アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


03<<  2017.04 >>05
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


チェンマイ ターペー門界隈 お堀で小坊主さんの托鉢風景

2013年4月6日 ipad mini 投稿

チェンマイ ターペー門界隈 お堀で小坊主さんの托鉢風景

チェンマイ市内には観光客バブルの時代を繁栄してだろうか
雨後のタケノコのごとく高級なHotelから私が好む安いゲストハウスまで
様々な宿泊施設が建っておりさすがに観光地だけの事はある。



image_20130407104103.jpg




image_20130407104102.jpg



今回は宿運に恵まれて無いのかYOUR HOUSEには二泊だけして
30メートル離れた所に建つチェンダーゲストハウスに移動して来た。

緑が目に入り小鳥がさえずり眺めが良いと二階建物の上の部屋が良かれと
泊まったものの屋根の熱気がこもる。。

新しく引っ越して来たゲストハウスは1階に部屋をとった。
ツインルーム・ファン・トイレ・ホットシャワー・部屋でWi-Fi 可能
通常は250バーツ、シングルユースで200バーツ 650円でOKにしてくれた。



image_20130407104104.jpg



『毎朝 7:00 城壁、お堀の前の道路で見られる小坊主さんの托鉢風景』

ネットで検索していると城壁の中の宿は観光客スレしてて賑やかな事も含め
あまりオススメではないよって聞かされていただけに不安だったが

でも。。バンコクのカオサンのような猥雑感はまるでなく
不思議とのんびりまったりゆるっとしている自分である。
ここなら沈没しそうだわ・・・w



image_20130407104130.jpg



こんな場面を目のあたりにすると欧州組と話す機会の時に

日本も同じブッディストだよとは恥ずかしくて言えんなー



image_20130407112129.jpg



今朝は22〜23度くらいじゃなかったかな。。

しっかり襟付きのシャツを着込んで撮影に向かったけど汗はかかなかったなー



image_20130407104603.jpg



観光都市チェンマイは大昔、北タイ一帯を治めたラーンナ・タイ王朝の
首都として栄えたため、町には100を超える古い寺がある。

たくさんの小坊主さんもチェンマイでは珍しくはないんだろうね










2013年度 1月20日 避寒 越冬旅立ち フィリピン~インドシナ


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。


1) 2013年度 初越冬旅立ち LCC航空 セブパシフィック航空 プロモ料金

2) 2013年度 1月20日 避寒 越冬旅立ち 関西空港

3) 2013年1月20日 LCCで関西空港からマニラへ

4) 2013年1月21日 マニラベイ散歩 ダスマリニャスへ向かうのでバクラランへ

5) 2013年1月21日 ダスマリニャス、ピノさん宅で飲み会

6) 2013年1月22日 フィリピン・カビテ・ダスマリニャス 賃貸アパート事情

7) 2013年1月22日 カビテ・ダスマリニャスから再びマニラへ戻る

8) 2013年1月23日 セブシティ ダウンタウン安宿 ゲストハウス

9) 2013年1月24日 セブシティ滞在二日目、個人行動でカルボンマーケットへ

10) 2013年1月25日 セブシティからエアコン無し窓全開バスで南下してリロアン~ドゥマゲッティへ

11) 2013年1月26日 ドゥマゲッティからシキホール島へ渡る。

12) 2013年1月29日 ココグローブ・リゾート・シキホール島 サヌアン地区

13) 2013年1月29日 シキホールのTOM氏のボランティア活動に同行

14) 2013年1月31日 シキホールのTOM・井上邸を離れダストラム・ゲストハウスへ移動する。

15) 2013年2月1日 シキホール島の不思議な伝統医療・呪医 ボロボロ治療法

16) 2013年2月1日 シキホール島をぶらぶら 島民のスナップショット

