アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


05<<  2018.06 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フィリピン パラワン島 エルニド

2008 3月 3日

パラワン島 エルニド

17世紀、この海を訪れたスペインの船乗りたちがあまりの美しさに息をのみ

そしてその神々しさに手をふれることをためらい

飛び交う海ツバメから『エルニド』という地名だけを残して立ち去ったと言い伝えられています。


エルニドとは、スペイン語で”海ツバメの巣”という意味なのだそうです。

(エルニド 公式HPより)


2008-p

アイランドホッピング・スノーケリングツアーは

9時40分にツアー基地の村のビーチに有るSeaSlongレストランから

出発しまずはスモールラグーンでスノーケリングここはカヤックを楽しむ韓国・台湾などの客も

多数、見かけた彼ら彼女らは村では見かけなかったので、いったい何処に宿泊してんだろう

2008-p

その後ボートでエルニド・ミニロックリゾートの前を通り

ビッグラグーンへ (ここが観光のパンフレットで良く目にする) 場所だ

2008-p

昼飯は島に上陸して炭をいこし船頭と助手が手際よく

カツオとポークバーベQ・サラダなどを慣れた手付きで作ってくれる

2008-p

フィリピンへ来ていつも思うがスタッフの彼らは

実に起用にひとり二役で何でもこなす姿に出会う事が多く見られ感心させられる。

2008-p

食事の後はシークレットラグーンと呼ばれる小さな塩水の湖へ行くがあまりたいした事はない

2008-p

もうそろそろ帰るのか思うとコマンド7島へ向かいスノーケルをする

というかなりハードなツアー内容だスノーケル好きにはたまらない

内容だが豪快なドロップオフのような潮あたりの良い場所は一切ない

2008-p

1日お供したイギリス人の二人も連れ合いではなく別々の個人旅行者で

各自アイランド・ホッピングをシエアー出来るのを探していた事がわかりました

2008-p

ビーチを探索してると私のツボに見事にはまった人物に出会えました

なにが気に入ったって砂浜に写し出される影の形が見事にツボにはまり

どうです影の形はマーライオンです(爆

あ~ 写真を撮りたい でも面と向かっては失礼にあたる

ぶつぶつ独り言をいいながら付いて行きました(笑

2008-p

もうこうなったらスノーケリングどころじゃ有りません中断して付いていきました

どうでもいいけど お腹まわりに比べ下半身が細いのが気になるな~

2008-p

なんとマーライオンにはピーナの現地妻が居ることが発覚

ふたりの後を追いかけたくなる衝動にかられましたが

どんどん遠くへ行かれ 私のボートの船頭にはもう出発するよって言われあきらめました

明日、シンガポールへ帰えられるとのことでした

そんなわけ ね~だろう (汗



スポンサーサイト

フィリピン パラワン島 エルニド

2008 3月 3~4日


フィリピン パラワン島 エルニド村


エルニドでの滞在の楽しみの、ひとつにアイランドホッピングが有りますが

ボート1艇を借り切ると2000ペソは言われるので

グループで来られてる方は別として私みたいな、ひとりもの(変わり者)

もしくは少数派はシェアをする人間を見つける努力をされてるようで


2008-p


左) 小さな島がたくさん有り、スノーケリングポイントは豊富です

右) なかなか長期の貧乏パッカーには手が出ない価格です

ツアーA にSIMIZUってスノーケルポイントが有るの解ります?

