アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2011.08 >>09
2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブルネイ バンダルスリブガワン 市場 見どころ 観光
ブルネイ滞在でのベース、プサット・ベリア・ユースホステルの前の大通りを5分ばかり歩いて
市内の中心部へ向かうと川沿い左手に何やら市場が見えてくる

ここは一部トタン屋根が有るものの一見して青空市場の様相で店開きをしている
だらだらと一日中、営業しているものの、やはり活気があるのは早朝の時間帯だ


2011


対岸の水上集落、カンボンアイルからもタクシーで毎朝、御婦人方は横付けされる
もちろんここでのタクシーと言えばスリル満点の水上タクシーのボートの事である


2011


水上集落から乗せて来た空のボートは目ざとく観光客の私を見つけると
ボートに乗って観光しないかと、ひつこくセールスに励む

それも尋常ではないくらいのセールストークにうんざりするほどだ
よほど相場の解らないおのぼり観光客からの収入が大きいのがうかがえるね


2011


ここでも野菜の陳列は綺麗に整頓され今まで目にしてきた途上国の市場と一線をひいている
なんたってブルネイなんだものw


2011


カメラをぶら下げた得たいの知れん浅黒い日本人がよほど珍しいようだ


2011


市場の叔母さんであろうが金ピカの装飾はお約束だ


2011


休日には生き物の市も開かれるようだが、たぶんペットでしょう
中国なら疑うことなし食材なんだろうが


2011


日本でも時折、ホームセンターのペット売り場などで売られている
本場のマレー箱カメ、これなんかも地産地消って呼んでいいのかな


2011


恐らく東南アジア全域に生息するカニクイサルだろう
旅の伴侶として買ってくれ~ってでも言ってそうだが
あいにく♂だったww


2011


猛禽なんかも売ってるね
どこの国の市場でも言えることだが休日の早朝に覗くのが活気があって面白い

ブルネイにやって来て富の象徴とも言える贅沢の限りを尽くした金ピカなモスク、もううんざり
さしてモスクなんて面白みがあったわけではないが、ここに来て地元民が集う市場に遭遇し
何か自分のなかで少しは満足が出来たような気分だ

オレってやっぱジャンクやなぁww





関連記事
スポンサーサイト

ブルネイ おのぼり観光 モスク
日本へも相当な割合で輸出されている石油や天然ガス、そういった天然資源の
おかげでたいへん裕福な国だけに訪れてまず驚かされるのは公共施設の空調だ

震災後、必要に節電を呼びかけている我が国からすれば、逆にどんどん電気を使いなさいとでも
呼び掛けているのではと錯覚するくらい空調、エアコンが効きすぎで室内は冷凍庫だった
香港で冷房過多には慣れている身だが、なんたってブルネイは一番サ~~

ご多分にもれず有名モスク内もそうらしい、それならと涼みにと出向いた塩梅だww


2011


ブルネイには、オールドモスクそれにニューモスクと呼ばれる2つの壮大なモスクがある
この小国の数少ない観光名所でも有り、外見上の見物でこれ以外に何が有るのと言われても答えれない
それを見ずしてブルネイを語るなって感じなのだろうか使いたい放題のお金のかけようだけどね



ハッサナルボルキァ モスク 通称:ニューモスク


2011


スルタン オマールシャイフディーン モスク 

通称:オールドモスク

細かい能書きは聴きたくないだろうから省略w


2011


エスカレーターまで完備のいたせり尽くせりのモスク
名前を記入し、黒い上着を着せられて礼拝堂へ、いゃ~ 涼しいのなんの
内部撮影禁止なんで暇だし、ドネーションのふりして汗がひくまで、礼拝堂の端っこで、うとうとさせて頂きましたw


2011


ややっこしい言い回しだけど、正面でも裏でもない方角からのオールドモスク
ちょうどロイヤルブルネイ航空が右手から飛んで来たのであわてて構える、ただそれだけ


2011


夜はアザーン(祈りの呼びかけ)が流れ幻想的だね

ハッサナルボルキァ モスク 
通称:ニューモスク


2011


夜も温度が下がらず暑いのなんのの熱帯夜
エアコンの効いた店でロイヤルブルネイビール.....

