アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


10<<  2011.11 >>12
2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


11月28日 タイ・パタヤから二等バスでバンコク・チャイナタウンへ

パタヤで数日過ごした後、バンコクに到着した。
バンコクまでのアプローチは、ゲストハウス前のセカンドロードから
パタヤのバスターミナルまで運が良ければ相乗りのソンテウ

でも大抵は貸し切りのスペシャルって塩梅なのです。
到着後バスターミナルではバンコク行き出発まで待たされっての具合なので



2012



今回は宿の前から運動がてら少々歩いてからスクンビット通りまでソンテウ10B 25円
大通りで既に客待ちしていたエカマイ行のバスに等級も確認せずに飛び乗ったのが

間違いでして車掌がお金を集めに来て60バーツ 150円とやけに安いなぁと感じつつ
直ぐに判明致しました。客を拾いもっての二等牛歩バスでした…



2012



一般道を走りとおしバスはパタヤを11:00に出たものの
バンコク・エカマイに着いたのは倍くらい掛かっての14:30でした、安いはずだわw
まあ急ぐ旅でもないし良いかぁ



2012



さてさてバンコクでの宿は決めていません

毎度のカオサンはファランで溢れかえってるし…

久しぶりにチャイナタウンにしようか…



2012



カオサンならサイアムでバスに乗り換えだし
チナタウンならアソークで地下鉄に乗り換えだし

考えたらこんな事を言ってれるのも後、何年なんだろう
数年後の老いた自分の選択はタクシーなんだろうな…

安易にTEXAS でタイスキを食べたいだけでチャイナタウンに宿る事に決めた。











関連記事
スポンサーサイト

11月26日 タイ・パタヤで越冬しもって老後を過す人々

パタヤで日々多く目にする観光客の中でも、素行からして私同様に
越冬長期滞在者と思わしき、ファランのご老人をここ数年、多く見かける
中には、ちゃつかりと伴侶も調達し~のの元気なご老人の姿もチラホラ

昼間からBARに入り浸り赤ら顔のご老人もいる反面、太陽を浴びて
鋭気を養ってる健康志向のグループと人それぞれのライフスタイルが
ここパタヤでは両極端なほど日々繰り広げられているのが興味深い

今やワールドワイドな食料品や生活必需品が手に入るパタヤ
街のレストランではチープな料金で多国籍な料理も味わえ

その上、アプローチにしてもバンコクの空港から陸路で
2時間も掛からない身近で国際色豊かな街である



2012



2012


そう言った人達を見込んでコンドミニアムの建設ラッシュが今も続いている
街の不動産屋のウインドには予算に合わせてレンタルHOUSEも張り出されていて

因みに郊外だがプール付きコンドミニアムでも円高の今なら6万円足らず
まあプールなどの贅沢負荷設備が増えると管理費も上がるのであろうが…

問題は日本からのアクセスであるが…
空の世界にも価格競争が起きている昨今、エアーアジアも含めLCCが増えると
今後は、アメリカ路線と違って日本からタイまで低価格でアプローチも可能であろう
まさしくAIRも価格だけで言えば低コストで空飛ぶバスって感覚だもんね









関連記事

11月26日 タイ・パタヤ・安宿 LUCKY HOUSE

パタヤでの定宿は、以前にペナン島で知り合った旅仲間から教えられ
前回も利用した LUCKY HOUSE と言う名前の安宿だ

セカンドストリートに面し、隣はスーパーマーケットも入り込んでるショッピングモール
一昨年に利用した時は宿の一階は、あまり流行ってないレストランだったのだが
案の定、潰れたようでセブンイレブンにさま変わりしていた。

おかげで重いバックパックを担ぎ店の前をなん往復させられたものか
宿探しの最中でも商魂たくましいマッサージ屋の姉ちゃんはマッサージと私に声を掛けて来る



2012


(Canon PowerShot S95)

AC ・ KVTV ・ HOTシャワー ・ 冷蔵庫
応接の椅子とテーブルが何かと便利なんだよね、因みにこの部屋番号は A-1

一階にコンビニも有り~の 好立地で500バーツ1250円は
今時のパタヤではコストパフォーマンスではなかろうか



2012


(Canon PowerShot S95)

部屋の冷蔵庫には象さんビール&ソーダーをストック
氷は買い物ついでに下のコンビニで貰えるので、夕方からのアルコールタイムは

窓の下の道路を歩くファランの好色・化け物好きの趣味を見もっての
タイウイスキー&ソーダー割りの時間がなんとも酔い塩梅なんだよね



2012


(Canon PowerShot S95)

肴はソムタムがデフォルトかな、土地柄ファランが多いので味付けもマイルドかと
予想したのでアオペッペと言った尻から、唐辛子をバンバン掘り込むので
コンタァイ・タマダーと言い直したが理解して貰えずか… 汁まで真っ赤っかww



2012


2012



しめに飯類を買ってみたり麺類にしたりのテイクアウト

たま~に部屋で一杯もいいもんだよね

なんだかんだ言いもって やっぱ、タイはいいわぁ…









関連記事


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。