昔、日本人の清水って人が溺死したところで、このような名が付いたと教えられました
やだね~ 行きたくない ってかそんな名前つけるなちゅ~ねん

2008-p

せっかくエルニドへ来たのだからよく雑誌などで紹介してるラグーンを見たいな

ダイビングは大物が出てるようでもないのでスノーケリングでじゅうぶんだし

なんとかせねば最悪ひとり寂しくプライベートで貸切かな

2008-p

私も例外になく数人に声をかけ、お供を探してまして日々 ビーチ沿いを歩いていました

そんなおりイギリスからのゲスト2人と話がまとまりエルニドのラグーンへ

シュノーケリング&バーベーQに行って来ました

2008-p

集合時間はビーチ沿いのレストランにAM8:00 ラグーンまでは切り立った奇岩を眺め

映画 デカプリオ主演のザ・ビーチの撮影の舞台の奇岩も見ましたよ

そうそう ザ・ビーチの撮影 最初の切り立った岩とかところどころエルニドで撮影していたらしいです

タイとフィリピンのコラボだったわけです それだけフィリピンの海って魅力が有るのですね

2008-p

岩と岩の隙間を抜けると他から隔離されたように

波も穏やかになり、ホントに神秘的な世界が広がりました

聞こえてくるのは水の音と、木々のせせらぎとどこからか聞こえる鳥のさえずり

エルニドが最後の秘境と呼ばれるのが分かるような気がしました

旅行のパンフレットや雑誌(海島)で見たのと同じや~ 

2008-p

エルニドで有名なミニロック・リゾートですね

私なんぞ縁の無い聖域ですね ちなみに水上コテージで200ドルは越えちゃいます

2008-p

ラグーンとは、砂州によって外海から分離されてできる海岸の湖のことで

エルニド村を訪れたら必ずツアーに参加して下さいね

村のビーチは綺麗ですがここまでのエメラルドグリーンでは有りませんので

2008-p

楽しかったのと泳ぐのが好きなメンバーで意気投合したので
明日も予約しちゃいました ダイビングなら2400ペソかかりますが

スノーケルは、これで600ペソは、お徳ですよ~

2008-p

後から植林したのではと思わず見入ってしまった造形美です

さて時間を見ると もうお昼 どこかへ上陸してバーベQランチです




フィリピン パラワン島 エルニド

2008 3月2日

ノーザン・パラワン島  エルニド村


昨日にブスアンガ島 コロンを9時40分に出港したバンカーボートで6時に

エルニドへ到着 眺めの良い宿を取ったものの これから先の旅を考えると

もう少し安い宿に代わるのが懸命 少しでも長くエルニドに滞在したいこともあって

町探検を兼ねてエルニド村の安い宿を探しに出かけました


2008-p


地図はパラワン島です クリックすると大きくなります



2008-p

人口4000人の村には立派な教会も有りましたよ

日曜日など家族連れもって参拝へ行かれる信仰深いようすも見られました

2008-p

エルニドの街の中心街です

ここの角ののトロトロ(大衆食堂) にはお世話に成りました。

2008-p

海は海で美しいエメラルドに輝き陸・町は町で背後に切り立った大理石の山がそびえてます

村民はフィリピンの他の土地同様に皆さん明るく挨拶を交わすと笑顔が返って来ます

2008-p

黒大理石の絶壁に囲まれ、素朴な人々美しい海から聞こえる波の音が今でも思い出されます

2008-p

目覚める前に宿のスタッフがお湯の入ったポットをテーブルに置いていってくれます。

朝、起きると海を眺めながらインスタントコーヒーと宿の近くのお店で買ってきたパンで朝食

そんなリズムで村では日々 滞在していました

2008-p

町を探検していると まだこんな風に魚を売って姿をよく目にします

日本の江戸時代の行商姿に思わず見とれてしまいました

2008-p

到着した日に宿泊したダニエル・コテージは清潔で部屋の前からの眺めも良いのですが

1泊 800ペソとこれから先の事を考えれば予算オーバー 引越しです

2008-p

次の日の朝にコロンからのバンカーボート同乗者のフィリピン人に

聞いていた安宿 ベイ・ビュー インを下見に行ったところ

ちょーど海の前の部屋をとってたゲストがチェックOUTの事なので

部屋を押さえてもらい移動と成りました 面倒くさいけど仕方ありません

2008-p

部屋は1泊 350ペソ ここなら予算範囲だったので海へラグーンへ繰り出せます

2008-p

宿がある少し賑やかな通りでインターネットCafeやら白人向けのレストランが存在します

賑やかといっても夜の9時頃には一部のレストランを除き寂しい通りに成っちゃいますがね

ネットカフェの看板が見えますね回線は遅いけど一応あります。

コンビニ、ATMはもちろんありません。

レストランは現地の人がやってるもの(トロトロ)はたくさんあって

他の町より安いですよ 港町だけに焼き魚やイカ・エビも豊富です

ギターの弾き語りやバンドの生演奏を聞きながら夜、まったりと飲める店もあります

2008-p

この通りの奥にエルニド唯一外貨をペソに交換してくれる

アートカフェ 白人観光客には人気のレストランが2階にある

食事も美味しいのかメニューが豊富なのか結構な賑わっていて

皆さんグループでワイワイされてるので、ひとり身は辛いかも

レートは当時(2008 3)1万→3220ペソと悪かった

2008-p

ビーチ沿いも夜になるとキャンドルを灯し波のBGMをバックにロマンチックな

レストランに変身します 昼間、見ると ど~ってないレストランなんですがね

この村は日付が変わった頃から午前中は電気がありません。

電力供給のバランスを保つためそうしてるということでした。

2008-p


ここでは運動も兼ね我ながらよく歩きました日々、村の端から端まで歩くもんだから
2~3日もすればすっかり顔見知りもでき目で挨拶を交わしながら村、探検を楽しみました

さて明日は楽しみにしていたエルニドの海 ラグーンへボートで繰り出します

念願のエルニドでのアイランド・ホッピングです





Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。