そんなのあるわけ無いのでアイスレモンティ&ローティで夜長を過ごしたっけw




関連記事

ブルネイ 安宿 ゲストハウス 旅社


前回に紹介したユースホステル(会員でなくても宿泊可)Pusat Belia YH から5分程度離れた距離
こちらの方が市内中心部に近い所に先程のYHよりかは高くなるがドミトリーでなく
ツインルームもしくはダブルルームを備えた安宿がある(もちろんAC付きだ)

ドミは苦手って方にはオススメかも


2011


名前は「廉價旅社(Rest House)

24時間、受付には人が常駐しているので安心だ


2011


1泊 ブルネイドル30 2100円

だけど、バンコク辺りじゃ1000円も出せばもう少しマシな部屋をチョイス出来るよね

ブルネイドルはシンガポールドルと連動していてレートは同じ
したがってシンガポールドルをブルネイで使用することが出来る。


2011


日がな一日、街を徘徊したが外国人が泊まれる安宿は、ここ一軒しか見つけられなかった
もちろん中級とよべそうな日本円で6000円~7000円程度の宿はあるには有ったが

バンコク辺りじゃ、2000円位で泊まれそうな施設に、6000円~7000円も支払いたくないね
結論から言えば($10以下)で泊まれるのは前回に紹介した「Pusat Belia YH」 だけだ



この近くの大通りからKKへ向かうバスも発着しているので移動には楽かも



下記は当ブログの読者 Rita Riyanto(ジャカルタ在住) 様から
現地最新事情の投稿を頂きましたので追記分とさせて頂きます。



和順廉価旅社

Rita Riyanto@ジャカルタです。

いつも、安宿情報をありがとうございます。
今年は珍しく年末まで働いておられるようで、ご苦労様です。

北ボルネオをグルッと回って来ました。
Miriから入り、時計方向に回り、Lahad Datuまで。
最後は国境を越え、インドネシアのTrakanとTanjung Selorまで回りました。
役立ちそうな情報がありましたので、それぞれの箇所に連投します。

本当は旅行中に投稿したかったのですが、実際はとてもとても。
旅行中にほぼリアルタイムでブログを上げるのが、いかに大変かと思いました。

まずは、ここから。

> ドミは苦手って方にはオススメかも

私はドミが苦手なので、紹介されているこの宿に泊まりました。
確かにこの街には、他に安宿らしきものはありませんでした。
この宿には愛があります。(この愛の有り無しが、宿を選ぶ時の私の基準です)
お勧めです。(まあ、他に選択肢はありませんが)

> 名前は「廉價旅社(Rest House)
建物入口の看板にはそう記されていますが、実際の名前はもう少し長いようです。
 和順廉価旅社 K.H. Soon Services And RestHouse
オーナーが許和順という名前の中国系です。

> 1泊 ブルネイドル30
訪問時(2012年11月22日)には値上げされ、B$33になっていました。

例によって、この宿も探しました。
後続者のために情報を挙げておきます。
住所 : No.140 Jalan Pemancha, Bandar Seri Begawan
位置 : 北緯4°53'20.44" 東経114°56'36.25"
Tel : 2222052
Web : http://khsoon-resthouse.tripod.com/


@ 管理人

私も諸事情(トイレがちかい)などから普段は出来るだけドミは避ける派です。
今回はブルネイ情報をネット検索中に出くわしたユースホステル

初日は下段のベットが全て埋まる盛況ぶりで次の日は宿を移ろうかなと
考え街歩きの途中に見つけた宿でして、そんなあんばいでユースへ戻ると
相部屋の欧米人が全てチエックアウトで難なく下段をゲット出来たので
そのままずるずるって次第でした。

