アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


05<<  2017.06 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ベトナム・モンカイから中国へ抜けて広西地域を移動中!

2013年5月1日〜3日 ipad mini 投稿

ベトナム・モンカイから中国へ抜けて広西地域を移動中!


中国でのFC2ブログは開くことは出来ず仕舞いであった。
旅に出てからスタートした忙しい馬車馬ブログは久しぶりに凍結状態で
良しも悪しも越冬旅に没頭出来たが、夜に宿へ帰ってからは暇だったのは言うまでもない。

5月13日現在、中国とマカオとの国境の街、珠海に滞在しており
今日はパスポートとipad mini お金だけを持って日帰りでマカオに抜け
後日に移動を控えてるので安宿でも探しておこうと身軽な格好で国境を抜けた次第だ


今回の越冬旅立ちの前、昨年の暮れあたり準備に入った際に大いに迷ったのが
これから抜けようとする中国であった。

承知の様に昨年の中国関連のニュースは尖閣諸島を舞台にした反日デモで明け暮れ
そのあおりを受け中国へ渡航する日本人ツーリストも随分と激減だった。

今年の年頭辺りから私の知るバックパッカーも大陸移動をして来て大丈夫だったと聞かされた。
今のところは坑日的な目には有っておらず険悪なのは国対国のレベルで有って
身元がわかるパスポート提示義務の宿に関しても友好的に対応して貰っている。



地図



ただ場末の屋台などあらゆる身分の人民が集まり酒が入る席に至っては
無用なトラブルを避ける意味で自身の身分を日本人 (中国では鬼子と呼ぶ) とは言わず

タイゴー (秦人・タイ人)として装ってる限り今のところは絡まれてはいない
屋台などで人民の一部には私が普段から胸に付けている仏様のペンダント (お守り) を見て
相手の方からタイゴー (タイ人) と声をかけてくる、これもお守りの功名と受け取っている。

@ 中国滞在中は当FC2ブログが規制され開かず仕舞いだったので
随分とのんびりさせて貰った。中国のネット規制で観覧不可だったのは
FC2/エクスブログ/YouTube/Googleで検索したサイトは全て観覧不可なので

滞在中はYahooから検索した。そして現在はマカオでブログを再開である。
帰国も真近な為に中国移動中の画像は控えて載せている。
帰国後の再構築をする次第である。



image_20130513124845.jpg



モンカイ〜東興

中国へ抜ける当日の朝は宿の通りにPho (ベトナムの国民食の米麺) を商う店が並んでおり

魚入りのフォー20000ドン 100円を食べてから周辺を撮影しにぶらぶら歩く。
国境までバイタクで直ぐに行けるし中国へ抜けてから欽州までもそれほど距離は無いし
ゆっくりと散歩がてら宿の周辺を歩いたが直ぐに民家が途絶え寂しい街である。

モンカイは時おり小雨模様で肌寒い11:30チェツクアウト 、バイクタクシーで20000ドン100円
国境へ向かうが宿で預けられているパスポートを返して貰うのを忘れ再び宿へ戻る
昨日にあれだけ忘れ防止にと紙に書いておいたのに歳だなぁ。。情けない事だ。



image_20130513124847.jpg



バイクで国境へ向かうにあたり大きな橋を越えた辺りに随分と開けた所があり
どうやら、ここがモンカイの中心地であるようだ。機会が有れば次回はここらに泊まってみよう

ベトナム側国境の建物に入る前に国境通行税と言われるものを20000ドン 100円支払わされる。
他の国境ではお目に掛からない珍しい徴収金で全員支払っているが納得の行かないものだ
ようやくベトナム側のイミグレーションへ入り荷物をX線に通すだけでこれと言って

何も無くノーチェックで抜けてパスポートにスタンプを押され中国側のイミグレーションへ進む。
ところが中国側のイミグレーションでは係員が若い新米のようで要領がつかめてないのか
日本人の利用者が少ないか不慣れで時間が掛かり私の後ろは渋滞になるが
中国では珍しくもう少し待って下さいのような事を笑顔で言われる。気分の良いものだ



image_20130513124932.jpg



中国入国完了、建物の外に出ると国境の町だけに活気が有りベトナム側のモンカイと
正反対なんで興味を持ち、欽州に行く予定が1泊しようと思い安宿探しをするが
国境の周りはお土産屋だらけで安宿が見つからず20分程度歩きやっとこさ見つかる

だが100元1600円と高い。部屋はエアコン・TV付き、Wi-Fiが無い代わりにこんな安宿なのに
デスクトップ・パソコンが置いてある。荷物を置いてから国境付近の土産物屋を見て歩き

