アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タイ北部・チェンセンからメーサイへ

2013年7月26日

現在、渡航中のため2013年度、越冬シリーズ続編は帰国後に再開致します。

本来なら今の季節、日本でのひきこもり生活なんですが
以前に知人から譲渡して頂いたマイレージ『 無料特典旅行 』の有効期限が
迫ってるとの通告から現在は消化旅行に出かけています。

いつもの重たいデジイチは置いておき、CANONのコンパクトデジカメ PowerShot S110
身軽な街ブラスタイルで、デジイチでは見向きもしなかった被写体を
今回は撮影出来ればと思ってる次第です。



タイ全土



ガイドブックには夜になるとチェンセンゲストハウス前のメコン川沿いに
屋台が並び、対岸のラオスは真っ暗のなかローソクの明かりでメコン川を

眺めながら一杯飲めると書いてあったが、現在は雨季であるからなのか
もしくは廃れてしまったのか、数えるほどポツリと出ているだけでそれでもと

覗いては見たものの空模様が怪しいので宿の並びにあるしっかりと屋根の付いた
華人経営の食堂で済ませ夜の散歩も控え早々に宿へ戻った。
観光客なんぞ通過地点と考えてる土地なのか、実に静寂の中、ひとり酒を楽しめた。



image_20130727173223.jpg



あくる日はタイ最北端の町でミャンマーと隣接するメーサイへ移動のため
チェンセンゲストハウス10:30チェックアウト、ソンテウ乗り場へ向かう途中で

乗る予定の1本早い10:40発のからっぽのソンテウが通り掛かったのでドライバーに
メーサイ行きかを確かめて乗車、途中から親子が乗って来たが近場の

ゴールデントライアングルで下車し後はメーサイまで貸し切り状態であった。
チェンセン〜メーサイ・青色ソンテウ1時間、50バーツ

ソンテウの後部座席は車窓からの撮影が出来るんだがタイヤハウスが近いだけに
凹凸があるともろ激痛。。特等席と思ってるはオレだけかなww



image_20130727173225.jpg



道中は舗装されておりチェンコン〜チェンセン間と違って快適に1時間くらいで
メーサイに到着、あらかじめ調べておいたバンブーゲストハウスへと国境の方角に

歩きアーケードの中を通って10分程度で到着、現在は200バーツらしいが
オフシーズンなので直ぐに180バーツに値下げしてくれる。



image_20130727173255.jpg



画像は、お馴染みのタイ・ミャンマー 国境ゲート
空路でタイへやって来て30日観光ビザを与えられてる人間は、ここでちょつくら

ミャンマーでもって出国しちまうとタイへ再入国した際には陸路入国扱いなんで
15日滞在に切り替わっちゃうので注意だね。。



image_20130727173258.jpg



小さな川を挟んで対岸はミャンマー。。夕方になると釣竿を抱えたタイ人が
竿をおろしてるのをよく見かける、何が釣れてるのか見るとやはりナマズであった。



image_20130727173413.jpg



ここに住んでるのか日帰り越境して来てるのか寺院など観光名所では
ミャンマー人の家族の姿を多く見たのだがシャイなのかなかなか撮らせて貰えない



image_20130727173330.jpg



国境に突き当たる大通り、サイクルリキシャ。。走ってる姿はほとんど見ない
地元民にしたってバイクタクシーの方が安くて使い勝手がよいんだろう
なんたって、メーサイは坂道が多いんでね。



image_20130728104911.jpg



メーサイの特産に成りつつあるのか売られてる物でよく目にするのが
天津甘栗・ひまわりの種。。ここでも中国の物資が多く入り込んでる



image_20130728104916.jpg



国境に突き当たる大通りには夕方から屋台が出始める
ここメーサイはチェンセンと違って、けっこうな数が集まる。



image_20130727173411.jpg





image_20130727173439.jpg



予想通りに途中からスコール、それもとんでもない雨量
雨季と分かって旅をしているものの、感心するほどよく降るもんだ
おかげで涼しく大阪と比べ湿度も低いしファンルームで十分快適である。

1泊500円程度の安宿はWi-Fiが使えない代わりに涼しいので
3〜4日 滞在して7月29日にはチェンライへ移動する。









2013年度 7月09日 CANON PowerShot S110 タイの旅


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。


1) 2013年度 CANON PowerShot S110 タイの旅 出発編

2) バンコクのスワンナプーム国際空港からカオサンへ安く行く

3) バンコク MBKでスマートフォンの修理

4) バンコク在住 ブログの読者さんとお食事。

5) バンコク サムセン地区から移動

6) バンコクからパタヤへコストパフォーマンスな宿

7) 安宿・ゲストハウス宿泊者のスイミングプール事情

8) 2013年7月 パタヤ…パタヤ…パタヤ

9) パタヤから北バスターミナルその後チェンコンへ向かう。

10) バンコク北バスターミナル、モーチットマイからチェンコンへ

11) タイ・チェンコンの穴場ゲストハウス

12) チェンコンからチェンセン・ゴールデントライアングル

13) タイ北部・チェンセンからメーサイへ




関連記事


コメント
鉄道員
2枚目の写真が好きです。
人も車もありません、でもその道の先には営みが必ずあります。
昔のイタリア映画『鉄道員』の線路だけを追うシーンがありました。
線路の先には家庭がありました。そんなことを思い出しました。
わたしも直ったGRD4で被写体探しに・・・
[2013/07/28 23:02] URL | 隼人 #/7Qj3p52 [ 編集 ]

隼人さんへ
今回はコンパクトデジカメって事で車窓風景なども撮ってます。
旅先って事で紹介し切れない画像は帰国後にでも。。

って言いながら前回の越冬編も構築しなければいけないし。。
帰国後はデジタルラボに明け暮れそうです。
雨で身動き出来ないチェンライより。。。
[2013/07/29 12:02] URL | あじあの☆くん #- [ 編集 ]


メーサイも、1年足らずでは全く変わらないようですね。
あの猥雑さとタイの田舎町のぬるさが懐かしいです。
バンブーゲストハウスって、アーケードを抜けて、三叉路を越えたあたりですか?
[2013/07/29 21:48] URL | 客桟老板 #- [ 編集 ]


バンブーHOUSEはアーケード抜けて10mくらいの左手です。
夕方のスコールも軒下とアーケードが有るので手ぶらで飯屋に行けました。

でも次回はこの先の二叉路を左に進み右手の雑貨屋が経営してる
ゲストハウスがオススメですね。
[2013/07/30 20:17] URL | あじあの☆くん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/1044-e4d7aca0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。