アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


05<<  2018.06 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フィリピン カビラオ島を離れボホール島へ向かいます
2008年 3月29日


カビラオ島を離れボホール島へ向かいます


恒例の朝のビーチウォークも済ませ

本日、ボホールへ向かう為に宿の女主人に、お隣のサンディガン島へ

渡し舟が出てる昨日、訪れた港へ行きたいのでバイクタクシーの手配を

申し出るとラッキーな事に女主人は今日、ボホール島のルーンまで

用事が出来たので出かけるからバンブーリゾート(私が泊まった宿)の

ビーチからバンカーでサンディガン島~トラックでルーンへと参るので

乗って行けば良いと言ってくれる またまた拾う神のお出ましに感謝する


2008-p


ルーンとはボホールの県庁所在地タグビラランから北へ40分ほどの距離で

私も、その町を通過して市内へ向かう予定だったので実に都合が良い


2008-p

8時50分 女主人のおんぼろバンカーでカビラオ島を離れ

まずは、すぐお隣のサンディガン島へ向かいます

2008-p

島々の位置関係は、ご覧のとおりです

ボートはドロップオフとの境目を航行してるので水中の景色も楽しめました

2008-p

バンカーは燃料代節約のためエコ運転です 通常15分程度で着きそうな

距離ですが30分近くかけて、のんびりです

2008-p

サンディガン島の港です

昨日、歩いて訪れたカビラオ島の港と渡し舟が結んでいます

2008-p


私たちのバンカーは港には横付けされず少し離れた女主人の知人宅へ横付けされ

私たちは洗濯物をくぐり敷地内を歩きます

2008-p

敷地のはなれにガレージが有り ここからは、この軽トラの荷台に乗っかりLOONまで行きます

2008-p

出発してすぐに港に止ってるタグビララン方面行きのバスを確認出来ました

2008-p

サンディガン島とボホール島はマングローブを伐採して道を通した景観でした

何度も小さな川を渡ります 小さな島(土地)が点在するので簡単に橋がかけられ

陸地づたいでボホールへ向う事が可能なんでしょうね

2008-p

こういった島と島を結ぶ橋で代表的なんはマクタン大橋ですね

ここは、ず~っと規模の小さなものです

この先のボホール島とリゾート地アロナビーチがあるパングラオ島も

同じように橋が架かっておりジプニーなどが往来しています

2008-p

マングローブの小道を抜けると島の主要ハイウエィに出てルーンの町です

数日間、島で暮らしたのでパン屋さんや食堂を見るだけで すごく都会に

見えてしまうから不思議です 同時に車のクラックションの不快音も飛び込んで来ました

2008-p

LOONの町です ここまで送ってくれた宿の主人と息子さんです ありがとう御座いました。

2008-p

ここからはジプニーで30~40分でタグビララン市内へ向かいます。

2008-p


タグビラランの宿は数年前にもお世話になったカリスマロッジ300ペソ780円です

ディスカウントを要求すると 二泊すると5パーセントの割引をしてくれます

カリスマロッジ前の宿はロンリープラネットにでも出てるのか白人が多かったですが

CR、シャワーが共同で300ペソと同じなんで今回もここへ決めました





女主人のお陰で11時にボホール市内へ到着


今日も、まだ時間が有る事なんで


チョコレートヒルへプチ観光へと参ることにします





スポンサーサイト

フィリピン カビラオ島 内陸部を探索 歩いて船着場 タリサイへ向かう
2008 3月28日

カビラオ島 内陸部を探索 歩いて船着場 タリサイへ向かう


ダイビングも今回はしないと決めたし ビーチでばっかりゴロゴロもネコじゃあるまいし飽きるし

朝昼晩の食事をリゾートばっかりで食べるのもコストパホーマンスに反するし

今日は歩いて島の暮らし また旅行者でも利用出来るトロトロ食堂は存在するのか?

将来、残りわずかな\を抱きしめ再訪した時にプチロングに滞在・生活出来るのか?

