アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


01<<  2018.02 >>03
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フィリピン カミギン島 4

2008 2月 10日

カミギン島 バイクツーリング 2


2008-p


旅の詳細・地図はクリックすると大きくなります

旅で使用していた地図です!

これから行かれる方、必要な方は右クリックで持ち帰り下さい


2008-p




カミギン島 バイク巡り続き

カミギン島は火山の島なので温泉 冷泉がいくつかあります
冷泉のプールもあるので ひがな一日ボーっとしとくのに向いてますよ

バイクを止めて滝を見に行ったものの想像以上の獣道に迷い
その辺を歩いていた人をガイドとして雇って再チャレンジしました。


2008-p

ガイドに連れられTUASAN FALLs 滝を見に行きました

凄い獣道です 小野田さんの隠れ家を見に行かされるかと思ったくらいです

2008-p

TUASAN FALLs

なめてました。 ガイドを雇わないと まずたどり着かないほどの獣道を通りました。


2008-p

いっかい試しに行くだけでじゅうぶんです もういいです。

2008-p


この島は火山がいくつかありバイクで走っていても必ず視界に入ります。

2008-p

SAGAYのパブリックマーケットです

ほんの少し開けています スーパーは有りませんが
パブリックマーケットは存在します

2008-p

市場にマンタの切り身が売られてました
ダイバーに人気なんが こんなお姿に

2008-p

マンタは鮮度が落ちるのが早いらしいです
島民の大好物と言われ複雑な気分になりました

2008-p

へびのような魚の顔ははっきりしませんが この親父そっくりです

2008-p


2008-p


トロトロ (食堂) 昼をとっくに過ぎていたので おかずは この2品のみ
残ってました合計100円もしません

2008-p

島を回ってて感じましたが島の東側もしくは
私が宿泊したアガホ地区はすれ違うバイクなどを見かけますが

西側の交通量は少ないです その分バイクで走ったりとかは
快適ですが もしジプニー乗り継ぎで島一周などは

2008-p

途中下車した場合、次に乗るジプニーが来るまで そうとう待たされるか
走ってるバイクなどを頼み込んで有料で乗る事になると思います

2008-p

あまり知られてませんがボホールまでボートで行けるように

この島からセブ島へも行けます カミギン島 発のナイトフェリーセブ行きは
週に1本 日曜日の夜に出ます。 安全度は不明です!

2008-p

HONDA XRM これもタイカブですね乗りやすいバイクです。
対岸はミンダナオ島 本島です

歳が解っちゃいますが 原チャリの ノーヘル&サンダルは
私が免許をとったじぶんは日本でもOKでした。


スポンサーサイト

フィリピン カミギン島 3

2008 2月 10日

カミギン島 バイクで一周 1


昨日は1日中ダイビングを楽しんだりの海で過ごしたので今日はレンタバイクを借りて
島の外周道路を回りながら小さな町、市場、温泉、滝などを巡る予定です。

バイクは前日に宿のスタッフに借りたい旨を伝え、なるだけ新しいバイクを
持って来て欲しいと念をおしました あまりあてには成りませんがね

旅先でレンタバイクを借りて走り回るのもダイビング同様に楽しみのひとつです
なんたってノーヘル&サンダル履きで走りまわれるので気持ちがいいもんね!


2008-p


旅の詳細・地図はクリックすると大きくなります

旅で使用していた地図です!

2008-p

朝食を宿のレストランでとった後、駐車場まで持って来てくれました日本製バイクの
HONDA XRM 125 (500ペソ)1350円でまずは宿から近いArdent Hot Springに参りました

2008-p

入り口で入場料(入湯料)30ペソ80円を払いなかへ
ローカルの家族づれが何組かお湯に浸かってました

ここで のんびりするわけにはいかず足だけ浸かってバイクツーリングの再会です

2008-p

ここは宿泊も可能です二戸いちのコテージの一軒を600ペソ (ファン・温泉入り放題)

