アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


05<<  2017.06 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ベトナム ハイフォンから中国との国境 モンカイへ移動

2013年4月30日 ipad mini 投稿

ベトナム ハイフォンから中国との国境 モンカイへ移動

4月は27日くらいから数日間、ベトナムでは連休に入る。
日本の様にゴールデンウィークって呼ぶのかはわからないが

30日は解放記念日 5月1日はメーデー。。
しかし勤勉なベトナム人は休まずに開店している店は多いのだがね

そう言った事もあり観光地へ向かう電車・バスは混雑する路線も有り
ホテルも場所によっては2倍程度、値上げさる。

そのような理由からハイフォンに暫く居座る予定で有ったが
3日も滞在すると飽きて来て4月30日の朝、Cafeでのんびりとベトナム珈琲を

飲みもって行き交う中距離バスを見ていると、思った程の満員では無さそうなので
思い切って連休の最中で有るが移動する事にした。



image_20130430214820.jpg



そろそろ越冬旅も終盤に向かい帰国の事を考え中国へ抜ける事にした。
ベトナムの北に広がる大国である中国。ベトナム文化のルーツであり
今も変わらずベトナムへ多大な影響を与え続けている。

現在、中国とベトナムを結ぶアプローチは全部で3ヶ所有って
1) ハロン湾を抜け海辺を行くモンカイ〜中国の東興へ抜けるルート
2) ハノイを基点に山間を越えるドンダン〜中国の南寧へ抜けるルート。
3) 少数民族で有名なサパの街近郊を行くラオカイ〜中国の河口へ抜けるルート

3) は既に利用しているのと 2)はハノイには寄りたく無いのでスルー
そうなると残るは 1)のモンカイルートに決まった。

下記はサパからラオカイ〜中国・河口へ抜けた際の過去記事である。

http://asiadiver.blog101.fc2.com/blog-entry-559.html



image_20130430214855.jpg



旅の進行上の癖で次の土地へ向かうバスが発着するバスターミナルが
滞在している宿から歩いて行ける、もしくは公共機関を使い安く行ける場合に関し
出発前に一度、自分の目で確認しておくのが毎度のお約束になっている。

今回も宿から歩いて1時間程で行けそうなんで自分の乗るバスを確認しに出向いた。
画像はモンカイ行が発着するバスターミナルでニンピンからやって来た
バスターミナルとは違いバイクタクシーで500000ドン約20分は離れた距離に位置する。

ニンピンから着いたターミナルは、BEN XE CAU RAO バスターミナル
モンカイへ行くのは、LAC LONG バスターミナル



image_20130430214859.jpg



先ほどのバスターミナル内のチケット売り場にモンカイまで120000ドン600円と
表示されていたのは画像右端のマイクロバスの料金である。

この区間を利用した人が書いているサイトを参考にすると、その人は午前9:30にここを出発し
目的地のモンカイ着が20:00と書かれていたので覚悟が必要だ。

ただ2010年当時の日記であり現在舗装工事中で数年後には完成し
時間が短縮されるだろうとも付け加えてあったので望むところである。



image_20130430214740.jpg



他に書かれていたのはマイクロバスは乗客が少ないと探しもって走るので遅い
しかも。。。それでも乗客が集まらないと同じモンカイ行のマイクロと連携し合い

1台に押し込まれるので、気がつくのが遅いと座席が無くなるので通路に
風呂の椅子のような簡素な物を置きそこに座らされるとも書かれている。

マイクロバスは中国で散々、乗ってるので気にならないが1台に押し込まれるのはゴメンだ
バスターミナルに下見に行った際に大型のバスは無いのかと確認をすると
そんなの無いとハエを追い払う様に相手にされなかったのだが。。。



image_20130430214822.jpg



当日はハイフォンで散髪した店の兄貴が副業でバイクタクシーもしており
いつも安く利用させて貰ったので他のバイクタクシーは50000ドン250円のところ
出発日もバスターミナルまで30000ドン150円で出向いてくれた。

バスターミナルに着く寸前までモンカイ行のマイクロバス120000ドン600円で
行く予定がバスターミナルの手前に豪華な寝台バスが泊まっているではないか!
しかもハロン湾が望める右側の席が空いているので即決で乗ることにした。



image_20130430214821.jpg



先日、バスターミナルへ下見に来た際はモンカイまではマイクロバスしか
運行されていないと言ってたはずなんだが。。

10:10出発の寝台バスで150000ドン750円、マイクロバスとは150円しか違わない。
それに何より乗り心地は良いし乗客が少ないからと他のバスに
乗り換えさせられる心配が無いのが嬉しい。