バイクTAXIにも乗らずに歩いて この目で見て来ます


2008-p

ポラリスリゾートからライトハウス(灯台)の方へ歩くと内陸部へ通り抜け出来そうな

小道が2~3 見つかります ほんまに道かいな~って思うほどの小道が見つかります

2008-p

頭上の木からヘビでも落ちて来ないかとハラハラしながら

少し進むと茂みも無くなり空が開け道も明るくなってきます

2008-p

村の人は、いちおうに明るいです 噛み付いたりはしません

2008-p

島の所々に繋がれていますので ちょつかいを掛けたりで歩いていても退屈しません

2008-p

地図では簡単そうですが枝道が数箇所あるので人間がいたら聞くのが無難です

2008-p

途中ジャングルのような光景がずっと続きます

2008-p

場違いのような看板が有りました 何度も言いますが、この島の電気は夕方6時からです

昼間に訪れても開店休業です 電気が来る時間に行って帰りは暗闇で、しかも

今までの道のりを戻ると考えただけで Netなどしにいく気はしません

一応はソーラーパワーらしいですが 閉まってました。

2008-p

この学校の離れにNet屋さんは有ります

子供に珍らしがられていますね 二本足で歩く変わった物体と思われているのでしょうか?

2008-p

地図に書いてるように、サリサリストアーが見つかりましたが

この程度の品揃えでは生活の役にはたちません

使えそうな食料品も見当たりません

下校相手の子供たちがバナナキュウを1個 5ペソで買ってました

これを主食にすればフィリピンでは生きていけます

2008-p

ここも生活に役立ちそうな物資は見当たりません

ウカイウカイ(古着屋)も兼ねてるようです

フィリピンでよく目にする古タイヤをリサイクルした椅子ですね

決まって表面の白いペンキが落ちゴムの素肌が見えてるので美しくありません

2008-p

タリサイの港 船着場の近くに この島 一番のサリサリ 雑貨屋が有りました

リゾートの売店で売られてるものも ここでは安く手に入りました

ポラリスなどで宿泊していたら無縁でしょうが 私は蚊取り線香を購入です

上半身裸の店主が、え~塩梅の味をかもし出しておりました

いろいろインタビューされ小野田さんや横井さん(ふっる~)の気分を味わいました

2008-p唯一の島の交通ですね

カビラオ島の玄関口となっている、ここタリサイからホテルまではバイクTAXI

ここでの移動はハバルハバルと呼ばれるバイクタクシーしか有りません

おおよその値段は、ここからポラリスの宿がある地域まで50ペソらしいです

2008-p

カビラオ島の(Talisay)地区です。対岸がボホールへの中継地点サンディガン島(Mocpoc)です。

対岸まではバンカ-ボ-ト(P15)でたくさんバンカ-ボ-トが係留されていて

かなり頻繁(お客が集まり次第)に行き来しています(約10分程で着きます)

ここの渡しはバイクも乗せれます 次回はタグビラランでバイクをレンタルして

カビラオ島へ二泊三日のツーリングを予定しています。

2008-p

ここでたむろしてるジモピーに聞くところによると

やはり私が来たセブ島のアルガオからのボートは存在するらしいです

アルガオ~タリサイ(土曜)(火曜)PM1時発

タリサイ~アルガオ(土曜)(火曜)AM8時発


私がアルガオに滞在していた日は出てなかったようですね ひと安心!

2008-p

対岸のサンディガンの港にボホール島 タグビラランの市内へ向かうバスが待機しています

1時間程度で市内へ行けて40~45ペソらしいです



さて明日はこのルートで


ボホール島へ向かいます


もちろん、ここまではバイクTAXIで参ります






フィリピン カビラオ島
2008 3月28日

まずはカビラオ島に滞在中、誰しも1度は世話になるポラリスリゾートから探索です

情報によると数年前まではバジェット旅行者も気軽に宿泊できる値段だったそうで

最近はプールなどの施設を増築、高級化をはかったそうです

今回も満室だったように客の要望に答えて高級化は正解だったようですね

現地に溶け込む低層階の建築スタイルは高級化をはかっても綺麗ですね

サバンのような隣国が建てた周りの景色にそぐわない建物からしたら好感を持ちました


ポラリス・リゾートのサイトです。


2008-p

私は安宿派ですが時としてダイビングなどで訪れ短い滞在の時は

プールが有る無しは需要な宿選びの選択分子です

2008-p

私の宿の隣にあるポラリスリゾートダイビング&スノーケリングで来られるなら

ここをお勧めします1400ペソから部屋は選べますよ (要予約)

