アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


01<<  2018.02 >>03
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ボルネオ島 サラワク州 LAWAS‐6
この歳になっても安宿に何かしらの言いようのない安らぎを感じる。
大きなホテルでは味わう事の出来ない家族経営のぬくもりって言うのかな

部屋の窓からは地元の暮らしが見え、笑い声や泣き声、炊事の音などが聞こえて来る
なんて言うか、子供の頃に親から与えられた初めての自分の部屋的な感覚だ


2011


そんな木賃宿ばかり泊まり歩いているせいか、たま~に参加する格安のツアーであてがわれる
底辺なホテルでさえ悲しいかな十分じゃんって思えてしまう


2011


そう言う事情からか旅ですることがないときなど街ブラついでに安宿を見つけるとまるで観光名所気取りで
覗いてしまう癖が有る、今回も数え切れない程の安宿を泊まる気も無いのに覗いたものだ





LAWASの木賃宿はアジアで在りがちな娼館も兼ねた宿だった
宿の内部は動画サイトからご覧あれ




スポンサーサイト

ボルネオ島 サラワク州 LAWAS‐5


LAWAS の外周をスローに流れるラワス川、買い物を済ませた住民が時おり近くの村へと帰って行く

なんともまったりとした昼下がりである。そんな光景に触発され乗ってみることにしたものの


2011


行き先はおろか、行くあてもない
それならと小心者は先客のある小舟にズル賢く同乗した塩梅だ


2011


どうやら近くに空港が有るらしく小さな街のわりには頻繁にセスナが
テイクオフにランディングを繰り返していた。恐らく定期航路があるのだろう

こんな小さな街と定期航路があるのは何処の街なんだろう


2011


小舟は5分もすると茂みに横ずけしたと同時に頼りにしていた婆さんが降りていく
同時に船頭は私の顔をチラリ 何処いくの?ってなニアンスをする
そらぁ 当然の成り行きだろう


2011


上流を指差し、もうちょつと先とつぶやく珍客が半ば強制的に降ろされたのはここ
お代は、このような場合は聞くと長年の教訓から右も左も解らない外国人ならボラれるのがオチなので
1RM 30円を置いて下船、少なけりゃ何か言ってくるだろうとの旅で養った感覚である


2011


なにも言われず降りた所は一応は村のようで粗末な住宅が数軒、見られる
その中で興味を惹かれたのがこの長屋である


2011

正直言ってロングハウス以外はなんの変哲もない村であった
一応、厚かましく内部まで見せて頂きました。

部屋は6畳くらいに区切られ日本で言う泊り込み建設作業員にあてがわれた部屋ってな具合
この時間、ほとんどの住民は、お昼寝タイムのようで静まりかえっていた


2011


ロングハウスを外から、それに内部を見ただけで引っ返す事に

帰りの渡しの若い船頭が言うには、くだんの高速艇はラワス~ブルネイ・ムアラ間を結んでいると話す。
そこでバックパッカー魂が湧いて来たのだが、仮にブルネイからマレーシア・コタキナバルへ向かうにあたり
ブルネイにて通しでチケットを購入してしまうと当然ながらブルネイ物価の価格で買う羽目になる。


2011


よりチープかつ迅速にコタへ向いたいと思うとブルネイ~LAWAS(ラワス)はボート
LAWAS(ラワス)~コタは、LAWAS がマレーシア領なので、物価が下がっているので安く買える訳だ
スタンプラリーが煩わしく無く、時間が許すなら私のようにブルネイからLAWASまではバスでも構わない

ここから先はマレーシア物価の価格になるのでお安くなるってな塩梅だ


2011


この話でピンと来た旅人も多いはず、シンガポールからKLへ向かう時も同様である
シンガポールで通しでマレーシア領のKLまで買うのではなくまずはお隣のジョホールバルまで購入し
マレーシア領、ジョホールバルでKLまで買うとマレーシア価格なので安いのである。

そんな時間や暇は無い.... 一気にエアーアジアで飛んじゃって下さいませww
運良くプロモに当たれば、一番の賢者かもww



下記は当ブログの読者 Rita Riyanto(ジャカルタ在住) 様から
現地最新事情の投稿を頂きましたので追記分とさせて頂きます。



節約
Rita Riyanto@ジャカルタです。

> そこでバックパッカー魂が湧いて来たのだが、仮にブルネイからマレーシア・コタキナバルへ
> 向かうにあたりブルネイにて通しでチケットを購入してしまうと当然ながらブルネイ物価の価格
> で買う羽目になる。
> よりチープかつ迅速にコタへ向いたいと思うとブルネイ~LAWAS(ラワス)はボート
> LAWAS(ラワス)~コタは、LAWAS がマレーシア領なので、物価が下がっているので安く買える訳だ
> スタンプラリーが煩わしく無く、時間が許すなら私のようにブルネイからLAWASまではバスでも構わない
> ここから先はマレーシア物価の価格になるのでお安くなるってな塩梅だ

検証しました。
暇ですねぇ。(笑)

