アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スローボート二日目・中間地点のパクベンからルアンパパーンへ

2013年4月17日 ipad mini 投稿

スローボート二日目・中間地点のパクベンからルアンパパーンへ

旅先での更新のため画像の枚数を制限しています。
帰国後にゲストハウスなどの画像も差し入れる予定でいる。



image_20130419102730.jpg



フェサイからメコン川を一泊二日でルアンパパーンへ向かうスローボートの続きである。
1日目はフェサイから7時間の船旅でパクベンと呼ばれる山あいの小さな村で泊まった。

当然のようにここは見所など無く一夜限りのゲストハウスとかがあるだけだ
だが、宿の値段と質を考えるとはるかにフェサイより良いと思う。

1泊600円くらいでトイレ・ホットシャワーが付きWi-Fiも使える。
そう言ったのは、ここ最近の事だと思う。実際数年前まではラオスでは
大きな町以外は夜9時 に電気が止まると言う事を知っているのでね



image_20130419103137.jpg



どこに居ようが早起き。。
まあ昨日は狭いボートの中で束縛されてただけに疲れがMAXだったので
シャワーを浴びて食堂でビールを飲んだら自然と目が閉じてました。

そんな事から朝靄が残るなか宿から少し歩くと路上で野菜やらたくさんのハーブ類を売っていて
(昔のラオスでは脱法ハーブではなく違法ハーブ、いわゆるマリファナが普通に売られていた)

その中で得体の知れないバーベキューにされた小動物の姿も。。
でも知ってるんですこれはモルモットです。昔ペットとして家で飼ってたのでね



image_20130419102926.jpg



こんな山あいの村にでも托鉢に来るんですね。
タイ同様にラオスも仏教国ですからね。。

でも近くには寺院はなさそうだし、延々と歩いて来たんでしょう。
托鉢で頂けるものも町と村では大違いですね。質素な食べ物がしめてました。



image_20130419103050.jpg



さて昨日に続きメコン川を下るスローボートの二日目、最終日です。
もう一度、おさらいと言うか、昨日にタイとラオスの国境の街フエイサイという
町からメコン川を下って今日は目的地である世界遺産の街ルアンパバーンへ向かうのである。

白人御用達のガイドブックには東南アジア周遊の定番と紹介されてるゆえに
船内の大多数は欧州組みで占められDNAの違いから極東アジア勢は肩身が狭い

それはそうと以前は木の椅子でクッション持参を勧められたのだが
現在は廃車になったバスとかの椅子だと思われるがクッション付きになり楽になった。



image_20130419102552.jpg



それから、1日目もそうなのですが、川沿いにはいくつか集落が点在していて
船でいろいろと運んでいて米袋やらビールとかニワトリ、バイクも積んでいた。

川沿いは山ばかりだと思っていたら、なんてこっちゃない結構人が住んでいるようだ
恐らく首都ビエンチャンは愚かこの村から一歩も出たことが無い村人も居るんだろうな



image_20130419102844.jpg



初めは、うわー、メコン川ってどこまでも茶色なんだーとか
山あいの緑がキレイだなーとか思っていたのですが

正直、こんな景色を何時間も見ていたら飽きてくるよね
乗り合わせた子供もさぞ退屈だと思うわ。。



image_20130419102411.jpg




image_20130419103008.jpg



こども達は裸になってメコン川で泳いだりして気持ち良さそー
ガンジス川で水浴びは無理だったけどメコン川なら全然OKだな

ただ感心なのは何処の村の子供達も物をねだったり決してしないことだ。
いつだったか南インドの川を一泊二日で下った際はボールペンを異常にねだられたもんだ。



image_20130419103243.jpg



9:30分に二日目の出発点であるパクベンを出て17:00ようやくルアンパパーンに到着
この二日間、船内では身動きしなかったので下船したら足がつりそうになった歳だわww

だけど以前に着岸した船着場と違うなーと思えば、更にここからトゥクトゥクに乗せられ
しかも20000Kpも徴収されルアンパパーンのタウンまで行くと言うそんなの聞いてない。。

それもトゥクトゥクは8人乗りの偶数なんでひとり者の俺が乗ると奇数になって
残りは1人。。後はアローンで旅をしてる奴が来るまで待つわけ。。

欧州組みで俺みたいに1人寂しく旅してる奴はいなく偶数のグループなわけ
トゥクトゥクのドライバーに別のに乗り換えさせられてもまた奇数になっちゃつて
俺が乗るトゥクトゥクだけがいつまで経っても出発出来ないの。。

