アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


04<<  2017.05 >>06
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ピサヌローク ナーン川 ワット・ヤイ プラクルアンお守り

2013年4月3日 ipad mini 投稿


ピサヌローク ナーン川 ワット・ヤイ プラクルアンお守り

4月のタイの暑さは半端じゃないよ。。。
今まで何人もの旅人から聞かされた助言である。
日中に暑いのは仕方がないけど夜になっても生暖かいのはね。。考えもんだわ

ここピサヌロークは地理的にはユネスコ世界遺産のスコータイのすぐ近く
数年前にスコータイへは参拝してるので今回はスルーしてここに滞在してるわけ
それに今の季節は遺産巡りなんて。。考えてだけで汗が吹き出してくるわ



image_20130405111635.jpg



この街に来た一番の理由は。。
何度もここで書いてるようにタイに通ううちにタイ人が胸に付けてるお守りで
日本で言うならお守りって役割も果たしてて( 実際は投資目的も絡むのでもっと奥が深い)

そのお守りだがタイ国内でも有名な発掘地があってそれのひとつがピサヌロークなわけです。
意を決し真昼間の犬・猫も歩かない酷暑の時間帯に人間が歩いてみたww



image_20130405111722.jpg



ナーン川の東岸沿いに位置する有名な寺院に安置されてるタイで最も美しいとされる
仏像を見になるべく日陰を探しもって歩くのだが水分の供給と放出が比例しない
川面に吹かれ木陰の下で悟りをひらく代わりにビールでも飲んで昼寝でもしてやろうか



image_20130405111633.jpg



摂取した水分は汗として放出するためについつい、こんな屋台を見かけると立ち止まってしまう
だいたい飲むのはミルク無しの濃いめのアイスティー・梅干しを潰して炭酸に入れてもらったり
隣の屋台でイカに貝などの串焼きをつまんだりとわずか30分の道のりが1時間以上もかかるペース。



image_20130405111719.jpg



地図など見ずだいたいのうる覚えで行くもんだから目的とは違うお寺に入ってしまう。
だってよく似た仏様なのと、とっても綺麗でしょう?
なぜ気づいたかって? 参拝客がオレひとりなんだもんww

予想では参拝客が多いので仏様を撮影すんのに人の頭が入いるのが嫌だなーって案じてたんでね
それが拍子抜けって言うか、あまりに静かなんで暫く瞑想してたほどww

だけど私にとっては、こちらのワット・ナンパヤーの方が身近な存在のわけ
常日頃、タイ各地でお守り『懐中仏』プラクルアンでベンジャパーキーの1つ
ピサヌローク県ナンパヤー寺出土のプラクルアンの総本山で在るのだー

もしワット・ヤイへ真っ直ぐに行き着いていれば、ご縁が無かったかも
そんな訳で後に全く違う土地でプラ・ナンパヤーとのご縁が。。

私が見た限りスワイ『美しい』もちろんオリジナルと信じているのだが
チャオ『購入』したのはラオス・ルアンパパーンの骨董屋だけに次回の訪タイには持参するつもりだ



image_20130405111721.jpg



教えられて次に向かったのは先ほどのお寺から歩道橋を渡って直ぐ隣ってか向かえのお寺。
門をくぐると直ぐにここだと分かったね。。参拝客だらけ、しかも檀家さんって言うのか
その方々に無料のアイスクリームも配ってんの。。思わず一緒に並んで1個ゲットww

さてさてこれがピサヌロークの第1級王室寺院、ワット・プラ・シー・ラッタナ・マハータート
長い名称なんで省略して別名ワット・ヤイ

そこに安置されてる有名な仏様、プラ・プッタ・チンナラート。
タイで最も美しいとされる仏像です。



image_20130405111715.jpg



これがタイ人が胸に付けてるお守り。。興味の無い方はスルーして下さいね
ようは先人達によって仏塔に収められたプラクルアンが最近になり発掘され
「プラクルッ」と呼ばれてマニアやコレクターなどの間で取引されている。

ここの境内の直系の売り場で販売されていたベンジャパーキーの1つ
ピサヌローク県ナンパヤー寺ここの出土のプラクルアンである。
造られた時代が古く整ったものはこの値段。。25000バーツ 8万円近くもの値がついてる。

後にラオス・ルアンパパーンの骨董屋で手にいれる。




image_20130405111631.jpg



あとの有名処って言えば空芯菜の炒め物。。
そんなに美味しいの?
空芯菜の炒め物なんてどこで食べても同じでは?



image_20130405111634.jpg



味ではなく空芯菜の炒め物を調理場から近くの特設ステージに向かって放りげて
ウェイターがキャッチするといったパフォーマンスで有名な川沿いのレストラン

日本のバラエティ番組でも紹介されてたはず。。ここが元祖・本家なわけだ。

(画像の真ん中上のほうに飛んでる空芯菜が見えるでしょうww)



image_20130405111625.jpg



以前、ナーン川にはたくさんの水上家屋があったらしいが護岸工事などで撤去され
現在は数えるほどに減ってしまい画像に写ってるのは古式マッサージの店だけど営業してるのかな?

