アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラオス・ルアンパパーンから国際バスで ベトナム・ニンピンへ

2013年4月22〜23日 ipad mini 投稿

ラオス・ルアンパパーンから国際バスで ベトナム・ニンピンへ

外国人が現在、ラオスからベトナムへ (逆のコースも入れ) 抜けれる国境は5ヶ所ある。
出来るだけ短距離+短時間でベトナム・ハノイへ抜けれそうな、ナムソイ〜ナーメオ

これについて旅行会社のスタッフに訪ねるが確かに地図上で見ると距離的に短かそうに見えるが
未舗装の悪路につぎ悪路の繰り返しで、途中でいつ出発するかも知れんないバスを
乗り換えたりと現在はまだツーリストが使うには不十分と口ぐちに話していた。

この間の国境越えに関してはさかのぼる事、1ヶ月前から決めていたのだが
ルアンパパーンに到着し、いろいろと旅行会社をまわったりしもって情報を
集めていたのだが、これと言った成果は得れず仕舞いであった。

なんだかんだで最終的には前回に一度使ってる面白みに欠けるルートで国境越えとなった。
その時の過去記事をリンクしておく

http://asiadiver.blog101.fc2.com/blog-entry-433.html


ベトナムへ抜けるにあたりルアンパパーンから先ずはポンサワーンへ

http://asiadiver.blog101.fc2.com/blog-entry-435.html

ポンサワーンからベトナムへ抜ける。
ラオス側の国境・ティンティオからベトナム側の国境・ナムカンに抜ける。



地図



ただ今回は前回のように(上記・リンク過去記事)
ポンサワーンへは寄り道はせずダイレクトにハノイへ行く国際バスが有ったので利用した。

寄り道好きのはずなんだが上記のリンク過去記事を改めて読み返すと
わざわざ寄り道をする値打ちが無い街のようだ。。
すっかり喉元過ぎれば何とやらで再度読み直すまで前回旅の苦労を忘れていた。



image_20130424144722.jpg



ハノイまでのチケットはルアンパパーン市内の旅行会社で380000Kp 4600円 『外国人料金?』
南バスターミナルでも360000Kp 4300円 『外国人料金?』の高値である。
どちらで買おうが南バスターミナルまでは自力で行くことになる。

出発の数日前に散歩がてら歩いてバスターミナルへ行ったが30分の距離である。
荷物が無いので歩いたもののトゥクトゥクで20000Kp 250円の距離である。
バスターミナルの斜め前には中国人資本のマーケットが有り品数も多く街で一番安かった。



image_20130424144723.jpg



ベトナムのシンカフェ等のツーリストバスの様に1列づつの寝台ではないので隣と近く
何かと狭いのだが足元のスペースは変わりは無い。珍しい構造で下段の席はシートが無く

下段はフラットベットの様になっており最初は荷物は室内に入れるのかと思っていたら
途中の村から乗ってくる地元民が乗り込むためのスペースであり上段のシート座席とは

余りにも差別化しておりグレードが違うので驚く。まあ地元民は安いんだろうがね
とにかく足は伸ばせるがとても広いとはいえず、隣の人と気を遣いあいながらの移動となった。



image_20130424144724.jpg



ルアンパパーンを18:00分出発のハノイ行は17:30分、荷物をバスの下へ入れ始める
18:00過ぎのほぼ定刻に出発、ベトナム人・中国人が7割を占め、後は欧州組が占める。

リンクしている過去記事にはバスは右へ左へのカーブが続く道を走り
二度と乗りたくない番つけに入ると書いてあるが今回は寝台バスだったので

それほど感じ無かったのとスマトラ島を縦断した事で忍耐力が付いたのかも知れないww
21:00食事休憩、地鶏の焼き飯30000Kp 380円ボッタクリと無料のお茶で済ます。



image_20130424144756.jpg



カーブの連続に乱暴な運転。。それでも疲れには勝てないようで少し眠ったのか
目を覚ますと5:30分、ラオス国境のティンティオに到着していた。

7:30分にラオス側のナムカン・ボーダーが開くまで待機
さすがに山あいなので涼しいを通り越し肌寒い



image_20130424144755.jpg



7:15分、ボーダーが開きパスポートを提出しスタンプを押され直ぐに出国完了


image_20130424144802.jpg



大きなバックバックはバスに預けて有るがノーチェツクのようでバスからは降ろさずに
歩いて5分のベトナム側のイミグレーションへ画像の地域はどちらの国にも属さない無国籍地帯だ



image_20130424152629.jpg



いつだったか、カンボジアから国際バスでベトナムへ入った際には大きなバックも
セキュリティチェツクが有るので背たろうてイミグレーションに並んだ事を思えば楽チンである
ベトナム側の国境・イミグレーション 制服を着た難しそうな職員が後ろを向いた隙に撮影



image_20130424152634.jpg



入国のカードはマレーシア同様に何も書かずで大丈夫そうだ。
ベトナム人はパスポートに10000ドンを挟みワイロの様に見えるのだが不明だ

周りの欧州組みベトナム紙幣は無いし、どうしたものかと口ぐちに話していて不安そうである。
外国人では一番最初にパスポートを手渡された私は当然、お金など挟まずに受け取り
外へ出て行ったので欧州組みの視線は全員こっちに向けられていたww



image_20130424152632.jpg



ここまでは順調であったがベトナム人も含め外国人全員のパスポートを預け
パスポートにスタンプが押されひとりひとり名前を呼ばれ完了するまで
1時間はかかる。7:30にラオス側を出国して既に9:00である。

