アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


04<<  2017.05 >>06
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バンコク下町 散歩 乗合船で行くプラカノーン運河

2013年3月31日 ipad mini 投稿

バンコク下町 散歩 乗合船で行くプラカノーン運河


バンコク滞在が10日も過ぎ都会の喧騒にも飽きて来ることかと思えば。。
何でも揃ってる、俗にいう痒い所に手が届くのが都会なんだと今更ながら感じてる日々である。

それに街が。。いゃあ国がゆるゆるであるタイ。。住んじゃうと嫌な面も見えて来るんだろうが
今の所は1人の旅行者としてまったりゆるーい風に吹かれている。

最近の生活は午前中エアコンの効いた部屋で電熱コイルにて紅茶を沸かしてネット三昧。。
昼前から昼食を取るがてら宿から出て行くのだが、今日は少し早い目に飛び出してみたものの
既に外気温は30度を越え再び部屋に戻りたくなった。



image_20130401100725.jpg



今日はネットでひろい読みしたプラカノーン運河を行き来する水上バスに乗ってこようと
宿の最寄りのバス停から511番でエカマイ(東バスターミナル)へ向かおうとするものの

目的のバスがなかなかやって来ない。。けっこう待ってから来たので車内に乗り込んで
車掌に聞くとエカマイには行かないと言うではないか。。バスの番号は間違ってないんだがなぁ

辛抱の足らない私は後続の15番が空いてたので飛び乗りBTS(高架鉄道)の最寄り駅まで行く事にした。
降りるのはサイアムでも良かったのだが改札の混雑を避けるため、ひとつ手前のナショナルスタジアムで
下車してサイアムで隣のホームからプラカノーン駅へ向かうがBTSは35バーツと高すぎるのである。



image_20130401095100.jpg



さて料金は高いBTSだがエアコンの効きは半端ではない。
日本のように節約も兼ね弱冷房車両なんて無いところがタイのゆるいところ

汗も完全に引いてプラカノーン駅で下車して暫くは高架沿いを進行方向に歩くと
プラカノーン市場に出くわしたので衣類やら粗悪な電化製品が売られてる小道を歩き
生鮮野菜やらの売り場を突き当たると船着場があるらしい



image_20130401095024.jpg



市場を抜けると船着場が見えた。川には高架橋が渡してあり、アングル的に良さげそうだったので
上ってみて船着場を撮ってると、ちょーどBTS鉄道が横切った。
ボートも客待ちらしく事前に乗ることを伝えておいたので急かしもせずのんびりしたものだ



image_20130401095105.jpg



この船着場だが水面と乗り場とひじょーに曖昧でしょ。。
雨季の時なんて大丈夫なのかと心配するんだけど。。

それと船賃なんですが10バーツでした。船頭は別に何処へ行くのだとも聞いてこずって事は
それなりに観光客も来るんだろう、終点まで行って再びここへ戻ると心得てるんだろうね



image_20130401100731.jpg



プラカノーン市場の船着場からの乗客だが、ほとんどが市場で買い物をし終えた地元民だ
自宅の目の前に止めたりと船頭は顔を見るだけで心得ているようだった。



image_20130401095058.jpg



バンコクの町中の運河は血管のように伸びており、現役の水上バスとして
今でも人や物は船で移動している地区も未だに残っている。

だが近代化の中で、運河は次々と埋め立てられていったが、プラカノーン運河のように
今でも運河が現役の交通路になっていて今日は人々を地元目線で見れた。



image_20130401094937.jpg



この船は雑貨屋のようで小さな船内には清涼飲料水からお菓子類やら

所狭しと積まれており界隈に住む子供達、学校帰りの学生達を主に商ってるようである。



image_20130401094929.jpg



今日は日曜日だったので途中の寺院ではタンブン(功徳)