結論から言いますと、船を使わずバスだけで移動するのがベストなようです。
その場合、ブルネイではLawasまでの乗車券を買い(B$)、LawasでKota Kinabaluまで買い直し(RM)になります。
バスはLawasで昼食休憩を取るので、その間に買い直しができ、同じバスでKota Kinabaluへ向かえます。
 通しで買った場合 ブルネイ~Kota Kinabalu = B$45
 分割で買った場合 ブルネイ~Lawas = B$25
          Lawas~Kota Kinabalu = RM20≒B$8
          合計 = B$33 B$12の得になります。

ブルネイ~Lawas間を船で移動すると、
 BandaeSeriBegawan~Muara港 バス代 B$1
 Muara港~Lawas 船代 B$20+港湾税B$2
 合計 = B$23
国際バスで直行しますとバス代はB$25なので、差はB$2。
ブルネイ市内から港までの移動は結構大変なのと、冷房されていない船。
しんどさには見合わないと思います。
なにより、やっとMuara港に着いたと思ったら船便キャンセル、という危険性があり、暇人の私でも
躊躇してしまいます。(笑)

なお上記において、Lawasでマレーシア運賃の乗車券を買えば安くなる事を検証しましたが、
もしかしたらLimbangでもマレーシア運賃の乗車券を買えそうな気がしてなりません。
このブログを読まれた方で、よし俺が! という方がおられましたら、よろしく検証のほどを
お願い致します。(笑)



@ 管理人

マイナーな土地ですが日本人ツーリストは勿論、欧米ツーリストとの

遭遇率も少ないので訪れる価値はそれなりにあると思いますが

見るべきものは少ないですがね。。








ボルネオ島 サラワク州 LAWAS‐4



先を急いでコタキナバルへ戻る理由もないし、何より都会はなんにつれ物価も高いし
それならともう一泊 LAWASに滞在してみる事にした(真の理由はビールが安いからでも有るのだが)


2011


街ブラ以外にすることのない旅人は今日も朝からLAWASの街を徘徊してます。

マレーシアの市場は、どこも同じで整頓されこざっぱりしている。


2011


1階が野菜・くだもの、肉等を販売しているブースで、二階が食堂のようだ
大抵のマレーシアのマーケットってこんな構造ですね


2011


二階の食堂からラワス川が見下ろせる
木陰で釣りをしてる人がいたので川面に吹かれに行ってみるか


2011


川の色は薄茶色、釣れるのは小型のナマズがしめている
釣りをしていた爺さまによると左奥のボートでブルネイへ参れるような事を
半分以上、言葉がマレー語だったのでそのような意味だったと思う

確かに普通の観光船とは一線を引いてる形状なんだが


2011


その後、ブルネイまで参れると言ってたボートまで近づいてみたものの
チケット売り場はおろか船着場らしい所も見当たらない

曲がりなりにも国際航路なんだからそれが本当の話だったら見つかるはずなんで
百歩譲って現在は利用されずバスが主要にとって変わったのだと勝手に判断する


2011


再び、先程の木陰へ戻ると渡し船らしきものを見つける
なかなか旅情を掻き立てられる趣のある木製ボートである


2011


暫く川面に吹かれていると遥か上流からボートがこちらにやって来るようなんで
行くあては勿論、行き先も解らないがボートに乗ってみることにした。




下記は当ブログの読者 Rita Riyanto(ジャカルタ在住) 様から
現地最新事情の投稿を頂きましたので追記分とさせて頂きます。



ブルネイ行きの船
Rita Riyanto@ジャカルタです。

> 釣りをしていた爺さまによると左奥のボートでブルネイへ参れるような事を
> 半分以上、言葉がマレー語だったのでそのような意味だったと思う
> 確かに普通の観光船とは一線を引いてる形状なんだが
> その後、ブルネイまで参れると言ってたボートまで近づいてみたものの
> チケット売り場はおろか船着場らしい所も見当たらない
> 曲がりなりにも国際航路なんだからそれが本当の話だったら見つかるはずなんで
> 百歩譲って現在は利用されずバスが主要にとって変わったのだと勝手に判断する

調べました。

写真に写っている船は、週5便のLabuan行きと、週1便のLimbang行きに使われています。
但し、後者は最近はほとんど運行されていないとの事。
聞いた相手は港を管理する役所の人で、船が接岸するたびに接岸料を徴収している人です
から間違い無いでしょう。

ブルネイ行きは、別の船で運行されています。
こちらには乗船しました。
ブルネイ船籍の、31人乗りの小さなスピードボートです。
一応毎日運行なのですが、ブルネイ側で乗客が少ないと、ドタキャンで便が運休されます。
私もそれで一日泣きました。

