アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2016.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1ヶ月間のタイ巡業を終えて帰国の地へ

2016年8月31日
iphone 6 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C & iphone 6

旅先での更新のために画像・文章は控えております。
お暇な時にでも再訪して下さい。



帰国してずいぶんと経つのにキャンプに車中泊と遊びほうけていたおかげで
今回の旅ブログを完結をせづにすっかりと放置していました。申し訳ございません。

さてバンコクで数日間、都会を楽しんでいよいよ帰国の地に着くわけですが
最終日の朝も宿から近い中華街 ヤワラー地区を歩いて

いつもの散歩コースも今日で最後なんだと感傷深く一歩一歩名残惜しく
約1時間の徘徊をこなして来たわけである。


2016092321262117e.jpeg


大都会バンコクのヤワラー地区で托鉢を見るのは恐らく初めてではないだろうか。。
都会と言えど早朝の時間帯は交通量も少なくほんのわずかだろうが
空気も澄んでいるように感じる。幼い小僧さんがたったひとりで托鉢していた。


20160923212623b7b.jpeg



201609232126293ae.jpeg


途中の華人寺で帰国便のフライトの安全をお祈りして宿へひきあげた。


20160923212623a31.jpeg


帰りの飛行機が発つドムアン空港まではホラッポーン中央駅の横側に隣接した
バス乗り場から29番のエアコンバス(21THB 60円)で約1時間で到着

前回は日曜日で交通量も少なく中央駅から50分程度で到着したが
今回は平日と言うことから2時間近くは掛かるだろうと踏んでいたが
アヌンサワリ(戦勝記念塔)から流れだしたので予想に反し1時間で着いてしまった。


201609232126256b8.jpeg


往路同様のLCC エアーアジアで関西空港までのフライト
乗客は運賃を反映してか、ほとんどが若いタイ人観光客で席は埋まっていた。

ビールでも飲んで寝てしまおうと思ったが睡眠薬が2錠残っていたので
服用し意識が朦朧のまま気がつけば淡路島上空であっけなく
関西空港にランディングしてしまった。



すでにご承知の通り、13日にプミポン国王陛下が崩御されました。
ASEANを形成する国家ながらインドシナで知るよう、一度は他国に

侵略された歴史のある国家とは一線を引いている泰国
国民の父として、長年敬愛されてきたプミポン国王陛下

いかにタイ国民のこころの拠り所となっていたのか。。
改めてその偉大さを感じています。

プミポン・アドゥンヤデート、ラマ9世国王、お疲れ様でした。
心よりご冥福をお祈りいたします。







関連記事
スポンサーサイト


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。