小魚や亀を川に放して功徳を積む場面も見えた。



image_20130401095107.jpg



途中で幾度か住民が手を上げてボートに乗り込んで来た。
今日はいつもと違いカメラを構えた珍客が乗船してるようで不思議そうに見ている。

どうやら船賃は一律、10バーツのようである。



image_20130401094932.jpg




運河はけっこう曲がりくねっていて全景を見渡せない。やがて終点なのか

船頭は私にひっ返すんだろう?このまま座っておきなさいのような事を言い

下船して何処かへ消えて行った。 およそ30分くらいの短い船旅だった。








2013年度 1月20日 避寒 越冬旅立ち フィリピン~インドシナ


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。


1) 2013年度 初越冬旅立ち LCC航空 セブパシフィック航空 プロモ料金

2) 2013年度 1月20日 避寒 越冬旅立ち 関西空港

3) 2013年1月20日 LCCで関西空港からマニラへ

4) 2013年1月21日 マニラベイ散歩 ダスマリニャスへ向かうのでバクラランへ

5) 2013年1月21日 ダスマリニャス、ピノさん宅で飲み会

6) 2013年1月22日 フィリピン・カビテ・ダスマリニャス 賃貸アパート事情

7) 2013年1月22日 カビテ・ダスマリニャスから再びマニラへ戻る

8) 2013年1月23日 セブシティ ダウンタウン安宿 ゲストハウス

9) 2013年1月24日 セブシティ滞在二日目、個人行動でカルボンマーケットへ

10) 2013年1月25日 セブシティからエアコン無し窓全開バスで南下してリロアン~ドゥマゲッティへ

11) 2013年1月26日 ドゥマゲッティからシキホール島へ渡る。

12) 2013年1月29日 ココグローブ・リゾート・シキホール島 サヌアン地区

13) 2013年1月29日 シキホールのTOM氏のボランティア活動に同行

14) 2013年1月31日 シキホールのTOM・井上邸を離れダストラム・ゲストハウスへ移動する。

15) 2013年2月1日 シキホール島の不思議な伝統医療・呪医 ボロボロ治療法

16) 2013年2月1日 シキホール島をぶらぶら 島民のスナップショット

17) 2013年2月3日 シキホール島 バイクで走る 在住邦人との飲み会

18) 2013年2月4日 ドゥマゲッティからシブラン〜リロアン 路線バスでセブシティへ

19) 2013年2月5日 フィリピンから片道チケットでクアラルンプールへ

20) 2013年2月6日 クアラルンプールで初めての観光 バトゥケイブの巻

21) 2013年2月6日 クアラルンプールからTBS社のバスでマラッカへ

22) 2013年2月9日 朝晩は凌ぎ易いが日中はかるーく30度超えのマラッカ

23) 2013年2月11日 マラッカの安宿でゆるゆる越冬中@プチ沈没

24) 2013年2月12日 マラッカの安宿でゆるゆる越冬中@チャイニーズNew Year

25) 2013年2月13日 マラッカの安宿でゆるゆる越冬中@ここでの過ごし方

26) 2013年2月14日 グッバイ マラッカ、桑島くん安倍首相チーム別々に新たの新境地へ

27) 2013年2月14日〜15日 マレーシアの夜行冷凍庫バスでマラッカからペナン島を目指す。

28) 2013年2月16日 ペナン島 ジョージタウンで春節・旧正月を祝う催しを見に行く

29) 2013年2月16日 ペナン島 ジョージタウンで春節・旧正月を祝うイベント お祭り

30) 2013年2月17日 ペナン島 福建省から来た周さん一族の水上家屋

31) 2013年2月18日 号外 桑島くんから送られて来たメール

32) 2013年2月18日 ペナン島は勿論 マレーシア最大の仏教寺院 極楽寺のライトアップ

33) 2013年2月24日 ペナン島・ジョージタウンは旧正月休みも終わってるのにまだお祭り騒ぎ

34) 2013年2月26日 現在、プチ沈没しているジョージタウン地区・華人エリア

35) 2013年2月27日 現在、プチ沈没しているジョージタウン地区・インド人エリア

36) 2013年3月1日 日本人リタイア組が滞在しているタンジュンブンガと呼ばれる海沿いの街

37) 2013年3月1日 マレー人同志の結婚披露宴に勝手にお呼ばれの巻

38) 2013年3月3日 新しい朝が来た希望の朝が♫ って事でランカウイに移動

39) 2013年3月7日 ランカウイ ・パンタイ・チェナン : パンタイ・ティンガー地区

40) 2013年3月8日 マレーシア・ランカウイからタイ・サトゥーンへ移動

41) 2013年3月9日 タイ南部 サトゥーン 安宿・ゲストハウス 町歩き

42) 2013年3月10日 タイ南部 サトゥーン 観光 町歩き

43) 2013年3月11日 タイ南部 サトゥーンからハジャイへ移動 キャセイゲストハウス

44) 2013年3月14日 ハジャイに滞在中 安宿 タイお守りプラクルアン

45) 2013年3月15日 タイ南部 タイ南部 ハジャイからスラタニへ移動 安宿 ゲストハウス

46) 2013年3月18日 タイ南部 スラターニ ゆるーい街に滞在中 タオ島・パンガン島行きナイトボート

47) 2013年3月20日 タイ南部 スラターニ ゆるーい街に滞在中 観光 町歩き

48) 2013年3月22〜23日 バンコク カオサン界隈で安宿探し奮闘記 おすすめゲストハウス

49) 2013年3月25日 53番バスでワット・アルンの対岸で夕涼み

50) 2013年3月29日 サブカメラの Canon パワーショットS110でバンコク散歩。

51) 2013年3月31日 バンコク下町 散歩 乗合船で行くプラカノーン運河





関連記事


コメント
下町その一・プラカノーン
に行ってこられたのでね。
BTSが写っていなけば昔ながらの下町風情です。
中心街から数十分であの風景は残しておきたいです。バンコクに戻られるのか分かりませんが今度は
是非下町その二、バーン・クルワを切り取って頂けたらと希望します。
バスの件ですが、高速に上がるバスはエカマエを
通りません。多分そのバスだったのでは?
外見番号すべて同じでも一般道と高速行くものがあります。
時期外れのコメ失礼しました。
[2013/04/08 23:08] URL | 隼人 #/7Qj3p52 [ 編集 ]

隼人さんへ

どうも隼人さん、ご無沙汰しております。
バンコクから暑い暑いの繰り返しの移動の末に
北部の街、チェンコンへやって来ました。

ここはメコン川以外には見るものも無いですが身体を休めるにはちょーど良い街です。
バンコク滞在の最後にプラカノーンからエカマイへ歩いてみて
私も長期滞在するならここだと思いました。

それに是非次回はバーン・クルワを歩いてみたいので忘れないように
ipad mini のバンコクメモ帳欄へ書き写しました。
バスの件も書き写しましたので有難う御座いました。

[2013/04/11 12:34] URL | あじあの☆くん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/1004-1aed6ba5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。