのだが
昨夜まで独り占め状態であったドミトリに白人数名がやって来て賑やかになったので、そろそろ潮時かと
サンダカンでの滞在も閉めてコタキナバル方面へ向け出発することにした。

眠い目をこすり大雑把にバックに荷物を詰め込み宿にほど近い市内のミニバスステーションへ
サンダカンは今日も朝から蒸し暑くバス乗り場へ着いた頃には汗だく状態であった


2011


画像は一旦、市内のミニバスステーションから1RMで向かったサンダカンに到着したのと同じの
サバ州各地に発着する長距離バスターミナルであります

ここでもお約束のように数社のバス会社が客取り合戦を繰り広げており料金は似たりよったりだ
もし貴方が面倒くさければ、客引きに身をゆだねてるだけで重いバックバックも背負ってくれ
目的のチケット売り場へと案内してくれる、本当にマレーシアのバスはイージー過ぎて物足りないかも


2011


AM 9:30にサンダカンを出発したバスは、お昼をとっくに過ぎた2時前に食事休憩で停車
30分程度休憩した後、快調に走りコタキナバルにはPM3:30分に到着した。

着いたのは行きと同じのインナナム長距離バスターミナル
同乗の客がタクシー乗り場と違う、おかしな方向に進むのでひょっとしてタクシーを使わず
公共のバスで市内へ向かうのではと長年のバックパッカーの感が働きローカルについていくと
突如、大通りに出くわし案の定ミニバスを待ちだしたので2RM60円で連れ持って市内へ向かった


画像は日帰りアイランドホッピングツアーなどが発着する港である
なんでもこの港からラブアン島へ行けるとの事でこれから先の作戦会議となる



2011


実際はまだまだ画像があるので紹介したいのだが割愛.....
コタキナバルへ再び戻ってきて時間はいっぱい有るので2~3日滞在しようかと思ったが

ここでの滞在にあたり有名どころのゲストハウス、サマーロッジが居心地が悪く
ラブアン島へ向かう事にした。


2011


画像は港にある各種日帰りツアーを斡旋しているデスク件チケット売り場
ここでラブアン島までのチケットを購入し結局のところコタキナバルは
1日のトランジットのみでラブアン島へ向かうことにした。


2011


ラブアン島へ向かう自称、高速船の海王
一応、一等、二等座席と選択があるようだが、強いて大差は無い


2011


室内の座席は窓より低い位置に設置され、おまけに日除けの濃いフィルムが貼られてるので
東洋人の座高では景色を楽しむには少々、無理が御座います。

ってな訳で第一世代ipadでダウンロードした映画を見てその後、熟睡体制でラブアンへ






Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。