アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


01<<  2018.02 >>03
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ボルネオ島 サバ州 ラハ ダトゥ 水上集落 4


今回、最初に水上集落を紹介した項で触れたが怖い目、危険な目に遭ったと言うのは
警察が立ち入りにくいのを良いことに、ここではとんでもない事が日常行われているんですよね


2011


それはずばり麻薬の常習者の巣窟であって平然と覚せい剤が取引がされてるんですよ
コタキナバルの沖に浮かぶ島にあるいくつかの水上集落は不法定住者のものであるとも聞いた
やはり観光気分で安易に近づく場所ではないようだ、そんなおり.......


2011


陸の集落入口から100メートルくらい進んだ辺りで1人の強面の若者に行く手を制され
マレー語で何やらまくしあげてくるので無視を決めこみ進むと今度は薬物で完全に目が逝っちゃってる

アドレナリンが炸裂してしまいそうな男が近づいてきて、さっきと同じように行く手を制され
何やらまくしたててくるが理解不能


2011


そのうち肩を掴まれカメラを無理やり取り上げられそうになり身の危険を察し
集落にある商店へ逃げ込んだ塩梅だ、兎に角この時点でカメラはバックに仕舞い込んだ


2011


その先でも見た限りガラスの破片を細かくしたような薬物(おそらく覚せい剤)を小袋に小分けしたブツを
私に見せびらかすように手招きをする、ここでは先程の常習者から比べると恐怖心は感じられなかったが
さすがにカメラをバックから出して向ける勇気はなかった


2011


隣接するインドネシアやフィリピン、どちらも国境まではさして遠くないが故に
陸での定住には差し障りがあるのも災いし、このような情事に手を染めてるようだ

ここはスルー海にも近く,漂海民族のバジャウの人々も多い彼らは国境という概念をもたず
家族ごと家船に乗りフィリピンとボルネオ島に囲まれたスルー海を自由に行き来してきた


2011


水上集落を後にして街へ戻り茶店で今あった事を思い出しふと頭をよぎったのは
マレーシアでは、麻薬等違法薬物に関わる規制は非常に厳しい

もし気づかないうちに彼らに麻薬をポケットないしカメラバックに仕込まれていて
警官とのグルで嵌められていたらマレーシアで麻薬といった場合はとんでもない事になっていたかも


喉もと過ぎればなんとやら blogを仕上げながら.....
次回、もしこの土地を訪れたとしたら再訪したいかと自分に問うと
もちろん I'll be back....ww


スポンサーサイト

ボルネオ島 サバ州 ラハ ダトゥ 水上集落 3


マタハリ(太陽)が出てないせいでもあるのだろうが、なにより水上に建てられた環境が
大いに功を奏し涼しくコンクリートで囲まれた街の環境から一転しこのような集落も
利にかなっているものだと感心しつつ集落の奥へと進んだ


2011


このような環境でありながら色々な商店がある
大部分を占めるのは生活には欠かせない食料品を売る店なんだがね


2011


はじめママゴト遊びでもしてるのかと思いきや かき氷屋??
これでも一応は商店なんだ


2011


渡し板の長さは不ぞろいで、すき間も多く構造もあまりしっかりしておらず
だんだんと奥へ進むには困難な状態におちいって来たね


2011


水上集落はボルネオ島では伝統的な集落の形態であるようだ
水上集落に居住している人々の大半は漁業に携わっているようで


2011


粗末な生活に見えるが家からそのまま小舟で漁に出かけられる利便性や
トイレが不要なども含めて多くの生活上の利点があるようだ


2011


海から吹きつける風が気持ちいい~

もう一回、水上集落をひっぱらしてもらって次回で最後にしようと思う



ボルネオ島 サバ州 ラハ ダトゥ 水上集落 2
ラハ ダトゥの水上集落を歩いていると気づくのだが
子供を含め一部の住民以外は外部の人間に対して露骨に警戒心、鋭い視線を向けて来る
明らかに招かざる客としての扱いとも感じる空気がひしひしと伝わってくる


2011


もしこのブログを見てラハ ダトゥへ寄り同じ様に水上集落へ足を踏み入れようとするなら
カメラはカバンの中に閉まっておいて必要に多じて取り出すように
まあそんな物好きはオレくらいだろうがw


2011


でも今だから笑っておれるが
これは最後の項で証すが、二回ほど怖い目に合いカメラを取り上げられそうに成りました。

水上集落の敷地内は外部へ出ずにある程度生活出来るように商店・簡易食堂もある


2011


なんか他の地域と違う空気が流れていて居心地が悪いんだよね
住民にしたって笑顔の安売りはしないと言うか無表情が目立った


2011


そんな中、分岐点で迷ってると水先案内人を務めにひとりの子供が寄って来た
子供なのに水先案内人の笑顔が見れないのが少々気になるな


2011


子供達だけは外部の異邦人であろうがある程度は友好的であった
依然、水先案内人だけはむつかしい表情だw


2011


敷地内は枝道と言うか枝桟橋が無数に伸び一種の無法地帯のようで
しばし画像のように桟橋が朽ちかけ安全のために進むのを断念した。

取り敢えずは追い払われるまで前進あるのみだ



ボルネオ島 サバ州 ラハ ダトゥ 水上集落 1
ボルネオ島 サバ州 ラハ ダトゥ

Google アースに上記のキーワードを入れて見れば一目瞭然だが
海岸べりに無数に張り付くようにと言うより増殖しているの表現の方が相応しいような
おびただしい数の水上集落が衛星からの撮影で確認できる
便利な世の中だわ


2011


これはもう居ても立ってもおれない、この目で確認したい衝動に駆られた
別段、これと言った見るべきものが無いラハ ダトゥで退屈していた身には天からのプレゼントのようだ


