アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


01<<  2018.02 >>03
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フィリピン パラワン島 ポートバートン

2008 3月5日

パラワン島 ポートバートン


なかなか体験出来ないようなジプニーでの悪路走破の末に着いた先は

ネイティブな町 ポートバートンです。

久しぶりのポート・バートン10年ほど前に訪れた時と比べさほど変っていない田舎ぶりでした


2008-p

この地がまだ未開なのはパラワンでも なにぶん交通の便が悪いのと

ここへ来るならエルニドへ行こうと思うゲストが多いんでしょうね

2008-p

ある種、俗世間から隔離された要素が有るので賑やかな場所を避け

ある意味ヒッピー的なヨーロピアンの姿が見られました

2008-p

近年、昔と比べ道路の舗装も進みパラワンの大都会プエルト・プリンセッサ

からも1日で来れるのでプエルト辺りでロングステーを楽しみつつ

2008-p

観光地から隔離されたような静かなポートバートンへ訪れても良いかな思いました。

まだまだ隠れ家の要素を兼ね備えています電気も夕方6時~11時までの5時間だけ使えます

2008-p

お約束どおり宿探しには海側に部屋が有り波の音が聞こえる部屋を

第一条件でビーチを歩きながら探しました

2008-p

1軒目は洒落たコテージでそこそこの値段だが白人ご用達のガイドブックに

出てるのかいっぱいで空き部屋は無し(部屋数が少ないんですよね)

2008-p

2軒目は見覚えのある宿が増築していてコテージは600ペソ

長屋棟は250ペソと安いが部屋が狭いのと海側に向いていない

2008-p

ここはAnsan Cottage 300ペソ トイレとシャワールームは奥にあります

なんせ数週間前にマニラのATMで出金してからブスアンガ島・コロン

エルニドとATMが無く手持ちのペソが底をついて来たので贅沢出来ません

2008-p

なんとかして両替せねば飯も食えん状況ですやっと1軒両替が出来そうな宿を見つけたが

日本円はダメらしい いろんな所を旅しましたが久しぶりに日本円からの

両替出来ず紙くず同然な扱いを受けたのは過去覚えてないくらいです

2008-p

USドルにしたって小額は受け取ってもらえず最低5ドル以上の

札でなければ両替不可もしくは最低のレート(1ドル70円)扱い

今回は財布の片隅に100USドルを隠し持つてて助かりました

これでなんとか数日間は滞在出来そうです。

2008-p

ここでする事って言っても朝起きて部屋のベランダで海を見ながら
コーヒーを飲んでぼ~っと昼間でビーチを歩いて探索かたま~に

漁師が獲りたての魚をその場で売りさばいてる光景を見るか
昼食後は誰も泳いでない前の海で泳ぐくらいしかしませんでした

もう少しペソが残ってたらアイランドホッピングのバーベQツアーにでも
参加してたのに今回はATMに頼り小額づつペソに両替してたのがアダに成りました

2008-p


ここでの娯楽はアイランド・ホッピングとマングローブリバー下りです。

ただここではシュノーケリング&アイランド・ホッピングがエルニドなどの観光客価格と
違ってひとりで貸しきっても1000ペソです。二人なら1日遊んで500ペソはお徳かも?

スノーケリングだけでなくマングローブの川へ行ったり1日、楽しめます



スポンサーサイト

フィリピン パラワン島 ポートバートンへ 悪路のなか移動

2008 3月 5日


パラワン島 ポートバートンへ悪路のなか移動

パラワン島 エルニドから南下してきてポートバートンへ向かうため

ロハスの先の分岐点 サンフォセ・ジャンクションで降ろしてもらったものの

乗り換えのバスの乗り継ぎが悪く3時間以上も待ちぼうけ

疲れ果てたうえやって来たジプニーに乗るが悪路の連続 疲れもピークに達しました


2008-p


地図はクリックすると大きく表示されます


2008-p

ポートバートンへ向かうジプニーはプエルト・プリンセッサへ向かうハイウェイの分岐点

サンフォセジャンクションを西に入ると直ぐに未舗装になり

赤茶けた乾いた道から そのうちに ぬかるみの世界へ入って行きます

2008-p

道はどんどん悪くなっていく一方です でも今の時期って乾季なのに何でだろう?

