アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


03<<  2009.04 >>05
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フィリピン バナウェ 世界遺産 ライステラス-4
2008年10月16~17日


後半はバダッド村から他のイフガオ族の村へとトレッキングへ出かけ

普段、通常のフィリピン旅では、けっして味わえない日々を過ごせた

見晴らしが良く気持ちの良い山の尾根づたいを歩きバンガアン村へ向う

2008-09a

バンガアン村への道中は決して平坦ではなく特に棚田のヘリを歩くのが大変だ

それにプチトレッキングの道であるが普段から山歩きの経験が有る方なら

なんら問題は、ないようだがフィリピンではビーチ派の私には結構、大変でしたw

2008-09a

それでも、時おり足を止めて、耳を澄ますと、田んぼの水路から聞こえる

澄んだ流水音と若く青い苗が風で重なりあう音 無数に飛び交う赤トンボ

都会派の私には、何ごとにも代えられない、豊かなひと時を過ごせた

2008-09a

植えられてる米は古来からの赤米が多いと聞いたのですが青い苗だけを

見ていると、普通の田んぼと変わりがない様に見える

2008-09a

このような道はコンクリートに道幅も広く歩きやすいが通常は崩れかかった土の道で

道幅も、これの半分        ここらの田んぼは場所によって二期作と言うことだ

2008-09a

ルソン島北部の山地コルディレラは、通称イゴロットと呼ばれる山地民族の故郷らしい

彼らは低地タガログ人とは出生の異なる先住民で、もとをたどれば台湾の先住民や

沖縄のおじいや おばあと同じルーツであると考えられている

顔立ちは我々日本人と似通っていてどこか懐かしい感じすらも覚え

なかでも独自の文化で有名なのがこのイフガオ族だ

爺ちゃん いつまでも元気でね 撮影後、しっかりと手の掌を私に出されましたw

2008-09a

このような景観のなかバンガアン村へ向うが雲行きで解るよう時おり雨が降りだし

幾度と雨具を着用、山の湧き水が小さな滝のようになってる箇所もある

その他、小道には牛が逃げ出さないように柵が、もうけてあり

自ら開けたり、またいだりしながらのプチトレッキングだ

2008-09a

生産性の低い重労働を嫌う若・壮年層が次々と都会に出たため働き手がなく

トレッキング中に、ほったらかしの棚田を数多く見かけた、それによって草木が伸び

景観が崩れている日本の田舎と現状は同じで後継者不足が深刻化さらに

より高収入を求めて野菜畑への転作が増えることも破壊に拍車をかけ95年に

世界遺産に登録されその後01年には危機遺産リストに格付けされる

2008-09a

バンガアン村 Banga-an Village

周囲をライステラスに囲まれた谷底に位置する村

人口約100人程の村には、数家族が現在もイフガオ族の典型的な高床式住居に住み

生活様式も昔からの伝統的な形態をそのままに暮らしている。

2008-09a

2008-09a

トライシクルが待機してる幹線道路に近づくにつれ人の姿も見られた

画像のお婆さんはヤーコンと言う芋を収穫し終わって家族の待つ元へ向かわれた


8時間近いトレッキングが終了 フィリピンではいつもは海ばかりを見て来た私には

久しぶり満足のいく体験でしたトレッキング三昧で、体力的には少しキビしかったですが

大都会マニラとも珊瑚礁のビーチとも一味違う、民族色溢れるフィリピンを知ることが出来た

バナウェに出かけるきっかけを作ってくれたblog 仲間の針生氏に感謝する

左は今回のガイド氏とトライシクルのドライバー

2008-09a

これはトレッキングのあくる日に宿からポンドック方面に歩きバナウェ・ビューポイントを

