FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2019.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


ベトナム・ニンピン・タムコック・川下り

2013年4月25日 ipad mini 投稿

ベトナム・ニンピン・タムコック・川下り

いつだったかNHKの紀行番組でここベトナム北部・タムコックが紹介されており
想像ではベトナムの山あいの田舎にあってアクセスの悪い所なんだろうなーって
放送を見ていると。。。 へぇー ハノイから近い所にこんな自然の場所が有るんだわ

機会が有れば訪れたいなーって思い今まで来れず仕舞いでいた。
今回はラオスを出発する前から、どの国境を抜けようがハノイの手前で
降りて今回こそタムコックへ寄ってみようと思っていたのが実現したあんばいである。



image_20130426212126.jpg



ラオスからの国際バスを途中下車したベトナム北部のニンビンの町からから8km程度で
こんな自然が待ち構えてるなんて、ほんと思いもしなかった。

海の桂林と呼ばれているのがハロン湾で、陸のハロン湾と呼ばれているのがタムコックである。



image_20130426212201.jpg



写真を撮るにはややコントラストの弱い早い目の午前がやや暗めで撮れて良いのでは。。
それに日が完全に上りきると屋根の無いボートだけに暑いだろうしね。。

小さな小船に揺られて、雄大な景色に囲まれながら、水を切る音に野鳥のさえずり
風の音も楽しむことができ、何度も言うようだがハノイから高々100キロの距離なんだからね



image_20130426212133.jpg



先ずは船着場でチケットを110000ドン 550円で買い求め待ち構える手こきボートに乗り
2時間近い風景を眺める。漕ぎ手の船頭は女の人。。おばちゃんが多かったなー

農家のおばちゃんが野良仕事の合間の金稼ぎのように思えたけど
とにかくベトナムでは重労働の道路工事で有ろうが女性が頑張っている。

ところでうちのボートは爺ちゃん船頭だった。皆さん足で漕いでる器用なものですな
親切にベトナム語でいろいろと説明してくれるんだが、わかん無いんだよね



image_20130426212207.jpg



水の流れはほとんどなく、水の下にはたくさんの水草が、それのお陰で透明度がある。
水田の周りで川カニを取ってる人がいたりで奇岩以外にもそこで生活している
人々をほんの真近で見れてなかなかのボート遊びでじゅうぶんに楽しめた。

タムコックとは、「3つの洞窟」という意味だそうで
その通り、3つの洞窟(トンネル)があり、それらをくぐっていくことができる。
欧州組のノッポなら頭ぶっけんじゃないかなーってな鍾乳石がたくさん有った。



image_20130426212205.jpg



最後の洞窟を抜けると雑貨屋と祠がある。ここが一応の終点らしく折り返す。
ここから先は水路が極端に狭くまだ2キロほど先までは行けるらしく

交渉で行くかと船頭が誘って来るが辞めにした。極端に水路が狭いので面白いかも知れない。
船頭がボートを違う方向へ向け浅瀬に付けるのでひと昔前のチャオプラヤ川の船頭のように

金の要求で凄んで来るのかと思うと自前の箱から土産を取り出し商売人に転職しだすが
爺ちゃん、悪いけどこれ以上荷物が増えるのは勘弁なんで丁重にお断りした。



image_20130426212131.jpg



さてタムコックと桂林は似てるのかな? 
どうなんだろう。。

桂林の奇岩の方が高さがあるので迫力は桂林が勝るだろう
⇩ 下記は桂林へ行った時の過去記事で有る ⇩

http://asiadiver.blog101.fc2.com/blog-entry-388.html


ここを訪れる皆さん通常はハノイでツアーを手配をして日帰りで来るようだが
最低1泊するのがオススメだと思う。だってボート以外にもレンタル自転車やバイクで

陸からもこの景色が楽しめるのでね。。因みに今回はバイクを選ばずに自転車で
1日走りまわり、色々な景色をカメラに収めた。
安宿情報やその他の画像は帰国後にでも差し入れていくつもりである。