この島は電気が来るのはPM6時~PM11時30分だけですが

こういったリゾートはジェネレーターを備えてますので24時間、大丈夫ですよ

2008-p

宿泊した宿は違いますが滞在中の食事は、ほとんどポラリスのレストランで頂いたので

スタッフとは顔見知りになり 時おりハンモックを使わせて頂きました

2008-p

食事だけなんで厚かましくプールまでは失敬しませんでしたが

宿泊客でなくても併設のダイビングサービスを利用すれば泳いでも大丈夫らしいです

2008-p

ゴミひとつ落ちていない綺麗に管理された庭は見ていても癒されます

2008-p

ポラリスでランチ後、よく利用したプロックで日陰に海からのシーブリーズと

眠気を誘発したものです ここから海へ階段が有りスノーケルはもっぱら

この場所を利用しました

2008-p

ポラリスに併設したダイビングショップで画像のスタッフに聞くと今は、ハンマーヘッドは

出てないよ の一言でスノーケリングに切り替えましたがスノーケルでじゅうぶん満足の海です

2008-p

庭にある船をかたどったバーですね

2008-p

夕暮れと共にディナー前のアルコールタイムとゲストが集まり出します

2008-p


一応、室内のレストラン テーブルは有りますが庭園の備え付けテーブルの方が落ち着きます

暑季であろうが日本のようにウエットでなく夜風もサラット快適でした



明日は、このリゾート地域をはなれ村へ探索に繰り出します

島の地図を見るとサリサリストアなどが有りそうです


明後日、ボホール島 タグビラランへ向けてボートの出る港それにスケジュールも

下調べも兼ねます  スタッフには、ハバルハバル(バイクTAXI)を利用することを

強く勧められましたが、あえて断り3~4時間は歩くつもりで ゆっくりと島を歩きます





フィリピン カビラオ島で癒される
2008 3月28日

カビラオ島で癒され旅の生気を充電する

旅に出て早いもので2ヶ月を過ぎようとしている

正直、フィリピンをまわっていて地方都市にも出かけたが

ミンダナオ コタバトを含む南部以外は何処へ行ってもよく似た町並みで

少々、疲れと共に飽きてきたのが本音です

フィリピンは旅はしやすいが今まで訪れたインド タイ 中国 ベトナム ミャンマー

カンボジアのように長期でまわっていても それらの国のように、その土地によって

新鮮な出会いに欠けるところも多少なりあるのは本音で、そこはフィリピンが誇る

綺麗なビーチを探索  起伏に富んだフィリピン特有の水中でダイビング

自分なりの将来のためのシュミレーションを今回も実行しています。


2008-p

ビーチの画像はバンブーリゾートすなわちカビラオ島のランドマーク的存在

ポラリスリゾート周辺のビーチです

2008-p

ライトハウス灯台の近くには綺麗な砂州が有りました

寝そべっていたら渡り鳥の飛来地なのか、ようような鳥の鳴き声がしてました

2008-p

綺麗なビーチなんですがフィリピン各地で言えることですが藻が増殖して来てるのが残念です

2008-p

ダイビングのボートです まさしくダイビングの為の島とも言えますね

がつがつ潜るのも良いけど ここではリラツクス

2008-p

この地域には3軒ほどダイビングショップが存在しますが

どこの店も立派なバンカーを使っていました

2008-p

この辺りには宿は4件ほどしかなく 全ての宿の前は、このような景色です

ダイビングサービスのスタッフに今の見れる魚を聞いたのですが

お目当てのハンマーヘッドシャークは水温が高いので出てないようで

滞在中はスノーケリング&読書三昧で休息日と決め生気を養っていました

2008-p

私自身ダイバーの目を通して言えるのは、ここの海はフィリピンの海の中でも

かなりランクの高い透視度です セブ周辺やボラカイ島を含め外から見て綺麗だが

実際に潜ると それほど良くないところが多いフィリピンの中でも格別です

ビーチから30メートルほど沖に行くとドロップオフで深場へ落ち込み

透視度も水面から覗いて30メートルは有りましたサンゴも凄く綺麗でじゅうぶん

スクーバーを付けなくても楽しめました

注) 海況は1日で変る場合も今までのダイビングで多々ありました。

2008-p

島の北西端 ライトハウス (昔使われていた古びた灯台)