目指した時のものだ、ところで恥ずかしことに昨日のトレッキングで、すっかり靴づれが

出来てしまいビーチサンダルと言う情けないいでたちで上り坂を歩いています


イフガオ衣装の男女6人が座ってる、ここがバナウェ・ビューポイントらしいが土産物屋が

目に付いた程度で、それほど見ごたえは無かったようで他の画像は見つからず

2008-09a

ここは町から比較的、近いフロントサイドと書かれたライステラスだ、ここにも

民族衣装をまとった地元の民がおられます もちろん撮影は有料、心つけを払います


それはともかくビューポイントまでの道中、さほ辛くはないんだけど

野良犬なんか放し飼いなのか解らないのがうろうろ、そこらじゅうを徘徊しており

ようも無いのに近づいて来ては吠えたり威嚇したりの、うっとおしい限りだった



次回はバナウェを離れ標高差の高い道のりをジプニーでポンドックの町に向かう




関連記事
スポンサーサイト

フィリピン バナウェ 世界遺産 ライステラス-3
2008 10月16日


バナウェはルソン島中央のコルデリア山脈の山深いイフガオ州にある町

何をさておき ライステラスが有名、約2000年も前にイフガオ族によって造られ

天国の階段、世界8番目の不思議と呼ばれ、その昔イフガオ族が神への捧げ物として

ライステラスを作ったと語り継がれている

1995年ユネスコ世界遺産に登録された

2008-09a

バナウェ到着の翌日、前日予約しておいた朝8時のトライシクルに乗り

BATAD(バタッド)の棚田方面との分岐、ジャンクションで降ろしてもらい

帰りはジャンクションの先、バンガアン村の近くで拾ってもらう約束で

料金のほうが往復で1人450ペソこの時は同乗者がいたので、この価格だが

1人乗車料金は定かではないトレッキングのガイドは宿の甥っ子600ペソ

これもトライシクル同様で1人のみを引率してのガイド料金は定かではない

2008-09a

1)

街をぬけると直ぐに未舗装になり狭い車内は大きく上下に揺れる

トライシクルで棚田への分岐点、途中のBtad Junctionまで向かってます



2)

8時50分 Btad Junction着ここからは道が悪くトライシクルでは行けないらしく

ドライバーは16時頃この先のバンガアン村の近くで待ってるとだけ告げて

再度、街へ戻って稼ぐようだ

ここから左手の小道を少し上がったところでガイドいわく言うにはきつい上りだが

ショートカットの道だと言い後続に続くが私にはけっこう辛い上りが1時間近く続いた

2008-09a

1) 2)

ショートカットが終わり 歩きやすそうな道もあるじゃんって思っていたら

なんだ、ここまで車で来れるやん 4WDのジプニーなら登ってくることができるようだ

この周囲は熱帯林で日本では聞けないような鳥のさえずりがBGMで心地よい。

見晴台があったので登ってツアーのジプニー軍団を上から撮影する

ここには9時50分頃に着いた ジャンクションから辛かったな~

2008-09a

5) 6)


10時頃再び歩き出しバタッド村へは今度は画像左の下り坂が続き

細い山道をバダッド村のビュポイントに向かう

途中、ガキんちょに芸を教える なかなか愛嬌のある地元のガキでした。

2008-09a

下りはじめて50分がたち11時30分バダッド村が望めるビューポイントに着く

村の入口に茶店があり、寄って休憩する 食欲は無かったので食事の代わりに

グレープフルーツを大きくしたような果実を昼食代わりにする(歳には勝てまへん)

ここから、すり鉢状に広がる棚田が一望でき素晴らしい絶景のひと言だ

大満足で疲れも吹き飛ぶ

2008-09a

この季節、雨が多いので緑がすごく輝いてました

希望どおりの快晴でないので目がしみるくらい緑が、き れ い..............

2008-09a

バダッド村に向かって下ってみるその後、村の周りを探索、再びビューポイント付近へ

再度、戻ってからはジャンクションから行きしなに来た道を通らず今度は

バンガアン村付近へ抜ける 高度をかせげるので景色が楽しみだ

2008-09a

谷を下りて棚田のあぜ道を歩く谷の斜面には高床式住居があり地元の方が

生活しておられる横を通らせて頂き途中、イフガオ様式の高床の家 家

米の保管場所の萱の柱にはネズミの進入を防ぐネズミ返しがされていたり

杵で米を脱穀していたりと、なかなか都会人には興味深いものだ

2008-09a

これもお決まりのコースなのか、おとな1人がなんとか通れるだけの

石垣の上を歩いて進む石垣それ自体は普通に平坦なのだが一歩でもバランスを崩すと

すぐ右は田んぼの泥濘、左は、がけというスリルを味わえるコースどりだ



次回は、この先のバンガアン村までのプチトレッキング景色を紹介します。




関連記事

フィリピン バナウェ ライステラス-2
2008年10月15~18日

幸いして到着日から天候が安定してるようで 本命のライス・テラスへは

いつ行こうか迷うところだ と言うのも全行程8時間前後の予定で稜線づたいの

トレッキングもやりたいので体力的に1回勝負だと自分に言い聞かせていた

2008-09a

それに、なお贅沢を申すと撮影するにあたりあまり快晴過ぎても影が強くなり

画像的に好みじゃないので実際にはバナウェ到着のあくる日にはライス・テラスを

見るためバダッド村へそれと同時に稜線のプチトレッキングも決行していた


ここでは滞在中に探訪した町の画像をのせることにする


2008-09a


バナウェの中心でトライシクルなどが待機している辺りで目にする一見、ネパールや
チベットのゴンパ(寺院)や峠、橋などにある連なり架けられている小旗で

観音菩薩の真言「オム・マニ・ペメ・フム」 などが書かれて五色の旗 タルチョ
のような雰囲気を感じる、それらが違和感もなく町に溶け込んでいる


2008-09a


1)

町の中心には建物の一見、半地下のような所に市場があり、魚から肉その他の

食料が売られており、また同じ建物、階上には衣類、DVDなどなんでも売っている

2)

市場の奥には買い物客が主に利用するのかトロトロ (大衆食堂)も見かけました


2008-09a


3) 4)

市場内は一応、魚、肉部門と野菜部門に分かれている

高地だけに新鮮な高原野菜も確認出来たが魚類は、どこから運ばれて来るのだろう?

多少、割高なんだろうなと思いふけながらの見知らぬ土地での市場探索は楽しい


2008-09a


別の建物では規模は小さいが、それなりに、え~ 雰囲気 味を

かもし出してる雑貨屋などが見られた

ここの1階には項目最後に画像を載せてますが実にシュールな場末の酒場がある


2008-09a


5)

フィリピンではバナウェに限らず地方で時おり見かけるが

おのれで自ら巻く葉タバコを販売してる店を数箇所、見つけました

フィルターなど付けないしニコチンとかの含有料は、如何な具合なんだろう



6)

町を歩いていてジモピーの歯が赤黒いことが多いので、アジアでよく目にする嗜好品で

恐らくこれはキンマと呼ばれる葉と檳榔の実を日常、噛んでいるためだろうと予想してたが

フィリピンでは、それほど頻繁には見かけないのにバナウェの地元民が、いつからそれを

噛むようになったのかは定かではないが、この習慣はやや中毒性があり

お酒を飲んだり、タバコを吸う習慣と同じと考えられているそうだ

噛むことにより疲労回復作用、軽いハイ状態になるらしいが

私はまだ試していない 噛み方ですが、キンマと呼ばれる葉に白い石灰を少し塗り

そこに皮をむいた白い実の檳榔のかけらを一緒に巻いて噛む

噛み始めると唾液が溜まるので、それをペッと捨てる

その唾液が歯を赤くしていたり路上が赤かったりするわけだ

画像はキンマの葉と檳榔の実、そして白いのは石灰です。これを丸めて口にします


2008-09a


7)

バナウェ滞在中はピープルズ・ロッジ内にあるレストランに2回ほど

訪れました ローシーズンなのか、いつもガラガラだった

お茶するのにもテラスからの眺めが良くおすすめらしい

使用することはなかったがレストランの隣には日本語フォントにも対応した

パソコンが置かれてます。


8)

あれこれ迷うのも面倒なんで2回ともピープルズ定食で110ペソ 250円

チャプチャイと身が締まった唐揚げに コーンスープ この地の名物なのか赤米です。


2008-09a


9)

夜の町の様子ですが、赤みを帯びた頼りない電燈が、え~ 塩梅に町を写しだしてました


10)

