アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


05<<  2018.06 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008 ~9フィリピン・インドシナ・遠征

5J_20101023220328.jpg


Q あの~ わたし空港から自宅まで1時間程度の距離なんですが
  ホテルは宛がわれるのでしょうか? それとも自宅待機ですか?

A 大丈夫で御座います どうぞお使い下さい

Q 往復無料航空券の期限は?

A 御座いません お電話での予約を受けたまわらせて頂きます。

Q それ以外に他の航空会社同様、こころづけは出るのですか?

A そんな事を致しますと当社は破綻いたします


2008 ~09 インドシナ半島・渡り鳥生活・海外遠征



旅先での移動・進行順にリンクを増やして行きます

下記のリンクからお進み下さい。


1) 2008年10月13日 セントレア空港からグアム系由マニラへ

2) 2008年10月13日 マニラ空港からジプニーでキアポ地区へ

3) 2008年10月14日 マニラ 下町ぶら撮り

4) 2008年10月14日 ルソン島 北部へのオートバス AUTO BUS

5) 2008年10月15日 フィリピン バナウェ ライステラス-1

6) 2008年10月16日 フィリピン バナウェ ライステラス-2

7) 2008年10月17日 フィリピン バナウェ ライステラス-3

8) 2008年10月17日 フィリピン バナウェ ライステラス-4

9) 2008年10月18日 フィリピン マウンテンプロビンス

10) 2008年10月18日 フィリピン ポンドック マリコン村 ライステラス

11) 2008年10月19日 フィリピン マウンテンプロビンス州 ポンドック

12) 2008年10月19日 フィリピン マウンテンプロビンス州 サガタ-1

13) 2008年10月20日 フィリピン マウンテンプロビンス州 サガタ 滝

ここをクリックすれば、記事を飛ばしてしまったバギオとビガンHotelの記事に飛びます!

14) 2008年10月21日 フィリピン ビガン 歴史地区 世界遺産 1

15) 2008年10月22日 フィリピン ビガン 歴史地区 世界遺産 2

16) 2008年10月24日 フィリピン マニラからマカオへセブパシフィックで GO

17) 2008年10月25日 マカオの初夜は 和平大旅店 売春旅社だった

18) 2008年10月25日 25年ぶりのマカオ観光

19) 2008年10月26日 マカオから国境を越え珠海 広州へ

20) 2008年10月27日 広州駅から桂林へ硬臥(2等寝台 3段開放寝台)で向かってます。

21) 2008年10月28日 中国 桂林 陽朔 1

22) 2008年10月28日 中国 桂林 陽朔 2

23) 2008年10月28日 中国 桂林 興坪

24) 2008年10月28日 中国 桂林 世間に逆らい漓江上り

25) 2008年10月29日 中国 ヤオ族が住む龍脊の棚田

26) 2008年10月29日 中国 三江 程陽風雨橋 1

27) 2008年10月30日 中国 三江 程陽風雨橋 2

28) 2008年10月31日 桂林から硬臥寝台で昆明へ移動

29) 2008年10月31日 中国 雲南省 建水 1

30) 2008年11月1日 中国 雲南省 建水 2

31) 2008年11月2日 中国 雲南省 建水 3

32) 2008年11月2日 中国 雲南省 元陽 1

33) 2008年11月3日 中国 雲南省 元陽 2

34) 2008年11月3日 中国 雲南省 元陽 3

35) 2008年11月4日 中国 元陽から寝台バスで西双版納(シーサンパンナ)

