アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


04<<  2017.05 >>06
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ダバオからバスで北上しBUTUANへ向かってます

この記事は前回の旅の様子です


2008 3月20日

ダバオからバスで北上しBUTUANへ向かってます

前日の昼間に何もする事がないのでダバオのバスターミナルへ、この先どこまで

北上するか時刻表を見に行ってました あまり移動距離ばかりを稼ごうとすると

到着時間が日が暮れてからに成り町探検も出来ないようでは意味がないし

明日はあしたの風が吹くではダメな場合も有りますね


2008-p


移動を示した地図はクリックすると拡大します。


ダバオからビサヤ地方へ渡るルートをあれこれ思案してまして

カガヤンデ・オロもしくはデポログへは昨年に使ってるのでスリガオからセブへ向かう事にしました


2008-p

ダバオから目的地のスリガオまで11時間 これだと到着後の町探検が難しい

BUTUANまで7時間 じゃあ このバスに決定かな? 

6時30分 ダバオ エコランバスターミナル

2008-p

子犬がワンワン鳴こうが車掌は何も言いません乗客も同じです

よ~く考えればニワトリも連れてる人も見かけますもんね

2008-p

なんか違和感があるサンフランシスコ バスターミナル

2008-p

サンフランシスコの町並みです ここはフィリピンです

2008-p

旅先で頻繁に食べた魚スープとご飯です

おかげで4キロ減量達成 現在はリバウンド真っ最中(汗

2008-p

移動中に見かけた洗濯後、干してあるシャツ ここまで着るかぁ~ ってくちに出てしまいました

2008-p

BUTUAN着 1時45分 ダバオ行きの新型車両が止まってました



スポンサーサイト

ミンダナオ島 ジェネラルサントスからダバオへ
2008 3月17日


バスはダバオへ向け快走中です


今日はジネラルサントスからダバオへ移動します

昨夜は宿の近くのレストランで夕食をとり これといった面白みのある場所も

なく趣味の町歩き(徘徊パトロール)も明かりが無く物騒なんで早々に切り上げて早寝でした

その反復で今朝はニワトリも鳴かない4時30に目が覚め荷物をバックに詰め込み

ブラウンバスターミナルへ向かい6時20分発のダバオ行きのバスに乗り込みました



2008-p


バス移動を示した地図はクリックすると拡大します


2008-p


2008-p

フィリピンでのバス移動は早朝に出発するのが涼しくて良いですね万が一バスが故障で

代替になろうが あせる事もないしねダバオまでのバス会社はホリディツアーと言う名称でした

時どき対向してくるYELLO BUSという会社のバスとクラクションで挨拶していたので

同系の小会社なんでしょうか??

2008-p

山間部の見晴らしが良い所を走ります このルートは緊張感は感じられませんでした

アーミーの検問もモスクも見られません ダバオへ来たんだと安堵感が漂いました

バスはダバオ市内へ入る前に広大なバナナ畑の横を通り上空ではセスナ機が

農薬を散布していて まるで映画のような一場面でした。

2008-p

ダバオ市街の入りくち SMダバオです

SMは涼しくて大好きです 日本で安易に言うと "ひかれ" ちゃうのでご用心です

申し遅れましたジェネラルサントス ダバオ間のバス代金は120ペソです

2008-p

9時35分 ダバオのバスターミナルに到着です

ここから市内 (シティホール)近くまではジプニー7ペソで向かいました

2008-p

ダバオ市内の中心でシティホールの前を横切る通りです

商店の前にも屋台が出てごちゃごちゃと歩きづらい通りです

2008-p

チャイナタウンの門です 辺りは工業用品を売る店が多くチャイナタウンの門が無ければ

チャイナタウンとは絶対に解りませんし感じません

2008-p

チャイニーズレストランが唯一中華街と存在をアピールしてました

2008-p

夜は適当にジプニーに乗車し中華街を目指しましたが遠くに降ろされ歩いて

チャイニーズレストランでチャプチャイを食べに行きました 野菜の量に驚きです

2008-p

ダバオの宿です ファミリーロッジ 195ペソ 中庭もあり快適です

宿の前からジプニーにも乗れ 繁華街も近く便利ですよ

2008-p

部屋で地図を眺めてると対岸にサマール島というのが目にとまり

ジプニーとフェリーを乗り継いで行けそうなんで明日は出掛けて見ることにします


お知らせなのですが

blog の更新が、しばらく不定期に成ります 改めて 明日の項にでも






Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。