アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


05<<  2008.06 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フィリピン ミンダナオ島 南部 PAGADIAN
2008 3月14日


ミンダナオ島 南部 PAGADIAN


2008-p



バス移動を示した地図はクリックすると拡大します!


サンボアンガから7時間以上のバス移動でPAGADIANバスターミナルに到着

サンボアンガに続きこの街でも以前アブサヤフによる爆弾騒ぎがあり気をつけねば

街はターミナルから少し離れていてジプニーで6ペソ10分の距離にある

バスターミナルの見学をしていたら街へ行くジプニーが出てしまい次のジプニーは

お約束どうりに乗客が満員に成らないと発車しないので とんだ時間をとられました




2008-p

街の中心は海からは高台にあり見通しの効く大通りから海が望める

2008-p

この街でもひつこく再度、コタバトまでのフェリーがないか港へ偵察に行く

2008-p

あくまでも陸地移動を避けたい意思は解ってもらえると思うが気分的にはサンボアンガから

ここPAGADIANまでのバス移動が、なんとものんびり平和な状況だっただけに

もはやコタバトまでバス移動でもいいやって気持ちにはなっています。

2008-p

港付近に市場が有りアジア独特の混沌が味わえます

ここのトライの客席の傾斜具合が笑えるでしょ?

客が乗車しても斜め上を向いてます

2008-p

市場は日用品から果物ありとあらゆる物が売られており見てても飽きませんね

2008-p

市場の片隅に椰子酒(トゥバ)を飲ませる屋台があります

私はこの酒が苦手で飲みませんが皆さんアルコール分が低い割りに目が据わってるでしょ?

何することもないので長時間、延々と飲んでらっしゃるようでした

2008-p

別段、離れ小島へ行くのではなく近くの陸伝いの村への渡しのようです

市場へ買い物に来られた人が利用されるようです

2008-p

港の奥は怪しげな雰囲気がかもし出されてます

なにか有りそうな雰囲気が漂ってます

2008-p

人影もまばらで少しドキドキしだした頃にやはり有りました

2008-p

売春目的のカラオケ屋さん ビデ置屋ですね コリア~ ってお決まりの言葉をかけられます

昼間から誘いの声が掛かります 怪しい シュールな空気がレッドゾーンに達します

2008-p

ここでの宿です 町の中心に位置しローカルな客で賑わってました

レセプションは2階に有ります けっこう広いですね

2008-p

ファン&水シャワー300ペソ シーツも清潔で乗り継ぎのための一夜だけの宿なんで じゅうぶんです



スポンサーサイト

ミンダナオ島 南部をコタバト市に向けバス移動しています。

2008 3月13日


ミンダナオ島 南部をコタバト市に向けバス移動しています。


下記は旅先での ↓ 当時の出来事・お知らせですね。 懐かしいです!


持参の小型パソコンが温度&ハードな移動が原因なのか寝むったまま起きて来ません

現在の対策としまして文章はローマジを日本語変換させる無料Webで時間は掛かりますが

今は更新していますがこちらからアクセス出来ない時が多いです

画像縮小はnetcafeで使用出来る環境のみ使ってます

FC-2ブログの縮小を使いましたが画像が、いちじるしく劣化しますので

使用しません このような状況なので更新が出来ない場合も考えれれます!!

@返信は出来ませんがコメントは読ませて頂いてます。ありがとう御座います。



2008-p


現在の移動場所を示した地図です クリックすると大きく成ります

マニラのナショナル・ブックストアーで購入したミンダナオの地図を見ると

サンボアンガからコタバトまで航路フェリーが存在するような印が記載されているので

陸地のバス移動は危険と聞かされていたので早速に歩いて街ぶらしながら

2008-p

サンボアンガの水産市場に近い港へスケジュールを調べに行くと週1便は出てるのが解ったが

次の便まで5日間も先であるそこまで待つ事は出来ないので陸地バス移動に成っちゃいました 

2008-p

サンボアンガ市内から昨日訪れたタルクサンガイの方角へ行くとGAIWANバスターミナルが有りました

2008-p

バスターミナルでコタバトまでの移動時間を聞くと8時間 いや10時間と毎度のごとく

人によって答えが異なる 地図を見るがどちらにせよこの距離だとコタバトへ着くのは

日が暮れてからに成るかもしれないので

(PAGADIANまで228キロも先ですね  7時45分 PITARI着 朝食&トイレ休憩 )