ルアンパパーンからの国際バスはベトナム側へ移動して待機。
ところがどこの国かわからないトレッドヘアーの外人ペアが入国にひっかかり
ここで1時間も待たされバスが出たのは10:00をまわっていた。



image_20130424152637.jpg



13:00ようやく昼食休憩、越冬・避寒仲間のトクさんのホームページに書かれてたように
ベトナムは暑く汗が吹き出して来る。昼食はおかず3品のぶっかけ飯とコーラで40000ドン200円

国境を越えて山岳ルートから国道へ出たのは15:30分、次のトイレ休憩は昼食休憩の後
4時間走り通し17:30分にガソリンスタンドで給油の為に15分間の休憩その間に
車外へ出るがここでの蒸し暑さは感じられなかった。

近くに雑貨屋が有ったので缶入りのレッドブルの値段を聞くが20000ドン 100円
馬鹿らしいから立ち去ると15000ドン 80円、喉が渇いてたので更に交渉すると12000ドン 60円

小汚い雑貨屋で飲み物ひとつ買うのにこの調子だ。。ベトナムにきたぞっと実感する。

国際バスの終点はハノイだがせめての寄り道とハノイから100キロ手前の
ニンピンで途中下車するのだが1時間くらい手前の街から雷が鳴り雨が降り出す。

バスのドライバーにはニンピンで降りる事を話していたがすっかり忘れてるようで
ipad mini のGPS機能で街に近づいたのがわかったので運転席へ移動するとドライバーは
ああそうだったなって顔をして何故ニンピンってわかった?不思議な顔をしていた。
最近の旅では荷物になるが便利なデジタル物がいっぱいあるものだ。










