FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2019.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


チェンライからチェンマイ〜ランプーン



現在、渡航中のため2013年度、越冬シリーズ続編は帰国後に再開致します。

本来なら今の季節、日本でのひきこもり生活なんですが
以前に知人から譲渡して頂いたマイレージ『 無料特典旅行 』の有効期限が
迫ってるとの通告から現在は消化旅行に出かけています。

いつもの重たいデジイチは置いておき、CANONのコンパクトデジカメ PowerShot S110
身軽な街ブラスタイルで、デジイチでは見向きもしなかった被写体を
今回は撮影出来ればと思ってる次第です。



タイ全土



チェンマイの南隣26キロの古都ランプーンに滞在中である。
宿は貧民層のタイ人客しか見当たらない120バーツの木賃宿。。
商人宿が正しいかも。。今回は貴重品を持っておける軽装なので気にならない。

もちろん華人系の笑顔の安売りはしない難しそうな女主人はタイ語のみ理解。。
そんな宿だけにWi-Fiってな言葉も理解して貰えねば環境も無く叱られる始末。。

今回は始めての試みで散髪屋で更新。。ちょーど伸びて来ただけにタイミングは良い。。
客待ちの椅子に座りながらって更新なので手短に数枚画像を貼り付けておく。



image_2013080421235846a.jpg



2013年8月3日

今日は、チェンライから先ずはチェンマイへその後はバスを乗り継いで
チェンマイの南隣26キロの古都ランプーンへ向かうので9:00のバスに間に合うように
8:00すぎにチェツクアウト、ナイトバザールが開かれるバスターミナルに向かった。

グリーンバスは出発30分前からエアコンの効いた車内へ入れ楽チンである。
バスは4割りの客を載せて9:00出発、途中の路上やらバスターミナルで客を拾い
ほぼ100%の乗車率で12:30にチェンマイに到着 料金は144バーツ

ランプーン行に乗り換えようとチケット売り場へ行くと14:30まで無いので
ミニバス乗り場へ向かうと、これまた14:00出発と1時間以上有るので近くの
懐中仏屋へ行ったり、お腹は空いてないが食堂で休憩したりと時間つぶし



image_20130804212105c50.jpg



14:00発のバスに乗り込み25バーツ。。バスは途中に客を拾わずぶっ飛ばす。
車掌に、あらかじめ伝えておいた。ランプーンの旧市街にある有名処のお寺

ワット・ハリプンチャイで降ろしてもらう。歩いて直ぐの安宿は往年の楽宮旅社を
彷彿させるスリ・ランプーン旅社 シングル・トイレ・水シャワー120バーツ。



image_20130804212039f0e.jpg



チェンマイ同様お濠に囲まれた城郭都市であるが、南北1キロ、東西500mの
楕円形をした小都市で、旧市街はチェンマイの6分の1以下と小さく

東側はクワン川が天然のお濠の役割を担っている。
とにかくチェンマイのお濠の中は大きくて歩き疲れただけに、ここは散歩にちょうど良い



image_20130804212035ef7.jpg



冒頭でも古都と書いたのはランプーンはタイ建国の600年以上も昔の7世紀から
13世紀まで古代ハリプンチャイ王国が栄えた地である。



image_20130804212558c85.jpg





image_20130804212557c7a.jpg



時間が止まったような静かな町も魅力だが宿にWi-Fiが無い
外へ出て喫茶店でWi-Fiと思うがそれも無い
今時、どんな町でもひとつは有ろうのインターネットカフェすら見当たらない。。



image_20130804212743714.jpg



リー門に近いハリプンチャイ王国建国の女王ジャマテウィ—さんの像がある一帯は
市場や屋台村があり、市場に関しては昼夜問わず食べ物屋台が開かれている。
この辺り夜になると、さしずめローカル相手のナイトマーケットになる。



image_20130804212225cee.jpg



夕方近くから開店しだす屋台村。。
この季節は屋根がある方が安心出来るね。
ここも飯屋台と飲み物屋台が存在しお互いに共存し合っていた。

ランプーン・Part-1〜Part-2 帰国後に追加します。

さてそろそろ滞在1ヶ月。。
空路観光ビザの期限が迫って来たのでミャンマーとの国境の街
メーソットへ向かうがアクセスの情報が無いので別の意味で楽しみとも言えそうだ。








2013年度 7月09日 CANON PowerShot S110 タイの旅


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。


1) 2013年度 CANON PowerShot S110 タイの旅 出発編

2) バンコクのスワンナプーム国際空港からカオサンへ安く行く

3) バンコク MBKでスマートフォンの修理

4) バンコク在住 ブログの読者さんとお食事。

5) バンコク サムセン地区から移動

6) バンコクからパタヤへコストパフォーマンスな宿

7) 安宿・ゲストハウス宿泊者のスイミングプール事情

8) 2013年7月 パタヤ…パタヤ…パタヤ

9) パタヤから北バスターミナルその後チェンコンへ向かう。

10) バンコク北バスターミナル、モーチットマイからチェンコンへ

11) タイ・チェンコンの穴場ゲストハウス

12) チェンコンからチェンセン・ゴールデントライアングル

13) タイ北部・チェンセンからメーサイへ

14) タイ北部・メーサイからチェンライへ移動・安宿

15)チェンライからメーチャンへ日帰りプチ旅行

16) チェンライからチェンマイ〜ランプーン




関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/1047-f7c1dad9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY