アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


03<<  2017.04 >>05
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ピサヌロークから列車でチェンマイへ

2013年4月4日 ipad mini 投稿

ピサヌロークから列車でチェンマイへ

この季節はバンコクに負けじとしっかりと暑いピサヌローク、安宿は100バーツ300円ちょいと
懐に優しいので1週間は居座ろうかと思ったのは旅行者の浅はかな考えで

日中は勿論、夜間もしっかり暑く体内時計は休む無くスイッチが入りぱなしって訳で
バンコクからなら北へ700キロのチェンマイへ早々に移動となった。いゃ。。逃げた。。



image_20130406103108.jpg



さてさてアプローチなんだが。。
チェンマイまではバスも頻繁に運行されてはいるが、せっかく駅周辺の宿をとっていたので

列車で行くことにした。最初は宿代を浮かすため20:44分の座席夜行列車と思ったんだが
この暑さなんでチェックアウト後に荷物を宿に預けて時間つぶしする気が失せていた。



image_20130406103107.jpg



それ以外には早朝にチェンマイ行の格安普通列車もあり遅れなければ14:30頃にチェンマイ着と
明るいうちに到着なので利用価値が有りそうなんだがエアコン車両は連結されておらず

今の時期なら全開にした窓からドライヤー並みの温風が車内に入って来るのは避けられない。
そんな訳で、チェンマイまではバンコクからピサヌロークへやって来た時と同じ列車を選んだ

『画像はピサヌローク駅でプラクルアン(お守り)を売る屋台がホームにある)



image_20130406103109.jpg



列車は遅れるものと承知でぎりぎりで駅へ向かうと13:19着が案の定に遅れて2:40到着に変更。

既に1時間20分もの遅れである。ホームに出店しているプラクルアン屋台をダラダラと見て時間つぶし
蒸し暑いホームでの我慢が強いられる。ようやく列車は到着しエアコンの効いた快適な車内へ。。

乗車後直ぐに昼食が一回と、おやつのカステラ風が出た。
あいにく西側の席だったので日が沈むまではエアコンの効きも悪く暑かったが時間が経つに従い

車内温度は下がり防寒用に積んでおいたモンベルの薄着の長袖ウインドブレーカーを着込んだほどだ
ドアが開けっ放しの普通列車では無いので外部から乗り込んで来る物売りが一切いないのが少々物足りない。



image_20130406121353.jpg



チェンマイ到着は定刻なら20:30分だが50分もの遅れの21:20分。。
それでもピサヌロークで1時間20分遅れてたんだから30分は取り戻したんだ

ホームに降り立つ、今までエアコン車両に乗ってた事も差し引いて体感的には
若干涼しいかなが正直な感想である。駅では開口一番、市内までのソンテゥのドライバーが

声を掛けて来るが市内までわずかなくせに客を拾っての流しではなく
チャーターのようなものなので100バーツやら80バーツと不当な金額で言い寄ってくる。

これは他のアジアでも同じである。毎度の法則で少し歩くと大通りが有るので
左方向へ走る流しのソンテウを捕まえようとするが時間が遅いのかなかなかやって来ない。



image_20130406103110.jpg



その中の1台で既に荷台に先客を乗せたソンテウが止まったので値段交渉の末
30バーツでターペー門まで相乗りさせてくれた。ターペー門からはあらかじめ調べておいた

VIPゲストハウス180バーツ550円の宿を探しながら歩くが到着時間が遅いせいで
他の安いゲストハウスのレセプションはスタッフがいない。

案の定お目当てのVIPゲストハウスも老主人は寝ていたが起きて来て部屋を
見せて貰ったものの280バーツ900円の部屋しか空いていない広くて良いのだが
ベット二つも必要がない上に高いので他を探すことに、わざわざ起こしてゴメン。



image_20130406103112.jpg



再びバックを担ぎ宿探しに歩くが安そうなゲストハウスが見つからない。
何とか一軒 Your House 200バーツ650円でトイレ・シャワーは別だが天井は高く

ダブルベットの部屋が1部屋だけ空いていたので時間も遅いし決めることにした。
シャワーを浴びてから23:00過ぎに飯を食いに行くがパブ以外は閉まってる店が多いなか

店舗で調理はしているが客席は路上の店が見つかりセブンイレブンで
ビアチャンの大瓶を買い込んで遅い夕食となる。



image_20130406103244.jpg



深夜から早朝にかけぐっと温度は下がり、暑がりの私ですら扇風機は止めたほどだ。
でも日中はしっかり暑い。考えてみれば高々、標高で言えば300メートル高いだけなんだもん
しかしバンコクやピサヌロークと比べ汗のかく量は格段に少ないのであった。