2013年度 1月20日 避寒 越冬旅立ち フィリピン~インドシナ


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。


1) 2013年度 初越冬旅立ち LCC航空 セブパシフィック航空 プロモ料金

2) 2013年度 1月20日 避寒 越冬旅立ち 関西空港

3) 2013年1月20日 LCCで関西空港からマニラへ

4) 2013年1月21日 マニラベイ散歩 ダスマリニャスへ向かうのでバクラランへ

5) 2013年1月21日 ダスマリニャス、ピノさん宅で飲み会

6) 2013年1月22日 フィリピン・カビテ・ダスマリニャス 賃貸アパート事情

7) 2013年1月22日 カビテ・ダスマリニャスから再びマニラへ戻る

8) 2013年1月23日 セブシティ ダウンタウン安宿 ゲストハウス

9) 2013年1月24日 セブシティ滞在二日目、個人行動でカルボンマーケットへ

10) 2013年1月25日 セブシティからエアコン無し窓全開バスで南下してリロアン~ドゥマゲッティへ

11) 2013年1月26日 ドゥマゲッティからシキホール島へ渡る。

12) 2013年1月29日 ココグローブ・リゾート・シキホール島 サヌアン地区

13) 2013年1月29日 シキホールのTOM氏のボランティア活動に同行

14) 2013年1月31日 シキホールのTOM・井上邸を離れダストラム・ゲストハウスへ移動する。

15) 2013年2月1日 シキホール島の不思議な伝統医療・呪医 ボロボロ治療法

16) 2013年2月1日 シキホール島をぶらぶら 島民のスナップショット

17) 2013年2月3日 シキホール島 バイクで走る 在住邦人との飲み会

18) 2013年2月4日 ドゥマゲッティからシブラン〜リロアン 路線バスでセブシティへ

19) 2013年2月5日 フィリピンから片道チケットでクアラルンプールへ

20) 2013年2月6日 クアラルンプールで初めての観光 バトゥケイブの巻

21) 2013年2月6日 クアラルンプールからTBS社のバスでマラッカへ

22) 2013年2月9日 朝晩は凌ぎ易いが日中はかるーく30度超えのマラッカ

23) 2013年2月11日 マラッカの安宿でゆるゆる越冬中@プチ沈没

24) 2013年2月12日 マラッカの安宿でゆるゆる越冬中@チャイニーズNew Year

25) 2013年2月13日 マラッカの安宿でゆるゆる越冬中@ここでの過ごし方

26) 2013年2月14日 グッバイ マラッカ、桑島くん安倍首相チーム別々に新たの新境地へ

27) 2013年2月14日〜15日 マレーシアの夜行冷凍庫バスでマラッカからペナン島を目指す。

28) 2013年2月16日 ペナン島 ジョージタウンで春節・旧正月を祝う催しを見に行く

29) 2013年2月16日 ペナン島 ジョージタウンで春節・旧正月を祝うイベント お祭り

30) 2013年2月17日 ペナン島 福建省から来た周さん一族の水上家屋

31) 2013年2月18日 号外 桑島くんから送られて来たメール

32) 2013年2月18日 ペナン島は勿論 マレーシア最大の仏教寺院 極楽寺のライトアップ

33) 2013年2月24日 ペナン島・ジョージタウンは旧正月休みも終わってるのにまだお祭り騒ぎ

34) 2013年2月26日 現在、プチ沈没しているジョージタウン地区・華人エリア

35) 2013年2月27日 現在、プチ沈没しているジョージタウン地区・インド人エリア

36) 2013年3月1日 日本人リタイア組が滞在しているタンジュンブンガと呼ばれる海沿いの街

37) 2013年3月1日 マレー人同志の結婚披露宴に勝手にお呼ばれの巻

38) 2013年3月3日 新しい朝が来た希望の朝が♫ って事でランカウイに移動

39) 2013年3月7日 ランカウイ ・パンタイ・チェナン : パンタイ・ティンガー地区

40) 2013年3月8日 マレーシア・ランカウイからタイ・サトゥーンへ移動

41) 2013年3月9日 タイ南部 サトゥーン 安宿・ゲストハウス 町歩き

42) 2013年3月10日 タイ南部 サトゥーン 観光 町歩き

43) 2013年3月11日 タイ南部 サトゥーンからハジャイへ移動 キャセイゲストハウス

44) 2013年3月14日 ハジャイに滞在中 安宿 タイお守りプラクルアン

45) 2013年3月15日 タイ南部 タイ南部 ハジャイからスラタニへ移動 安宿 ゲストハウス

46) 2013年3月18日 タイ南部 スラターニ ゆるーい街に滞在中 タオ島・パンガン島行きナイトボート

47) 2013年3月20日 タイ南部 スラターニ ゆるーい街に滞在中 観光 町歩き

48) 2013年3月22〜23日 バンコク カオサン界隈で安宿探し奮闘記 おすすめゲストハウス

49) 2013年3月25日 53番バスでワット・アルンの対岸で夕涼み

50) 2013年3月29日 サブカメラの Canon パワーショットS110でバンコク散歩。

51) 2013年3月31日 バンコク下町 散歩 乗合船で行くプラカノーン運河

52) 2013年4月2日 バンコクから北へ500キロ。ピサヌロークへ

53) 2013年4月2日 ピサヌローク 安宿 ゲストハウス

54) 2013年4月3日 ピサヌローク ナーン川 ワット・ヤイ プラクルアンお守り

55) 2013年4月4日 ピサヌロークから列車でチェンマイへ

56) 2013年4月6日 チェンマイ ターペー門界隈 お堀で小坊主さんの托鉢風景

57) 2013年4月9日 昼間はしっかりと暑い4月のチェンマイ・街ぶら

58) 2013年4月10日 4月の暑いチェンマイからラオスとの国境の街 チェンコンへ移動

59) 2013年4月13日 ソンクラン タイ チェンコン 水かけ祭り。

60) 2013年4月14日 ソンクラン タイ チェンコン 水かけ祭り2

61) 2013年4月15日 タイ チェンコンからラオス フェサイへ

62) 2013年4月16日 ラオス・フェサイからスローボートの中間地点パクベンへ

63) 2013年4月17日 スローボート二日目・中間地点のパクベンからルアンパパーンへ

64) 2013年4月21日 四月下旬のラオス ルアンパパーン

65) 2013年4月22〜23日 ラオス・ルアンパパーンから国際バスで ベトナム・ニンピンへ






関連記事


コメント
地図見ながら
チェンコーン、フェサイ、ルアンプラバーンまでは地図無しで
楽しませて頂きました。
ティンティオ、ナムカン、ニンピンとくると???
地図と格闘しながら拝見しております。
バスに書かれたルアンプラバーン-ハノイの文字わくわくします。
自分の行けない土地を見せて頂き感謝です。
ハノイの次は?楽しみにしています。
トクさんも無事帰国されたご様子、
健康に留意されて旅をお続け下さい。

[2013/04/25 02:39] URL | 隼人 #/7Qj3p52 [ 編集 ]

隼人さんへ
こんにちは
現在はハノイから100キロ南のニンピンにいまして
正確に言いますと少し山手に入ったタムコックで滞在しています。

ここは桂林のような山水画の景観のなか川下りが楽しめる所でして
いつだったかNHKの世界紀行で見てから機会が有れば訪れようと思っていた街です。

移動を繰り返していると、いろいろと景色が楽しめて飽きないですが
正直、疲れますよね。。私も一カ所滞在に興味を持ち始め隼人さんのような

暮らしも素晴らしいと思います。今年はもう一度、渡タイして隼人さんの周辺の
アパートを下見してみようと思ってる次第です。
またその時はお逢い出来る事を楽しみにしております。
[2013/04/25 11:51] URL | あじあの☆くん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/1018-6b583326
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。