私はフィリピン滞在中によくまとわり付かれるものが有る、ひとつは物売り

それと、ハエや蚊 それと何故か、オカマっぽい兄いちゃん

なんでか知らんが磁石のように吸い寄って来られます

ここはトライの溜まり場に近い場末の酒場ですが、なんとも廃れた雰囲気が

気に入って毎晩、通ったが決まって画像の、なよなよが近づいて来る




関連記事

フィリピン バナウェ ライステラス-1
2008 10月14~18日


念願のバナウェ 標高1200mの高原の町で、ひんやりとして、なんとも心地よい

街はローシズンで暇なのかバスから降りるとさっそく宿とかツアーへの

勧誘の人が待ち構えている、それらを振り切り、まずは恒例の宿探しなんですが

実は日本を発つ前から、もし空き部屋が有るのなら旅Webで見た

≪BANAUE VIEW INN≫ に泊まろうと決めてました その理由は今回

2008-09a

フィリピン滞在の2週間 ルソン北部 ノーザン・プロビンスの バナウェに

サガタ それに ポンドック と ビガン の4箇所を訪れようと予定しているが

季節が雨季だけに今回の旅でメインに位置づけている バナウェの

ライステラス&稜線プチトレッキングが最悪、雨や霧などで行けず

足止めを喰った場合はフィリピン滞在のリミット2週間を全て

ここバナウェにかけ、観光が決行出来るまで、この地で待機してやろうと

思ってるほど、この地に思い入れを持ってやって来たのだ

そうなった場合、宿で退屈のしない景色が、いつでも拝めれるのは

≪BANAUE VIEW INN≫ かな?っと思い第一候補とあいなりました。

ローシーズンで観光客も少なかったのが幸いし宿の2階部分は両サイドの

部屋を含め全て空いており滞在中プライベートの別荘のようにくつろげました。


2008-09a


1) 2)

部屋の直ぐ前の共同のテラスから見るバナウェの山並みと町並み

朝起きて直ぐのガスの掛かった景色と日中の景色、違った表情で楽しめ

なんど見ても飽きなかった それに宿は車道から離れているので閑静

でも食堂などが集中してる地域からも少し離れてるので

雨が降り続いてた夜は食事に出掛けるのが大変だったけどね


2008-09a


棚田観光の拠点となるバナウェは見たところとても小さな町のようだ

賑やかな場所を通り越し端から端までおそらく20分もあれば歩けそうな感じ

画像は町の中心、市場のある建物とジプニーステーション


2008-09a


このあたりはバスやジプニー、トライシクル乗り場のほか市場 いっぱい飲み屋

それにゲストハウスや お店が集中していて滞在中すべて こと足ります

何度も通ってるフィリピン これが同じ国かと見間違えるほど、ここバナウェは

空気も澄んでいるし町に漂っている生活のリズムも穏やかだ


2008-09a


部屋の扉を開けると左手に見えるライステラス 蚊など虫もいなかったので

昼間は部屋の扉を開けっぱなしで景色も堪能する

次回、訪れてもここに泊まるぞ!


2008-09a


町の中心にある市場と商店 ここもフィリピンとは思えないいでたちだ

小さなマーケットがありその周りに旅行者向けの小さなロッジが何軒が軒を連ね

街の中心部には小さな川が流れ四方は山々に囲まれ坂路だらけの街

毎晩、一杯やって食事をし終わり部屋へ戻る頃には息があがってました


2008-09a


朝市かな?っと思って覗くとボントック方面に土産物などをジプニーで運ぶため

積み込みしてました この景色の雰囲気、遠い昔どこかで見た記憶がよみがえる

そうだ、ネパールのカトマンドゥやポカラだ


2008-09a


≪BANAUE VIEW INN≫ 1泊 600ペソ 1300円、田舎にしては少々高いが部屋から

いつでも見れるライステラス、素敵でしょ この宿はバナウェの町のバスや

ジプニー乗り場から棚田のビュー・ポイントが点在するボントック方面に向かう

車道から枝道を150mほど脇に入った所にあります。宿の敷地内にMuseumが

有るので、それが目印かな部屋の中にトイレ&シャワーは付いてますが

昼間は、お湯が出なく夕方、帰宅後、おばさんにHotシャワーお願いと言えば

電気を入れ10分後くらいに使えます 




次回も、もう少しだけバナウェの町・市場を ぶらぶら見て歩きますよ




関連記事

ルソン島 北部へのオートバス AUTO BUS
2008年10月14日

前回のblog のモスクへ行く前に慎重派の私はルソン・北部 バナウェに向かうため

今夜に乗車するオートバスのチケット購入だけを先に済ませることにする

バスは22:00発と聞いていたので、とりあえずフロントに荷物を預けます(有料)