image_20130430214707.jpg



今回は車窓からの眺めだが前回同様に霧に包まれたハロン湾 
これはこれで水墨画のようで哀愁がある

下記はハロン湾へ訪れた際の過去記事である。

http://asiadiver.blog101.fc2.com/blog-entry-556.html




image_20130430214704.jpg



ラオスも同様だったがバス移動の際に気の効いたドライブインなどでトイレ休憩は無く

途中に野原で男女共トイレをする。これに慣れないと女性は旅が辛いと思う。



image_20130430214746.jpg




image_20130430214744.jpg



寝台バスは一気にモンカイまで走るのかと思っていたら14:00にローカルな食堂で食事休憩



image_20130430214711.jpg



数品おかずを選んでご飯にかけてもらうスタイルの定食と缶コーラを注文
おばさんがテーブルにお金を徴収しに来たので50000ドン250円を支払うと

40000ドン200円の釣りが来た。こんなに安いはずはないと食べながら考えていると
たぶんコーラ代しか取っていないのだろう。。
いつもぼったくられてるので、たまには良いだろうと黙っておいたww


image_20130501094328.jpg



16:00 国境のモンカイに到着した。急げばじゅうぶん国境を目指し中国へ抜けれる時間であるが
今日のところは、じっくり腰をすえ、まずモンカイの街を見て周ることにした。

画像はバスターミナルの前の宿から見渡したモンカイの町である。



image_20130501094331.jpg



宿は一夜限りになると思われるので、あれこれ迷わずにターミナルの前に数件有るので投宿した。
エアコン・テレビ・ホットシャワーが付いて200000ドン 1000円

画像は宿の屋上から見渡した国境の町モンカイ
前夜の雨で洗われたが、国境の町らしく殺伐とした埃っぽい町であり
必要以上にバイクタクシーが声をかけて来て鬱陶しい限りであるお。



image_20130501092106.jpg



中国へ抜けるにあたり、お知らせ。。。

中国へ旅するといろいろと腹の立つことが多いのだが
その中の代表的なものの一つに、インターネットの規制がある

中国政府が自国民に中国政府又は国家に対し
悪口を書いたような記事などを見せなくするために
一部のサイトへのアクセスを規制しているのですが。。。

車の運転で例えれば日本人は、
”事故をおこさないようにするには、どうしたらよいのだろう?”。。と考えますが
中国人は、
”事故をおこしてしまったら保険会社に連絡をすればいい”というように
極端な例だが ”問題発生 → 対応策”で解決!と考える傾向が強い感じがする。

youtubeに規制をかけるGoogleも開かなくする。
私が利用しているFC2ブログに規制をかける

こんなことをして、逆に中国政府の不信感をより
中国国民に多く与えることになると思うのですが。。。

と言うわけでFC2ブログで作っているので、この先の中国では
一切アクセスできなくなり、ブログ更新も出来なくなってしまうと思う。

只今、抜け道を探しているので乞うご期待!
因みに前回は中国で滞在中、ベトナムへ国境を越えブログを更新しに出掛けたり
マカオや香港に越境したりと馬鹿な事をしていたが、もう以前の様に若くは有りませんww