借りてるのはフィリピン人が主です白人などは私ら同様にビーチ沿いの
コテージに宿泊しダイビングを楽しんだりしています

2008-p

お昼ご飯を食べに島で一番大きなマンバハオの町へ行きました
ここは初日にフェリー乗り場からジプビーでやって来て

宿までのジプニーに乗り換えた地点です

2008-p

右手のパブリックマーケット周辺が一番賑やかで小規模ながらスーパーもあり
滞在中のあらいる物資が手に入ります

2008-p

市場の内部ですフィリピンの市場どこにでも有るような店構え・品揃えです

2008-p

夕方になると焼き魚、バーベQその他のお惣菜屋が開店し
長期滞在者ヨーロピアンなどの自炊組は買っていきます

この近くに100ペソ270円共同CR&シャワーの宿があり
長期滞在のヨーロピアンが巣くってます

2008-p

マンバハオのメイン通りです 今日は休みなのか空いています
平日は この辺り一面、トライの溜まり場と化します

2008-p

メイン通りには食堂や一杯飲ますような酒場、ビリヤード、スーパーなどが連ねます
一軒の食堂で昼食をとりながら今後の予定をたてます

2008-p


こんな田舎でもSuperFerryの営業所があったので食堂で会議した末
島を出てからバスでカガヤンデ・オロへ行き そこからセブまでフェリーで
行くことを決めたのでチケットを購入しました。

eチケットどころか手書きのSuper Ferryチケットでした

2008-p

ここも水温ぬるめの温泉が湧き出てるプールです
だれもいません 日がな1日、食べ物・飲み物を持ち込んでくつろぐのも悪くないですね

2008-p


2008-p

サンダルにノーヘル親父は ひたすらに走ります

2008-p

島の北西部あたりの道は眺めが素晴らしいです。

2008-p

カミギン島には高級リゾートはありません唯一、高級な部類に入るとすれば
写真のパラス・ビーチリゾートですかね高級感はありませんが、のどかな感じで和めます。

「ホワイトアイランド」が目の前にあり、ホテルのバンカで送迎してくれます(有料)

余談ですが、この辺りにたむろしてる中型バンカーボートでボホール島へ
渡ることが可能です もちろんプライベートバンカーなんで高いですが

人数さえ集まれば旅の行程的にも有意義に使えるルートです
ちなみに1艇6000ペソです エンジンが2基搭載され1時間でボホールへ参るらしいです




フィリピン カミギン島 2

2008 2月 9日


カミギン島 ホワイトアイランド

昨日、カミギン島に到着 さすがに疲れが出たのか
宿の敷地にある庭のベッドで海を見ながら横に成っていたら、うとうと
夕方、潮風の寒さで目を覚ますまで寝ていました


2008-p


旅の詳細・地図はクリックすると大きくなります

旅で使用していた地図です!


今日は、この島での目的、ダイビングです
宿の1階がダイビングサービスになっており朝食後、8時に器材と
ウエットスーツのチョイスに向かいました 器材はまだしっかりしてましたよ