さーて当初は4〜5日は滞在しようと思ったんだけどバンコクとなんら変わらない気候
早々にチェンマイへ北上する事にした。








2013年度 1月20日 避寒 越冬旅立ち フィリピン~インドシナ


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。


1) 2013年度 初越冬旅立ち LCC航空 セブパシフィック航空 プロモ料金

2) 2013年度 1月20日 避寒 越冬旅立ち 関西空港

3) 2013年1月20日 LCCで関西空港からマニラへ

4) 2013年1月21日 マニラベイ散歩 ダスマリニャスへ向かうのでバクラランへ

5) 2013年1月21日 ダスマリニャス、ピノさん宅で飲み会

6) 2013年1月22日 フィリピン・カビテ・ダスマリニャス 賃貸アパート事情

7) 2013年1月22日 カビテ・ダスマリニャスから再びマニラへ戻る

8) 2013年1月23日 セブシティ ダウンタウン安宿 ゲストハウス

9) 2013年1月24日 セブシティ滞在二日目、個人行動でカルボンマーケットへ

10) 2013年1月25日 セブシティからエアコン無し窓全開バスで南下してリロアン~ドゥマゲッティへ

11) 2013年1月26日 ドゥマゲッティからシキホール島へ渡る。

12) 2013年1月29日 ココグローブ・リゾート・シキホール島 サヌアン地区

13) 2013年1月29日 シキホールのTOM氏のボランティア活動に同行

14) 2013年1月31日 シキホールのTOM・井上邸を離れダストラム・ゲストハウスへ移動する。

15) 2013年2月1日 シキホール島の不思議な伝統医療・呪医 ボロボロ治療法

16) 2013年2月1日 シキホール島をぶらぶら 島民のスナップショット

17) 2013年2月3日 シキホール島 バイクで走る 在住邦人との飲み会

18) 2013年2月4日 ドゥマゲッティからシブラン〜リロアン 路線バスでセブシティへ

19) 2013年2月5日 フィリピンから片道チケットでクアラルンプールへ

20) 2013年2月6日 クアラルンプールで初めての観光 バトゥケイブの巻

21) 2013年2月6日 クアラルンプールからTBS社のバスでマラッカへ

22) 2013年2月9日 朝晩は凌ぎ易いが日中はかるーく30度超えのマラッカ

23) 2013年2月11日 マラッカの安宿でゆるゆる越冬中@プチ沈没

24) 2013年2月12日 マラッカの安宿でゆるゆる越冬中@チャイニーズNew Year

25) 2013年2月13日 マラッカの安宿でゆるゆる越冬中@ここでの過ごし方

26) 2013年2月14日 グッバイ マラッカ、桑島くん安倍首相チーム別々に新たの新境地へ

27) 2013年2月14日〜15日 マレーシアの夜行冷凍庫バスでマラッカからペナン島を目指す。

28) 2013年2月16日 ペナン島 ジョージタウンで春節・旧正月を祝う催しを見に行く

29) 2013年2月16日 ペナン島 ジョージタウンで春節・旧正月を祝うイベント お祭り

30) 2013年2月17日 ペナン島 福建省から来た周さん一族の水上家屋

31) 2013年2月18日 号外 桑島くんから送られて来たメール

32) 2013年2月18日 ペナン島は勿論 マレーシア最大の仏教寺院 極楽寺のライトアップ

33) 2013年2月24日 ペナン島・ジョージタウンは旧正月休みも終わってるのにまだお祭り騒ぎ

34) 2013年2月26日 現在、プチ沈没しているジョージタウン地区・華人エリア

35) 2013年2月27日 現在、プチ沈没しているジョージタウン地区・インド人エリア

36) 2013年3月1日 日本人リタイア組が滞在しているタンジュンブンガと呼ばれる海沿いの街

37) 2013年3月1日 マレー人同志の結婚披露宴に勝手にお呼ばれの巻

38) 2013年3月3日 新しい朝が来た希望の朝が♫ って事でランカウイに移動

39) 2013年3月7日 ランカウイ ・パンタイ・チェナン : パンタイ・ティンガー地区

40) 2013年3月8日 マレーシア・ランカウイからタイ・サトゥーンへ移動

41) 2013年3月9日 タイ南部 サトゥーン 安宿・ゲストハウス 町歩き

42) 2013年3月10日 タイ南部 サトゥーン 観光 町歩き

43) 2013年3月11日 タイ南部 サトゥーンからハジャイへ移動 キャセイゲストハウス

44) 2013年3月14日 ハジャイに滞在中 安宿 タイお守りプラクルアン

45) 2013年3月15日 タイ南部 タイ南部 ハジャイからスラタニへ移動 安宿 ゲストハウス

46) 2013年3月18日 タイ南部 スラターニ ゆるーい街に滞在中 タオ島・パンガン島行きナイトボート

47) 2013年3月20日 タイ南部 スラターニ ゆるーい街に滞在中 観光 町歩き

48) 2013年3月22〜23日 バンコク カオサン界隈で安宿探し奮闘記 おすすめゲストハウス

49) 2013年3月25日 53番バスでワット・アルンの対岸で夕涼み

50) 2013年3月29日 サブカメラの Canon パワーショットS110でバンコク散歩。

51) 2013年3月31日 バンコク下町 散歩 乗合船で行くプラカノーン運河

52) 2013年4月2日 バンコクから北へ500キロ。ピサヌロークへ

53) 2013年4月2日 ピサヌローク 安宿 ゲストハウス

54) 2013年4月3日 ピサヌローク ナーン川 ワット・ヤイ プラクルアンお守り






関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/1007-e678ba3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。