アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


01<<  2018.02 >>03
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バンダルスリブガワン 屋台 フードコート コンプレックス
ここブルネイはシンガポールと似通ったクリーンな街並み、町づくりのたたずまいで
街全体が綺麗に整頓されていると言うか整い過ぎていて街歩きも少々退屈気味だ

少し歩き過ぎて市内を外れると車優先に作られているためか大きな道路を、しかも信号機も無いところを
横断させられたりと中国人が高速道路を平気に渡る気分を身を持って体験させてくれるw


2011


画像は滞在しているYHを出たところの大通り、え~ 塩梅の夕暮れすね

これくらいの時間から夕食のために毎夜、出かけるのだが宿の門を出て左側(画像の方角)
市内の中心部へ食堂目当てに出かけるか、逆の右側へ歩き出すか、この地点でいつも悩むのである
要するに晩飯の選択技が乏しいのである。


2011


東南アジアの食事で便利なのが屋台、ここブルネイでは、シンガポール同様に屋台街など見当たりません
私が言ってる屋台街とはタイなどでよく目にする夕方から店開きし始める青空屋台の事なんだが


2011


シンガポール同様に衛生面からかクリーンな政策なのか街には屋台など見かけない
ところが、これまたシンガポール同様に一箇所に集められた屋根つきの集合屋台
いわいるコンプレックス・フードコート形式の屋台街は存在した。



料理はマレー料理風に味付けされたカレーや海鮮料理屋もあり値段はナシゴレンで1B$ 68円程度


2011


ここで紹介している屋台街はと言うとロイヤルレガリアをSultan通り沿いの道を
空港方面に向かって行き芝生の横の駐車場信号を渡ってすぐのところにある


2011


シーフードのコーナーがあったので新鮮な魚を炭火で焼いてもらい塩か醤油で頂いて
泡泡の大ビンを2本程度空けたいものだがイスラムのお国柄、そんなの許されない
よってシーフードバーべQは却下である。


2011


フードコートの飲み物ブースだが当然の如くアルコールなど一切、置いてません
あま~いアイスティやら良薬テイストの誰が飲むんだろう的なジュース

取り敢えずは無難なコーラを選択しテーブルに着く、いつまでたっても酔わないので頭の中は
すっきりとして、手の震えも止まらないディナーであったww


2011


東南アジアでよく食す機会の多い海南鶏飯、タイで言うカオマンガイだよね
ここブルネイの屋台街(フードコート)ではチキンライス、お上品に盛られて運ばれて来たもんだ

それにチョイスされたアイスレモンティ....
年に数回見られるかどうかの非常にレアな夕食だww


そろそろ手が震えだして来たのでブルネイ脱出しますねぇ




スポンサーサイト

市内 ミニバス 巨大ショッピングモール
前回の中国寺院から奥まった所にバスターミナルがある、そこで路線案内図を見ると
01系統のミニバスに乗ると市内巡回バスらしいので座ってるだけで車窓から
ブルネイの街を眺められると思い暇を持て余していたのも手伝って飛び乗った塩梅だ


2011


通称 ヤヤサン・バス・ターミナル

ミニバスの初乗り料金は、1ドル 68円でした。
このターミナルの二階は小さな食堂がたくさん有るが蒸し暑く食う気にはなれない
でも何となく怪しさも有るので行かれたら覗いてやって下さいw


2011


ミニバスの運行は、運転手と女性車掌の組み合わせ
01系統のバスは相変わらず空いてる市内を抜けて途中、オールドモスクにも立ち寄った
途中で下車する場合はドライバーに聞こえる大きな声で合図をおくると言う原始的な方法だ


2011


ブルネイには、このような商業地区を多く目にするが、小奇麗な店舗には興味がわかないね


2011


01系統のバスに乗ると市内巡回バスなの乗車した ヤヤサン・バス・ターミナルに再び戻ると思いきゃ
途中で降ろされた。 ちょうど目の前に立派な建物が見えたので近づいてみると