川沿いの露店を見て歩くと場末の安宿50元が見つかるが果たして外国人が
泊まれるかは不明である。物価は夕食に頼んだ炒麺10元 160円、燕京ビール(大)5元90円



image_20130513125113.jpg



東興 (ベトナムとの国境がある町) から欽州と言う比較的、距離の離れていない
町へバスで移動する。ガイドブックは荷物になるだけなんで持たずの中国旅

日本人には15日間のビザ無し滞在で入国しているだけに、あれこれと移動している時間は無い

それに、そろそろ帰国が近づいてるだけに取り敢えずは東へ向かうようにした。
移動距離も短いだけに当日の朝はチェツクアウトぎりぎりまで東興の国境沿いを探索した。

欽州へ向かうバス乗り場まで1元の市バスで行ける事は確認したのだが
宿の前にバイクタクシーが待機しており5元で運んでくれるので
重たい荷物も背たろうている事だしドアtoドアの感覚で乗ってしまった。



image_20130513125012.jpg



欽州行の38元バスは12:25出発し座席はチケットに書かれていたが違う席に座るが問題ない。
高速道路に乗っかる欽州に近づき降りる乗客はいるが途中からの乗客は無しで14:20分に到着する。

小雨模様だがバスターミナルの近くで安宿は見つかる。中国各地でよく目にする
○○賓館ってやつでグレードで言えば住宿と書かれたホテルよりワンランク上だろう。



image_20130513125008.jpg



宿の女将は直ぐに55元から50元に値引きしてくれた部屋はトイレ・ホットシャワー・TVもある。
ここの町も涼しくモンカイ〜東興〜欽州と曇り空で天候は良くないのだが
観光旅行をしに来てるのでは無いので今のところ、曇り空の方が快適である。

この町で唯一出向いたのは、宿からバイクタクシー 5元で老街の一馬路・ニ馬路へ出向き

時々雨が降るので軒下で雨宿りしもって歩くが、長雨にはならず助かった。
一馬路・ニ馬路の老街から川沿いを目指すと老人の憩いの場のようで
中国らしい営みを見れ、骨董屋も数軒あり覗きもって町をぶらぶらし
昼は釜飯10元、カフェてな都合の良いのが無く、漢方茶屋で休憩し帰りはバスで1元で戻る。



image_20130513125057.jpg



中国へ来たら今回、出国するまでに買い求めようと日々、品定めをしていた翡翠のブレスレット
自ら玉をひとつずつ自分で余分な柄の入っていないピュアな玉を15個選び出し
数珠 (パワーストーン)として使用するので糸で通して貰い欽州で買う事が出来た。