2011


この町のもう一つの名物?と呼んでも大袈裟では無い裏観光メニューだわ
兎にも角も水上集落へ一旦足を踏み込むとあまりの奥行きの深さに、驚きを隠せなかった


2011


ここでは小さな男の子は全身裸がデフォルトのようだ、ある意味で少数民族だww

集落の下が海だけに、どこでもトイレの法則が成り立つのであろうw


2011


ちょうど訪れた時間帯がお祈りの時間と重なったのか
着飾ってモスクへ出向く子供達とラッキーな事に遭遇できた


2011


ははは 可愛いね玉ねぎ頭の子供たち


2011


まだまだ沖合へ伸びる水上家屋、こうなるとどんどん興味が湧いてきて途中で引き返せない
厚かましさにかけては、ほこれる大阪人、興味が尽きるまで、なんでも見てやろう

その前に住民に追い返されるかもww





ボルネオ島 ラハ ダトゥ 屋台 レストラン 食事


ボルネオ・サバ州の地図を見て思いつきで寄り道をしただけの地方都市 ラハ ダトゥ
土地勘を養うための街歩きをしたものの日中は茹だるような暑さの為に体力は奪われていく
そんな日がな昼下がり、安宿に戻って何もせずボーッとしている時間が多い


2011


安宿のレセプションで見かけたジャングルツアーに参加してと思ったがヒルが頭上の木から
落ちてくるの一言で即却下、そんな物騒な自然満喫トレッキングも当然触手が進むないし

こんな土地では必然的に夜の食事が楽しみの時間と言っても過言ではないのは確かだ


2011


そんな中、宿からほど近い場所が夕方になると店開きが始まり賑やかになる
なぜなら Jalan Mawar には屋台が出るからである


2011


食材もメニュー意外に目で確認が取れてハズレが無いので連日連夜、足げに通った

もちろんここでもアジアの習慣が受け継がれ他の店で買った食材を屋台へ持ち込み食べる事も許される 


2011


昼間は普通の道路だったのに,夕方になると駐車中の車もすべていなくなり
そこに100mくらいにわたって食べ物の屋台が並ぶのである


2011


しかし.... しかしだ.... ここはイスラム圏 アルコールはおおっぴらには飲めない
得意の隠し酒でもすれば、アッラーの神の怒りをかうことになるww


2011


インドネシアとの交流が深いだけ屋台のメニューもバリ島・ジャワ島で見かける物も多くなる
雰囲気もそうだが、こうなると屋台と呼ぶよりワルンだね!


2011


シメはやっぱバッソ(インドネシア流 中華そば)お椀が小さいので腹にも優しい
食べ終わったお椀は汲み置きの 汚水 でさっと洗って雑巾のような布で拭いておしまい次の客へw


2011


酒を飲みたいなら華人経営の屋台集合体レストランへ行けば飲める
たいていはカールスバーグかギネスが占めているようだ

その辺、アルコールに対してのフランクな選択が出来るマレーシアは異教徒には嬉しいね



下記は当ブログの読者 Rita Riyanto(ジャカルタ在住) 様から
現地最新事情の投稿を頂きましたので追記分とさせて頂きます。


屋台の食事
Rita Riyanto@ジャカルタです。

> 土地勘を養うための街歩きをしたものの日中は茹だるような暑さの為に体力は奪われていく
> そんな日がな昼下がり、安宿に戻って何もせずボーッとしている時間が多い

禿げしく同意です。
特にボルネオ東海岸は西海岸に比べて蒸し暑く、日中はとても歩けたものでは無いですね。
私も宿でヘバッている事が多く、16時過ぎからようやく動き出すという日々が続きました。

@管理人

小さなシュツピングモールがあったでしょう。。
私はそこで涼んでいましたが長居できる環境ではなかったです



> そんな中、宿からほど近い場所が夕方になると店開きが始まり賑やかになる
> なぜなら Jalan Mawar には屋台が出るからである

写真にもある通り、焼き魚がいいですね。
Sandakanの夜の屋台街では、鉄板の上に油を敷き、さらに上から油を掛けて魚を炒めていました。
それに比べ、ここLahad Datuでは油を使わず、炭火焼きにするのがいいですね。

> 食べ終わったお椀は汲み置きの 汚水 でさっと洗って雑巾のような布で拭いておしまい次の客へw

ところが、この通りの汚さ。
ちょっと引いてしまいます。

一方の、華人経営の屋台集合体レストラン。
写真にも焼魚とあるのですが、ここでは威勢良く焼いてはいません。
クーラーボックスに入れてある冷蔵の魚を選ぶと、初めて焼いてくれます。
種類・量共に少なく、イマイチ。

そこで、掟破りかとは思いましたが、最初の屋台街で焼魚を包んでもらい、それを中華屋台に
持ち込み、タイガー氏と会談です。
ここで気になったのが価格。
タイガー氏は缶でRM4。
一方、カールスバーグ氏は大瓶でRM14。
大瓶は缶の2倍ちょっとの量があるものの、それでもえらく高い。
「大瓶は何でこんなに高いの?」と聞いたところ、店員曰く「これは本物だ!」
じゃぁ何か、缶は偽物なのか? そう思ったものの、ここはアジア。
深く追求せず、タイガー氏と語り合ったとさ。(笑)


@管理人

帰国後恒例の飲み会では現在も勤め人連中にマレーシアの酒事情を話すと笑われるんですよね
おまえ。。ビールが高い高いって日本と同額かそれ以下じゃないかと。。。
短期で旅するサラリーマンにはわかんないだろうな長期旅行者の懐のことなんて(笑)










Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。