下記はネットカフェへ行くのにパスポートを持っての過去記事です。

http://asiadiver.blog101.fc2.com/blog-entry-558.html












2013年度 1月20日 避寒 越冬旅立ち フィリピン~インドシナ


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。


1) 2013年度 初越冬旅立ち LCC航空 セブパシフィック航空 プロモ料金

2) 2013年度 1月20日 避寒 越冬旅立ち 関西空港

3) 2013年1月20日 LCCで関西空港からマニラへ

4) 2013年1月21日 マニラベイ散歩 ダスマリニャスへ向かうのでバクラランへ

5) 2013年1月21日 ダスマリニャス、ピノさん宅で飲み会

6) 2013年1月22日 フィリピン・カビテ・ダスマリニャス 賃貸アパート事情

7) 2013年1月22日 カビテ・ダスマリニャスから再びマニラへ戻る

8) 2013年1月23日 セブシティ ダウンタウン安宿 ゲストハウス

9) 2013年1月24日 セブシティ滞在二日目、個人行動でカルボンマーケットへ

10) 2013年1月25日 セブシティからエアコン無し窓全開バスで南下してリロアン~ドゥマゲッティへ

11) 2013年1月26日 ドゥマゲッティからシキホール島へ渡る。

12) 2013年1月29日 ココグローブ・リゾート・シキホール島 サヌアン地区

13) 2013年1月29日 シキホールのTOM氏のボランティア活動に同行

14) 2013年1月31日 シキホールのTOM・井上邸を離れダストラム・ゲストハウスへ移動する。

15) 2013年2月1日 シキホール島の不思議な伝統医療・呪医 ボロボロ治療法

16) 2013年2月1日 シキホール島をぶらぶら 島民のスナップショット

17) 2013年2月3日 シキホール島 バイクで走る 在住邦人との飲み会

18) 2013年2月4日 ドゥマゲッティからシブラン〜リロアン 路線バスでセブシティへ

19) 2013年2月5日 フィリピンから片道チケットでクアラルンプールへ

20) 2013年2月6日 クアラルンプールで初めての観光 バトゥケイブの巻

21) 2013年2月6日 クアラルンプールからTBS社のバスでマラッカへ

22) 2013年2月9日 朝晩は凌ぎ易いが日中はかるーく30度超えのマラッカ

23) 2013年2月11日 マラッカの安宿でゆるゆる越冬中@プチ沈没

24) 2013年2月12日 マラッカの安宿でゆるゆる越冬中@チャイニーズNew Year

25) 2013年2月13日 マラッカの安宿でゆるゆる越冬中@ここでの過ごし方

26) 2013年2月14日 グッバイ マラッカ、桑島くん安倍首相チーム別々に新たの新境地へ

27) 2013年2月14日〜15日 マレーシアの夜行冷凍庫バスでマラッカからペナン島を目指す。

28) 2013年2月16日 ペナン島 ジョージタウンで春節・旧正月を祝う催しを見に行く

29) 2013年2月16日 ペナン島 ジョージタウンで春節・旧正月を祝うイベント お祭り

30) 2013年2月17日 ペナン島 福建省から来た周さん一族の水上家屋

31) 2013年2月18日 号外 桑島くんから送られて来たメール

32) 2013年2月18日 ペナン島は勿論 マレーシア最大の仏教寺院 極楽寺のライトアップ

33) 2013年2月24日 ペナン島・ジョージタウンは旧正月休みも終わってるのにまだお祭り騒ぎ

34) 2013年2月26日 現在、プチ沈没しているジョージタウン地区・華人エリア

35) 2013年2月27日 現在、プチ沈没しているジョージタウン地区・インド人エリア

36) 2013年3月1日 日本人リタイア組が滞在しているタンジュンブンガと呼ばれる海沿いの街

37) 2013年3月1日 マレー人同志の結婚披露宴に勝手にお呼ばれの巻

38) 2013年3月3日 新しい朝が来た希望の朝が♫ って事でランカウイに移動

39) 2013年3月7日 ランカウイ ・パンタイ・チェナン : パンタイ・ティンガー地区

40) 2013年3月8日 マレーシア・ランカウイからタイ・サトゥーンへ移動

41) 2013年3月9日 タイ南部 サトゥーン 安宿・ゲストハウス 町歩き

42) 2013年3月10日 タイ南部 サトゥーン 観光 町歩き

43) 2013年3月11日 タイ南部 サトゥーンからハジャイへ移動 キャセイゲストハウス

44) 2013年3月14日 ハジャイに滞在中 安宿 タイお守りプラクルアン

45) 2013年3月15日 タイ南部 タイ南部 ハジャイからスラタニへ移動 安宿 ゲストハウス

46) 2013年3月18日 タイ南部 スラターニ ゆるーい街に滞在中 タオ島・パンガン島行きナイトボート

47) 2013年3月20日 タイ南部 スラターニ ゆるーい街に滞在中 観光 町歩き

48) 2013年3月22〜23日 バンコク カオサン界隈で安宿探し奮闘記 おすすめゲストハウス

49) 2013年3月25日 53番バスでワット・アルンの対岸で夕涼み

50) 2013年3月29日 サブカメラの Canon パワーショットS110でバンコク散歩。

51) 2013年3月31日 バンコク下町 散歩 乗合船で行くプラカノーン運河

52) 2013年4月2日 バンコクから北へ500キロ。ピサヌロークへ

53) 2013年4月2日 ピサヌローク 安宿 ゲストハウス

54) 2013年4月3日 ピサヌローク ナーン川 ワット・ヤイ プラクルアンお守り

55) 2013年4月4日 ピサヌロークから列車でチェンマイへ

56) 2013年4月6日 チェンマイ ターペー門界隈 お堀で小坊主さんの托鉢風景

57) 2013年4月9日 昼間はしっかりと暑い4月のチェンマイ・街ぶら

58) 2013年4月10日 4月の暑いチェンマイからラオスとの国境の街 チェンコンへ移動

59) 2013年4月13日 ソンクラン タイ チェンコン 水かけ祭り。

60) 2013年4月14日 ソンクラン タイ チェンコン 水かけ祭り2

61) 2013年4月15日 タイ チェンコンからラオス フェサイへ

62) 2013年4月16日 ラオス・フェサイからスローボートの中間地点パクベンへ

63) 2013年4月17日 スローボート二日目・中間地点のパクベンからルアンパパーンへ

64) 2013年4月21日 四月下旬のラオス ルアンパパーン

65) 2013年4月22〜23日 ラオス・ルアンパパーンから国際バスで ベトナム・ニンピンへ

66) 2013年4月23日 ベトナム・ニンピン安宿・ゲストハウス

67) 2013年4月25日 ベトナム・ニンピン・タムコック・川下り

68) 2013年4月29日 ベトナム・ニンピンからハイフォンへ移動、安宿探しに疲れ果てる

69) 2013年4月30日 ベトナム ハイフォンから中国との国境 モンカイへ移動






関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/1022-c38dd346
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。