この時期はハイシーズンに関わらずダイバーのゲストが少ないのか
私たち2名にガイド1名で潜りに行きました 少人数制 大好きです

ガイドの話によると1本目、潜った後の休憩に
ホワイトアイランドに上陸するって事で楽しみです

2008-p


この日 一本目に潜ったのはオールドボルケーノポイントです
カミギンは火山で出来た島それを物語ってるかのような地形のポイント

エントリー後、大きな岩と岩の間を潜降していきました
火山によって降って来た岩石で暗い感じで透視度は悪く10メートル

流れはほとんど無く見た魚はピグミー・シーホース バラクーダー


2008-p

約1時間のダイビングを終え休憩のためホワイトアイランドへ向かってます

2008-p

島北端の沖合にある島内唯一のホワイトサンドビーチ
砂州だけの無人島。海の透明度はバツグン

水の透明度はフィリピンのビーチでも抜群ですよ

2008-p

リゾートエリアの前に浮かぶホワイト・アイランドは
その名のとおり眩しいほどの白砂でできた砂州の島でして

ダイビングで訪れる以外にも宿などで頼めばいつでも送迎してくれます

2008-p

アクセスは対岸から渡しのバンカーボートで10分程度でも
船頭は客の足元を見て値段を吹っかけて来るんでしょうね

あと、必ず迎えに来るように念を押さないと帰りはスイミングになっちゃいます

2008-p

行きは船、帰りは泳いで帰ります 結構うけるかもネ

2008-p

潮の満ち加減で夜間に島が水没する事もあるそうですよ

撮影に出かける場合は早朝か昼からの一番暑い
時間帯PM2:00時前後が人も居なくて良いです。

2008-p

ヨーロピアンなどは本を一冊持参して日がな一日ゴロゴロ・いちゃいちゃしてました。

2008-p

塩分が無ければ飲みたくなるほどのクリスタルウォーターですね

2008-p

以前はな~んにも無い島だったのに
数年ぶりに訪れるとディトリップの客を狙ってたくさんのバーベQ屋さんや
お土産屋さんが即席に開店してました

2008-p

ダイビングを午前の1本で終了し この島でビールでも飲んで ボ~っとしたく成りました

2008-p

ホワイト・アイランドを後に二本目のダイビングへ向かいました。
2本目は透視度が18メートルけっこうな距離を移動する

私が後方を中心に見ていたらなにやら大きな影が
イーグル・レイ(マダラトビエイ)を見つけましたよ


↓ 良ければクリックして見て下さい当時はデジタルではなく
  ライカの35ミリ フィルムでってのが懐かしいです

昔に訪れた際のホワイトアイランドです!




フィリピン ミンダナオ カミギン島 1

2008 2月 8日

カミギン島へフェリーで渡る

ミンダナオ北部の移動も順調に こなしなんとかカミギン島へ渡るための
対岸の港 バリワンへ14時20分に到着しました。

島ではダイビングをしたりプチ観光をしたり温泉に入ったり
移動の旅で疲れきった身体を休めるのが目的です


カミギン島へ向かうフェリーが出るまでの短い時間を利用し
港の食堂で軽い食事をとりました


2008p-ca-2map.jpg


旅の詳細・地図はクリックすると大きくなります

旅で使用していた地図です!


2008-p


2008-p

フェリーの左手に見えるのがカミギン島です

火山の島だけに高い山が目立ちますね

2008-p

14時50分 バリワンの港を出航 120ペソ 320円

船内はローカルに混じり白人パッカーやリッチそうなフレンチの姿も見えました

2008-p

この海域、けっこう天候に左右され波がすごく高くなるんですよ

2008-p

けっこう年代物のフェリーです
フィリピンのフェリー名物 エンジントラブル=漂流が無い事を祈ります

2008-p

16時20分 カミギン島のメインの港に到着
私たちはドルフォという町を目指します

2008-p

港からはフェリーの到着に合わせジプニーが待機しています

私たちが向かうドルフォの町までは行かないらしく まずはカミギン島で
一番大きな町、マンバジャオへ向かいます23ペソ 62円

港からマンバジャオの町まで20~30分で到着 ここからはトライに乗り換え
10分~15分でドルフォ地区に着きます

2008-p

ダイビングを楽しむにあたっては宿の前からボートに乗れますので
ロケション的には最高です 波の音だけのひなびた宿です

2008-p

Caveリゾート 観光・ダイビングの基地だけに
設備のわりに高いですトイレ・シャワー別 650ペソ 1750円

まわりに、これといった宿が少ないのも高い理由です

2008-p

ネイティブな部屋です
部屋の掃除にシーツなどの交換は言わなくても毎日してくれます

2008-p



2008-p

CaveResort

宿にはレストランも有ります
ホテルのレストランは高いので私たちは夜ご飯は町まで行って食べたり
ここで食べたりと日によって変えてました。

2008-p

ひさしぶりに宿のレストランで食べましたが1品が1日の食費に相当します。

2008-p

バラクーダーのシーズリングが美味です

2008-p

これがトッケイ・トッケイと鳴く正体です
噛まれるとすっぽんのように放しません

むか~し 知り合いのペットショップにいましたが
日本ではトッケイと軽快な鳴き声で鳴きません

気候風土によって左右されるデリケートな生体なんでしょうか
ところが調べるとなんのことない メスだったので鳴かなかっただけのオチでした。


2008-p


旅の詳細・地図はクリックすると大きくなります

旅で使用していた地図です!





Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。