2011


市内では、お目にかかれなかった巨大なショッピングモールではないの
こりゃ涼しいわの店舗数も多いわの暇つぶしにはもって来いではないの

フードコートも有り~の、しかも空いてて歩きやすい


2011


巨大ショッピングモールの隣はホテルのようでイスラムの御婦人方はSMSに忙しそう
はたから見ていると不謹慎にもコスプレと錯覚しそうなやらしい目で見入ってしまったw

そろそろブルネイ滞在も潮時かな





ブルネイ バンダルスリブガワンの中国寺院
ブルネイでの滞在先 Pusat Belia YH 前の大通り (下記画像)を市内中心方向へ5分ほど歩くと
右手に他のアジアでもよく目にする赤を基調とした中国寺院がポツリと建っていた。


2011


画像奥の白い建物の手前がPusat Belia YH
左手前が寺院で前回紹介した青空市場や旅社もこの辺に有ります

それにコタキナバルやミリ方面へ向かう長距離バスもこの近くから出ます。
毎日、三度の食事のために通いなれた界隈でもあるのだが


2011


イスラム教が国教になっているような国で、中国寺院があるのは不思議な感じがするが
町中の商店などを覗くと華人の経営者が目立つだけに寺院があっても不思議でもなんでもないのだがね

宿を出てあても無しにぶらぶら歩きに出た時や食事に出かけた時も
寺院を横目でちらっとは見ていたものの暑そうなので素通り状態だったが
曲りなりにもブッディストなのである日、旅の安全祈願でもと立ち寄ってみた


2011


町なかでは、ここ以外に寺院を見かけなかったわりに詣でている人は少数派
とりわけ、目新しいものは無く、どこでも見かける寺院内部と同じだ


2011


膝まづいて額を擦り付ける中国独特の参拝方法ですね
私の場合なら一路平安でしょうかね、もちろん發財も忘れてはならないね

2011


一箇所だけブルネイ・マレーシアの中国寺院では見かけることの無かった一角を発見!
仏様のペンダントを販売しているようですね (タイのお守りプラクルアン)

仏教徒が多いタイでは仏陀・高僧などをかたどったお守りをペンダントやネックレスのように
首から提げている、タイへ行かれた事の有る方なら少なからず見かけたと思うのだが

そんな物がまさかブルネイで見かけたので、もしやブルネイでのオリジナルかと期待に胸を
膨らませたが、タイから持ち込まれたようで取り分け珍しいデザインも見つからず寺院を後にした





カンボンアイル 水上集落


あいにくブルネイでの観光の知識を持ち合わせていないのでモスク観光の次に向かったのは

市内中心部から目の先にあるカンボンアイルと呼ばれる水上集落だ


2011


ここへ行くには画像にあるボートに乗って向かうのだがこのボート
水上の格闘技と呼ばれる競艇ではないが、飛ばしまくりの、ある種危険な乗り物だ


2011


水中から立ち上がってる杭の間を抜ける時も一切スピードを落とさない、そんなことから
時おり衝突事故も有るらしく沈没・水没とのアトラクションも味わえるらしい

背中に背負ったデイパックには水分が苦手な電子機器などが数点入ってるため気が気でない
最近の旅は便利になった反面、昔の旅では考えられない苦労もあるのだよ


2011


それと前回の項にも書いたが船頭が、なんとかして観光客から金を少しでも多くふんだくろうと
待ち構えているので、私が向いたい対岸の集落はあまりに近すぎて儲けにならないのか
2時間程度のボートクルーズの勧誘に余念がない



さすがに桟橋で繋がってる地区だけに子供らの遊びも限られてくる
人気はタコあげのようで、そこらじゅうの電線に絡まっていた



2011


事前にジモピーから集落までのボート料金を聞いたところ50¢15円で参れるとのこと
それを念頭に桟橋へ向かうと案の定、2ドルやら3ドル70円前後とぬかしてくる塩梅だ
わずかな金額なんだが、それでも数倍はふっかけているのが腹立たしい



一件の家屋を覗いてみたが陸の家と変わらないくらい奥行があり広々としていた、もちろんエアコン完備だ
以前に訪れたサバ州のラハダトゥの水上集落の貧しさとは比べ物には成らない



2011


ここでボートクルーズなど勧誘を聞くのがウザイ場合、それに対岸の水上集落へ地元料金で
参りたいのなら先客が乗り合わせたボートに目ざとく便乗してしまう事だ



対岸から引かれる水道のパイプもホースではなく本格的で
ここは単なる水上集落ではなく街としての地位を確立しているようだ



2011


何故ならボートに乗る地元民の大半は集落へ帰る人なんで同じ場所で降りて50¢を支払うか
集落は桟橋で延々と繋がってるので気に入った場所で降りて50¢だけ払えば咎められる事はない