36) 2008年11月6日 中国 シーサンパンナ 景洪

37) 2008年11月6日 中国 雲南省 西双版納 ガンランパ 1

38) 2008年11月6日 中国 雲南省 西双版納 ガンランパ 2

39) 2008年11月6日 中国 雲南省 西双版納 ガンランパ 3

40) 2008年11月7日 中国 ラオス国境の街 モンラー 売春街

41) 2008年11月8日 中国・国境の街、モンラーからラオスへ

42) 2008年11月7日 中国国境を抜けラオス・ムアンシンへ 1

43) 2008年11月9日 ラオス 北部 ムアンシン 2

44) 2008年11月9日 ラオス 北部 ムアンシン 3

45) 2008年11月9日 ラオス 北部 ムアンシン 4

46) 2008年11月10日 ラオス・ムアンシンから、ウドムサイへ移動

47) 2008年11月11日 ラオス・ノンキャウ、メコン河下りの要所-1

48) 2008年11月11日 ラオス・ノンキャウ、メコン河下りの要所-2

49) 2008年11月12日 ウー河・メコン河をボートでルアンパバーンへ船旅

50) 2008年11月12日 ラオス・ルアンパバーン 1

51) 2008年11月13日 ラオス ルアンパバーン 2

52) 2008年11月14日 ラオス ルアンパバーン 3

53) 2008年11月14日 ラオス・ルアンパバーンからポンサワーンへ

54) 2008年11月14日 ラオス ジャール平原

55) 2008年11月14日 ラオス側、ティンティオからベトナム側、ボーダー、ナムカンを抜けベトナム・ビンへ

56) 2008年11月17日 ベトナム ビンから国道1号線を南下フエの町へ

57) 2008年11月18日 ベトナム中部 古都 フエ

58) 2008年11月19日 ベトナム中部 ホイアン 洪水 1

59) 2008年11月20日 ベトナム 中部・ホイアン 洪水 2

60) 2008年11月21日 ベトナム 中部・ホイアン 洪水 3

61) 2008年11月22日 ベトナム ホイアン ~ ニャチャンへ

62) 2008年11月24日 ベトナム サイゴン (ホーチミン) (チョロン地区)

63) 2008年11月25日 カンボジア プノンペン

64) 2008年11月26日 カンボジア シアヌークビル 宿さがし編

65) 2008年11月28日 カンボジア シアヌークビル ビーチライフ

66) 2008年11月29日 カンボジア シアヌークビル ストリートチルドレン

67) 2008年11月30日 カンボジア シアヌークビル レンタルバイク

68) 2008年12月1日 カンボジア国境 コッコン、トラート経由でバンコクへ移動

69) 2008年12月2日 まさかの バンコク・スワンナプーム空港が閉鎖

70) 2008年12月6日 フィリピンの離島 ブスアンガ島 コロンに日本食堂が開店の巻き

71) 2008年12月中旬 フィリピン ブスアンガ島 コロンに jet-Ski がやって来た

72) 2008年12月中旬 フィリピン ブスアンガ島の仮装 トライシクル

73) 2008年12月20日 フィリピン ブスアンガ島 コロンの奇人変人ゲストハウス

74) 2008年12月下旬 フィリピン ブスアンガ島 コロン MAJIKA マジカ リゾート

75) 2008年12月26日 フィリピン ブスアンガ島に日本人ゲストシリーズ-1

76) 2009年1月17日 ブスアンガ島 コロン奮闘記 ゲストシリーズ-2

77) 2009年2月初旬 ブスアンガ島 コロン奮闘記 お店のスタッフ

78) 2009年2月25日 ブスアンガ島 コロン奮闘記 ゲストシリーズ-3

79) 2009年3月3日 ブスアンガ島 コロン奮闘記 ゲストシリーズ-4

80) 2009年3月 ブスアンガ島 コロン奮闘記 ゲストシリーズ-5

81) 2009年3月 ブスアンガ島 コロン奮闘記 ゲストシリーズ 家族編

82) 2009年3月25日 フィリピン ブスアンガ島 コロン 奮闘記 完結編


日付けは前後しますコロンでの手伝いを休すませてもらいパラワン・エルニドへ詣でます


83) 2009年2月9日 フィリピン ブスアンガ島からパラワン・エルニド村へ

84) 2009年2月10日 フィリピン パラワン エルニド村 安宿

85) 2008年2月12日 フィリピン パラワン エルニド ラグーン

86) 2009年2月15日 フィリピン パラワン プエルトプリンセッサ ホンダベイ

87) 2009年2月16日 フィリピン プエルト・プリンセサ地底川国立公園

88) 2009年3月28日 フィリピン ルソン島 バタンガス アニラオ 安宿検証

89) 2009年3月30日 フィリピン ルソン島 バタンガス州・アニラオ 安宿さがし

90) 2009年4月1日 マニラから格安航空で再びマカオへ

91) 2009年4月2日 中国 珠海 再び

92) 2008年4月3日 中国・珠海から梅州へ 1

93) 2009年4月4日 中国 梅州 2

94) 2009年4月5日 中国 福建省 下洋

95) 2008年4月6日 福建省 初渓村円楼 土楼郡 1

96) 2008年10月13日 福建省 初渓土楼群 2

97) 2009年4月7日 福建省の旅 初溪土楼群から中川古村落へ

98) 2009年4月7日 福建省の旅 中川古村落 続き

99) 2009年4月7日 福建省 下洋 土楼郡

100) 2009年4月7日 福建省 下洋 土楼郡 続き

101) 2009年4月8日 福建省 下洋からバスで廈門市 アモイへ

102) 2009年4月8日 中国 福建省 廈門市(アモイ)