ただユースホステルには公共のプールが有るので安価で利用できるメリットも
持ち合わせているのでユースの利点も有りそうです。





関連記事

ブルネイ 安宿 プサット・ベリア・ユースホステル
前回のブログ説明文の続きであるが、航路での(ムアラ港)ブルネイ入国後
港から中心地のバンダルスリブガワンまでは事前に調べたところ

公共のバスが出ていると書かれていたので入国後はスムーズに事は運ぶと
思っていただけに思わぬところでつまずいたものだ


2011


タクシーを使えば何ら悩むこともないのだろうが
ブログのサブタイトルであるコスパに旅しよう! に反するww



プサット・ベリア・ユースホステル、物価の高いブルネイでの選択は必然的にユースホステルになる


2011


そのうち、遠巻きに私を見ていたタクシードライバーが近寄って来て
空港職員と同じ様にバスは無いよって耳元で囁く

そう言うことなんで、どうだ市内まで30B$ 2100円で行ってやるとのこと
親切に言い寄っては来たが善意を断って荷物を背たらい
感を頼りに表の大通りまで歩き流しのバスを捕まえる作戦に移った



ユースの隣にある公共のプール1B$ 70円で宿泊者も利用できる


2011


ところが、どう見てもバスなんて通りそうも無い気配で暑い中、呆然と立ち尽くしていたら
遠くからフィリピン人の風貌をした女性も何かを探しもって歩いているようなので
彼女もひょつとしてバスを探してるのと思い

セブアノ語でアサカブンタ?(Where are you going ? )って聞いてみたら意外な答えが...
友達の迎えを待っているだけだと.... 私は今日始めてここに来たとのこと



1階にあるユースの受付だが、昼間以外は、たいていスタッフが留守で
バックパックを背たらい到着したゲストの困惑した表情を何度も見た
一応は応急の電話番号が書いているのだが



2011


そうこうするうちに、くだんの彼女の迎えが来たので彼女の友人に
パンダルまで行きたいのだがバスは何処から乗れるのかと聞いてみたら
だったら市内へ向かうのでついでだから乗れとの合図

幸運にもユースホステルの真ん前まで乗っけて頂き事なきを得た
こんな土地でもフィリピン人が誇れるホスピタリティに触れられ感激だ

こういう旅をしているといつも思うのだが捨てる神あれば拾う神もあるだよね



2階のドミ部屋入口にある、くつろぎスペース、談話スペース
アルコールは勿論タバコも一切ダメ



2011


後日、港まで同じルートで来たツーリストに聞くと彼も2000円タクシーの誘いを断り
市内行のバスが来る午後まで、なんと港で3~4時間も待ったと言うから
暇と言うか筋金入りのバックパッカーだわw


AC ドミトリー 10B$ 700円 初日は足の臭いフランス人、ヒゲずらのトルコ人と相部屋だったが
二日目からはチエックアウトまで一人で部屋を独占できた。



2011


庭では洗濯物を干すスペースも有ったが日に何度か降るスコールが心配で使わずじまいだ


2011


先進国ならではの、洗面ルームも清潔だ


2011


シャワースペースも多いので滞在中は、待たされる事はなかった

次回はドミは嫌って方にオススメの安宿を紹介します。




関連記事

ブルネイ バンダルスリブガワン 1


画像のブルネイまでは、まずラブアン港のパスポートコントロールでマレーシア出国手続きを終え
AM9時に出発する自称高速艇でブルネイの航路入国でもあたる最寄りの港、ムアラ港に向かった


2011


ガイドブックでは確か1時間で到着と書いていたはずなんですよね、ところが正味2時間も掛かって
ムアラに到着、思うには高速艇の種類がラブアンから乗ったのに比べショボ過ぎていたのが原因かと...