欧州組みにはまるでババ抜きのジョーカーの様に見られ最高のひと時だったww
結局、最後はドライバーが根負けして奇数の7人乗りでタウンを目指さすのであった











2013年度 1月20日 避寒 越冬旅立ち フィリピン~インドシナ


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。


1) 2013年度 初越冬旅立ち LCC航空 セブパシフィック航空 プロモ料金

2) 2013年度 1月20日 避寒 越冬旅立ち 関西空港

3) 2013年1月20日 LCCで関西空港からマニラへ

4) 2013年1月21日 マニラベイ散歩 ダスマリニャスへ向かうのでバクラランへ

5) 2013年1月21日 ダスマリニャス、ピノさん宅で飲み会

6) 2013年1月22日 フィリピン・カビテ・ダスマリニャス 賃貸アパート事情

7) 2013年1月22日 カビテ・ダスマリニャスから再びマニラへ戻る

8) 2013年1月23日 セブシティ ダウンタウン安宿 ゲストハウス

9) 2013年1月24日 セブシティ滞在二日目、個人行動でカルボンマーケットへ

10) 2013年1月25日 セブシティからエアコン無し窓全開バスで南下してリロアン~ドゥマゲッティへ

11) 2013年1月26日 ドゥマゲッティからシキホール島へ渡る。

12) 2013年1月29日 ココグローブ・リゾート・シキホール島 サヌアン地区

13) 2013年1月29日 シキホールのTOM氏のボランティア活動に同行

14) 2013年1月31日 シキホールのTOM・井上邸を離れダストラム・ゲストハウスへ移動する。

15) 2013年2月1日 シキホール島の不思議な伝統医療・呪医 ボロボロ治療法

16) 2013年2月1日 シキホール島をぶらぶら 島民のスナップショット

17) 2013年2月3日 シキホール島 バイクで走る 在住邦人との飲み会

18) 2013年2月4日 ドゥマゲッティからシブラン〜リロアン 路線バスでセブシティへ

19) 2013年2月5日 フィリピンから片道チケットでクアラルンプールへ

20) 2013年2月6日 クアラルンプールで初めての観光 バトゥケイブの巻

21) 2013年2月6日 クアラルンプールからTBS社のバスでマラッカへ

22) 2013年2月9日 朝晩は凌ぎ易いが日中はかるーく30度超えのマラッカ

23) 2013年2月11日 マラッカの安宿でゆるゆる越冬中@プチ沈没

24) 2013年2月12日 マラッカの安宿でゆるゆる越冬中@チャイニーズNew Year

25) 2013年2月13日 マラッカの安宿でゆるゆる越冬中@ここでの過ごし方

26) 2013年2月14日 グッバイ マラッカ、桑島くん安倍首相チーム別々に新たの新境地へ

27) 2013年2月14日〜15日 マレーシアの夜行冷凍庫バスでマラッカからペナン島を目指す。

28) 2013年2月16日 ペナン島 ジョージタウンで春節・旧正月を祝う催しを見に行く

29) 2013年2月16日 ペナン島 ジョージタウンで春節・旧正月を祝うイベント お祭り

30) 2013年2月17日 ペナン島 福建省から来た周さん一族の水上家屋

31) 2013年2月18日 号外 桑島くんから送られて来たメール

32) 2013年2月18日 ペナン島は勿論 マレーシア最大の仏教寺院 極楽寺のライトアップ

33) 2013年2月24日 ペナン島・ジョージタウンは旧正月休みも終わってるのにまだお祭り騒ぎ

34) 2013年2月26日 現在、プチ沈没しているジョージタウン地区・華人エリア

35) 2013年2月27日 現在、プチ沈没しているジョージタウン地区・インド人エリア

36) 2013年3月1日 日本人リタイア組が滞在しているタンジュンブンガと呼ばれる海沿いの街

37) 2013年3月1日 マレー人同志の結婚披露宴に勝手にお呼ばれの巻

38) 2013年3月3日 新しい朝が来た希望の朝が♫ って事でランカウイに移動

39) 2013年3月7日 ランカウイ ・パンタイ・チェナン : パンタイ・ティンガー地区

40) 2013年3月8日 マレーシア・ランカウイからタイ・サトゥーンへ移動

41) 2013年3月9日 タイ南部 サトゥーン 安宿・ゲストハウス 町歩き

42) 2013年3月10日 タイ南部 サトゥーン 観光 町歩き

43) 2013年3月11日 タイ南部 サトゥーンからハジャイへ移動 キャセイゲストハウス

44) 2013年3月14日 ハジャイに滞在中 安宿 タイお守りプラクルアン

45) 2013年3月15日 タイ南部 タイ南部 ハジャイからスラタニへ移動 安宿 ゲストハウス

46) 2013年3月18日 タイ南部 スラターニ ゆるーい街に滞在中 タオ島・パンガン島行きナイトボート

47) 2013年3月20日 タイ南部 スラターニ ゆるーい街に滞在中 観光 町歩き

48) 2013年3月22〜23日 バンコク カオサン界隈で安宿探し奮闘記 おすすめゲストハウス

49) 2013年3月25日 53番バスでワット・アルンの対岸で夕涼み

50) 2013年3月29日 サブカメラの Canon パワーショットS110でバンコク散歩。

51) 2013年3月31日 バンコク下町 散歩 乗合船で行くプラカノーン運河

52) 2013年4月2日 バンコクから北へ500キロ。ピサヌロークへ

53) 2013年4月2日 ピサヌローク 安宿 ゲストハウス

54) 2013年4月3日 ピサヌローク ナーン川 ワット・ヤイ プラクルアンお守り

55) 2013年4月4日 ピサヌロークから列車でチェンマイへ

56) 2013年4月6日 チェンマイ ターペー門界隈 お堀で小坊主さんの托鉢風景

57) 2013年4月9日 昼間はしっかりと暑い4月のチェンマイ・街ぶら

58) 2013年4月10日 4月の暑いチェンマイからラオスとの国境の街 チェンコンへ移動

59) 2013年4月13日 ソンクラン タイ チェンコン 水かけ祭り。

60) 2013年4月14日 ソンクラン タイ チェンコン 水かけ祭り2

61) 2013年4月15日 タイ チェンコンからラオス フェサイへ

62) 2013年4月16日 ラオス・フェサイからスローボートの中間地点パクベンへ

63) 2013年4月17日 スローボート二日目・中間地点のパクベンからルアンパパーンへ









関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/1016-9c0cee17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。