FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


10<<  2019.11 >>12
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


マラパスクア ダイビング ニタリサメ
2011年4月10日

マラパスクア島に滞在中です。

ここでの1日はAM4:30分にセットされたアラームの目覚まし音から始まる。
もちろん、サメ狙いで島に訪れているダイバーに限った事なんですがね

従って夜は9時をまわると自然と瞼が降りて来る
深酒も夜更かしも無縁の健康的なサイクルな日々である。

21_20110612061646.jpg

5時前にはダイビングボートに乗り込む為にコテージでは他のゲストが
深い眠りのなかをビーチへ向かい乗船、レイテ島、近海までボートで移動

南国フィリピンと言っても、早朝の海上は冷えてジャンパー無しでは辛い
6時前には水深22メートルを目指し潜行を開始
底にたどり着けば後は、ただひたすらサメが出て来るのを待つ

2011

サメが現れるとアドレナリン炸裂
出なければ、ただただ寒いだけのロケーションだw

この季節の水温は28℃前後
透明度は良い時で15メートル、プランクトンの関係か決して良い方では無い

2011

今で8本潜って大物遭遇立は6割だが満足度は100%って言っても過言では無い

ダイビングフィーは、2本で2500ペソ (器材込み)
日本国内で潜る事を考えれば安いがフィリピンでの他の物価と比べ破格な値だ

2011

いつもはバックパッカー的な滞在なんで、触手は動かず参加はしないが
こう言った機会を逃すと個人で旅している私には、滅多に潜る事もない

2011

今回、水中で遭遇出来たのはフレッシャーシャーク 3Times
マンタが4枚、頭上を回遊していったのとラストダイブで小型のツナが
大群で現れ暫くの間、旋回してくれた

水中画像は全てシャークポイントである





早朝の5時には乗船しサメ狙いのポイントへ向かった様子である。

HD動画再生可能であるのでYouTubeのアクセスが空いてる時間帯は高画質で見てくだされ





同行した友人いわくオーストラリアへホウジロサメを見に行った時と同様に

アドレナリン炸裂だったと興奮気味に話してくれた





自然に存在する物を遊び道具にしちゃう感性は私が幼少の頃を過ごした

昭和の時代とオーバーラップし自分の中で風化しつつ有った思い出がよぎった

そんな中、友人が負けずと挑戦した YouTubeが空いている時間帯は、HD再生可能です。



過去に訪れたセブシティの画像です前後のページで観覧できます。





フィリピン マラパスクア島
既に今回で三度目の訪問となったセブ島・北端の先に浮かぶマラパスクア島

訪れる度に立派なコテージが出来て驚かされる

もはや隠れ家とは呼べない田舎の島である

2011

2011

変らない風景は綺麗なビーチで遊ぶ島民のガキくらいかな

今回、泊まった宿の前のビーチ

2011

ハイシーズンのマラパスクア、日中は容赦なく太陽の恵みが降り注ぐ

ここでの滞在は、うろうろせづ木陰に設置されたテーブルでビールでしょう

2011

島民が営んでる小さなTシャツ屋台

安かろう悪かろうな塩梅だが滞在中着るだけなら十分だろう

2011

裸足じゃ焼けちゃうビーチロードだよ

安宿にはWI-FIの設備が整ってなく日中、何度も往復したっけ

2011

宿に併設されたレストランでくつろいでると目ざとく島民が近寄って来て

何やら売りつけようと話しかけて来ます。 拡大画像は下記です ↓

2011

お二人様は日本の工業製品にはないハンドメイドのぬくもりを感じて買われました。

2011

オレでも勤まる店番だw

2011

生活水準が向上し島の子供も服を着だしたw





フィリピン マラパスクア
先日、無事に帰国を果たしましたので、改めて今回の旅の画像&説明文を

大幅に差し入れ構築し直し再び旅を進行させて頂きます。



2011年4月9日

前回の項でもふれたがマニラ空港 ターミナル2で夜明かし・空港泊を考えてる方は
搭乗券・eチケット等を提示すれば機械でセキュリティチェックを受けてターミナル内へ

入る事は可能だ、ただ現状はなかのカウンターはクローズ状態で
空港関係者のみ駐在しているようで、暇も相もって日本人だと解ると、おこぼれを貰おうと
何かと難癖を付ける輩もいる。一見フレンドリーだがチップ目当てで言い寄って来る

2011

画像はセブ北上路線バスの途中で寄って来る自称コンビに叔母さん

それとターミナル2の中はターミナル3と違ってフードコート等は営業が終わってる事を
再度忠告しておく チェックINカウンターはAM2:00には開くので搭乗券を貰い中の長椅子で
仮眠するなり可能だ、この時間に合わせターミナル内の照明も点灯、フードコートもOPENする。

2011

セブ・マクタンまでのフィリピンAirはセブパシと比べ座席が広くセブパシとの違いを実感した。
マクタン到着後、荷物を受け取り隣接する両替所のレートの悪さに驚かされる。

面倒だが出発ロビーへ移動して数軒並んでる両替所まで行くことを薦める
ここの両替所は個人営業なのでレートはバラバラ、数軒まわり確認する事も忘れずに

空港からタクシーで離れるに従い、出発ロビーで両替した場合は到着ロビーに戻らず
ここの到着客のタクシーを使う方が移動も最小限で済むし客を降ろし直ぐに
私たちが乗り込んだのでドライバーもご機嫌だった。
ちなみにノースバスターミナルまでチップ込みで150P

2011

今回の添乗の地、マラパスクア島も既に三度目、お馴染みの北部方面行きの
バスステーションへ向かい窓前開のバスでセブ島の北端、マヤを目指す。

7:00にノースバスターミナルを出発したバスは10:40分にマラパスクアへ渡る
船着場の有るマヤに到着、今回も流しの客を拾うために途中の町なかへ寄ったりと
思わぬ時間をくった。ここまでの間、バスは食事・トイレ休憩で1回止まる

2011

マラパスクアへ渡る港ではレイテ島へ向かうバンカーボートの姿も見られた
ここから3時間の行程らしいが波が高いとそうとう辛いかも?

2011

来る度に立派なコテージが増え続け驚かされるマラパスクア島
その昔、安い宿の空き部屋をハイシーズンに見つけるのも一苦労だったのに

今では島の宿も過剰気味で、借り手の選択技が広がったのは嬉しいのだが
田舎の島とは思えない料金設定の高級コテージも存在する… 
いくらなんでもボラカイ島じゃないんだから…

2011

島に上陸してからの宿探しであるが、今回は旅仲間である
トムさんのブログを参考に部屋探しを始めた
その結果、前回に氏が泊まられたブルーウォータに一行はなだれ込む事に

2011

ここでの生活パターンは毎日のようにダイビングへ出掛けるので
出費が掛かる、控えれる出費は節約せねば、これも添乗員の使命だw

ブルーウォータの裏には500ペソの長屋を見つけたが西向きに建てられていて
部屋が暑そうなのと、近くに人気のダイビングショップのタンクのエアーを

詰め替える施設が有り長時間に渡りコンプレッサーの音が鳴り響いている
悪条件が二つも重なるので見送る。

2011

宿の料金だが、長屋のファンルーム トイレ・温水シャワー 朝食付きで700ペソ
これは部屋を三つ借りたからの価格で通常は800ペソとの話しだ



過去に訪れた島の画像です前後のページで観覧できます。






Design&Material By MOMO'S FACTORY