以下はそのデータです。
 ボート名 : Seri Mentari
 運行時刻 : Brunei 10:00 → Lawas11:30 / Lawas 12:00 → Brunei 13:30
 運賃 : Brunei発 B$20+港湾税B$2 / Lawas発 RM25
 乗り場 : 北緯4°51'40.25" 東経115°24'41.07"
小さな浮き桟橋があります。その手前にはイミグレの建物があるので確認できます。
 乗船券売り場 : 固定の窓口は無い。
10時位にオバさんが机を持って来て店開きする。(オバさんが来なければ運休)
お金を払っても、乗船券も受取証も発行されない。
 運行有無の確認(携帯番号) : Brunei Mr.Japar +67-3875-7813 / Lawas Mr.Tobri +60-1984-88828
 出国手続き : 傍にあるイミグレに行き出国スタンプを押してもらう。
乗船券も無いので、出国したい旨を伝えるだけ。
浮き桟橋は対岸への渡し舟にも使われており、渡しの客と国際客とがゴチャ混ぜ。(笑)


@ 管理人

ここでもアジアタイムが流れてるんですね。
こう言った土地にはひとり旅が向いてますね

ボルネオ滞在での時間が余ったので寄ったような土地です。
前半なら先へ先へと進んでいただろうに
後半に残しておいて良かったです。









ボルネオ島 サラワク州 LAWAS‐3
Lawas の町は徒歩で動き回るのに十分な規模だけに、あても無く歩いてると
同じ場所に出くわすこと数回、それでもする事が歩く事くらいなんで飽きずに前進

一番の選択でもあるチープな寝床の確保は無事に出来たので次は飯屋の確保だ

朝昼は、どこであろうが気にも成らないが、ひとり身での夜長を酒を友に過ごす旅人には
どこぞ落ち着いて今宵のひとり宴を開催するとこがないものかと探しに行くのである。


2011


画像とは関係ないですが
ボルネオの華人食堂の一日は早朝から新聞片手に客が集まり出す。
大半の客は大盛りのミーゴレン(焼きそば)とホットミルクティ
朝からガッツリといってる姿がボルネオでは普通なようだ


2011


午後からはアイスやホットの紅茶を求め、ひと休みの客が目立つ
一日に何杯、甘い茶を飲むんやろうと思うほど客足は絶えない


2011


イスラム圏だけに、お酒を嗜まない人が多いせいか華人食堂といえ夜の店じまいは早く
何ヶ所か気になった食堂を見つけたものの酒をのんびり飲めそうではない

そんななかで見つけた飯屋がここである。


2011


この街の住民も心得たもので、遅くまで開店していてお酒も自由に飲めるとなると
選択技が無いのであろうか、このお店、夜も7時を過ぎるとオープンテラスの席までもが
家族連れなどで埋まるほどの繁盛である。

従ってお酒タイムをいつもより早め席の確保を強いられた塩梅だ


2011


嗜好品にどっさり税金が掛けられているサバ州ではビールなどは日本並みであったが
ここサラワク州は、比較的安くビールが飲める。それでも他のアジアから比べると高いのだがね


2011


食堂の横では香具師が、得たいの知れん膏薬の説明をしだしたりと賑やかだが
ひとり身の酒飲みには退屈しのぎで酒の肴になった


2011


青島啤酒 6RM(180円)を二本 烏賊の咖喱ソース煮 8RM(240円)ミーゴレン 4RM(120円)

夜長を楽しむには、宿で篭るのではなく、かと言って別段うろうろするでもなく
ジモピーに交じり、ダラダラとした自墜落なのが一番、ちょこっと酒飲みだったのに感謝

思いの外、味の割に、お勘定が安かったので明日の晩もここに、キ、マ、リ....







ボルネオ島 サラワク州 LAWAS‐2
ボルネオ島、サラワク州の北東隅にある小さな国境の町 LAWASの続編である。

地方都市と言えど先進国家に属する?進み続けている? マレーシアだけあって
アジアでよく目にする混沌は見られずこざっぱりしている

ダチョウ倶楽部の名言を借りると、不味からず美味からずってとこかなww


2011


商店が並んでる地区を外れると、ただただ静かな佇まい

つまらんな~ なにかワクワクするような所はないものかな


2011


そんな暇なおり、街ブラ途中にガソリンスタンドでイスラーム正装の頭部被り物
トドゥンを被り元気に働く店員さんを見つけたので入ってみる

さすがに車ではなく歩いての入店なんで満タンですか?とは言われなかつたものの
カメラを構えた異教徒に困惑した様子である。


2011


以前、記事にしたがブルネイ燃料事情は、レギュラーガソリンなら、1リッター36円

マレーシアも天然資源が豊富なのか、1リッター43円程度である

@@ 所長ぉぉ 変な人が写真を撮ってるんですがぁ~ って叫んでるようですね(汗


2011


町外れの青空市場
祝祭日は近くの村から収穫物を持って集まるので規模が大きくなるらしい


2011


旅人であろうが熱心に唐辛子や胡瓜を薦めてくる叔母さん


2011


する事も無いし、バーベQでもテイクアウトして街の華人食堂に持ち込み、いっぱいするかぁ


2011


サラワク州 LAWAS 10分も歩くと街から出てしまう

モスクで涼もうかと思うが門も閉ざされ仕方なく歩き続ける


2011


さらに歩くと住宅街

見るような物が無さそうなんで違う方向へと歩き続けることに

まったく観光客など見かけない地方都市で自由な時間を楽しむのも旅の醍醐味なのかな...








Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。