アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


01<<  2018.02 >>03
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラブアン島からブルネイへ
ラブアン島での滞在もいよいよ終結

いくらアルコールが安い(免税)だからって一日中、喰らってるわけにもいかないし
小さな島なんで見るところも直ぐになくなり飽きちゃう、さてどうしたものか

マレーシアを出る帰りの飛行機までは、まだまだ日数が残っている


2011


この通りがコタキナバルからラブアン島へ降り立ったジェツティ(港)の前の通りで
ゲストハウスを探し求め到着早々に歩いた免税酒屋通りだ


2011


ラブアン島のジェツティ(港)
ここの両替所(マイバンク)は驚くほどレートが悪いです。間違っても両替はしないこと
じゃあ何処でしろって言うの、答えはラブアンに入る前にコタキナバルですること厳守ですよ!


2011


とある華人食堂でカールスバーグ氏、相手に作戦会議の末.....

物価が日本並みらしく、しかもアルコールは一切ご法度
数あるイスラム圏の中でも、そのあたりのところを厳格に守られているブルネイ

正式にはブルネイ・ダルサラーム国、この国には国王が存在する
この国みたいに政治的な権力はないが我が国には少しニュアンスが違うが天皇が存在するよね


2011


物価の安さから東南アジアで外こもりの関係上、まず訪れる事は
無いだろうと長年、思っていた国の1つで有ったが

今回、滞在していたラブアン島から海路と陸路で2時間くらいの
お隣らしく、それならと訪ねてみる流れになった。


2011


ブルネイまでの途中の航路では石油や天然ガスのタンカーを数多く見たこれら天然資源の
おかげでブルネイは世界でも指折りの金持ち大国になった訳だね


いよいよブルネイへ入国の一歩だ

暫くは人生の友、お酒先輩とお別れぇww



下記は当ブログの読者 Rita Riyanto(ジャカルタ在住) 様から
現地最新事情の投稿を頂きましたので追記分とさせて頂きます。



ラブアンでの両替
Rita Riyanto@ジャカルタです。

> ここの両替所(マイバンク)は驚くほどレートが悪いです。間違っても両替はしないこと
> じゃあ何処でしろって言うの、答えはラブアンに入る前にコタキナバルですること厳守ですよ!

マイバンクはどこもレートが悪いですねぇ。
しかしご心配無く。
確かにコタキナバルの方がレートがいいのですが、ラブアンでもそこそこのレートで両替できました。
数日の差はありますが、
 コタキナバル US$100 = RM305
 ラブアン US$100 = RM302
許容範囲でしょう。(これでもダメですか?)

衣料品店の中にカウンターを構える、インド人の両替屋でした。
 店名 : Ranjit Store
 住所 : U0111 Jalan OKK Awang Besar
 電話 : 087-417301


@管理人

そうでしょう×2
私もレートの見間違えでフェリー乗り場のマイバンクで大損しました。
ボルネオでは比較的使えたマイバンクだけに甘くみてました。







スポンサーサイト

ボルネオ ラブアン島 続き
ラブアン島、温暖ではあるが周りが全て海の島ゆえに湿度が高く少し歩き回るだけで汗が吹き出る

昼間などは出歩かずエアコンの効いた部屋で過ごせば良いのだろうが悪い癖で行くあても無いのに
リードの外れた飼い犬のごとくいたるところを徘徊した。


2011


同じような長屋風の建物が多く、いくども同じ道を歩いたような感覚におちいった
食堂からは調理の熱風が吹き出し行き場を失い路地を覆う
たかが街歩き、されど散歩とは言え日中はそれなりの覚悟が必要だ


2011


島の中心は本島南東部にあり繁華街や商業地区はそこに集中している。
華人経営の旨そうな食堂もあちこちで見られ夕方からの酔いどれタイムは店の選択に迷うことは無い

国家が国家だけに、フィリピンなどではしばし見かける昼から酔いどれの客は見かけない


2011


ラブアンのジェッティ(港)の外れにある市場
他のアジアで見られるほど食材は豊富ではなかった
品物が綺麗に整頓され積まれてるあたりが先進国家を意識している。


2011


市場は漁港にも近いだけ魚市場と併設していたのだが昼間の熱気で辺り一面に放たれる臭気
今回は野菜・果物市場だけの観光でひきあげた。
勘弁してよぉww


2011


市内にある夕方から開店し始める屋台街、規模は小さく興味をひく店などは見当たらない。
聞いてはいたが少々、拍子抜けしたね


2011


イスラム圏故に食材に関し鶏の消費が目立つマレーシア
屋台でも一番流行っていた店は唐揚げの屋台である。

そう言えば我が町に、お祭りの時に出る屋台・夜店も唐揚げの屋台は人気だわ




ボルネオ  ラブアン島
この島は、場所的にはサバ州なんですが、今は 連邦直轄領で
マレーシア政府が香港やシンガポールに続けとの政策のもと直轄している島であり
タックスヘイブン・オフショア(租税回避地)として注目されている。