2008-p

ひとつ手前のPAGADIAN行きのバスに乗車して到着が予定より早やそうなら

PAGADIANでコタバト行きに乗り継げば良いと

6時20分のPAGADIAN行きの326ペソ870円のバスに乗車する事にする

2008-p

9時25分 IPIL着 街ですね ジョルビーなどは一応、有ります

止まる時に売りに来る落花生を蒸したウエットな豆が大好きでよく買います

2008-p

少し大きな町に到着すると物売りをはじめ物乞いやら いろいろな人が現れます

2008-p

子供と手をとり乗ってくる盲目の物乞いやハーモニカを演奏する人やら いろいろなタイプが有りました

ここでは勝手に乗客の靴をボロ雑巾で拭く新手の物乞いさんが乗って来ました

2008-p

11時10分 IMELDA着 昼食のため止まりました

座席に座ってるだけですが振動によるのか空腹です

2008-p

乗務員をはじめ乗客など ぞろぞろ集まって来ますバス休憩の食堂は総体に美味しいです

2008-p

ここでは ご飯をコップで盛らず皿を使って大盛りで給仕していきます

2008-p

道中は村ごとにモスクが存在します ここでは教会より多いです

市内を出て山間部を含め数多くPNP(フィリピンナショナルポリス)の

検問に加え私営の検問所のようなところも幾度か通過しながらバスはコタバトへ向かいます

2008-p

いくたびか大きな町 小さな村で乗客が入れ替わり始発から乗車した顔ぶれが

どんどんいなくなり そろそろ目的地に近づいています

2008-p

1時40分 PAGADIAN 終点・到着やはりここまでで7時間20分掛かった事に成る

この先の行程&距離を見るとコタバトに到着するのは夕方か夜になる

暗くなってからでは街の様子も解らず撮影も出来ない

って事で今日はここまで~ PAGADIANの街に1泊する事にしました。



関連記事

ミンダナオ島 サンボアンガ イスラム集落 タルクサンガイ

2008 3月12日


ミンダナオ島 サンボアンガ イスラム集落 タルクサンガイ


少し触れたように非番のガードマンがサンボアンガ郊外にある

イスラム集落タルクサンガイまで同行してくれる事になり彼に連れられ

町なかをタルクサンガイ行きのジプニーが発着してる場所まで歩く

道中、数人のドライバーが声を掛けるが行き先を告げると

クモの子を散らすように退散する 不安と好奇心が交差する


2008-p

乗り場は最近、新しいショッピングセンターが出来た直ぐ近く

さっそくジプニーを後方から乗り込むと半数の乗客がムスリムの

正装に近い服装をしたり頭にスカーフを巻いたりしていて

一瞬、ここはマレーシアかと思ってしまうほど

( タルクサンガイの入り口です ここからすっかりイスラム 一色です )

2008-p

撮影したい衝動にかられましたがまずは大人しく波風たてないようにする

タルクサンガイまでのバスは田園風景のなかを40分近く走ったころ

干潟がひろがる、湿った半島の村で止り降りる事にする

辺りは海藻を干す匂いが一面に立ち込めている料金は20ペソ

2008-p

インドネシアかマレーシアって雰囲気です

2008-p

メインモスク ジプニー停留所の近く広場には小さなマーケットが有りました

さすがにサンミゲールやらの酒類の箱は有りません

2008-p

タルクサンガイの停留所です

ドライバーも、もちろんムスリムでフロントのお守りは十字架ではなくアラビア文字のようでした

2008-p

タルクサンガイのメインのモスクです改築中で以前とカラーもチエンジされてました

昨年から工事を始めたらしいです

2008-p

モスク改築中で臨時の礼拝所ですね 一応 了解を得て撮影しています

2008-p

ここから水上家屋の入り口です

以前に入ったプエルトの水上家屋とは違い一種独特の雰囲気 空気が漂い

中へ入って行くのがためらわれます ガイドと二人で奥へ進みました

2008-p


2008-p

集落を進んで行くと男たちはバクチに講じてました

ここでも働き手は女性です

2008-p


2008-p

サンボアンガから次の目的地コタバトまでは通常バス移動が当たり前ですが

日本を出発前する前の情報ではバスなどテロの標的に成りやすい

山岳部はアブサヤフが潜伏してるなど良からぬ情報ばかり耳に入り

2008-p

実際に日本の新聞にもバスが被害にあったなどの記事が載っていて陸地の移動は

出来るだけ避けたいので港へコタバトまでのフェリーのスケジュールを

確認しに行くが週に一便 旅人泣かせの ぞくに言う ワンサ・ワンウィークってやつです

2008-p

今日は水曜日でフェリーが出るのが月曜日......... 5日間もサンボアンガに

閉じ込められるのは勘弁願いたい 小心者の私は数人に現在のバス移動は問題ないのか

聞くが皆さん揃ったように大丈夫のこと今日は大丈夫でも明日は危険は無きにしも有らず

でも5日間も待てない結果オーライですね



関連記事


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。