2013年度 1月20日 避寒 越冬旅立ち フィリピン~インドシナ


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。


1) 2013年度 初越冬旅立ち LCC航空 セブパシフィック航空 プロモ料金

2) 2013年度 1月20日 避寒 越冬旅立ち 関西空港

3) 2013年1月20日 LCCで関西空港からマニラへ

4) 2013年1月21日 マニラベイ散歩 ダスマリニャスへ向かうのでバクラランへ

5) 2013年1月21日 ダスマリニャス、ピノさん宅で飲み会

6) 2013年1月22日 フィリピン・カビテ・ダスマリニャス 賃貸アパート事情

7) 2013年1月22日 カビテ・ダスマリニャスから再びマニラへ戻る

8) 2013年1月23日 セブシティ ダウンタウン安宿 ゲストハウス

9) 2013年1月24日 セブシティ滞在二日目、個人行動でカルボンマーケットへ

10) 2013年1月25日 セブシティからエアコン無し窓全開バスで南下してリロアン~ドゥマゲッティへ

11) 2013年1月26日 ドゥマゲッティからシキホール島へ渡る。

12) 2013年1月29日 ココグローブ・リゾート・シキホール島 サヌアン地区

13) 2013年1月29日 シキホールのTOM氏のボランティア活動に同行

14) 2013年1月31日 シキホールのTOM・井上邸を離れダストラム・ゲストハウスへ移動する。

15) 2013年2月1日 シキホール島の不思議な伝統医療・呪医 ボロボロ治療法

16) 2013年2月1日 シキホール島をぶらぶら 島民のスナップショット

17) 2013年2月3日 シキホール島 バイクで走る 在住邦人との飲み会

18) 2013年2月4日 ドゥマゲッティからシブラン〜リロアン 路線バスでセブシティへ

19) 2013年2月5日 フィリピンから片道チケットでクアラルンプールへ

20) 2013年2月6日 クアラルンプールで初めての観光 バトゥケイブの巻

21) 2013年2月6日 クアラルンプールからTBS社のバスでマラッカへ

22) 2013年2月9日 朝晩は凌ぎ易いが日中はかるーく30度超えのマラッカ

23) 2013年2月11日 マラッカの安宿でゆるゆる越冬中@プチ沈没

24) 2013年2月12日 マラッカの安宿でゆるゆる越冬中@チャイニーズNew Year

25) 2013年2月13日 マラッカの安宿でゆるゆる越冬中@ここでの過ごし方

26) 2013年2月14日 グッバイ マラッカ、桑島くん安倍首相チーム別々に新たの新境地へ

27) 2013年2月14日〜15日 マレーシアの夜行冷凍庫バスでマラッカからペナン島を目指す。

28) 2013年2月16日 ペナン島 ジョージタウンで春節・旧正月を祝う催しを見に行く

29) 2013年2月16日 ペナン島 ジョージタウンで春節・旧正月を祝うイベント お祭り

30) 2013年2月17日 ペナン島 福建省から来た周さん一族の水上家屋

31) 2013年2月18日 号外 桑島くんから送られて来たメール

32) 2013年2月18日 ペナン島は勿論 マレーシア最大の仏教寺院 極楽寺のライトアップ

33) 2013年2月24日 ペナン島・ジョージタウンは旧正月休みも終わってるのにまだお祭り騒ぎ

34) 2013年2月26日 現在、プチ沈没しているジョージタウン地区・華人エリア

35) 2013年2月27日 現在、プチ沈没しているジョージタウン地区・インド人エリア

36) 2013年3月1日 日本人リタイア組が滞在しているタンジュンブンガと呼ばれる海沿いの街

37) 2013年3月1日 マレー人同志の結婚披露宴に勝手にお呼ばれの巻

38) 2013年3月3日 新しい朝が来た希望の朝が♫ って事でランカウイに移動

39) 2013年3月7日 ランカウイ ・パンタイ・チェナン : パンタイ・ティンガー地区

40) 2013年3月8日 マレーシア・ランカウイからタイ・サトゥーンへ移動

41) 2013年3月9日 タイ南部 サトゥーン 安宿・ゲストハウス 町歩き

42) 2013年3月10日 タイ南部 サトゥーン 観光 町歩き

43) 2013年3月11日 タイ南部 サトゥーンからハジャイへ移動 キャセイゲストハウス

44) 2013年3月14日 ハジャイに滞在中 安宿 タイお守りプラクルアン

45) 2013年3月15日 タイ南部 タイ南部 ハジャイからスラタニへ移動 安宿 ゲストハウス

46) 2013年3月18日 タイ南部 スラターニ ゆるーい街に滞在中 タオ島・パンガン島行きナイトボート

47) 2013年3月20日 タイ南部 スラターニ ゆるーい街に滞在中 観光 町歩き

48) 2013年3月22〜23日 バンコク カオサン界隈で安宿探し奮闘記 おすすめゲストハウス

49) 2013年3月25日 53番バスでワット・アルンの対岸で夕涼み

50) 2013年3月29日 サブカメラの Canon パワーショットS110でバンコク散歩。

51) 2013年3月31日 バンコク下町 散歩 乗合船で行くプラカノーン運河

52) 2013年4月2日 バンコクから北へ500キロ。ピサヌロークへ

53) 2013年4月2日 ピサヌローク 安宿 ゲストハウス

54) 2013年4月3日 ピサヌローク ナーン川 ワット・ヤイ プラクルアンお守り

55) 2013年4月4日 ピサヌロークから列車でチェンマイへ





関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/1008-6c89c74a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。