103) 2009年4月9日 厦門 コロンス島 (鼓浪嶼)

104) 2009年4月10日 フェリーで中国アモイから台湾金門へ 1

105) 2009年4月10日 フェリーで中国アモイから台湾金門へ 2

106) 2009年4月10日 台湾領 金門島-3

107) 2009年4月11日 台湾領 金門島-4

108) 2009年4月12日 金門島から台湾本土の高雄へ

109) 2009年4月13日 台湾 高雄から列車で台北へ

110) 2009年4月15日 台北滞在 九份 瑞芳站周辺

111) 2009年4月16日 旅の終結 台湾から日本へ














スポンサーサイト

終結 台湾から日本へ

2009年 4月16日

日本まで戻るに対し帰りの飛行機のチケットを買わねばならない

当初、今回の旅の締めくくりは以前、大阪に住んでいた

ダイバー仲間のひとりが現在は沖縄に移住しているので寄り道がてら

台北郊外の基隆港から石垣港~沖縄県の那覇港へフェリーで渡る予定であったが

フェリーを運営している有村産業の破産により現在は運休中だと知り

確かめるのも兼ねて旅行社が数軒、しのぎを削っていると言う台北站構内へ向かった

2009-10a

途中、大き目の道路を渡らねばならないのだが

おびただしい通勤バイクの数に度肝を抜かれた

赤信号、みんなで渡れば怖くないではないが、ちょつとした通勤戦争だね




以前に投稿したYouTube から


2009-10a

以前も訪れた下町の情緒を残す華西街

2009-10a

華西街は屋台からアーケード付の商店街、怪しいお姐さんが手招きするエリアと

なんでもござれのゴチャマゼ世界が、ここにはある

2009-10a

いよいよ帰国である

台北 桃園空港へは台北站近くにある国光バスで40分

2009-10a

台北站構内のライオントラベルでの価格

1台湾ドル(元)3円

台北→大阪  (JAL) 8400元

台北→名古屋 (JAL) 7900元

台北→沖縄  (チャイナ) 10611元

競合の少ない(便数の少ない)沖縄までは距離的には近いはずなんだが割高である

更に沖縄から大阪までのチケットを購入するとなると

閑散期に大阪~沖縄のチケットを手配する方が安くなる計算である

そう言った訳で今回は沖縄寄り道を断念し大阪までJALで飛んだ





台北滞在 九份 瑞芳站周辺

2009年 4月15日

台北に滞在中、べつだん何処を観光したいとかの思いいれは特になく

それは台北に限らず、いつもそうなんだが人が多く集まる観光地より

地元民が普通に生活している路地やら市場の方が格段に面白いと思っているからだ

2009-10a

テレビも何も無い安宿の部屋で、ただただボーっと天井を眺めてる時に

ふと、そう言えば80年代だったか90年代だったかに見たアジア映画で

「悲情城市」のロケに使われた九份(きゅうふん)と呼ばれる山あいの街を

思い出し、訪ねることにした。今回は観光地を例外に見て歩いた。

2009-10a

さっそく次の日の朝早くからまずは(MRT) 地下鉄の忠孝復興駅前へ出向き

太平洋そごうデパート前の停留所から乗れる基隆客運の「金瓜石」行きバスに乗り

「九份老街」で下車した。片道87元

2009-10a

バスは郊外の観光地へ向かうのだが市内を走り回る通勤バスと同形式の旧型バス

クッションは悪く時おり予想外に飛び跳ねると言うオプション付・・・

市内・忠孝復興駅前を8:30に出発したバスは九份老街に9:45に到着した。

2009-10a

バス停から坂の上に向かって続いている石段の道

沿道に映画「悲情城市」のロケに使われた酒家があり

石段に沿ってレトロ調の建物、みやげ物店や食堂が続いていた

2009-10a


2009-10a

町並みを歩いていて何時も思うのだが、このような街は晴れた昼間より

雨の日や日が落ちて町に灯がともった頃に来るものだと思う

多数の赤い提灯が沿道の店を照らす雰囲気は格別だろう

2009-10a

街の中には土産物屋だらけ 荷物になるのが嫌で、ある時を境に旅に出てもいっさい

置物類などの土産は買わなくなった。

2009-10a

帰りは真っ直ぐに市内へ戻るのもなんなんで行きのバスの車窓から見えた

なんとなく気になった瑞芳站で途中下車して街探索をした。