2011


マレーシアに入国して以来、国の政策で嗜好品、いわいる贅沢品には
どっさり税金が掛けられ、タバコに関しては吸わないので全く気に成らないのだが
ことアルコールに関しては深刻、物価の安いアジアへ旅をしているのに恩恵は無い


2011


島へやって来て食堂に貼られたメニューに目を通してもそのような事が嘘のように驚く値段だ
また街のいたるところの酒屋で売られているウィスキー類に目を向けても安すぎる価格帯だ


2011


ラブアンの港付近にはたくさんの酒屋が集まっていてもちろん免税だ
なかでもハードリカーがお買い得感があって ことワインに関しては
もともとたいして税金かかってないのでそんなにお得感は感じられなかった


2011


この島で唯一の高層ビルがIOFC(International Offshore Financial Centre)で
マレーシアはもとよりアジア・太平洋地区の主要な金融機関が入居している
ロビーフロアのプレートには日本の銀行の名前も発見!(私の海外でのメインBankだ)


2011


なんとも変わった形をしたモスクだ。ムスリム... シャレっ気のなさそうな人が多い
厳格なイメージが有るだけによくこのようなデザインの意見を取り入れて貰えたものだ


2011


風情は南国ののどかな田舎町で、日差しが容赦なく照りつける、けだるい昼下がりは
皆さんお昼寝タイムか、はたまた茶店でお喋りタイムか人影もまばらで街は静かであった



ボルネオ ラブアン島 安宿 ゲストハウス


コタキナバルから次に向かったラブアン島ではあるが事前に島での安宿事情は悪いと聞かされていた。
それは果たしてマイナーな土地だけに情報が無いだけなのか噂通りに安宿と言うものがあまり存在しないのか

確かにボルネオ・マレーシアでは今まで通いなれた他のアジア諸国と比べ
生活水準が高いのは、この目ではっきりと見てきてるのだが、この島はどうなんだろう


2011


高速船で島に到着後、取り敢えずは知人から事前に教えられた宿に素直に向かうことにした
宿の名は ASVバックパッカーズ、画像の建物の2階がゲストハウスになっている

後方の車が写ってるあたりにドアがあるのだが小さな絵はがきサイズに控えめに宿らしき
ことが書かれているだけで、それ以外はなんのサインも見当たらないやる気のないような宿だ


2011


一応、このブログを見て泊まってみようかと思う人に港からここまでのアプローチだが
ジェツティ(港)の前に酒屋などが並んだ商店沿いを右へ進むと角に華人食堂があり左へ回り込むと

宿の小さな入口があり、絵はがき程度の英文案内書がはってある 港の玄関からここまで
迷わずに5~6分、ケンタッキーまで進むと既に行き過ぎなので注意

二階に上がるとオーナー家族がくつろいでる空間があるのだが
兎に角、蒸し暑く、滞在中の大半は朝食をとる以外はACの聞いているドミに巣くっていた塩梅だ


2011


上の画像の反対から見たところ無料の朝食はこのスペースで頂いた
そうそう料金の方だが朝食付きで28RM 840円、関西人の挨拶がわりの負けといて~の一声で
25RM 750円にしてもらえた


2011


ドミは両サイドに二段ベットが並んだ細長い部屋だ
日中に暖められたドミ部屋は家庭用エアコン一台ではまかない切れず
外出するときもACのスイッチは入れっぱなし、それでも室内は25度はあったのではなかろうか


2011


街ぶらの合間に偶然見つけた中華系旅社タイプの安宿
いつもの好奇心から室内を見せてもらおうと二階へ上がる


2011


中華系旅社だけに良からぬ事も有りかと期待に胸を膨らませたが
怪しい系は一切無く、少々がっかりww AC シングル50RM 1500円

滞在しているドミのエアコンの効きがもうひとつだし、ここに移ろうかと考えはしたが
ASVバックパッカーズ滞在中、客人は私ひとり(まああんなわかりずらい宿にたどり着くには無理がある)

客人は私だけなんで細長いドミの空きベットを猫のごとく涼を求めベット転々と移動
好き勝手に過ごせて頂いたので今回は移動せずじまいだった
せめての救い、Wi-Fiでも使えたら申し分の無い宿だったんだがな~