バナウェ行きのバスはオート・バスかフロリダ・バスの2社の路線があるそうだが

事前、調査で頻繁にNet検索にひっかかるオート・バスに決める

2008-09a

私はマニラに着いてから泊まったホテルの従業員とかいろいろな人に聞いてみたのですが

バス停の場所を知る人がおらず不安ながら運動がてら探しに出かけることになる

Netでバスターミナルを調べるとキアポから、ほど近い所のサンパロツクという地名

とサントトーマス大学を目指せと書かれてたので、このキーワードを胸に

キアポ LRTカリエド駅から延々大通りを歩き続けました


2008-09a


事前の調査ではサントトーマス大学の周辺にバスのターミナルがあるらしいですが

直ぐには見当たりません 近くを歩いてる人に聞いても知名度が低いのか

地元民が利用する頻度が少ないのか、皆さん知りません

知らないと言ってくれれば、まだ良いものの適当に知ったかぶりで(フィリピンでよくある事)

嘘を教えられ、そこらじゅうを うろうろしてると

ペディキャブ(チャリンコの横にサイドカーを付けた貧乏くさい乗り物)が

まとわり付いて来て、うっとおしい限りで無視して、かなりうろうろ探すが

なかなか見当たらず汗だけが吹き出る塩梅で意識がもうろうとした頃に見つかりました

そら解らないはずですターミナルが08年の2月くらいに SH LOYOLA と言う地名の場所に

移転していたのと想像してた敷地より小さな小さなバスターミナルである

チケット窓口で席を求めるとローシーズンの今でもそこそこ席は埋まっている

車内が満席の場合は補助椅子に座ることも可能だがハイシーズンなら前日、予約を薦める

それと、このバスにはミドルネームがありまして冷凍庫と呼ばれてます

外が暑いだけに間違ってもタンクトップ一丁で乗るてな事は避けて下さい

冬山登山にTシャツで行くようなものでからだに悪いです


2008-09a


22:00出発なので1時間前にターミナルへ着くが既に乗客が集まっている

待合場所の椅子など座る余地も無いほどの人 人 夜逃げかいなと思うほどの荷物

日頃、時間にルーズなフィリピンの客も、この路線には あてはまらないようだ

さすが世界遺産の地へ参るバスだけに白人ゲストの姿も見かける22:00定刻の出発 

1)

12:20 1回目の軽食&トイレ休憩 時間帯が中途半端なのか食いしん坊の

フィリピン人でも食事をとる姿はまばらでした。

30分程度の休憩と思いきや 1時間経過してもバスは動く気配がない

思わず車外へ再度出てみるとバスの後部エンジンルームを空けて

なにやら二人の運転手が懸命に部品を交換している

老体車両にムチを打っているが2時間経過しても直らないようである

3)

スタッフが決断したのはバナウェからマニラヘ戻る上りバスがマニラで

いったん客を降ろしてから、ここまで来てもらいバスを代替すると言う苦肉の策だ

おいおい 予備の車両は無いんかい バスの所有が2台とは、なんとも悲しい

4)

わけのわからん土地で、ひたすら待つのみ その間な~んの説明もなし

ようやく故障したバスからピンチヒッターのバスに荷物を詰め替えたのが

朝の5:00で出発したのが30分後の5:30だ フィリピンた~いむ


2008-09a


3)

8:45トイレ休憩

バスを代替してるので よ~く 見るとマニラ出発のバスとフェイスが違うでしょ!

なれない修理で疲れたのか、よく見るとドライバーもチェンジしてましたわ

4)

9:25 食事タイム

バスのカラーリングを再塗装してるので、そこそこ見れますが

素顔は、かなりのご老体で御座います がんばれAUTO BUS !


2008-09a


5) 6)

9:25 食事タイム バスが遅れようがきっちり食事休憩を取るのがフィリピンスタイル

こう書けば客への配慮と思うでしょうが実際は客は二の次で

ドライバーの食事が会社もちなんか無料なんで、食べな損って具合ですハイ

私は、いつものダィエットフード グーライ(野菜)の煮付け


2008-09a


1) 2)

13:30 再度、悪夢の到来 オレは、なにかに取り付かれてるのかな~

今度はバナウェ手前で代替バスも故障です それもかなりの重症

後続から走って来た路線ジプニーに乗ろうとするが車内は満員で

屋根の上へはい上がる 13:45 出発

もうこの辺りまで来ると半袖では寒いんですよね しかも屋根の上だし


2008-09a


あっ バナウェと案内板が もう直ぐ着くな~ 

14:25分 14時間以上かかって、なんとか ノーザンテリトリー バナウェに到着

今回も おなかいっぱい バス旅を味わえましたとさ


次回はバナウェの町並みを報告します。




関連記事


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。