アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2017.03 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ボルネオ島 サラワク州 LAWAS‐6
この歳になっても安宿に何かしらの言いようのない安らぎを感じる。
大きなホテルでは味わう事の出来ない家族経営のぬくもりって言うのかな

部屋の窓からは地元の暮らしが見え、笑い声や泣き声、炊事の音などが聞こえて来る
なんて言うか、子供の頃に親から与えられた初めての自分の部屋的な感覚だ


2011


そんな木賃宿ばかり泊まり歩いているせいか、たま~に参加する格安のツアーであてがわれる
底辺なホテルでさえ悲しいかな十分じゃんって思えてしまう


2011


そう言う事情からか旅ですることがないときなど街ブラついでに安宿を見つけるとまるで観光名所気取りで
覗いてしまう癖が有る、今回も数え切れない程の安宿を泊まる気も無いのに覗いたものだ





LAWASの木賃宿はアジアで在りがちな娼館も兼ねた宿だった
宿の内部は動画サイトからご覧あれ




スポンサーサイト

ボルネオ島 サラワク州 LAWAS‐5


LAWAS の外周をスローに流れるラワス川、買い物を済ませた住民が時おり近くの村へと帰って行く

なんともまったりとした昼下がりである。そんな光景に触発され乗ってみることにしたものの


2011


行き先はおろか、行くあてもない
それならと小心者は先客のある小舟にズル賢く同乗した塩梅だ


2011


どうやら近くに空港が有るらしく小さな街のわりには頻繁にセスナが
テイクオフにランディングを繰り返していた。恐らく定期航路があるのだろう

こんな小さな街と定期航路があるのは何処の街なんだろう


2011


小舟は5分もすると茂みに横ずけしたと同時に頼りにしていた婆さんが降りていく
同時に船頭は私の顔をチラリ 何処いくの?ってなニアンスをする
そらぁ 当然の成り行きだろう


2011


上流を指差し、もうちょつと先とつぶやく珍客が半ば強制的に降ろされたのはここ
お代は、このような場合は聞くと長年の教訓から右も左も解らない外国人ならボラれるのがオチなので
1RM 30円を置いて下船、少なけりゃ何か言ってくるだろうとの旅で養った感覚である


2011


なにも言われず降りた所は一応は村のようで粗末な住宅が数軒、見られる
その中で興味を惹かれたのがこの長屋である


2011

正直言ってロングハウス以外はなんの変哲もない村であった
一応、厚かましく内部まで見せて頂きました。

部屋は6畳くらいに区切られ日本で言う泊り込み建設作業員にあてがわれた部屋ってな具合
この時間、ほとんどの住民は、お昼寝タイムのようで静まりかえっていた


2011


ロングハウスを外から、それに内部を見ただけで引っ返す事に

帰りの渡しの若い船頭が言うには、くだんの高速艇はラワス~ブルネイ・ムアラ間を結んでいると話す。
そこでバックパッカー魂が湧いて来たのだが、仮にブルネイからマレーシア・コタキナバルへ向かうにあたり
ブルネイにて通しでチケットを購入してしまうと当然ながらブルネイ物価の価格で買う羽目になる。


2011


よりチープかつ迅速にコタへ向いたいと思うとブルネイ~LAWAS(ラワス)はボート
LAWAS(ラワス)~コタは、LAWAS がマレーシア領なので、物価が下がっているので安く買える訳だ
スタンプラリーが煩わしく無く、時間が許すなら私のようにブルネイからLAWASまではバスでも構わない

ここから先はマレーシア物価の価格になるのでお安くなるってな塩梅だ


2011


この話でピンと来た旅人も多いはず、シンガポールからKLへ向かう時も同様である
シンガポールで通しでマレーシア領のKLまで買うのではなくまずはお隣のジョホールバルまで購入し
マレーシア領、ジョホールバルでKLまで買うとマレーシア価格なので安いのである。

そんな時間や暇は無い.... 一気にエアーアジアで飛んじゃって下さいませww
運良くプロモに当たれば、一番の賢者かもww



下記は当ブログの読者 Rita Riyanto(ジャカルタ在住) 様から
現地最新事情の投稿を頂きましたので追記分とさせて頂きます。



節約
Rita Riyanto@ジャカルタです。

> そこでバックパッカー魂が湧いて来たのだが、仮にブルネイからマレーシア・コタキナバルへ
> 向かうにあたりブルネイにて通しでチケットを購入してしまうと当然ながらブルネイ物価の価格
> で買う羽目になる。
> よりチープかつ迅速にコタへ向いたいと思うとブルネイ~LAWAS(ラワス)はボート
> LAWAS(ラワス)~コタは、LAWAS がマレーシア領なので、物価が下がっているので安く買える訳だ
> スタンプラリーが煩わしく無く、時間が許すなら私のようにブルネイからLAWASまではバスでも構わない
> ここから先はマレーシア物価の価格になるのでお安くなるってな塩梅だ

検証しました。
暇ですねぇ。(笑)

結論から言いますと、船を使わずバスだけで移動するのがベストなようです。
その場合、ブルネイではLawasまでの乗車券を買い(B$)、LawasでKota Kinabaluまで買い直し(RM)になります。
バスはLawasで昼食休憩を取るので、その間に買い直しができ、同じバスでKota Kinabaluへ向かえます。
 通しで買った場合 ブルネイ~Kota Kinabalu = B$45
 分割で買った場合 ブルネイ~Lawas = B$25
          Lawas~Kota Kinabalu = RM20≒B$8
          合計 = B$33 B$12の得になります。

ブルネイ~Lawas間を船で移動すると、
 BandaeSeriBegawan~Muara港 バス代 B$1
 Muara港~Lawas 船代 B$20+港湾税B$2
 合計 = B$23
国際バスで直行しますとバス代はB$25なので、差はB$2。
ブルネイ市内から港までの移動は結構大変なのと、冷房されていない船。
しんどさには見合わないと思います。
なにより、やっとMuara港に着いたと思ったら船便キャンセル、という危険性があり、暇人の私でも
躊躇してしまいます。(笑)

なお上記において、Lawasでマレーシア運賃の乗車券を買えば安くなる事を検証しましたが、
もしかしたらLimbangでもマレーシア運賃の乗車券を買えそうな気がしてなりません。
このブログを読まれた方で、よし俺が! という方がおられましたら、よろしく検証のほどを
お願い致します。(笑)



@ 管理人

マイナーな土地ですが日本人ツーリストは勿論、欧米ツーリストとの

遭遇率も少ないので訪れる価値はそれなりにあると思いますが

見るべきものは少ないですがね。。









Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。