買い物の後は、明日は移動しようとと決めたので欽州バスターミナルへ
海南島の海口までのバスチケット210元 (フェリー代込み) を買う。

欽州から海口までは440キロらしくバスで1日、移動となりそうなので
宿の前の大型ショッピングセンター内のスーパーでバス移動用のお菓子を買う。










2013年度 1月20日 避寒 越冬旅立ち フィリピン~インドシナ


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。


1) 2013年度 初越冬旅立ち LCC航空 セブパシフィック航空 プロモ料金

2) 2013年度 1月20日 避寒 越冬旅立ち 関西空港

3) 2013年1月20日 LCCで関西空港からマニラへ

4) 2013年1月21日 マニラベイ散歩 ダスマリニャスへ向かうのでバクラランへ

5) 2013年1月21日 ダスマリニャス、ピノさん宅で飲み会

追記) 2013年1月22日 フィリピン・カビテ・ダスマリニャス 賃貸アパート事情

6) 2013年1月22〜23日 ダスマリニャスから再びマニラへあくる日はセブへ向かう

7) 2013年1月24日 セブシティ滞在二日目、個人行動でカルボンマーケットへ

8) 2013年1月25日 セブシティからエアコン無し窓全開バスで南下してリロアンへ

9) 2013年1月26日 ドゥマゲッティからボートでシキホール島へ向う。

10) 2013年1月29日 ココグローブ・リゾート。。。シキホールサヌアン地区

11) 2013年1月29日 シキホールのTOM氏のボランティア活動に同行

12) 2013年1月31日 シキホールのTOM・井上邸を離れダストラム・ゲストハウスへ移動する。

13) 2013年2月1日 シキホール島の不思議な伝統医療・呪医 ボロボロ治療法

14) 2013年2月1日 シキホール島をぶらぶら 島民のスナップショット 1

15) 2013年2月3日 シキホール島 思ひで 回想

16) 2013年2月4日 ドゥマゲッティからシブラン〜リロアン 路線バスでセブシティへ

17) 2013年2月5日 フィリピンから片道チケットでクアラルンプールへ

18) 2013年2月6日 クアラルンプールで初めての観光 バトゥケイブの巻

19) 2013年2月6日 クアラルンプールからTBS会社のバスでマラッカへ

20) 2013年2月9日 朝晩は凌ぎ易いが日中はかるーく30度超えのマラッカ

21) 2013年2月11日 マラッカの安宿でゆるゆる越冬中@プチ沈没

22) 2013年2月12日 マラッカの安宿でゆるゆる越冬中@チャイニーNewYear

23) 2013年2月13日 マラッカの安宿でゆるゆる越冬中@ここでの過ごし方

24) 2013年2月14日 グッバイ マラッカ、桑島くん安倍首相チーム別々に新たの新境地へ

25) 2013年2月14日〜15日 マレーシアの夜行冷凍庫バスでマラッカからペナン島を目指す。

26) 2013年2月16日 ペナン島 ジョージタウンで春節・旧正月を祝う催しを見に行く

27) 2013年2月16日 号外 桑島くんから送られて来たメール

28) 2013年2月16日 ペナン島 ジョージタウンで春節・旧正月を祝うイベント お祭り

29) 2013年2月17日 ペナン島 福建省から来た周さん一族の水上家屋

30) 2013年2月18日 ペナン島は勿論 マレーシア最大の仏教寺院 極楽寺のライトアップ

31) 2013年2月24日 ペナン島・ジョージタウンは旧正月休みも終わってるのにまだお祭り騒ぎ

32) 2013年2月26日 現在、プチ沈没しているジョージタウン地区・華人エリア

33) 2013年2月27日 現在、プチ沈没しているジョージタウン地区・インド人エリア

34) 2013年3月1日 日本人リタイア組が滞在しているタンジュンブンガと呼ばれる海沿いの街

35) 2013年3月1日 マレー人同志の結婚披露宴に勝手にお呼ばれの巻

36) 2013年3月3日 新しい朝が来た希望の朝が♫ って事でランカウイに移動

37) 2013年3月7日 ランカウイ ・パンタイ・チェナン : パンタイ・ティンガー地区

37) 2013年3月8日 マレーシア・ランカウイからタイ・サトゥーンへ移動

38) 2013年3月9日 タイ南部 サトゥーン 安宿・ゲストハウス 町歩き

39) 2013年3月10日 タイ南部 サトゥーン 観光 町歩き

40) 2013年3月11日 タイ南部 サトゥーンからハジャイへ移動 キャセイゲストハウス

41) 2013年3月14日 タイ南部 ハジャイに滞在中 安宿 キャセイゲストハウス

42) 2013年3月15日 タイ南部 タイ南部 ハジャイからスラタニへ移動 安宿 ゲストハウス

43) 2013年3月18日 タイ南部 スラターニ ゆるーい街に滞在中 タオ島・パンガン島行きナイトボート

44) 2013年3月20日 タイ南部 スラターニ ゆるーい街に滞在中 観光 町歩き

45) 2013年3月21〜22日 タイ南部 スラターニから最安値クラスの深夜バスでバンコクへ

46) 2013年3月22〜23日 バンコク カオサン界隈で安宿探し奮闘記 おすすめゲストハウス

47) 2013年3月25日 53番バスでワット・アルンの対岸で夕涼み

48) 2013年3月29日 サブカメラの Canon パワーショットS110でバンコク散歩。

49) 2013年3月31日 バンコク下町 散歩 乗合船で行くプラカノーン運河

50) 2013年4月2日 バンコクから北へ500キロ。ピサヌロークへ

51) 2013年4月2日 ピサヌローク 安宿 ゲストハウス

52) 2013年4月3日 ピサヌローク ナーン川 ワット・ヤイ プラクルアンお守り

53) 2013年4月4日 ピサヌロークから列車でチェンマイへ

54) 2013年4月6日 チェンマイ ターペー門界隈 お堀で小坊主さんの托鉢

55) 2013年4月9日 昼間はしっかりと暑い4月のチェンマイ・街ぶら

56) 2013年4月10日 4月の暑いチェンマイからラオスとの国境の街 チェンコンへ移動

57) 2013年4月13日 ソンクラン タイ チェンコン 水かけ祭り。

58) 2013年4月14日 ソンクラン タイ チェンコン 水かけ祭り2

59) 2013年4月15日 タイ チェンコンからラオス フェサイへ

60) 2013年4月16日 ラオス・フェサイからスローボートの中間地点パクベンへ

61) 2013年4月17日 スローボート二日目・中間地点のパクベンからルアンパパーンへ

62) 2013年4月21日 ラオス ルアンパパーンの4月下旬

63) 2013年4月22〜23日 ラオス・ルアンパパーンから国際バスで ベトナム・ニンピンへ

64) 2013年4月23日 ベトナム・ニンピン安宿・ゲストハウス

65) 2013年4月25日 ベトナム・ニンピン・タムコック・川下り

66) 2013年4月29日 ベトナム・ニンピンからハイフォンへ移動、安宿探しに疲れ果てる

67) 2013年4月30日 ベトナム ハイフォンから中国との国境 モンカイへ移動

68) 2013年5月1日〜3日 ベトナム・モンカイから中国へ抜けて広西地域を移動中!






関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/1023-30cec251
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。