アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


05<<  2018.06 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1ヶ月間のタイ巡業を終えて帰国の地へ

2016年8月31日
iphone 6 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C & iphone 6

旅先での更新のために画像・文章は控えております。
お暇な時にでも再訪して下さい。



帰国してずいぶんと経つのにキャンプに車中泊と遊びほうけていたおかげで
今回の旅ブログを完結をせづにすっかりと放置していました。申し訳ございません。

さてバンコクで数日間、都会を楽しんでいよいよ帰国の地に着くわけですが
最終日の朝も宿から近い中華街 ヤワラー地区を歩いて

いつもの散歩コースも今日で最後なんだと感傷深く一歩一歩名残惜しく
約1時間の徘徊をこなして来たわけである。


2016092321262117e.jpeg


大都会バンコクのヤワラー地区で托鉢を見るのは恐らく初めてではないだろうか。。
都会と言えど早朝の時間帯は交通量も少なくほんのわずかだろうが
空気も澄んでいるように感じる。幼い小僧さんがたったひとりで托鉢していた。


20160923212623b7b.jpeg



201609232126293ae.jpeg


途中の華人寺で帰国便のフライトの安全をお祈りして宿へひきあげた。


20160923212623a31.jpeg


帰りの飛行機が発つドムアン空港まではホラッポーン中央駅の横側に隣接した
バス乗り場から29番のエアコンバス(21THB 60円)で約1時間で到着

前回は日曜日で交通量も少なく中央駅から50分程度で到着したが
今回は平日と言うことから2時間近くは掛かるだろうと踏んでいたが
アヌンサワリ(戦勝記念塔)から流れだしたので予想に反し1時間で着いてしまった。


201609232126256b8.jpeg


往路同様のLCC エアーアジアで関西空港までのフライト
乗客は運賃を反映してか、ほとんどが若いタイ人観光客で席は埋まっていた。

ビールでも飲んで寝てしまおうと思ったが睡眠薬が2錠残っていたので
服用し意識が朦朧のまま気がつけば淡路島上空であっけなく
関西空港にランディングしてしまった。



すでにご承知の通り、13日にプミポン国王陛下が崩御されました。
ASEANを形成する国家ながらインドシナで知るよう、一度は他国に

侵略された歴史のある国家とは一線を引いている泰国
国民の父として、長年敬愛されてきたプミポン国王陛下

いかにタイ国民のこころの拠り所となっていたのか。。
改めてその偉大さを感じています。

プミポン・アドゥンヤデート、ラマ9世国王、お疲れ様でした。
心よりご冥福をお祈りいたします。







スポンサーサイト

バンコク 散歩写真

2016年8月30日
iphone 6 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C & iphone 6

旅先での更新のために画像・文章は控えております。
お暇な時にでも再訪して下さい。



さて約25日間 タイ中西部・北西部をまわって振り出しの
バンコクに戻って来た。今回の旅の始まりのバンコクでは

カオサン界隈に泊まったので旅の終わりは中華街に近い
ホラッポーン中央駅 界隈に泊まる事にした。


20160919081920fd0.jpeg


何処に泊まろうが朝の散歩だけは欠かさない。
カオサン界隈に宿をとると静かなサムセン地区を目指し

屋台で朝食を済ませてから路地歩きをして、その後
ほぼ地元の爺さんしか立ち寄らないような粗末な屋台で

1杯 30円のコーヒーを飲みながら、ぼーっと前の通りを
歩いてる人々や時たま屋台にやってくるネコを眺め

日本で忙しく働く同年代の友人なら首を絞めたくなるような
のんびりとした時間を飽きるまで椅子に腰掛け眺めている。


201609190819495f2.jpeg


ホラッポーン中央駅 周辺に泊まる時は以前には駅前の
食堂が道路に並べたテーブルに陣取り、同じような

過ごし方をしていたのだが近年、路上屋台の取り締まり
強化からテーブルも減ったのもあるが駅前の喧騒から

逃げるように中華街の路地を目指し朝食がてらの散歩が
ここでの日課になってしまった。おかげで朝から2時間近く

徘徊して宿に戻る頃は汗だくだけにシャワーも浴びるのが
朝の日課のひとつに加わった次第である。


20160919081919eb0.jpeg


朝の散歩はもちろん、何処に行くにもカメラをぶら下げ
武士で例えるなら腰に刀を備えるような感覚で

最近はコンパクトカメラだけに重さも苦にならず
ズボンのベルトに通してるので直ぐに取りだせる。

そんなのに慣れてしまうと、もう大きく嵩張るデジタル
一眼レフには戻れないだろうな。


20160919081947170.jpeg






20160919081946f67.jpeg


何度も訪れ歩いている中華街であるが目線を変えれば
まだまだ初めて訪れた土地のように歩けるのが魔都
バンコクならではの興味の尽きない都会の罠である。


201609190819236a4.jpeg






201609190819485dc.jpeg


さて今回のシリーズも残り1編で完結である。
旅先で画像も控えていたので、まだまだ撮りためた

今回のタイ詣で画像が眠っている。せっかく撮ったのだから
日の目を浴びさせてやろうとパソコンを眺めるものの

前回、その前の旅と中途半端に終わってるのに気ずく。
取り敢えずはそちらの完結が先のように思う。







チェンコンから深夜バスでバンコクへ向かう。

2016年8月27〜28日
iphone 6 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C & iphone 6