2009-10a

瑞芳站周辺地図

2009-10a

大きな街ではないが昔の大阪の商店街のような名残が残っている

市場の中に屋台のような食堂があるので食事は、そこがオススメだ

2009-10a

瑞芳の路地で見かけた怪しげな旅社 

2009-10a

まだ時間も早かったので瑞芳駅前から基隆客運のバスに乗り約1時間

基隆の街へ向かったのだが途中に超ミニスカートのスレンダーの美女が

ガラス越しに座っていたので間髪入れず、車窓越しからカメラに収めたショットですw

よーく見れば美女が座ってる窓越しに基隆行きのバスの車体が写ってますねw




台湾高雄から列車で台北へ

2009年 4月13日

高雄では1泊だけして鉄道で台北へ向かう

泊まった宿は高雄駅の近くで鉄道以外にもバス網が発達しており

各バス会社が台湾各地に路線を持ち各社しのぎを削っている

2009-10a

航空機のファーストクラス並みの座席を完備したバスもあるようで

目的地へ向け発車して行くバスはどれも、繁盛していた。

高雄站 構内

2009-10a

実際、鉄道で台北へ向かうより高速道が完全整備されたバスの方が

運賃が安くその上に所要時間もバスの方が早い

その結果、私が乗った車両は、ご覧のようにガラ空きであった。

2009-10a

高雄の站には8:58分に列車が到着しチケットに書かれてある

1号車は、一番後ろの車両で客の姿は発車まで見られなかった

2009-10a

ガラ空きの車内は、駅弁はもとより菓子類の車内販売もなく

台北までの間、空腹で過ごした。

2009-10a

台北站のツーリストインフォメーションで紹介してもらった

HAPPY FANILY ホステルを紹介してもらう

站から差ほど離れていないのだがホステルの屋号など見当たらないため

周辺を探し回るはめになる。

2009-10a

HAPPY FANILY ホステルのゲストくつろぎルーム

2009-10a

日本語環境のある無料パソコンが置かれていた

2009-10a

単房 500元 ドミトリ300元 




金門島から台湾本土 高雄へ

2009年 4月12日

金門島に滞在中、金門島から台湾本島南部の主要都市である高雄に向けて
フェリーが就航しているとの情報を得たが島の人に聞いてみても今ひとつ
はっきりした情報が得られなかった。

どうやら不定期の貨物船を兼ねたフェリーのようだ
ちなみに金門島から高雄までの所要時間は約9時間らしい

いつ出るか解らない船を待つ時間も持ち合わせていないので
台北や高雄などの都市へ移動したい人向けの王道でもある空の便
復興航空・立榮航空・華信航空のどれかで高雄へ向かうことにした。

2009-10a

幸いにも泊まってる大成飯店のオーナーの娘が英語を話せたので

もっとも安い航空会社のチケットの依頼を任せ、ほどなくことを得た

2009-10a

空港へは金城のバスターミナル(昨日のツアーバスの出発点)から出ており

聞くところによると前日利用した1Dayツアーの半券に空港までの無料送迎が

含まれてるらしくポケットに捨てずに残っていた半券を提示し空港まで向かった

復興航空のカウンターで予約コードを言って1852元を支払いチェックイン

2009-10a

高雄までの乗客は台湾本土からのゲストがほとんどのようだ

2009-10a

金門島 10時25発

2009-10a

高雄着 11時10分

金門島と比べ高雄は亜熱帯なのか、しっかり蒸し暑かった

2009-10a

高雄に到着後、市内までの移動をどうしたものかと考えていたら

日本語を勉強中の空港案内所に勤務している小姐が丁寧に教えてくれ

地下鉄に乗って安宿の多い高雄火車站(鉄道駅)へ向かう

2009-10a

高雄はインドネシアからの出稼ぎが多いのか

安宿街の周辺には多くのインドネシア人がたむろしていた

右も左もインドネシア人が集まる地域に今回利用した高源旅社がある

2009-10a

高源旅社400元 ファンルーム

今更、珍しいことではないがここの女老板も日本語を少し喋るようで

私に向かって唐突に『お兄ちゃん おじょうちゃんと寝る』と聞いて来たのが笑えた





Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。