木製の橋はMAX 2トンって看板が立ってるがジプニーってもっと重たいと思うんですが?

2008-p

四輪駆動でもないジプニーが果たして通れるのか不安な箇所がいっぱい有ります

安全第一の我が国だったら道路不通で片付けられる事でも通行しちゃうんですよね

2008-p

助手の男がドライバーにコースどりを伝えるべく自ら調べに行きます

まさしくキャメルトロフィの世界に成って来ました

2008-p

調べに行った助手の男の判断で乗客は女、子供を除き降ろされます

ニワトリも不安そうでしたよ  コケ~ッ

4_20080307222450.jpg

ドライバーの怒鳴り声の合図で乗客がロープでジプニーを引かされます

ひ弱な日本人 ニセカメラマンの私は引っ張らず撮影を続けます

2008-p

パチモンカメラマンは助手席にも座り撮影を続行します

我が国だったら非難ごうごうだったでしょうね

2008-p

大型のジプニーも自然の前では玩具のように非力です

2008-p

絶対に無理やで~ って箇所でも皆さん協力のもと脱出させる場面では

なにか熱いものが込み上げて来ました フィリピン万歳!

ライオンキング ありがとう!

2008-p

一番の難所を抜けた後も小さいながらも問題箇所が現れましたが

もう皆さん余裕の表情に代わってました

自らの道をシャベルで切り開いて進みます

2008-p

最後は楽しんでる人も見られますね

2008-p

無事に目的地のポートバートンへ到着しました 以前1998年に訪れた時もここで降ろされた

記憶がよみがえりました ほとんど以前と変らぬ景色です

想像以上の悪路でしたがわずか80ペソ210円でキャメルトロフィのようなジャングル体験ができ

それに何よりもここまで来れたのはフィリピン人 皆さんのおかげです サラマッポ!




フィリピン パラワン島をエルニドからポート・バートンへ移動

2008 3月5日~~


パラワン島をエルニドからポート・バートンへ移動

さて今日は楽しかったエルニドを離れパラワン島を南下します

ダイレクトにプエルト・プリンセッサへ行く予定でしたが、もう一ヶ所、港町へ寄ってみるか



El・Nidoに滞在してる白人さんは、ここからの南下は季節によりバスもしくは

ボートで何箇所かに立ち寄りプエルト・プリンセッサへ行かれる方が実に多いです。

私も8年ほど前に始めてパラワンへ行った際に訪れたポート・バートンへ寄り道したくなり


2008-p


エルニド → ロハス → サンホセ・ジャンクション で乗り換えジプニーで

ポートバートン のルートを選択し ロハスまでのバスチケット225ペソ 600円を

購入しました。疲れたらロハスの町で一泊の考えです。

2008-p

エルニド村からバスで南下 プエルト・プリンセッサまで行こうと

昼間の暇な時間にバスターミナルを下見にいくと

( エルニド村の離れ少し高台にあるローカルなバス乗り場です )

2008-p

エルニド・ビーチHOTEL近くの小高い丘にバスターミナルは有りました。

時間・料金等を車掌かその辺で、ぶらぶらしてる兄ちゃんか境目のない人物に聞くと

( エルニドを出ると直ぐに未舗装になり砂煙を上げながらバスは南下します )

2008-p

6:00  7:00  8:40 の3便との事 暑くない時間の移動が楽そうなので

寝坊のない7:00に決定したもののチケットは街中のバスの代理店

YouRinJyoi で買って来いとの事 フィリピンのローカルバスは車内で

買うものと思いきゃ El・Nido は勝手が違うようです。

( エルニドからのバスは混むと有名ですネコまで狭い車内で耐えてました。 )