17) 2013年2月3日 シキホール島 バイクで走る 在住邦人との飲み会

18) 2013年2月4日 ドゥマゲッティからシブラン〜リロアン 路線バスでセブシティへ

19) 2013年2月5日 フィリピンから片道チケットでクアラルンプールへ

20) 2013年2月6日 クアラルンプールで初めての観光 バトゥケイブの巻

21) 2013年2月6日 クアラルンプールからTBS社のバスでマラッカへ

22) 2013年2月9日 朝晩は凌ぎ易いが日中はかるーく30度超えのマラッカ

23) 2013年2月11日 マラッカの安宿でゆるゆる越冬中@プチ沈没

24) 2013年2月12日 マラッカの安宿でゆるゆる越冬中@チャイニーズNew Year

25) 2013年2月13日 マラッカの安宿でゆるゆる越冬中@ここでの過ごし方

26) 2013年2月14日 グッバイ マラッカ、桑島くん安倍首相チーム別々に新たの新境地へ

27) 2013年2月14日〜15日 マレーシアの夜行冷凍庫バスでマラッカからペナン島を目指す。

28) 2013年2月16日 ペナン島 ジョージタウンで春節・旧正月を祝う催しを見に行く

29) 2013年2月16日 ペナン島 ジョージタウンで春節・旧正月を祝うイベント お祭り

30) 2013年2月17日 ペナン島 福建省から来た周さん一族の水上家屋

31) 2013年2月18日 号外 桑島くんから送られて来たメール

32) 2013年2月18日 ペナン島は勿論 マレーシア最大の仏教寺院 極楽寺のライトアップ

33) 2013年2月24日 ペナン島・ジョージタウンは旧正月休みも終わってるのにまだお祭り騒ぎ

34) 2013年2月26日 現在、プチ沈没しているジョージタウン地区・華人エリア

35) 2013年2月27日 現在、プチ沈没しているジョージタウン地区・インド人エリア

36) 2013年3月1日 日本人リタイア組が滞在しているタンジュンブンガと呼ばれる海沿いの街

37) 2013年3月1日 マレー人同志の結婚披露宴に勝手にお呼ばれの巻

38) 2013年3月3日 新しい朝が来た希望の朝が♫ って事でランカウイに移動

39) 2013年3月7日 ランカウイ ・パンタイ・チェナン : パンタイ・ティンガー地区

40) 2013年3月8日 マレーシア・ランカウイからタイ・サトゥーンへ移動

41) 2013年3月9日 タイ南部 サトゥーン 安宿・ゲストハウス 町歩き

42) 2013年3月10日 タイ南部 サトゥーン 観光 町歩き

43) 2013年3月11日 タイ南部 サトゥーンからハジャイへ移動 キャセイゲストハウス

44) 2013年3月14日 ハジャイに滞在中 安宿 タイお守りプラクルアン

45) 2013年3月15日 タイ南部 タイ南部 ハジャイからスラタニへ移動 安宿 ゲストハウス

46) 2013年3月18日 タイ南部 スラターニ ゆるーい街に滞在中 タオ島・パンガン島行きナイトボート

47) 2013年3月20日 タイ南部 スラターニ ゆるーい街に滞在中 観光 町歩き

48) 2013年3月22〜23日 バンコク カオサン界隈で安宿探し奮闘記 おすすめゲストハウス

49) 2013年3月25日 53番バスでワット・アルンの対岸で夕涼み

50) 2013年3月29日 サブカメラの Canon パワーショットS110でバンコク散歩。

51) 2013年3月31日 バンコク下町 散歩 乗合船で行くプラカノーン運河

52) 2013年4月2日 バンコクから北へ500キロ。ピサヌロークへ

53) 2013年4月2日 ピサヌローク 安宿 ゲストハウス

54) 2013年4月3日 ピサヌローク ナーン川 ワット・ヤイ プラクルアンお守り

55) 2013年4月4日 ピサヌロークから列車でチェンマイへ

56) 2013年4月6日 チェンマイ ターペー門界隈 お堀で小坊主さんの托鉢風景




関連記事


コメント

プラクルアン買いました?
今、マニラに来てます。

5末、6末どちらにも大阪行けそうです。
[2013/04/07 11:45] URL | Ta@too HIRO #sq4QJOk. [ 編集 ]


