アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ボホール島 トゥビゴンからセブ島へ渡る
2011年3月10日

ボホール島からセブ島までの移動にあたり普通のツーリストは
タグビラランの町から近い港までトライシクル 8ペソ 16円でアクセスし

そこからスーパーキャット・ウィツサム・オーシャンジェツトなどの高速艇に
乗って向かうのが便利で時間も掛からないアクセス方法だ

またその逆のセブ島からも同じ事が言えるこれなら2時間程度で
セブ島~ボホール島間を行きき出来る

料金はだいたい500ペソ 1000円くらいだ。別段、これで参って
ヨーロピアンやらマニラからの観光客で浮世たった船内で過ごすのも

悪くはないのだが、ローカルとの触れ合いを味わいたくタグビラランから
2時間程度北上した所にある小さな港町のトゥビゴンまで
ローカルバスで参り、そこからセブ島を目指す事にした。


2011


ダオのバスターミナルから目的の港町トゥビゴンまでは気持ちの良いほどの
オンボロのバスで客層は途中の小さな町の市場へ買い物に行く人やら

山から降りて来た様なネイティブな民やら無賃乗車をとがめられる
浮浪者風など乗り合わせ味のあるエンターティナーで超満員、車外まであふれる始末

そんなローカル達が旅の風情を高めてくれた これだと
トゥビゴンまでのバス代が50ペソ 100円ここからセブ島まではエコノミー席で150ペソ 300円
タグビラランの町からセブ島まではおよそ4時間以上の行程である

ツーリスト嫌いと言うか、ようは アイハブ・イナーフ・タイムなだけだw



スポンサーサイト

ボホール島 観光 ジプニーでアロナビーチへ
2011年3月8日

ボホール島はシキホールからやって来た身には都会だけあって少々騒がしすぎる
車から吐き出される排気ガスや熱気、アスファルトからの猛烈な照り返し
ひしめき合う人々、何をとってもシキホールとは桁違いだ

これは私が基地にしているタグビラランの街だけに言える事なんだろうが
好き好んでボホールまで来て街ん中に滞在するツーリストなど少数派と思う

ではツーリストは、いずこへと言えばタグビラランと橋で繋がっている
パングラオ島のリゾートにリッチにステイだろう


2011


何ゆえ私もいっぱしの勤め人だった頃は金銭感覚などなきに等しく
当然の事ながら一泊数千ペソの宿が立ち並ぶアロナビーチに宿を取り

ダイビングや食事も含め、贅沢のし放題だったが長期旅行者の現在は
そう言う訳にも行かずフィリピン人でひしめき合う
一泊、500円の木賃宿で巣くってる訳だ

私自身ここボホールには数回、訪れてるだけにお馴染みのガイドブックに
紹介されてる観光地は全て行き着くしたと言っても過言ではない

さて何処へ行こうかな
まづはセヴィリアと言う村へインディジョーンズ魔宮の伝説に登場する
吊橋のモデルになったと言われる吊り橋を見に行った

(その模様は帰国後、改めて画像を差し入れます。)


2011


また別の日に向かったのはパングラオ島のアロナビーチへスノーケルを
持参で泳ぎに行った。今も昔もヨーロピアンで賑わうお洒落なビーチで

現在でもリゾート化がどんどん進んでいて、コテージも高級志向になっちゃい
宿泊代もうなぎ登りで私なんぞの貧乏人とは一線を引いており

なんともツーリスティックで、長期旅行者の身である現在では
泊まる事は出来ないのでタイのプーケットと同様に宿泊費の安い

タグビラランタウンを基地にして、アロナビーチへは日帰りで二回ほど
ビーチ通勤となった。もちろんの事、行き帰りのオンボロバスは魚くさい
行商の叔母さんたち以外にツーリストは、わし独りだったのは言うまでもない

でも、こういった車内の空気は大好きで旅をしてるんだな~って
感じてやまないのであったw

(詳細は帰国後に複数の画像と共に差し入れます)

そろそろ、ボホール島を離れてセブ島へ向かいます。






Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。