下記は当ブログの読者 Rita Riyanto(ジャカルタ在住) 様から
現地最新事情の投稿を頂きましたので追記分とさせて頂きます。



Labuanの宿
> Labuanは知人から酒が安く飲めるとススメられ訪れたようなものでした。

この島は、お酒が充実しているせいか、食べ物の選択肢が少ないように感じました。
基本的に酒を飲まない私には、ちょと居づらい所でした。
飯屋では、どこのテーブルでも大瓶がズラッと並んでおり、マレーシアとしては
かなり異質な所です。
物価がかなり高く、困った所でした。


@ 管理人

確かに言えますね
アルコールだけのために行くにはコスパは悪いし



宿はどこも高く、紹介されている直轄区旅店の最安値RM50の部屋以外では、同じ通りに
あるHotel Oriental 東方大酒店の最安値RM75の部屋が安い方で、それ以外は全て
RM100以上の値段が付いていました。

> 滞在しているドミのエアコンの効きがもうひとつだし、ここに移ろうかと考えはしたが
> ASVバックパッカーズ滞在中、客人は私ひとり(まああんなわかりずらい宿にたどり着く
> には無理がある)

私はドミが苦手なので泊まるつもりは無かったのですが、紹介されているバックパッカーズを
覗いてきました。
やはり、見つけるのに苦労しました。(笑)

ドミ専用宿かと思ったら、個室もあるようです。
 シングル・ファン : RM40
 ダブル・ファン : RM50
 シングル・ダブル・エアコン : RM80
 ドミ : RM25
あの暑苦しい島でファン部屋はちょっと辛いので、エアコン部屋にするとあまり安い宿でも
ないようですね
訪問したのは15時くらいでしたが、人気の全く無い宿でした。(笑)


@管理人

時期的なものなんでしょうが
私が訪ねた時は、あの広いドミを一人で占領でしたが
あまり広いのでエアコンの効きはいまいちでした。







ボルネオ ラブアン島
サンダカンを最後にボルネオ島、サバ州を回り終え、約20日ぶりに
再び振り出し地点のコタキナバルに舞い戻った。
コタキナバルと言う街はアジアの混沌が感じられず、なんとも面白みに欠ける


2011


そんな訳で、日本へ帰国のために一旦、LCCでマニラへ飛ぶのだが
まだ暫く日にちが有るわけでコタキナバルには一泊だけのトランジット滞在で
あくる日は自称スピードボートで3時間あまり、東シナ海の洋上 ラブアン島にたどり着いた。


2011


到着後、宿探しはフィリピン・シキホール島滞在の知人に教えられたゲストハウスへ直行
画像は次号で紹介するが宿にはサインボードも無いに等しく、もし情報なく探していたなら
良くて1時間以上歩きまわって見つかるか、悪ければたどり着けないと断言できるね


2011


宿に荷物を置いてシャワーを浴び、いざ町探索へ日も沈みかけなんとも旅情をかきたてる時間帯になった
ここラブアン島は、タックスヘイブンなので酒、タバコ、香水などを安く買うことが出来て
もちろん島で飲むビールもめちゃくちゃ安いわけだ。 アンカービール 80円 ハイネケン 130円 共に大瓶だ!


2011


なん度も言うが、ここマレーシアはイスラム圏でもあるので、敬虔なイスラム教徒から
好まれていないアルコールに関しどっさりと税金が掛けられ他の東南アジアから比べ高いのである
どれくらい高いと言えば、およそ日本並みだ、それなら対した事ではないではないかと思われるが
中国やフィリピンで水のごとく安いビールを飲んで来た人間にとっては大問題なわけだw


2011


同じマレーシアでもペナン島あたりだと少しは安いんだがボルネオ特にサバ州に至っては
容赦なく酒など嗜好品には税金が伸し掛っているんだよね
おかげで休肝日の日が一週間ってな週もあったぐらいだ


2011


ところが、ここラブアン島は、タックスヘイブンなので酒がめっちゃくちゃ安く
今まで我慢していたツケが一気に開放され夕方からのアルコールタイムが待ち遠しい限りだった

ここ以外にもマレーシアではペナン島の上にあるランカウィ島もタックスヘイブンと聞いたような気が....


2011


この島は、場所的にはサバ州なんですが、今は 連邦直轄領で
マレーシア政府が香港やシンガポールに続けとの政策のもと直轄している島であり
タックスヘイブン・オフショア(租税回避地)として注目されている。

そんな事で暫く島ではアルコールにて体内洗浄・脳内活性の日々ですw




Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。