2013年度 1月20日 避寒 越冬旅立ち フィリピン~インドシナ


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。


1) 2013年度 初越冬旅立ち LCC航空 セブパシフィック航空 プロモ料金

2) 2013年度 1月20日 避寒 越冬旅立ち 関西空港

3) 2013年1月20日 LCCで関西空港からマニラへ

4) 2013年1月21日 マニラベイ散歩 ダスマリニャスへ向かうのでバクラランへ

5) 2013年1月21日 ダスマリニャス、ピノさん宅で飲み会

6) 2013年1月22日 フィリピン・カビテ・ダスマリニャス 賃貸アパート事情

7) 2013年1月22日 カビテ・ダスマリニャスから再びマニラへ戻る

8) 2013年1月23日 セブシティ ダウンタウン安宿 ゲストハウス

9) 2013年1月24日 セブシティ滞在二日目、個人行動でカルボンマーケットへ

10) 2013年1月25日 セブシティからエアコン無し窓全開バスで南下してリロアン~ドゥマゲッティへ

11) 2013年1月26日 ドゥマゲッティからシキホール島へ渡る。

12) 2013年1月29日 ココグローブ・リゾート・シキホール島 サヌアン地区

13) 2013年1月29日 シキホールのTOM氏のボランティア活動に同行

14) 2013年1月31日 シキホールのTOM・井上邸を離れダストラム・ゲストハウスへ移動する。

15) 2013年2月1日 シキホール島の不思議な伝統医療・呪医 ボロボロ治療法

16) 2013年2月1日 シキホール島をぶらぶら 島民のスナップショット

17) 2013年2月3日 シキホール島 バイクで走る 在住邦人との飲み会

18) 2013年2月4日 ドゥマゲッティからシブラン〜リロアン 路線バスでセブシティへ

19) 2013年2月5日 フィリピンから片道チケットでクアラルンプールへ

20) 2013年2月6日 クアラルンプールで初めての観光 バトゥケイブの巻

21) 2013年2月6日 クアラルンプールからTBS社のバスでマラッカへ

22) 2013年2月9日 朝晩は凌ぎ易いが日中はかるーく30度超えのマラッカ

23) 2013年2月11日 マラッカの安宿でゆるゆる越冬中@プチ沈没

24) 2013年2月12日 マラッカの安宿でゆるゆる越冬中@チャイニーズNew Year

25) 2013年2月13日 マラッカの安宿でゆるゆる越冬中@ここでの過ごし方

26) 2013年2月14日 グッバイ マラッカ、桑島くん安倍首相チーム別々に新たの新境地へ

27) 2013年2月14日〜15日 マレーシアの夜行冷凍庫バスでマラッカからペナン島を目指す。

28) 2013年2月16日 ペナン島 ジョージタウンで春節・旧正月を祝う催しを見に行く

29) 2013年2月16日 ペナン島 ジョージタウンで春節・旧正月を祝うイベント お祭り

30) 2013年2月17日 ペナン島 福建省から来た周さん一族の水上家屋

31) 2013年2月18日 号外 桑島くんから送られて来たメール

32) 2013年2月18日 ペナン島は勿論 マレーシア最大の仏教寺院 極楽寺のライトアップ

33) 2013年2月24日 ペナン島・ジョージタウンは旧正月休みも終わってるのにまだお祭り騒ぎ

34) 2013年2月26日 現在、プチ沈没しているジョージタウン地区・華人エリア

35) 2013年2月27日 現在、プチ沈没しているジョージタウン地区・インド人エリア

36) 2013年3月1日 日本人リタイア組が滞在しているタンジュンブンガと呼ばれる海沿いの街

37) 2013年3月1日 マレー人同志の結婚披露宴に勝手にお呼ばれの巻

38) 2013年3月3日 新しい朝が来た希望の朝が♫ って事でランカウイに移動

39) 2013年3月7日 ランカウイ ・パンタイ・チェナン : パンタイ・ティンガー地区

40) 2013年3月8日 マレーシア・ランカウイからタイ・サトゥーンへ移動

41) 2013年3月9日 タイ南部 サトゥーン 安宿・ゲストハウス 町歩き

42) 2013年3月10日 タイ南部 サトゥーン 観光 町歩き

43) 2013年3月11日 タイ南部 サトゥーンからハジャイへ移動 キャセイゲストハウス

44) 2013年3月14日 ハジャイに滞在中 安宿 タイお守りプラクルアン

45) 2013年3月15日 タイ南部 タイ南部 ハジャイからスラタニへ移動 安宿 ゲストハウス

46) 2013年3月18日 タイ南部 スラターニ ゆるーい街に滞在中 タオ島・パンガン島行きナイトボート

47) 2013年3月20日 タイ南部 スラターニ ゆるーい街に滞在中 観光 町歩き

48) 2013年3月22〜23日 バンコク カオサン界隈で安宿探し奮闘記 おすすめゲストハウス

49) 2013年3月25日 53番バスでワット・アルンの対岸で夕涼み

50) 2013年3月29日 サブカメラの Canon パワーショットS110でバンコク散歩。

51) 2013年3月31日 バンコク下町 散歩 乗合船で行くプラカノーン運河

52) 2013年4月2日 バンコクから北へ500キロ。ピサヌロークへ

53) 2013年4月2日 ピサヌローク 安宿 ゲストハウス

54) 2013年4月3日 ピサヌローク ナーン川 ワット・ヤイ プラクルアンお守り

55) 2013年4月4日 ピサヌロークから列車でチェンマイへ

56) 2013年4月6日 チェンマイ ターペー門界隈 お堀で小坊主さんの托鉢風景

57) 2013年4月9日 昼間はしっかりと暑い4月のチェンマイ・街ぶら

58) 2013年4月10日 4月の暑いチェンマイからラオスとの国境の街 チェンコンへ移動

59) 2013年4月13日 ソンクラン タイ チェンコン 水かけ祭り。

60) 2013年4月14日 ソンクラン タイ チェンコン 水かけ祭り2

61) 2013年4月15日 タイ チェンコンからラオス フェサイへ

62) 2013年4月16日 ラオス・フェサイからスローボートの中間地点パクベンへ

63) 2013年4月17日 スローボート二日目・中間地点のパクベンからルアンパパーンへ

64) 2013年4月21日 四月下旬のラオス ルアンパパーン

65) 2013年4月22〜23日 ラオス・ルアンパパーンから国際バスで ベトナム・ニンピンへ

66) 2013年4月23日 ベトナム・ニンピン安宿・ゲストハウス

67) 2013年4月25日 ベトナム・ニンピン・タムコック・川下り





関連記事


コメント

無事帰国しました。(・Д・)ノ
川下りは保津川が最後でした。(笑)
のんびりした良い感じのいい写真ですね。
来月は鹿児島に行くので、離島に渡り、カヌーに挑戦します。

[2013/04/27 17:34] URL | Ta@too HIRO #TY.N/4k. [ 編集 ]

Ta@too HIRO さんへ

フィリピンもさぞ暑かったでしょう
私の方もようやく北へ上がり暑気の季節から逃れました。
ベトナムの中でも北はなかなか手強くボッタクリ対策に疲れ気味です。
唯一、癒してくれるのは1杯25円の麦酒
それと昨夜はジンギスカン鍋350円で、ひとり出来上がってましたww
九州もいいね。。 アジアの旅と日本の旅と満喫され羨ましいです。

[2013/04/28 20:17] URL | あじあの☆くん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/1020-951f87d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY