アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


05<<  2018.06 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この旅最後はバリ島 クタ地区へ戻るそして終宴

8月29日に日本を経ち15日間のツアーも残すところクタ地区での二日間で終りとなる
往路は一日移動に強いられ復路はKLからは深夜便なので、バリ島を満喫したのは

正味13日間だろう。今回もツアーを依頼して来た知人は依然勤め人なので滞在中は
今回は長い旅だって嬉しさのあまり時おりくちにしていたが、僕の方はいつもの
長期旅から考えるとなんだか慌しい三泊四日の旅のようにも思われた。


勤め人の時代は確かに15日間の旅など到底不可能な環境であっただけに当時なら知人同様に
今回は長い旅だと喜びもひとしおに飛び跳ねていただろうにね、ところが慣れとは恐ろしいもので
目まぐるしく過ぎて行くグループ行動の日々について行けず、帰国日が秒読み態勢に入ってから
特に帰りのフライト時間を考えたりしちゃうと疲れがどっと湧き出た次第である。



2012



まあ帰りのフライトの事は考えないよう残りの二日間をクタ地区で過ごそう
今回のホテルは到着日にクタ地区で泊まったホテルとは別のレギヤンストリートに建つ
この辺りでは比較的大きなホテルで一階にはスターバックスが入りそこから

バリ島では珍しいエスカレーターで二階へ上がるとレセプションがでんと構える
日本人スタッフも常駐の綺麗なホテルで屋上には町を見下ろせるようプールが設置してあった。



2012



予約当初は、午後はここでビールやカクテルなど飲み持ってipadで読書のつもりでいたのだが
マッサージに出かけたり大型ショッピングモールへ出向いたりと堪能出来ずじまいであった。

それとは別に毎朝のホテル付きブレックファーストはここのひとつ上の階でビッフェスタイル
普段の安宿生活では縁の無いような食事が朝からいただけ久しぶりにその場で焼いてくれる
オムレツに感激するやらで朝から小市民ぶりを発揮した次第であった。



2012



部屋はおせいじにも広くは無いのだが小奇麗でかつ部屋でwi-fiが使えるので十分であった。
今回は確かに恩恵を受けバリ島滞在中は普段では絶対に泊まらない。。いえ泊まれないww
ホテルでの滞在が続いたが、なにか身体が旅に溶け込んでない気がしてならなかった

上手には言いあらわせないのだが。。。いつもと違うのである
隣人の声はおろか隣近所から聞こえる地元民のごく普通の営みの雑音
子供が遊ぶ声、泣き声。。。一切聞こえないのである

普段の安宿生活ではいささかノイジーとも聞こえた生活の雑音が今となると
心地良く懐かしい自分があるのである。僕の旅には合わない。。。安宿万歳なんだろうか



2012



本文にも書いたがプールでまったりが現実しなかった理由であった相方の買い物の付き添い
そこへのアプローチのために町歩きした時の画像を少し載せておきます。

もちろんここでも路地から路地へ枝道を歩きまわり相方からのリクエストである
大型スーパー(ディスカバリーモール)を二キロの機材ぶら下げて共に目指したww



2012



レギヤン通りから枝道を抜け細い路地では今も昔もサーフショップが目に付く

こう言った地区はサーファーと共存するようにコスパな宿・飯屋も多い

もちろん嗜好品のハーブを売る売人も磁石に引き付けられた砂鉄のように近寄って来る



2012



ところどころに枝道が存在しそれなりに足に任せ寄り道をしたくなるのだが

誘惑に負けいちいち寄ってると目的地に到着する前に体力が持たないのである



2012


ベトナムのハノイから比べるとぜんぜん可愛い物だが路地にはバイクが走りまわり

縦横無尽に歩き回る自称路地フェチには鬱陶しい存在である。

鈴木に本田、川崎、山葉と。。。どれもこれもわが国の落とし子なんだがね



2012



夕方からはタクシーでデンパサールへ出向き、夕食は何十年ぶりかで屋台が集合している
パサール・クレネン(クレネン市場)を訪ねてみた。

過去に訪れた事など記憶の中ではほとんど風化しているが、屋台村の規模が小さくなったような気が
ただ今も昔も変わらない事はビールが常温であって氷を入れて飲む元祖アジアンスタイルのままだ
しかも地元の人は誰もビールなんぞ飲んでる奴がいないのも当時と変わらず
それに料金表示が無いので観光客はふっかけまくられるのだがビールなんぞ40000ルピア400円である



2012



細々とムスリムの叔母さんも頑張ってる屋台があるようだが
ここの屋台村の人気は豚の丸焼きの皮と身をご飯にぶっかけたバビグリンって一品である

豚がドンと置かれてる近くのムスリム屋台は所なさげに居ずらそうにも見えた



2012



暫くお付き合い頂きましたバリ島リゾート三昧の旅は今回で終わりで~す!


たまの贅沢はあっという間に過ぎ去る幸せな時間なんだよね?
今回の15日間もそれ以上に時間が過ぎるのが早い訳。。。

ありがとう!今年もツアーコンダクターに選んでくれて
それにたまには贅沢も好いもんだって感じたし久しぶりにハッピーなツアーだったよ^-^


さてコスパな旅をと申す傍ら主旨がわからないブログになってましたが
次回からは暫く休んでいたスマトラ島編を引き続きご覧になってくださいネ!









スポンサーサイト

バリ島 アメッド  レンタルバイクで海岸線を走る

2012年9月8日

午前中は村のフェスティバルに参列…

そして午後は 。。。



2012



レンボガン島に続き、ここでもレンタルバイクを借りてみた。

このスタイルは、きっとこれからも旅先では死ぬまでこの繰り返しだからね^-^

少々時間に追われ気味なので出発ぅぅ ^^



2012



今回は宿泊先から近い恐らくアメッドで1番チープなレストランの親父のバイクを失敬

ガソリン半タン付き 40000ルピア 400円 もちろん24JAM 24時間貸しスタイル

少々オンボロなんとパワー不足はご愛嬌



2012



素敵な景色と過ごす時間は一瞬で過ぎ去ります。。。でも…



2012


今月~来月の支払いは、多分恐ろしい程の旅のツケが廻ってくる事だと思いますゆえ

こんな綺麗な海岸線を流していても余裕はまったくなしww



2012



かなり遅いお昼をアメッドCafeで戴きました。

いつもアッチで食事してコッチに移動するか?...とか考えるのですが

真っ昼間から飲んだ後は面倒なので一度も実現には至らず



2012



...まぁそんな感じでありまして

ソファに足を投げ出して景色を眺めつつ寛げるのもまた一興。。。



2012



【アメッドに訪れたら誰もが一度は行くのではないかと思うアグン山を望めるビューポイント】


いつもの貧乏旅なら数ヶ月楽勝で行ける金額が今回は飛んだけどそんなの問題じゃない。

最高に面白くて、最高に気分が良かった今回のバリ!!!

明日はアメッドを離れふりだしのクタ地区へ二日ほどの滞在後、帰国のもとへ

復路もLCCで同じルートで関西空港まで。。。考えると。。ふぅぅ










アメッド お祭り クニンガン Hari Raya Kuningan

2012年9月8日(土)