時折、貴ブログを拝見しております。
私も昨夏チェンマイに行きましたが、ターペー門付近は騒々しく、VIP GHに1泊しただけで、チェンマイ門付近のGHに移動しました。ミント ハウス (Mint House)という宿は、エアコン付きで200バーツでしたよ。スタッフも親切でした。

http://www.booking.com/hotel/th/mint-house.ja.html

ターペー門付近には屋台や安食堂があまりありませんが、チェンマイ門付近は屋台がたくさん出てますよ。チェンマイ市場の中にある食堂は、安くておいしいです。

チェンマイも結構暑いですが、ミャンマー国境近くのメーサロンという華人が切り拓いた集落あたりまで行くと、高地なので涼しいですよ。茶畑以外に何もありませんが。

更新を楽しみにしています。健康に気をつけて、良い旅をお続けください。
[2013/04/08 00:19] URL | 客桟老板 #- [ 編集 ]

Ta@too HIRO さんへ

すっごく綺麗なプラクルアン買いましたよ。
神聖な仏様なんで専門的にはお借りした。チャオしたと言うんですが
スラターニの個人収集家からスコータイ出土の全身像 500年前の仏様です。

マニラも暑いですか?
今回の旅で最初に訪問したダスマリニャスの邦人一同が帰りもフィリピンに
寄ってから帰国すればって言ってくれてますが今んところLCCのプロモは高いですわ


[2013/04/08 11:50] URL | あじあの☆くん #- [ 編集 ]

客桟老板さんへ

そうですね宿が静かであっても欧州組グループが隣の部屋だと騒がしいし
特に若い女性の欧州組が近くだとたまったもんじゃないですしね。

200バーツは激安ですね。現在も有るのかな?
リンクのページに飛んで行きましたがダブル&ツイン 450ペソしか見当たりませんでした。
:客桟老板さんもご自分のサイトをお持ちのようで遊びにいかせて頂きます。
ちなみに、昨日は町の寒暖計は36度でした。


[2013/04/08 11:52] URL | あじあの☆くん #- [ 編集 ]


ターペー門からミントハウスがあるあたりまでは、徒歩で15分ほどですが、夜遊びには
不便で西洋人が少ない分、部屋代が安いのかもしれませんね。城壁の中も、ターペー門
の近くから外れると、ありふれた下町ですしね。

チェンマイは、バンコクのような巨大都市とは違い、適度に都会で適度に田舎なので、
居心地のいい安宿が見つかると、沈没するにはいいところでしょうね。城壁の中を
チャリで徘徊していたら、女子刑務所がありました。日本に帰ってから、女囚さんが
やっているマッサージ屋があることを知りましたが、話のネタに行っておけば良かった
と思います。

私のブログは、まあ、見なかったことにしておいてくださいv-16
[2013/04/08 22:58] URL | 客桟老板 #- [ 編集 ]

客桟老板さんへ

チェンマイは予想外に蒸し暑くチェンコンに移動して来ました。
朝方は快適なんですが夜がなかなか寝付けずで困りものでした。

以前はよく通ったマッサージですが最近は貧乏性なのか
1泊200バーツの宿に泊まり、それに近い金額でマッサージが決断出来ず恥ずかしいです。
それならエアコン部屋に泊まれるなーってな具合でして
勤め人の時代はエアコン部屋に普通に泊まりマッサージなんて日に2~3回がデフォでした。
チェンコンはメコン川以外には見るものも無いですが身体を休めるにはちょーど良い街ですね。

[2013/04/11 12:32] URL | あじあの☆くん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/1009-19ea3ecf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。