アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2008.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


開業まで何年かかつたんフィリピン マニラ ターミナル3
2008 8月9~10日


開業まで何年かかつたんマニラ ターミナル3


過去を振り返ってのblog なんで今更っての話題ですみません


前回も含めフィリピンの渡航中に在住の知人とかが幾度となしに あんた今回も国内線を

何度か利用すんねやろう? ニノイアキノ国際空港ターミナル3が間もなく開業するので

1回くらいは降りるのとちゃう?と言われ続け、いつも降り立った事の験しがないターミナル3 

2008-pp

フィリピン政府のプロジェクトの一環でマニラの新空港を建設したのですが

当初、2002年にOPENする予定のこの空港、何やらややこしい法的紛争に持ち込まれ

なかなか開港できず確実しされた2006年3月OPENも延期の結末だったらしいですね

別段、私自身、空港やエアラインマニアでは無いので どこに降りようが

安全にさえ目的地へ運んでくれれば、なんの文句もないのが本音ですが

2008-pp

こうも知人とかに囁かれるので野次馬根性も生まれて来たのは確かでした。

ドマゲッティから到着したCebu Pacificの航空機は到着後、名称は存じませんが

蛇腹のような降機口 タラップ??を使用できず地べたを、ぞろぞろ歩いて移動です

今頃、送迎のバス?と思えば笑顔で通過していきました なんでやねん!

2008-pp

遠くにもう一台セブパシフィックの航空機が止まってましたが

客を輸送していた形跡は見当たりません セブパシはよく利用するので

これからは、ターミナル3が主な乗降ターミナルに成るのでしょうね?

柱のアロヨさんも喜んでらっしゃいますネ 

2008-pp

そう言えばP在住の知人いわく最近のセブパシフィックの予約システムに関して

オンラインブッキングと今まで通りのチケットオフィスでの発券はしていますが

旅行会社を通しての発券が出来なくなったらしいですね

(この時は国内線のみ開業だったんでパスポコントロールは素通りです)

2008-pp

そのオンラインの実態は私も経験しましたがトラブル続きというのが実情らしく

私の場合は事前予約でカード引き落としで決済した後に、フライトの

スケジュール変更があり、あわや乗り継ぎができないという自体に成りかけました

(初めての空港なんで市内までの参り方が解りません セブパシのCAに付いて行きます)

2008-pp

国際線の客が集まらないと即、運休・間引きのトラブルは多いようで

実際に私が利用したかったマニラ~広州 マニラ~ハノイは間引き経験済みです

こうならないように前にお知らせした大阪就航路線、どんどん皆さん利用しましょうね!

(当たり前ですが外へ出ても見たことの無い景色です)

2008-pp

各ターミナルへ巡回する無料のバスが止ってます

このバスで知ってかったるターミナルへ移動も芸がないので探索です

2008-pp

メーターTAXIが見つかりましたが開業間際でドライバーの知名度が低いのか

ぜんぜん止ってません 並んでる人数からして30分は待ちそう

2008-pp

プリペードは回転率が良さそうですが聞き間違えか市内まで600ペソ??

そんなおり遠くの変な建物の前が交通量の多い道のようなんで行ってみました

2008-pp

空港前のパーキングを抜けるとジプニーは期待うすですがTAXIは拾えそうです

2008-pp

同じような考えの人もいて無事TAXIを拾い定宿のあるマビニ・エルミタまで

120ペソで参りました 

2008-pp

あくる日の10日 ドマゲッティで購入したバイクのパーツを箱に詰め帰国です

今回はお買い物仕様の前カゴと日本でもよく目にする若い奥さんがチャリの前に

子供を乗せる椅子があるでしょう? それのバイクバージョンを見つけたので愛犬を

乗せるのに購入、実際は子供用なんで (日本では安全面から絶対に売ってません)

箱をよく見るとバイク大国のタイランドMadeですね



都会を除き朝晩涼しく過ごしやすいフィリピンから一路


ウエットで暑い大阪に戻ると考えただけで憂鬱(ゆうつ)です


巻末に成りましたが今回も延々と毎度、同じような場所を見て下さって有り難う御座いました。



次回も、何でも見てやろう!   TG620機上にて



関連記事
スポンサーサイト

フィリピン 630円の水上コテージ 年末年始も同額ですぅ!
2008 8月5~7日

フィリピン 630円の水上コテージ 年末年始も同額ですぅ!

シキホール島、滞在は、たいてい知人のTOM井上氏宅の無料コテージに、ず~っと

住み着いてる事が多いですが 毎度ありきたりで終え島を離れて行くのも

芸がないと井上氏に、はっぱを掛けられ今夜は1day 疎開しに行く事にしました

同じ泊まるなら島で1~2の底辺を争う木賃宿が良いって事で、まづは下見に参ります。

2008-pp

その試みで私自身、頭の中で島での木賃宿の候補が3軒ほど浮かびました


まず一つ目はブヒサンと ↓ 何ともブタの鳴き声のようで情けない名称の宿

シキホールの町に近い100ペソ250円の宿!