我々一行はアメッドで4日間の滞在を予定してるのだが

一泊目は宿のプールで一日だらだらと過ごして

二日目は地元のダイビングショップのツアーでアメッドから約30分

北上した所の町、トランベンで沈船ダイブを二本潜った



2012



今日三日目は、宿のスタッフから近くのお寺でクニンガン Hari Raya Kuningan

と呼ばれるお祭りがあると聞かされファミリーテンプルと呼ばれる寺院へお祈りに

参加しないかと打診があったので、上下バリ・ヒンズー教の参拝衣装をまとい

宿から徒歩で5分程度の小さな寺院二ヶ所へ撮影を兼ねて出かけてみた。



2012


2012



祭りの長に、聖水をかけられてる画像で分かるように

私たち日本人二名以外に同じ宿泊者であるオランダ人も参加した。



2012



クニンガン Hari Raya Kuningan

ガルンガンの10日後、先祖の霊を天に送り返す儀式が 行われる日です。

家では黄色く色づけされたご飯を作って お供えをします。



2012



インドネシアには、実に多様な民族、言語、宗教、文化があって

国民の90%以上はイスラム教を信仰しているのだが

前回に旅したスマトラ島のようなイスラム色が濃い地域にあっても



2012



カトリック、仏教を信仰するインドネシア人も少数派ながらいる。

逆に、ここバリ島ではイスラム教徒の方が少数派で

バリ・ヒンズー教徒が90%以上を 占めると言われている。



2012



インドネシアの祝祭日の多くは各宗教に即したもので、それぞれの宗教の暦に従っているため

元日、独立記念日、クリスマス以外の祝日は、年ごとに異なる移動祝祭日である。

また、バリ島では国全体の祝祭日以外にも、バリ・ヒンズー教にのっとったバリ独自の祭日がある



2012



バリ島では、ヒンドゥー教の伝統的なウク暦とサク暦という二つの暦が使われています。

ウク暦は35日を6ヶ月として、6ヶ月で一年、つまり210日で1年となります。

寺院の創立記念日を祝うオラダンや、日本のお盆にあたるガルンガン&クニンガンなどは

このウク暦に従っています。



2012



インドネシアでは昔に日本でも見かけたように小学校の下校時を見計らい

今でも物売りなどが集まって来るのだが、この時はバイクの荷台にお菓子やら

粗悪なおもちゃを積んだバイクがやって来た。

長い時間、お祈りで退屈を強いられた子供たちは磁石に引き付けられたように集まってくる









Amed Beach Resort Hotel. アメッド ビーチリゾート 周辺

2012年9月8日

海からの産物は魚類だけではなく天秤棒で海水を汲んでは運び出し

天日干しから岩塩を作る気の遠く成りそうな作業が行われていた。



2012



バリ島フリークを装っているものの実はアメッドには初めて訪れた。
クタから上がって来た身にはとっても田舎のひと言である。


クサンバからのタクシーはチャンディダサを通り過ぎた辺りでドライバーは
ショートカットの為にハイウェイから外れ田園風景の中を通り抜け



2012



あれよあれよって間にアメッドに到着、滞在先のホテルは村の北外れにある

従って我々のリゾートの周辺はローカル密集度が高く食事時のレストランの

選択には困ったが、その分バリニーズの普段の生活と隣り合わせであった。



2012



日課の早朝散歩で出会ったローカル達の一コマを数カット載せておく

宿のすぐ前は海のため漁師の家族が漁の安全を祈願しバリヒンズー
お供えセットを一式持ってのお祈り風景から一日が始まる。



2012



2012



もともと普段から早起きなんだが旅に出ると一段と目覚めが早い

これらの画像は全てAmed Beach Resort Hote前のビーチで毎朝見られる普通の風景なんだ



2012



今度はAmed Beach Resort Hoteから幹線道路沿いの風景である



2012



ツーリストエリアから少し離れた辺鄙とまでは言いがたいが

Amed Beach Resort Hoteはそこに位置するおかげで

ダイビングショップ・レストランが集まってるエリアより若干離れてるので

アメッドの普通の暮らしと背中合わせなのがカメラ派ツーリストには幸いした。



2012




2012



今日の昼も楽しさMAXでした。

今宵は宿のディナータイムに

アメッド村の子供が演じるバリダンス



2012



2012



バリダンスに飛び入りのツレ。。。どれかわかるでしょうww
私こと兄貴ツアーに参加してるツレ。。。 面白過ぎる・・・(爆)


そのツレ、リゾート三昧なのに今回持参の文庫本の題名はヤクザとしてのシノギww
羊として1000年生きるより、虎として1日を生きたい。。。  こんな考え方もまた素敵♡








Amed Beach Resort Hotel. レンボガン島からアメッドへ

2012年9月6日

昨日、レンボガン島を後にアメッド村に到着しました。
ローカルに聞くとアメッド村へは再びサヌールへ戻るよりもその先の
クサンバ村へボートで向かい後は陸路でアメッド村へ向かえと教えられる。

前日にビーチ沿いの小さな店で1人、10万ルピア 1000円を支払いクサンバまでの
予約を済ませたもののチケットは愚か領収書も手渡されない…

まあいっかといったん宿へ戻ろうと歩いていると島で顔見知りになった
ローカルが声を掛けてくる。何処へ行ってた? これから何処へ行く?


2012


私が、明日クサンバへ向かうのでチケットを買いに行ってたんだ
そうかいくらで買った? 10万ルピア 1000円だ!

ハハハ… 大笑いされる、高いよ、5万も出せば十分だと教えられる
やられた…

後続の日本人の為にも黙っておくのはいけない事だ
出発当日、約束の時間に行き昨日チケットを買わされたスタッフに
我々はキャンセルだとひと言、スタッフは目を丸くしてどうしてなんだと… 

当然だよ倍もボリあがって嫌なら金を返せと押し問答
結局のところ金は帰って来たが嫌な気分だけが後に残った。




大きな地図で見る



スタッフの儲けが減り、我々にあてがわれたボートは1時間遅れで出港
それも6人も乗れば満員の小さな帆付きの木造の小舟だ

日本人三名、顔を見合わせてお金は正直だと苦笑い
流れの早いバリ海峡を帆付きのボートは頼りないエンジン音を響かせて

約1時間でクサンバの漁村に到着、もちろん桟橋など無くビーチに直付け
目ざとく浜で待ち構えていた男がアメッド村までの車の調達と全てを

請け負ってくれる。コミッションは当然取られてるんだろうが
アジア特有のドアtoドアのようなものだ、アジアの旅はこうでなくちゃネ!


2012



2012



チャーターの車はバタンバイ・チャンディダサを通り過ぎ街外れの

雑貨屋で停車、寝酒の地ワインであるハッテンワインを買い込み

アメッド村を目指す。バリ人特有の危ない運転で二時間のドライブで到着となった



2012



2012



Amed Beach Resort Hotel

全4室だけの家族経営のようなプチホテル

こじんまりだけに1時間もすればスタッフ全員と顔見知りに

半日も経とうものなら旧知のツレのような馴れ馴れしさにww



2012



画像にちょこっと写ってるスタッフが面白ろい奴で滞在中は飽きなかったな

いゃ~ 今見ると懐かしいわ



2012



初日は4部屋とも埋まったが二日目は私たち三人で貸し切り状態
もちろんプールもプライベートビラの感覚で泳げた。

にわか専属コックもいるし今夜はディナーもここにすっかぁww



2012



画像のツレはもちろん俺一人、夢のような空間でくつろぎ一日中泳ぎ疲れたら冷えたシャンパン

こんな些細な日常が幸せって物なのでしょうかねぇ?ま、いっか^^

我ながら呆れ、そして感心するよ(苦笑)










Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。