この前の海もダイバーに人気のポイントです

水温が低い2月前後は ハンマーヘッドシャークに遭遇できるかも?です

2008-p

ゲストの99パーセントをヨーロピアンがしめてまして残りの1パーセントは

汚い日本人バックパッカーでした(笑

最近のフィリピン各地のリゾートでは珍しいことに

隣国の騒がしい方は、おぷそ めいよ でした それだけでもお値打ちかも

2008-p

なんとも気持ち良さそうですね

ソフトバンクでお馴染み上戸彩のお父さんのP国での妻です (うそ

腰まわりが、まるまるしてますね、どこが腰?って言われちゃうと困りますがフィリピンでは

女性は人間も 犬も歳を取ると身体の線が、ま~るくなって来ちゃうんですかね


将来フィリピン各地でロングスティをして退屈したら ここへ運動がてら潜りに訪れます

そのために明日は島の情報収集に歩いて出かけます



毎日リゾートのレストランでは生活が大変です


果たして食堂かなにかコストパホーマンスに


過ごすすべが有るのか探しに行って来ます





フィリピン カビラオ島で安宿探し
2008 3月27日


カビラオ島で安宿探し


夕方の5時過ぎに無事、上陸 安い宿なんって知らないな~と

不安な お言葉を頂きながら当たって砕けろをキーワードに(笑

探し回ることに 親切にも私のバックパックを一番若い17歳の使用人さんが

担いでくれて一緒に付いて来てくれました こういうところがフィリピの良さですね


2008-p

明日は、ここでのんびりと読書 それも飽きたらスノーケリング三昧だ~

2008-p

カビラオ島です  右下のセブ・ボホールとの位置関係をご覧下さい

2008-p

まずは上陸地点の直ぐ横にある、この島で一番有名?なポラリスリゾートへ

ポラリス・リゾート

2008-p

プールも有るし 私てきには気に入ったけど高そう~

宿泊客でない冷やかしの私にもスタッフは親切そう~

2008-p

一番、安いエアコンの無いTree House でも1500ペソ3900円

この部屋ならもっと高いんでしょう 現在ハイシーズンなのか

私の身なりが貧相なのか全て満室

2008-p

次に向かったところは LA ESTRELLA 朝と晩、食事が付いて2500ペソ6500円

2008-p

数人に、どこか安いところ知りませんか? を聞きまわり

一軒、営業してるかどうかは解らないけど

ポラリスとLA ESTRELLA の間に草木で隠れたような宿を教えて頂き訪ねました

ここでは有りません

2008-p

ここです バンブーリゾート どこがリゾートやねん!って自分で突っ込みをいれました

草木のあいだに立ってるプロックで野宿100ペソ 嘘です蚊の餌食だけはゴメンです

ここに決めました と言うか ここ以外に安い宿は有りませ~ん

2008-p

バンブーリゾート 部屋は、じゅうぶんの広さです 600ペソ 1550円 安いと思うでしょう?

宿の電気が夕方6時から夜の11時30分までしか使えませ~ん 

夜は、あっちの趣味のある方は大喜びのロウソク5本だて~ (暑い

2008-p

夕暮れと同時に島の電気が来て11時30には早々、帰られます

蚊取り線香3本だての窓(一応網戸つき)全開で寝ました

夜中、外から誰かが覗いてるようで怖かったです

2008-p

とうぜん、この宿の周りにトロトロなどの安い食堂は有りません

隣のポラリスで毎晩 食べました 愛用の魚スープ わらです(爆

2008-p

さすがリゾートのレストラン メインの料理の前にホームメードのブレッドが出てきました

海老、イカ、貝、シーフードHOTプレートはたいへん美味でしたが

周りはお洒落なカップルのフレンチが大半の中、ひとり飯は惨めでした(涙

2008-p

だけどディナーも含めポラリスの敷地内 すっごく落ち着けます

最近じゃ隣国のやかましいゲストが急激に増えたフィリピンで有りながら

滞在中、東洋人は私ひとりで 全てヨーロピアンでした

この島 ここに滞在 オススメです 夜のディナー最高にお洒落!!

そろそろ持参の隠し酒(笑  まわって来て え~塩梅






明日はビーチを探索し


木陰で読書&昼ビール 三昧だ~







Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。