アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


01<<  2018.02 >>03
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ボホール島 トゥビゴンからセブ島へ渡る
2011年3月10日

ボホール島からセブ島までの移動にあたり普通のツーリストは
タグビラランの町から近い港までトライシクル 8ペソ 16円でアクセスし

そこからスーパーキャット・ウィツサム・オーシャンジェツトなどの高速艇に
乗って向かうのが便利で時間も掛からないアクセス方法だ

またその逆のセブ島からも同じ事が言えるこれなら2時間程度で
セブ島~ボホール島間を行きき出来る

料金はだいたい500ペソ 1000円くらいだ。別段、これで参って
ヨーロピアンやらマニラからの観光客で浮世たった船内で過ごすのも

悪くはないのだが、ローカルとの触れ合いを味わいたくタグビラランから
2時間程度北上した所にある小さな港町のトゥビゴンまで
ローカルバスで参り、そこからセブ島を目指す事にした。


2011


ダオのバスターミナルから目的の港町トゥビゴンまでは気持ちの良いほどの
オンボロのバスで客層は途中の小さな町の市場へ買い物に行く人やら

山から降りて来た様なネイティブな民やら無賃乗車をとがめられる
浮浪者風など乗り合わせ味のあるエンターティナーで超満員、車外まであふれる始末

そんなローカル達が旅の風情を高めてくれた これだと
トゥビゴンまでのバス代が50ペソ 100円ここからセブ島まではエコノミー席で150ペソ 300円
タグビラランの町からセブ島まではおよそ4時間以上の行程である

ツーリスト嫌いと言うか、ようは アイハブ・イナーフ・タイムなだけだw



スポンサーサイト

ボホール島 観光 ジプニーでアロナビーチへ
2011年3月8日

ボホール島はシキホールからやって来た身には都会だけあって少々騒がしすぎる
車から吐き出される排気ガスや熱気、アスファルトからの猛烈な照り返し
ひしめき合う人々、何をとってもシキホールとは桁違いだ

これは私が基地にしているタグビラランの街だけに言える事なんだろうが
好き好んでボホールまで来て街ん中に滞在するツーリストなど少数派と思う

ではツーリストは、いずこへと言えばタグビラランと橋で繋がっている
パングラオ島のリゾートにリッチにステイだろう


2011


何ゆえ私もいっぱしの勤め人だった頃は金銭感覚などなきに等しく
当然の事ながら一泊数千ペソの宿が立ち並ぶアロナビーチに宿を取り

ダイビングや食事も含め、贅沢のし放題だったが長期旅行者の現在は
そう言う訳にも行かずフィリピン人でひしめき合う
一泊、500円の木賃宿で巣くってる訳だ

私自身ここボホールには数回、訪れてるだけにお馴染みのガイドブックに
紹介されてる観光地は全て行き着くしたと言っても過言ではない

さて何処へ行こうかな
まづはセヴィリアと言う村へインディジョーンズ魔宮の伝説に登場する
吊橋のモデルになったと言われる吊り橋を見に行った

(その模様は帰国後、改めて画像を差し入れます。)


2011


また別の日に向かったのはパングラオ島のアロナビーチへスノーケルを
持参で泳ぎに行った。今も昔もヨーロピアンで賑わうお洒落なビーチで

現在でもリゾート化がどんどん進んでいて、コテージも高級志向になっちゃい
宿泊代もうなぎ登りで私なんぞの貧乏人とは一線を引いており

なんともツーリスティックで、長期旅行者の身である現在では
泊まる事は出来ないのでタイのプーケットと同様に宿泊費の安い

タグビラランタウンを基地にして、アロナビーチへは日帰りで二回ほど
ビーチ通勤となった。もちろんの事、行き帰りのオンボロバスは魚くさい
行商の叔母さんたち以外にツーリストは、わし独りだったのは言うまでもない

でも、こういった車内の空気は大好きで旅をしてるんだな~って
感じてやまないのであったw

(詳細は帰国後に複数の画像と共に差し入れます)

そろそろ、ボホール島を離れてセブ島へ向かいます。





ボホール島 タグビララン 安宿
2011年3月6日

シキホールのラレナ港を定刻の19:00に出航した
ボホール島・タグビララン経由セブ島行きフェリーのアコモは糞民クラスは教会に

設置されてる様なほぼ直立に近い木製の椅子で猫背の人には矯正するには
都合の良さそうだが、わしには拷問に近い

続いて50ペソ100円アップのクラスは寝転んで移動出来るベット仕様だ
もちろん、座席を見た途端、ランクアップしたのは言うまでもない

(画像は帰国後、今までの分も含め差し入れます。)


2011


(宿の前、カルロス・P・ガルシア通り)