2011


イスラムの人、マレーシアの人は猫好きが多く、ここでも野放しにそこらじゅうで見られた


2011

ここでも色々と見てきて感じたが決して豪華な造りではないけれど陸上の生活では感じ得ない
自然の開放感みたいな雰囲気・通り抜ける風が心地良くそれ故に不自由な水上生活であっても
離れられない理由が理解できたような今回のミニトリップだった。



帰りのボートは単独で乗る事が多くなるはずだが、ここでも対岸の岸に降り立ったら50¢だけ
支払ってさっさと立ち去ろうね



モスクと同様にブルネイを代表する水上集落(カンボンアイル)へ向かう
暴走族まがいのスピードで突っ走る水上タクシー 船頭も余裕の表情だね




下記は当ブログの読者 Rita Riyanto(ジャカルタ在住) 様から
現地最新事情の投稿を頂きましたので追記分とさせて頂きます。



分譲住宅
Rita Riyanto@ジャカルタです。

> 船頭が、なんとかして観光客から金を少しでも多くふんだくろうと待ち構えて
> いるので、私が向いたい対岸の集落はあまりに近すぎて儲けにならないのか
> 2時間程度のボートクルーズの勧誘に余念がない

私は見知らぬインド人と二人で、水上観光15分を一人B$2.5まで値切り倒しました。(笑)

ここの水上集落には、新築がありました。
政府が造成・分譲しているそうです。
お値段は、平屋のものがB$7万≒467万円、二階建てのものがB$9万≒600万円だそうです。
30年分割のローンで払い、利息は無し。
思ったより高くないですね。
あじ☆さん、終生の棲み家にどうですか?


@ 管理人

憧れの水上コテージ。。水上生活。。悪くはないですね
お酒が安くおおっぴらに飲めるのでしたらねww

テラスで太陽をサンサンと浴びながらビール飲んでいたら
反感かうでしょうねww





ブルネイ バンダルスリブガワン 市場 見どころ 観光
ブルネイ滞在でのベース、プサット・ベリア・ユースホステルの前の大通りを5分ばかり歩いて
市内の中心部へ向かうと川沿い左手に何やら市場が見えてくる

ここは一部トタン屋根が有るものの一見して青空市場の様相で店開きをしている
だらだらと一日中、営業しているものの、やはり活気があるのは早朝の時間帯だ


2011


対岸の水上集落、カンボンアイルからもタクシーで毎朝、御婦人方は横付けされる
もちろんここでのタクシーと言えばスリル満点の水上タクシーのボートの事である


2011


水上集落から乗せて来た空のボートは目ざとく観光客の私を見つけると
ボートに乗って観光しないかと、ひつこくセールスに励む

それも尋常ではないくらいのセールストークにうんざりするほどだ
よほど相場の解らないおのぼり観光客からの収入が大きいのがうかがえるね


2011


ここでも野菜の陳列は綺麗に整頓され今まで目にしてきた途上国の市場と一線をひいている
なんたってブルネイなんだものw


2011


カメラをぶら下げた得たいの知れん浅黒い日本人がよほど珍しいようだ


2011


市場の叔母さんであろうが金ピカの装飾はお約束だ


2011


休日には生き物の市も開かれるようだが、たぶんペットでしょう
中国なら疑うことなし食材なんだろうが


2011


日本でも時折、ホームセンターのペット売り場などで売られている
本場のマレー箱カメ、これなんかも地産地消って呼んでいいのかな


2011


恐らく東南アジア全域に生息するカニクイサルだろう
旅の伴侶として買ってくれ~ってでも言ってそうだが
あいにく♂だったww


2011


猛禽なんかも売ってるね
どこの国の市場でも言えることだが休日の早朝に覗くのが活気があって面白い

ブルネイにやって来て富の象徴とも言える贅沢の限りを尽くした金ピカなモスク、もううんざり
さしてモスクなんて面白みがあったわけではないが、ここに来て地元民が集う市場に遭遇し
何か自分のなかで少しは満足が出来たような気分だ

オレってやっぱジャンクやなぁww







Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。