画像はブルネイの首都バンダルスリブガワン中心部


2011


それでもとやかく言う客は誰もおらず、アジアンタイムはここでも健在だ
ムアラの港へ到着後、ブルネイ入国のスタンプ 笑顔が帰ってくるフレンドリーな税関であった。


画像はバンダルスリブガワン中心部で港の対岸・両替所などがある通り


2011


ここまではなんのトラブルも無く順調に事は運んだのだが...
さてムアラ港から公共のバスに乗り換えブルネイの首都バンダルまで参るはずが
何処を探せどバスなんて見当たりません、それに国境でよく見られる客引きやら

接続の交通機関は見当たらないし、それに私以外に公共のバスなんぞ探してる
貧乏くさい奴はおらず皆さんお約束のように迎えの車(たぶんマイカー)で先へ急がれます。

観光客(外人)は空路入国がデフォルトなんしょね


2011


港のスタッフに聞きに行くと午後の到着便ならバスは有るとのこと
それってなんなん? まかりなりにも航路での国境とちゃうん?不思議で成らない?
やはりブルネイは俺のような貧乏くさいバックパッカーが訪れる国ではないのか

ここから先の話は次号のバンダルスリブガワン2で


画像は中心部の商店街と言えど淋しい限りだ


2011


画像は同じく中心部の商店街


2011


アルコールを嗜まないお国柄、夜の帳が降りたとたんに商店が閉まっていき
目を付けていた食堂も残ってるおかずの淋しいこと

ビールでも有るなら、文句も言わず残りのおかずで一杯ってな塩梅なんでしょうがね


2011


一応、それなりのCafeも数店、あったものの皆さん、あま~いジュースで語らっておられました
この手はフリーWi-Fiが使えるのでPC持ち込みの方は暇つぶしになるかと思うんですが...

ただ蚊が多いんですよね密かに輸血ルームと銘打ってPC片手に夜長を過ごしてたっけw



下記は当ブログの読者 Rita Riyanto(ジャカルタ在住) 様から
現地最新事情の投稿を頂きましたので追記分とさせて頂きます。



港から街へのバス

Rita Riyanto@ジャカルタです。

> さてムアラ港から公共のバスに乗り換えブルネイの首都バンダルまで参るはずが
> 何処を探せどバスなんて見当たりません、それに国境でよく見られる客引きやら
> 接続の交通機関は見当たらないし
> 港のスタッフに聞きに行くと午後の到着便ならバスは有るとのこと

直通バスは少ないようですが、乗り継ぎならばバスは一日中あります。
まず、港の前からNo.33に乗り、Pekan Muaraバスターミナルまで行きます。
これは、1時間に1本程度の運行です。
次に、Pekan MuaraバスターミナルからNo.37、No.38、No.39に乗れば、市内中央の
バスターミナルに到着します。
こちらは3系統合わせると、10分に1本程度の運行です。
Pekan Muaraバスターミナルで乗り継ぎの際、そこにいるバス会社の係員にそこまでの
乗車券を提示し、乗り継ぎスタンプを押してもらいます。
この捺印済み乗車券で、乗り継ぎバスに無料で乗れます。

ただ問題は、1時間に1本程度のNo.33。
これを待つのは若干難儀です。
フェリーターミナルからPekan Muaraバスターミナルまで約2km。
炎天下をものともしなければ、歩くのは可能です。
フェリーターミナル : 北緯5°00'55.43" 東経115°03'53.77"
Pekan Muaraバスターミナル : 北緯5°01'33.81" 東経115°04'11.91"
私はひ弱なので、トラックをヒッチしましたが。(笑)


@ 管理人

そうだったんですか。。
なんせ全ての乗客が迎えの車で去っていき
公共の乗り物を待ってる人が一人もいなく聞くにもバスなど今の時間は来ないとか
不安材料ばかりだったので焦りました。

って言うか一日数本の船が付いたら、何かしらの移動手段が待機してるのが
今までのデフォルトだったのでいきなり拍子抜けした次第でしたww






関連記事


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。