船内では名ばかりの日清のカップ麺とサンミゲールを飲んでから
ベットで横になってDVDを見ていたら何時の間にか寝てしまい

船が不規則に揺れ出したと思ったら定刻よりも早い22時前には
タグビラランに着いたこのまま乗っていれば翌朝の4時にはセブ島に着く

下船後、港がやけに暗いと思っていたら数時間前から原因不明の停電らしく
今だ復旧しておらず真っ暗なまま宿探しとなる

今までタグビラランでの宿は市内の便利な所に位置する
バックパッカー御用達のカリスマロッジと言う名の安宿なのだが
今回は違うところにと思って散々探して別の宿に到着したものの

停電で真っ暗で入り口も解らない、それに呼んでもスタッフも
出てこないわで仕方なしに定宿のカリスマロッジに向かう


2011


(都会だけにストリートチルドレンの姿も)


せっかく今回は違う宿と思ってただけに落胆していたが幸か不幸か
カリスマロッジは安宿ながらジェネレーターを備えており
部屋の灯りはもちろん扇風機まで使えたので結果的には
定宿で良かった訳だ

ファンルーム ・コモントイレ・シャワー 250ペソ 500円
エアコンルーム ・ 室内トイレ・シャワー 500ペソ 1000円

既に時間も遅いので宿の近くのマクドナルドで夕食とした
島では暫く、野菜も含めこの手の酸味が欠乏していたのか
あまり好きではないピクルスがやけに美味く感じたのが不思議だ





フィリピン ボホール島から橋を渡りパングラオ島へ
2008 3月31日 


ボホール島から橋を渡りパングラオ島へ数年ぶりに訪れる


私自身がフィリピンに本格的に填まったのは何を隠そう ここパングラオ島 アロナビーチ地区です

それと同時にフィリピンに少し嫌気がさして 他のアジアへ浮気をする原因を作ったのも

アロナビーチ地区です。 皆さんたぶん、こいつ何を言っとるねん?って思われるでしょ?


