FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2020.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


ボルネオ島 サラワク州 LAWAS‐3
Lawas の町は徒歩で動き回るのに十分な規模だけに、あても無く歩いてると
同じ場所に出くわすこと数回、それでもする事が歩く事くらいなんで飽きずに前進

一番の選択でもあるチープな寝床の確保は無事に出来たので次は飯屋の確保だ

朝昼は、どこであろうが気にも成らないが、ひとり身での夜長を酒を友に過ごす旅人には
どこぞ落ち着いて今宵のひとり宴を開催するとこがないものかと探しに行くのである。


2011


画像とは関係ないですが
ボルネオの華人食堂の一日は早朝から新聞片手に客が集まり出す。
大半の客は大盛りのミーゴレン(焼きそば)とホットミルクティ
朝からガッツリといってる姿がボルネオでは普通なようだ


2011


午後からはアイスやホットの紅茶を求め、ひと休みの客が目立つ
一日に何杯、甘い茶を飲むんやろうと思うほど客足は絶えない


2011


イスラム圏だけに、お酒を嗜まない人が多いせいか華人食堂といえ夜の店じまいは早く
何ヶ所か気になった食堂を見つけたものの酒をのんびり飲めそうではない

そんななかで見つけた飯屋がここである。


2011


この街の住民も心得たもので、遅くまで開店していてお酒も自由に飲めるとなると
選択技が無いのであろうか、このお店、夜も7時を過ぎるとオープンテラスの席までもが
家族連れなどで埋まるほどの繁盛である。

従ってお酒タイムをいつもより早め席の確保を強いられた塩梅だ


2011


嗜好品にどっさり税金が掛けられているサバ州ではビールなどは日本並みであったが
ここサラワク州は、比較的安くビールが飲める。それでも他のアジアから比べると高いのだがね


2011


食堂の横では香具師が、得たいの知れん膏薬の説明をしだしたりと賑やかだが
ひとり身の酒飲みには退屈しのぎで酒の肴になった


2011


青島啤酒 6RM(180円)を二本 烏賊の咖喱ソース煮 8RM(240円)ミーゴレン 4RM(120円)

夜長を楽しむには、宿で篭るのではなく、かと言って別段うろうろするでもなく
ジモピーに交じり、ダラダラとした自墜落なのが一番、ちょこっと酒飲みだったのに感謝

思いの外、味の割に、お勘定が安かったので明日の晩もここに、キ、マ、リ....







ボルネオ島 サラワク州 LAWAS‐2
ボルネオ島、サラワク州の北東隅にある小さな国境の町 LAWASの続編である。

地方都市と言えど先進国家に属する?進み続けている? マレーシアだけあって
アジアでよく目にする混沌は見られずこざっぱりしている

ダチョウ倶楽部の名言を借りると、不味からず美味からずってとこかなww


2011


商店が並んでる地区を外れると、ただただ静かな佇まい

つまらんな~ なにかワクワクするような所はないものかな


2011


そんな暇なおり、街ブラ途中にガソリンスタンドでイスラーム正装の頭部被り物
トドゥンを被り元気に働く店員さんを見つけたので入ってみる

さすがに車ではなく歩いての入店なんで満タンですか?とは言われなかつたものの
カメラを構えた異教徒に困惑した様子である。


2011


以前、記事にしたがブルネイ燃料事情は、レギュラーガソリンなら、1リッター36円

マレーシアも天然資源が豊富なのか、1リッター43円程度である

@@ 所長ぉぉ 変な人が写真を撮ってるんですがぁ~ って叫んでるようですね(汗


2011


町外れの青空市場
祝祭日は近くの村から収穫物を持って集まるので規模が大きくなるらしい


2011


旅人であろうが熱心に唐辛子や胡瓜を薦めてくる叔母さん


2011


する事も無いし、バーベQでもテイクアウトして街の華人食堂に持ち込み、いっぱいするかぁ


2011


サラワク州 LAWAS 10分も歩くと街から出てしまう

モスクで涼もうかと思うが門も閉ざされ仕方なく歩き続ける


2011


さらに歩くと住宅街

見るような物が無さそうなんで違う方向へと歩き続けることに

まったく観光客など見かけない地方都市で自由な時間を楽しむのも旅の醍醐味なのかな...







ボルネオ島 サラワク州 LAWAS‐1



ブルネイ発~マレーシアのコタキナバル行きバスでLAWAS(ラワス)までやって来た
正確に言うとコタキナバルまで全線通しで乗車せずに途中下車、寄り道をしたと言うのが正しいかも


2011


何か目的があって途中下車したわけでもなく、毎度の癖(ヘキ)であるw
この程度の規模の地方都市なら宿・美味い飯屋が存在するだろうと期待を込め歩き出す


2011


何はともあれ恒例の宿探しである。
安くて居心地の良い宿に巡り会えれば2~3日、ゆるゆると滞在するし
無ければ早々明日の朝のバスに飛び乗るだけだ。


2011


Lawasは、マレーシアのボルネオ島のサラワク州の北東隅にある小さな国境の町だ


2011


町は徒歩で動き回るのに十分で、地方都市ならではの時間が止まったような空気に包まれており
宿探しも兼ねて少し歩き回ったが自分的には合格点の範囲である。


2011


売れ残ったデッドストックの時計屋を間借りしての床屋も、え~塩梅に古ぼけてます


2011


宿はバスターミナル付近にあった美輪大旅店に決める

バスターミナルに近いだけ、ここ以外にも数軒覗いたが、ここの宿だけが値引きに多じてくれた


2011


ACシングル トイレ&シャワー 35RM 1000円 言い値は確か40RMだった

後は手頃な飯屋に夜は、おかずをあてにひとり酒で居座れる食堂が見つかれば2~3日滞在すっかな





下記は当ブログの読者 Rita Riyanto(ジャカルタ在住) 様から
現地最新事情の投稿を頂きましたので追記分とさせて頂きます。



美輪大旅店

Rita Riyanto@ジャカルタです。

> 宿はバスターミナル付近にあった美輪大旅店に決める
> バスターミナルに近いだけ、ここ以外にも数軒覗いたが、ここの宿だけが値引きに多じてくれた

私もダメ元で値引きの一言を発するのですが、対応してくれそうなのはここだけでした。

> ACシングル トイレ&シャワー 35RM 1000円 言い値は確か40RMだった

私もこの部屋を見学しました。
私の場合、風に当たるとすぐに風邪を引いてしまう虚弱体質でして、このエアコンの取り付け
位置を見て断念しました。(泣)

私が訪問した時(2012年11月28日)では、この部屋の言い値はRM45に値上がりしていました。
概ね、ほとんどの宿がRM5値上げしていたように感じました。


@ 管理人

タイを例にとっても宿代値上げのために前回の料金では泊まれない場合が多いですね。
連泊すれば多少の値引きもあるんだろうが、わずかの値引きのために面白みの欠ける土地での
連泊も無意味だし、その分、飯代が高ければ本末転倒だし悩むところですね










Design&Material By MOMO'S FACTORY