FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


08<<  2019.09 >>10
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


マニラへ戻って サントスペンション安宿 チャイナタウン


2019年 1月4日 更新情報

更新情報 2016年 越冬旅

↑このリンクをタッチすると見れます!


記事を更新しました。 画像の説明 文面 詳細はお待ちください






2018年8月24日金曜日

レガスピからの長距離バスがEDSAに着いたのがAM3:30
こう言う時に限って遅れずに早着するんだからね。
バスが止まるとトライシキルが集まって来る

便利といっちゃ便利なのが東南アジアのお約束
バスが着いたところが安全そうでなかったのと真夜中なので

トライシキルでジプニー路線まで40ペソ(言い値60ペソ)
キアポ行きのジプニー10ペソでサントスペンション前で下車

26_20181229154905917.jpg

サントスペンションは安宿でありながらチェツクインタイムがAM5:00と
最近は細かく決められたようで まだ1時間ほどあるのでセブンイレブンで
パンとコーヒーでも飲んで待つ事にした。

11_201812291549024d5.jpg

一時期 目の前のエルミタツーリストインに泊まりはしたものの
部屋の選択がFANルームならサントスに舞い戻るマニラ滞在

20年以上も前から顔なじみのスタッフに笑顔で挨拶されるとね。。
ついつい今回もサントス泊 値上げにつぐ値上げで
今ではFANルームであろうが700ペソですからね。。。

23_20181229154904239.jpg

サントスペンションは1階がACルームが占め2階がFANルーで占められている
この部屋はコモントイレ3ベットルーム 700ペソの部屋である

サントスペンションの難点は共同シャワーの水が冷たいこと
最近はWIFIもようやく完備された。

11_20181229161007d1e.jpg

地図はサントスペンションの位置関係とチャイナタウン どぶ川沿いの
オススメの中華レストラン?食堂?である。

29_2018122915490627e.jpg

どぶ川沿い中華食堂 姐妹食堂
オススメは更に奥の隣の店が美味しい。

30_201812291549070c6.jpg

普通にヤキソバ(フライドヌードル)を注文すると
あんかけ硬い麺のヤキソバが出てくるが これが美味しい!

まあだいたいフィリピンの食堂で数日麻痺した舌には
なにを注文しても間違いはない味である。






レガスピからバスでマニラ パサイに移動

2018年8月23日木曜日

旅も終わりに近づき出発地点のマニラへ戻ります。
レガスピからマニラまで結構な距離 時間を使い一気に

戻ろうと思います。途中 以前に寄り道した 『ナガとルセナ』で
途中下車とも考えたのだが長旅の疲れが出て来たのでやめにする。

23_2018122916144999d.jpg

地図では分かり難いけどカーブが続く地点があり
熟睡出来ないとか(バスのせいもあるけど)大変でした。

スマトラ島縦断バスも我慢の連続だったけどここも ひけを取らない
悪路だったのが思い出され暫くは乗りたくない路線であった。

26_20181229131900bd1.jpg

東南アジアの長距離バスの空調の効き過ぎはフィリピンでも同じで
冷凍庫バスと異名をとるくらいなので 窓全開のノンエアコンバスに

乗るつもりが今夜はエアコンバスのみと知らされ仕方なしにエアコンバスを
チョイスして宿のチェツクアウトは済ませていたのでこの画像の
チケットオフィースにバックパックを預けさせてもらいました。

29_20181229131857b9f.jpg

本来 マニラまで乗るつもりでいた窓全開ノンエアコンバス
画像は前日にバスターミナルを確認に行った際に撮影したもの

11_20181229131129b6d.jpg

実際に乗ったエアコンバス やはり空調で喉をいかれ風邪をひいた次第である。
画像は途中の食事休憩でとまったエアコンなしの食堂と変わらないレストラン

23_20181229131131673.jpg

レガスピを15:00に出発したバスはカーブの多い悪路にくわえて
追い抜きチキンレースの繰り返しで最悪な乗り心地であった。
マニラまでは2回の休憩の末 マニラ市内にはAM3:00には突入した。





廃舎 国鉄 レガスピ駅構内


レガスピでの二泊目の宿をMagayon Hoteに移って直ぐ隣にある
現在は営業されていないレガスピ駅を見てみることに向かった。

【1991年のピナトゥボ山の大噴火で北方線が全線運休、事実上の廃線となる】

26_20181229162719418.jpg

29_20181229162720d64.jpg

赤丸で囲ったところがレガスピ滞在中 おもに訪れた場所である。
NLRレガスピレストランは華人経営の食堂風レストランで
10年前にも食べた事が判明 なかなかオススメな食堂と思う。

32_20181229152409492.jpg

国鉄北方線 レガスピ駅 石畳風の門構えである。
中央入り口は策で閉ざされているが 一見入るのを躊躇させられる
ような左右の路地から駅構内へ入っていける。 

31_201812291524094e2.jpg

先ほどの表門 策の中あたりのスペースで当時はチヶットブースだったように思う

11_20181229152402862.jpg

ホームには当時のままの駅名標が掛かってあった。

30_2018122915241074a.jpg

フィリピンでは珍しくゴミも落ちていなく日頃から誰かの
手によって清掃活動がなされてるのであろう。

23_20181229152402534.jpg

29_201812291524067a7.jpg

駅構内のホームや線路は荒れ放題で 線路上に住民が勝手に
小屋を建てたりして不法占拠状態になっている。

26_201812291524042f7.jpg

こんなところを外国人(異邦人)が歩いてると
住民は面白がって国籍を尋ねてくる
一昔前までは日本人?声を欠けられた者だが
最近はほとんどがKOREAと聞かれる時代になったものだ。





Design&Material By MOMO'S FACTORY