少しふれますと陸が好きになったり嫌いになったりではなく (もちろんローカルの女性)でも

ありません(笑 水中のことなんですが 関西での大きな震災前くらいから ここへ通うようになり

滞在日数は今みたいに長くは有りませんが よく避寒に訪れ毎日、潜っていました

パングラオ島の沖には世界的にも有名なダイビングスポット、バリガサグ島があり

水中では目を見張るべき数の魚影に酔いしれたものでした。


2008-p

そうです離れていった理由は 海の中の生態系です

それが10年くらい前から漁師の乱獲かダイナマイトフィシュ?の影響なのか、めっきり魚が減り

なが~い こと ご無沙汰しておりました


そんなわけで今回は長期滞在の予算の関係でパングラオ島

アロナビーチ界隈には滞在せず ダイビングもしませんでしたが ぶらっと出かけてみました。

2008-p

宿泊しているフロントの姉さんにパングラオ島 アロナ地区へ行きたいので

ジプニー乗り場を聞くと宿から近い教会の辺りと教えられるが待てど暮らせど

その方面行きのジプニーは やって来ません

仕方なし通りを歩いてる人に聞きまくるとミュージアムの近くから出てるとの事で

朝から太陽がふりそそぐ市内をミュージアム目がけて歩くと遠慮がちにターシャを

見に行った時と同様のオンボロバスが鎮座しとりました。

2008-p

車内はママゴトのような椅子が並んでいます 皆さん行儀は良いです(笑

2008-p

ボホール島とパングラオ島は陸橋ではなくコンクリートの埋め立てで繋がってました

当時はリッチな旅をしてましたので空港からはTAXIでホテルだったのを思い出します

市内から30~40分近く乗りボホールダイバーズロッジのある辺りで下車20ペソ

2008-p

当時は、この前の海でもよく潜りましたリーフエッジまでの海中が非常に明るい

コーラルスポットになっておりそこから水深25mまで落ちこむドロップオフの

迫力はセブ・ボホールの本来の魅力が堪能できる海でしたね

2008-p

懐かしいな~ 当時利用したダイビングショップ シークエストですね

以前は辺りは砂浜と椰子の木だけでした。

バリカサグ島から帰って来たら店の横のバーベQ屋さんから煙があがり

早々にシャワーを浴びたゲストは ここに陣取り水中談義で酔いしれたものでした

残念ながら現在はバーベQ屋は閉鎖していました。

2008-p

椅子やテーブルがビーチを占領し砂浜が当時と比べ狭くなってます

泳ぎ疲れたら飲み物や食べ物と痒いところに手が届くサービスにはなったようですが

ミニボラカイまでは成らないで欲しいですね

2008-p

パングラオ島には安いアコモデーションから高いアコモデーション迄たくさんありましたが

現在は、どうなんでしょうかね? 綺麗にリニュアルされていて気づきませんでしたが

ここは当時よく利用したアロナ・キュー・ホワイト・ビーチホテルです

当時は宿泊料金も手ごろでダイビング目的で宿泊する人にはもってこいのアコモデーションでした

2008-p

アロナ・キュー・ホワイト・ビーチホテル

右側の二階建ての建物は当時ニッパ椰子で1泊 500~600ペソだったはずです

2008-p

アロナ・パーム・ビーチ・リゾート

ここは宿泊客を少なくしゆったりとくつろげ高級リゾート

宿泊料金も、この界隈では高めに設定されていますがそれなりのクォリティーがありそうです

2008-p

プールの水質も管理も良く このホテルのクオリティが伺えます

2008-p

変ってしまったアロナビーチで目の保養をさせて頂き 市内へ戻ってきました

そうそうアロナからの帰りのジプニーは4時頃には無くなるようなんで ご注意を

それと 帰りのジプニーを待つのは普通は降りた道路の反対側と思うのが通常ですが

この島のジプニーは島をループしてるようなので降りたところと同じ側で待っていて下さい

反対方向へ行くようで勘違いしますがループしてタグビラランの市内へと参ってくれます

2008-p

昼間はリゾートで多くの洒落たレストランでウエスタンフードを見たので

今夜はと思いつつ ひとり旅の親父は 今宵も屋台で、いっぱいしていました(笑

2008-p

宿から ほど近い入り組んだところに数軒バーベQ屋台村が有り

ここでサービスに出される鶏がらのスープが絶妙で舌を火傷しながらも3杯も、おかわりしました

2008-p


画像は有りませんが、他に大通りにある飲茶レストラン

○○の歩き方にも載ってますが超オススメです  

飲茶も香港スタイルでワゴンで運ばれて来ますしローミーというスープの

美味さには涙がでましたエアコンも効いてますし 何よりも驚く安さです




ボホールも今夜が最後


明日はオーシャンJETで


ネグロス島 ドマゲッティへ向かいます





セブ島 ボホール島を結ぶマイナーな港 トゥビゴン
2008 3月31日 

セブ島 ボホール島を結ぶマイナーな港 トゥビゴン

自称バスオタクの私は朝からローカルバスでボホール島の東海岸の街

トゥビゴンへ参りました 旅に出て徒歩の次に安く観光出来るのはバス旅と信じています

それに適当に時間も潰せるし なによりマイナーな路線バスは小さな町や村から乗ってくる

乗客のローカル色が強く観光ルートとは また違った一面を垣間見れるので面白いですね


2008-p

この島 ボホールも ご多分にもれず大小さまざまなバスが島を網羅しています

2008-p

バスターミナルへ行けば誰でも簡単にバスで島めぐり出来ちゃいます

知らない街へ出かけ時には迷子になっちゃうのも旅の醍醐味です!

2008-p

トゥビゴンへ向かう小型のローカルバスです

地元の兄ちゃんが、たむろしてると思いきや 皆さん持ち場の指定の発車時刻には

自分のバスの定位置に付かれました 車掌の兄いちゃんだったんですね

2008-p

見かけたような町と思えば 私がカビラオ島から

ご好意で乗っけて頂いて降りたルーンの町でね

2008-p

途中 カラペの町で乗客の総入れ替えが有りました乗り降りは買い物客がほとんどでした

2008-p

トゥビゴンの町へバスが入って行きましたがバスターミナルでもない

ただ広いだけのパブリックマーケットの前にバスが止り乗客が降りたので到着と知りました

2008-p

バスが停車したところから港へは少し距離があるようで

トライシクルの利用が一般的なようです

2008-p

バスかジプニーか、それともトライシクルに属するのか 変な乗り物が客待ちしてます

2008-p

この港はセブ島へ渡る地元民が利用する港で観光客の利用は,ほとんど この港ではなく

タグビラランを利用が主ですが 時たま間違ってセブからこの港へ舞い降りる方もいます

ローカルの船は安いですね

2008-p

トゥビゴンとセブ間を結んでるローリ・シッピング

2008-p

ローリ・シッピングの後ろ姿です 観光客らしい外国人は見かけませんでした。

2008-p

こちらはフェリータイプの同じくセブ島行きです 本数は少ないです

2008-p

ちょーど別の船会社が同じくセブ島へ向けて出航しました

セブ以外へも航路は有りますが全ていったんセブを系由します

タグビラランの港から出るウィサムのシキホール便などと同じ扱いですね




次回は1994年当時、私がフィリピンの海に填まって


通い続けたと言っても過言ではない


ボホール島と橋で結ばれてるパングラオ島へ8年ぶりの訪問です


開発されたよって聞いてるだけに内心、ドキドキです。







Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。