アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


03<<  2017.04 >>05
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ミンダナオ島 サンボアンガ イスラム集落 タルクサンガイ

2008 3月12日


ミンダナオ島 サンボアンガ イスラム集落 タルクサンガイ


少し触れたように非番のガードマンがサンボアンガ郊外にある

イスラム集落タルクサンガイまで同行してくれる事になり彼に連れられ

町なかをタルクサンガイ行きのジプニーが発着してる場所まで歩く

道中、数人のドライバーが声を掛けるが行き先を告げると

クモの子を散らすように退散する 不安と好奇心が交差する


2008-p

乗り場は最近、新しいショッピングセンターが出来た直ぐ近く

さっそくジプニーを後方から乗り込むと半数の乗客がムスリムの

正装に近い服装をしたり頭にスカーフを巻いたりしていて

一瞬、ここはマレーシアかと思ってしまうほど

( タルクサンガイの入り口です ここからすっかりイスラム 一色です )

2008-p

撮影したい衝動にかられましたがまずは大人しく波風たてないようにする

タルクサンガイまでのバスは田園風景のなかを40分近く走ったころ

干潟がひろがる、湿った半島の村で止り降りる事にする

辺りは海藻を干す匂いが一面に立ち込めている料金は20ペソ

2008-p

インドネシアかマレーシアって雰囲気です

2008-p

メインモスク ジプニー停留所の近く広場には小さなマーケットが有りました

さすがにサンミゲールやらの酒類の箱は有りません

2008-p

タルクサンガイの停留所です

ドライバーも、もちろんムスリムでフロントのお守りは十字架ではなくアラビア文字のようでした

2008-p

タルクサンガイのメインのモスクです改築中で以前とカラーもチエンジされてました

昨年から工事を始めたらしいです

2008-p

モスク改築中で臨時の礼拝所ですね 一応 了解を得て撮影しています

2008-p

ここから水上家屋の入り口です

以前に入ったプエルトの水上家屋とは違い一種独特の雰囲気 空気が漂い

中へ入って行くのがためらわれます ガイドと二人で奥へ進みました

2008-p


2008-p

集落を進んで行くと男たちはバクチに講じてました

ここでも働き手は女性です

2008-p


2008-p

サンボアンガから次の目的地コタバトまでは通常バス移動が当たり前ですが

日本を出発前する前の情報ではバスなどテロの標的に成りやすい

山岳部はアブサヤフが潜伏してるなど良からぬ情報ばかり耳に入り

2008-p

実際に日本の新聞にもバスが被害にあったなどの記事が載っていて陸地の移動は

出来るだけ避けたいので港へコタバトまでのフェリーのスケジュールを

確認しに行くが週に一便 旅人泣かせの ぞくに言う ワンサ・ワンウィークってやつです

2008-p

今日は水曜日でフェリーが出るのが月曜日......... 5日間もサンボアンガに

閉じ込められるのは勘弁願いたい 小心者の私は数人に現在のバス移動は問題ないのか

聞くが皆さん揃ったように大丈夫のこと今日は大丈夫でも明日は危険は無きにしも有らず

でも5日間も待てない結果オーライですね



スポンサーサイト

フィリピン ミンダナオ島 サンボアンガ 1
2008 3月12日


ミンダナオ島 サンボアンガ


1990年代以来、サンボアンガ市は過激派テロ集団アブ・サヤフによる西洋人誘拐や

誘拐未遂事件の舞台となりマニラのフィリピン政府はかつて外交官も含む外国人に対し

サンボアンガから離れるよう勧告した時代もあったそうだが現在は普通に観光してると

そういった事があった等とは微塵も感じさせない整った町である


2008-p

この場所もある日の新聞の記事によると

フィリピン治安当局によると、比南部ミンダナオ島サンボアンガ市で同市庁舎に近い

広場のベンチ下に置かれた爆弾が爆発し、少なくとも14人が負傷した。(読売新聞)

2008-p

シテーホールへ伸びてる道です 町なかですが ごく普通の地方都市と変りません

2008-p

市場周辺はアジア独特の雰囲気が味わえます

2008-p

次にマーケットへ出かける海産物やら果物・野菜が充実して

見ていても楽しいが南へ下って来たぶん猛暑で疲れる

( 市場の外れに貧相なモスクが有りました )

2008-p

市場のゴミは腐敗臭が漂ってるし市場好きの私にも辛い環境

市場くらいしか見所がない街の区分けも歩きづらい造りで疲れる 暑さも原因なんだろうが

2008-p

フィリピンの一番暑い3月 市場では最高の異臭が漂ってます

2008-p

いろいろな種類が売られてますね

あれ この下側の魚って.................(汗

2008-p

私がダイビングするにあたってよくノンダイバーからサメに襲われかけた事はないですか?

サメに水中でたくさん会いましたか? と言う質問を受けるくらいサメは評判が良く有りません

ジョーズのモデルに成ったグレートタイガーシャーク以外はめったに襲っては来ません

その悪の代名詞のようなサメより水中で気を付けなければいけないのが 

この魚です名前は和名(ゴマモンガラ)英名(トリガーフィッシュ)

珊瑚をかじる鋭い歯で時にダイバーを襲います私も経験済みです

それを食べちゃうフィリピン人は一番、恐ろしい~~

2008-p


町での見所のひとつマーケット探検も終わった 時間だけは有るがする事がない


ひとつサンボアンガへ訪問にあたって行ってみたい場所がある

それは.................... タルクサンガイと言うイスラムの集落である

だけど情報が少ない どうしたら行けるのかな?

それに大丈夫なんかな? 不安が頭をよぎる

トライの兄いちゃんに数回、声を掛けるが行かないと言う

ムスリムを露骨に嫌ってる ますます 不安だ ここでは話は割愛しますが

町で出会った非番のガードマンの兄ちゃんが同行してくれる事に成りました

往復の交通費と帰ってからチョウキンで二人で昼食を条件にお供です。

って事で、これから二人でタルクサンガイ(イスラム集落へ)行って来ます。





Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。