2008-p

後から来た白人にも同じ事を言ってたので街中で買うことにする

プエルト・プリンセッサまでは早さと快適差を求めるなら

1-BOXも現在、走ってるようですが私は、 どちらも求めないのでバスにします。

( エルニドを6時定刻に出発したバスは7時20分TAYLELONGsの町で )

( 1回目の休憩 朝食・トイレのため止りました バス移動では なるべく食べないようにしてます )

2008-p

文と画像は前後しますが

今日はエルニドからバスで南下しますバスが6時に出るので4時30分に起床

20分程前にバスターミナルへ到着 既に何人かは座席に着いていて

前日に買ったチケットの座席順に座らされていきます

( 画像は まあ日本のハイウェイのドライブインみたいなもんです )

2008-p

フィリピンのバスには珍しくプエルト・プリンセッサ行きのバスは定刻の6時に出発

道路はエルニドを出て直ぐに未舗装のダートになり朝から埃まみれです

( 途中、舗装したかと思えば直ぐに未舗装、ダートの繰り返しです )

2008-p

このままバスの終点のプエルト・プリンセッサまで乗車せずロハスの先の

ポート・バートンへの分岐点 サンフォセ・ジャンクションまで乗車して

ポート・バートンへ向う 別に見所があるわけもないが

( 室内が満員でも屋根へ乗車する客がどんどん登っていきます )

2008-p

1998年に初パラワンに訪れた際に寄り観光客も見かけない土地が

気に入り10年の月日でどのような変貌をとげているか言わば

野次馬的な思いのみで行く事にし移動してます

( 路線バスは荷物を運ぶ貨物の役割もしています 車掌は時おり重たい荷物を )

( 車内に運ばされたり屋根に運ばされたりと重労働をしいられるようです )

2008-p

ロハス到着9時50分 ここで20分休憩です

バスの車掌にポートバートンへの分岐点サンフォセ・ジャンクションで

降ろしてもらうように再度確認をとります ここからそう遠くはないとのこと

2008-p

ロハス市内へ入りポートバートンへの分岐点へ後わずかの所で

昼食・休憩に成りました もう直ぐ降りるのでトイレだけで食事はしませんでした

2008-p

ロハスは少し開けた町で停車中はどこからとなく物乞い少年・少女が集まって来ました

2008-p

プエルト・プリンセッサ行きのバスは私が向かう港町

ポート・バートンへの分岐点 サンフォセジャンクションへ着きました

ここで降りバートン行きのジプニーに乗り換えます

サンフォセ・ジャンクション着10時30分ここまでは順調な行程でしたが

バスを降りるとお約束のようにトライやハバルハバル(バイクタクシー)の

運転手が駆け寄って来てどこまで行くんだってな具合です

バートン行きのジプニーは午後2時まで無いので500ペソ1350円で行くぞ~ けっこうな値段

他にバスを待ってそうな人がいたので聞くと12時に来るとか曖昧な返事

2008-p

現在時刻が10時30分 次のジプニーが2時 ここで3時間30分もの待ち時間です

またまたフィリピンタイムで何ごとも進んでいます (涙

周りには食堂もないし朝から何も食べてないし困り果てた時に

小さなパランケを見つけたので腹の足しに成るような物を物色しに行きました

お菓子しか見つからず まるで小学生のようなお献立で昼飯の代わりにしました

2008-p

やはりバートン行きのジプニーが到着したのが3時間30分後の午後の2時

ここからは地図を見ると解かりますがパラワン島を東から西へ横断するルート

2008-p


ジプニーの汚れ具合が この先の悪路を物語ってます 神だけがお知りに成る事です

無事に目的地へ着くことを祈り乗り込みました





Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。