FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


04<<  2019.05 >>06
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


セブ島 ダウンタウン 安宿
2011年3月13日

ボホールからの船は、ダウンタウンにほど近い埠頭1・2・3 に接岸される
その港から定宿のあるガイサノ・メトロデパートまでは歩くと20分
ジプニーで7ペソの距離、けれども港からのジプニーは慢性的に混んでいる

シキホール~ボホール~セブと移動してきて気温の上昇が肌で感じる
日中の気温は30度をゆうに超えてるだろう 全身から汗が吹き出している


2011


ここセブシティでの宿は、数年前まではお馴染みのガイドブックに載ってる
マクシェリ・ペンションに投宿していたが2年ほど前に街ブラの最中に

マクシェリから数分の距離にある同じダウンタウン、オスメニアブルーバード沿いの
ラ・ガーディアホテルをたまたま見つけ部屋を見せてもらうと値段の割に
お得間も有るので最近はもっぱら利用している

この宿はエアコン、テレビ、もちろんホットシャワーが備わって550ペソ 1100円
以前は500ペソ 1000円だった、基本はダブルルームになっている

ベッドシーツにバスタオルは毎日取り替えてくれるし掃除も行き届いている 

( 詳細・画像は帰国後にでも差し入れます。)


2011


この手の設備ならマニラだと1000ペソはするだろう長年の付き合いで
マクシェリのフロントの小姐とも顔見知りになって定宿を変えるのは心苦しい

セブでは 3~4日、滞在してマニラへ向かいます。


こちらでも連日のニュースで津波の模様が映されています。
私が日本人だと解るとフィリピン人はくちを揃えて家族は大丈夫だったか
聞いてくる 家族を何より愛するフィリピン人ならではの問いかけですね
取り残されてる人々の救助、捜索がはかどり被害が最小限に収まる事を祈ると共に

このたびの東北地方太平洋沖地震の被害に遭われた皆さまに、
心よりお見舞い申し上げます。





フィリピン セブ島に到着しました
2008 7月20日


フィリピン セブ島に到着しました


パラワン マニラと天候は良く飛行機からの下界の眺めも良好だったのに

南下するうち、ビサヤ地方を皮切りに雲が多くなりセブ・マクタン空港着陸間際には

ついに大雨になり今回は窓から綺麗な海島は望めませんでした。

荷物を受け取りターミナルから出る頃には雨のピークは過ぎたようですが

相変わらず上空は厚い雲に覆われてます。 でも涼しいから良いかな


2008-pp

セブの空港から市内へは出口を出て右側へ行き短い階段を上るとメーターTAXIの

乗り場があります クーポンTAXIだと市内まで数倍は請求されちゃいますので

くれぐれもメーターTAXIで市内へ向かってくださいね

ダウンタウンの定宿へ空港から105ペソでした

2008-pp

もしジプニーで市内へ参りたい場合は空港の坂を下ると広い道に出ます

ここは『メプサ』と言う町です ここからハイウェイへ向かうジプニーが頻繁に出ていますので

ハイウエイ(立体車道)と交差するまで乗り、そこから市内へ向かうジプニーの

コロン カルボン オスメニアの行き先へ乗っちゃえば空港から2台乗り継いでも

20ペソ程度で市内(ダウンタウン)へ参れますよ

2008-pp

ダウンタウンの定宿 マクシェリーペンションハウス セブ市内ではたいてい一泊と

長居はしないので私的にはじゅうぶんです エアコン付き480ペソ

何故かいつも使用されてない汚れたベッドがひとつ置かれた部屋に

あてがわれる場合が多いです そのベットは荷物置き場に変っちゃうんですがね

2008-pp

この日は日曜日なのかコロン通りは歩行者天国になっており

すぐ壊れそうな雑貨や食べ物の屋台がたくさん出てます

2008-pp

セブの夕食はたいてい宿の路地を出た正面の食堂でおかず数品で居酒屋宴会と化します

ここのテレビでバスケの番組を見て飲みながら過ごすとセブへ帰って来たと実感しますね

2008-pp

朝もたいてい決まっておりガイサノメトロの次の路地へ入ると飯屋街が有りまして

その奥に屋台の茶店が早朝からOPENします ここがセブの朝のお決まりです。

2008-pp

茶店でコーヒーでモーニング後に これまた決まって散歩に出かけるところが有りまして

2008-pp

路上で寝てる子供を踏まないように向かう先は

2008-pp

サントニーニョ教会です。 早朝の参拝客を見ながら敷地内を巡回するのも

すっかりセブでの朝の行事となりました。

2008-pp

今日はモアールボアルを目指し島を南下します

宿に戻り荷作りしてサウス・バスターミナルへ参ります。




フィリピン セブ島 南部 アルガオでボホール島へ渡る船を探しています。
2008 3月27


セブ島 南部 アルガオでボホール島へ渡る船を探しています。


モアールボアルを9時頃に出てバスを乗り継ぎ3時間ちょっと

ローカルな地図を鵜呑みにしアルガオまで来たもんの ボホール島へ渡る船着場が無い

このままバスで再北上しセブCITYの港からボートでボホール島へ再チャレンジ.................涙


2008-p

旅をしていて中国の 『メイヨ』 と同じくらい不安な、ひと言フィリピンの 『ワラ』 を言われ

また今のルートを戻るのか~って頭の中が真っ白けで気がつけば

ペディキャブ(自転車TAXI)に乗ってる自分でした

まさかこれで海を渡ってボホールへ参れ~と 無茶を言ってるのではなく

暫くあてもなく自然の風で頭を冷やして次なる作戦を立てようとってわけです

2008-p

どうでも良いけど、チャリンコのハンドルが縦にふたつ付いてますね

なんでやろう? あ~残念 聞いておけばよかった~

考えたら、よけいに気になる ただの運転姿勢が楽なだけか

休憩中は足を乗っけたら楽なだけか まさか腕が4本....................げっ

2008-p

ペディキャブ(自転車TAXI)に乗ること10分遠くに古めかしい教会のベルタワーが見えたので

この旅が良い方向に向かうことを祈りにハーフ仏教徒の私は

チャリンコドライバーに向かうよう告げました料金は5ペソなりの地球にやさしい乗り物でした

2008-p

300年前に建てられた、サンミゲール教会だそうです

東南アジアで教会がこんなに、たくさんあるのはフィリピンだけですかね?

2008-p

こんな都会から離れた異国のような町にもマネー マネーと必要な事だけを

発する小汚いガキがいました こっちも同じように掌を出し真似をすると逃げていきます

ぜひ一度、お試しを  逆にアメをもらって恥ずかしかった思い出もあります

2008-p

スペインの植民地が1500年台より約400年続いたそうです

スペインは当初キリスト教を広めるためにここに渡って来た様ですが

大砲もこのようなディスプレーでは、なんとなく威厳がないですね

2008-p

観光も済んで冷静さが戻って来たら よ~く考えたら、ここでのんびりするわけにはいきません

ボホール島へ渡るためにYou Have Idea をキーワードに老若男女聞きまわったあげく

ボホール島じゃないけど近くのカビラオって島から毎日数隻のパンプボートが

ジェネレーターに使用するガソリンや生活飲料水を補給に立ち寄るから

交渉して乗っけてもらえば?


2008-p



え~~~~~~~~~つ   それって どこへ来るの?? 


教えてあげるから ついていおいで (フィリピンが誇れるホスピタリティ)ですね!



考えも付きませんでした ↓















お船のヒッチハイク






Design&Material By MOMO'S FACTORY