旅先での更新のために画像・文章は控えております。
お暇な時にでも再訪して下さい。



過去には3日も4日も滞在したチェンコンである。
今回もここでの唯一の知り合いで仏様のお守り屋さんが

明日は車で知人宅を訪ねるのでコレクションを見がてら
どうだとお誘いまで受けたのだが泣く泣くバンコクへ
戻ることにした。さて当日、バスの出発時刻は15:15分


201609150816454fc.jpeg


チェツクアウトの12:00ぎりぎりまで部屋のテラスで
メコン川を眺め、歩いて15分ほどのグリーンバス営業所に

立ち寄り、大きい方のパタゴニアのバックを預けて
大通りを渡った所にある市場にチェンライ行きのミニバスが

止まってるので飛び乗り、ここから3キロほど先にある
大型スーパーのTesco へ涼みがてら10THB 30円で向かい
時間潰しの後、バンコク行きのバスに乗り込んだ。


201609150816220b5.jpeg


チェンコン発 15:15分、バンコク北バスターミナルには
翌朝の5:00の到着とのことで、チェンコンではまばらの

乗客であったが途中で客を拾いもって8割の乗車率と
なかなかの繁盛で、しかも大方の乗客はバンコクまで

乗り通していたので、前もってチケットを買っていた
乗客であったようで、昼間のように客を探しもって

流しで走ってる訳ではないので、ある程度 席が埋まると
お約束のように乗用車を次々に抜いて猛スピードで走りだした。


20160915183753526.jpeg


チェンコンからのグリーンバスがモチットマイ
(バンコク北バスターミナル)までの経路

距離は約880キロ 時間にして12時間だった。
途中にプレーと言う街が何気に良かったのが印象に残った。


201609150817054a4.jpeg


バンコク到着が早朝の5:00だと、そのまま宿に直行しても
部屋をあてがって貰えないし、なによりも

北バスターミナルからホラッポーン駅へ行くバスも
まだ走って無いだろうし、バスの遅延を祈るばかりであるが

決まって深夜バスは空いてる道路を飛ばすので早着が多い。
お馴染みのピサヌロークに近い所で休憩に立ち寄ったが

時刻は11:30分と予想外の早さである。案の定
予定より45分早いAM4:15分 まだ夜が明けていない

バンコク 北バスターミナルに到着した。
取り敢えずはバスが停車した近くに食堂があったが

早朝で食欲もないので他の人と同様に何も注文せづに
椅子に座って1時間以上、ボーっとしていた。


2016091508170727e.jpeg


とにかく広いバスターミナルなのと早朝で頭がボーっと
していて、市内行きのバスが止まってる場所が思い出せず

同じような所をうろうろしているとホラッポーン駅行きの
エアコン49番バスが目に入ったので乗り込んだ。


201609151837540a0.jpeg


モチットマイ (バンコク北バスターミナル)からの
49番バスがホラッポーン中央駅までの経路
距離は約20キロ 時間にして55分だった。


20160915081625358.jpeg


お色直しされリニュアールしたホラッポーン中央駅
LEDで装飾されタイの国旗のトリコロールカラーを
かたどった電飾で色が変わっていく。


20160915081647b34.jpeg


バスを降りた位置から歩いて50メートル取り敢えずは
駅前の安宿と昔から位置ずけされているステーションHotelに

向かい、レセプションにいる顔馴染みの一見無愛想な
深夜当番の叔父さんに直ぐに部屋へ入りたいと頼んだ。


2016091508162404f.jpeg


貧民宿なのだが年々、部屋代が上がるファンルーム
トイレ・ぬるい水シャワー 280THB 840円

雨季は都会のバンコクであれど天井の高い旅社タイプなら
ファンルームで十分である。蚊の対策は必要だがね。。
さてチャイナタウンの方へ朝食がてら散歩に出かけた。






チェンコンでバンコクまでの夜行バス チケットを買う。

2016年8月26日
iphone 6 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C & iphone 6