その次はラレナの港に近い Luisa and son's 宿の良し悪しではなく 一部 blog 仲間で

話題になった木賃宿の嫁で元ジャパユキさん通称美人女将の宿

2008-pp

美人女将の宿のレセプション兼 最近痴呆が進んで来た宿の初代オーナー爺さまが

こよなく愛する安楽椅子(ヨダレ付き)が置いてある1階の広間です

この爺さまが宿に客を寄せ付けないオーラを発していて いつも部屋は空いてます

柱の影に隠れて こちらを見てるのがオーラを発する爺さまですね(泊まるな光線が見えます)

2008-pp

この方が美人女将の義理の母ですが現在不仲のようで (私との会話で察するところ)

息子夫婦とは別居状態のようで 女将に対する私の質問を、ことごとくかわされました

↑ だいたい宿の下見に来て女将の個人情報を聞き出す私もだいぶ変人ですわ(笑

2008-pp

宿はひじょうにベーシック 一番手前のベランダに近い部屋で150ペソ 値引き可

天井のファンが市場で売られてる中国製 玩具もどきが気になります


どうでもいいですが以前、このファンを買って帰ったことが有りまして

日本の120ボルトでは ゆっくりしか回らず家族に批判を浴びた経験が有ります

2008-pp

続いて奥の部屋で通常は同じ150ペソらしいですが大幅値引き可って事です

部屋の壁は蚊やトカゲが自由に出入り出来る内装素材をふんだんに使っています

良いように考えると自然の風が入り換気にも優れた お部屋とあきらめて下さい(笑

2008-pp

姑さんと女将の和解が出来、再び元のさやに戻った時に泊まろうと今回は見送りました

取材ご協力感謝します。

2008-pp

続いて下見に参ったのがラレナの町に近い(歩いては辛い) Guiwanon Spring Park

おそらく世界中の水上コテージで5本の指に入る安さと底辺を争える宿です。

2008-pp

非常にベーシックな作りで水上コテージとツリーハウスの二軒の要素を持ち構えてます

トイレ&シャワーは部屋には無く そのつど、この廊下を通い済ませに行く不便さも魅力です


2008-pp

そんなの面倒って思われるゲストは多いようでベランダの一部が変に染み付いてる箇所が

2箇所有りまして試しに私もその場所で用を足すと思ったとおり2箇所が濡れました(笑

人間の考えは万国共通だ~って妙に感心したもんです

2008-pp

今夜はと言うか今夜泊り客がいないようです

ひじょうに解りやすい説明と自分で褒めました(笑

2008-pp

ベランダから部屋の中を撮影しました 室内の上の部分は外との壁が無いので成せた

撮影テクニックですね 蚊やトカゲはおろか人間も入って来れそうです(汗

良いように考えると部屋の鍵を中に入れ忘れても 外から入って取りに行けます(笑

2008-pp

こんな宿にも、とり得が有ります この夕日ですね

夕日に惚れて今夜の宿と決めますって言うか もう探し回る時間じゃないもんね

トイレ・シャワー別 綺麗な夕日と満天の星空が付いて一泊 250ペソ也です。



今回のシキホール訪問も楽しい思い出をいっぱいに明日はドマゲッティへ渡り


空路でマニラ 翌日には日本へと向かいます


島を離れる最後に こう言った提案をして下さった井上さん


有り難う御座いました いつもお世話に成りっぱなしで


恐縮です 今回も島での滞在、ほんと楽しかったですよ 


次回は我慢大会をはなれ、もう少しランクアップの宿にしますね(笑





関連記事

フィリピン シキホール島 再訪
2008 8月 1~4日

シキホール ラレナ 

この島でインターネットの環境が整ってるのは町なかのネットCafe、もしくは

各リゾートホテルなどで利用出来ますが私の知ってる日本語環境(読み書けOK)は

シキホールの市場付近に一軒だけ以前に有ったくらいで他にはないと思われます。

憶測ですがシキホールからラレナへ向かう海沿いに日本人経営の『ビラ・マーマリン』へ

出向けば有りそうな気がしますが堂々過ぎて未だに訪れるチャンスに恵まれてません(笑

2008-pp

シキホールの市場付近に、島でただ一軒、日本語、読み書けOKのPCも

2007年を最後にパッタイしてしまい 暇をみてはバイクで探しにいってました。

(シキホール ラレナ)

2008-pp

2008年現在は、ここラレナのNet屋にテクニシャンが常駐してる店があると聞き

バイクでパトロールがてら店に訪れ頼み込んで何とか今では島で唯一

日本語、読み書けOKのNet屋さん誕生となり島に滞在中は必ず顔を出してます。

2008-pp

Net屋を出て買い物を済ませ用事がなくなると

ラレナでメールチェックした帰りは見晴らし良く涼しいここで過ごすのも日課です。


(シキホール ラレナ)

2008-pp

それ以外は、お気に入りの休憩スポットを目指し島の反対側へバイクを走らせます

2008-pp

島の巡回道路は晴れ渡るとサングラス無しではコンクリからの照り返しが強く

前が霞んで走れる状態では有りません

2008-pp

前々から水中マスクに、お弁当持ちで島のビーチ マニアックな、お魚を見れるランキングを

つけようと構想中ですが未だ実現してないのが今後の課題です。

2008-pp

なにを言っても山の上が一番の避暑地ですね

休憩するにあたってのバナナの葉で編んだプロック(休憩小屋)が探せば

いくらでも有るので本を持ち込み気がつけばシエスタ(昼寝)都会では味わえませんね

2008-pp

米国から払い下げの旧式のトラックが山間に.............何気ないこんな風景が好きです。



別の機会で訪れたシキホール関連記事です!


@↑ 最後まで見終わったら前後へ進むとシキホール巡回旅の画像も見れます




関連記事


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。