旅先での更新のために画像・文章は控えております。
お暇な時にでも再訪して下さい。



今回の旅では初めて訪れた街や過去数回、滞在した街も
含めて日本人にとってタイは住みやすい国だと

再確認させられた。それは僕らの年代はある程度
物の豊かさの中で育って来たのと年齢と共に快適さを

要求している己もあるが、激辛は別として(僕自身は歓迎)
日本人の舌に合うものが日常の暮らしで手に入るからも

あるんだろうが、暫くフィリピンに慣らされた身には
タイのサバーイ(快適)な日常は少なくとも僕には極楽であった。


20160908113859840.jpeg


いろいろな街で長尻したツケが最後にまわって来た。
メコン川沿いのゲストハウスで安くて快適な部屋に

泊まれたもののあくる日には振り出しのバンコクに向け
夜行バスに乗らなければならない。もう1泊だけでも

あの大きなテラスでビールでも飲みながら茶色く濁った
メコン川の流れをぼーっと見て過ごしたい。


20160908113857558.jpeg


でも最初のバンコクで隣人の騒音に嫌気をさして
2日も繰り上げて出発しただけにいろいろと所用が

残っているのでバンコク行きのバスチケットを求め
グリーンバスの小さな営業所でチケットを購入した。

ボードには592THB 1770円と書かれていたが現在は
割引期間中らしく474THB 1400円だった。


20160908113925786.jpeg


この旅で初の散髪はグリーンバス営業所の隣にある
エアコンがとっても気持ちの良い散髪屋でしてもらった。

言葉は通じないがジェスチャーで横は短く真ん中は
少し長めと伝えるとタイの小学生カットが出来上がった。
お代は80THB 240円 人件費が安い国は手作業に反映するね。


20160908113900a00.jpeg


チェンコンの街を貫くメインロード
路上駐車が多くて歩きづらいので、いつもは途中まで

メコン川沿いを歩くのだが外国人用の国境が閉鎖され
その後の街の寂れ具合を確かめるために歩いてみた。


20160908113925590.jpeg


途中の雑貨屋ではその場で飲んだ缶ビールを積み上げ
手招きする人に呼ばれ寄って行くとコンビニを指差して

指で×を作り何やら言っている。最近のタイは飲酒と
喫煙が厳しくなりアルコールは、時間帯規制で売って
貰えないことを伝えたいのだろう。上機嫌であった。


20160908113923132.jpeg


外国人が抜けれる国境が移ったものの街は以前とあまり
変わらない様子で午後遅くに着いた欧米人も以前のように

1泊だけはチェンコンで泊まり翌朝にラオスへ抜ける
街の風景は、変わりなくなぜかホッとさせられた。






タイ チェンコン お気に入りゲストハウス

2016年8月26日
iphone 6 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C & iphone 6

旅先での更新のために画像・文章は控えております。
お暇な時にでも再訪して下さい。



チェンセンを朝の9時30に出た乗り合いトラックの
ソンテウは以前は乗り換え無しでチェンコンまで

行っていたが乗客の低迷からか途中の田舎街 ハッバイで
ソンテウを乗り継ぎ目的地でもあるチェンコンに

向かわねばならないのだが乗り換え地点での
乗り継ぎの効率が非常に悪くてチェンコンには13:00に
到着した。わずか70キロほどの距離に3時間30分である。


2016090809301095c.jpeg


チェンコンには綺麗なプールも常設されたコスパな宿も
あるのだが、なにぶん部屋の屋根がトタン板だけに昼間の

太陽に熱せられファンルームでは夜遅くまで室温が下がらず
過去に寝付けず、苦い思いをしただけに道中に車内で

どうしたものかと迷っていた。エアコンルームに泊まれば
話は別なのだが、思いのほか値段が割高でそうすると
ここでのコスパな宿の意味がなくなると言うわけだ。


201609080930310d6.jpeg


なんだかんだと迷った挙句にいつもの定宿に足は向いていた。
Baan Chomekong と言うゲストハウスでレストランが

常設されているのだが、未だかつてレストランが営業
していたのは1回お目にかかっただけで後は全て
クローズでその為にWiFiは使えない。


201609080930133f8.jpeg


今回も到着時にはレストランはクローズでスタッフも
誰1人といてなく、毎度そうなのだが2〜3部屋だけ鍵が

掛かっておらず部屋に入れる。いつもはスタッフが
現れるまで外へ食事に出かけたりするのだが、道路工事で

埃まみれだけに、勝手にシャワーだけ浴びてから食事に出掛け
ぶらぶらしながらスタッフが来るのを待った。


20160908093008318.jpeg


この日は大きなテラスが付いてる1部屋が空いていたので
料金を聞くと他と同じの250THB 750円と言うので
メコン川沿いに張り出した大きなテラスがある部屋に決めた。


20160908093032da7.jpeg


宿のテラスに廊下はメコン川沿いに向いてるので
思う存分、河を往き来するボートやラオスを拝める。

朝は対岸のラオスからの民謡が早くから聞こえ
旅の旅情をかきあげてくれる。

今回のブログで記載している宿賃は全てローシーズン
つまり今の季節の料金だけにハイシーズンに旅する人は

2〜3割増しかと思うが、暇そうな宿なら値引きの腕の
見せ所で同額近くまでもっていけると思う。ただ
ヨーロピアンが占める宿は売り手が強いだけに望み薄と思う。


2016090809303358b.jpeg


ここチェンコンに来るたびにラオス側の変貌に驚かされる。
大きなHotel?カジノ?そんな建物も出来ておりラオス経済の

発展がうかがわれる。それと既に知ってる人も多いだろうが
2年ほど前からここチェンコンから出国して対岸の
ラオス・フェサイへは外国人は抜けられなくなって

昔のように渡し船でラオスへの時代から第三の友好橋を
バスで渡ってラオスと味気ない出国に変わってしまった。



ここをクリックするとチェンコンでのコスパなゲストハウスの記事が見れます。







Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。