アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メーソト郊外のタイ・ミャンマー国境ゲート付近

2013年 8月6日

現在、渡航中のため2013年度、越冬シリーズ続編は帰国後に再開致します。

本来なら今の季節、日本でのひきこもり生活なんですが
以前に知人から譲渡して頂いたマイレージ『 無料特典旅行 』の有効期限が
迫ってるとの通告から現在は消化旅行に出かけています。

いつもの重たいデジイチは置いておき、CANONのコンパクトデジカメ PowerShot S110
身軽な街ブラスタイルで、デジイチでは見向きもしなかった被写体を
今回は撮影出来ればと思ってる次第です。



タイ全土



先月の7月9日に空路タイへ入国しそろそろ観光ビザでの滞在が許される8月7日が迫って来たので
チェンマイ近郊のランプーンからタイ・ミャンマー国境の街、メーソットへやって来た。
道中のアクセスの画像は時間の都合で帰国後にでも追記更新する。



image_20130807095050e67.jpg



画像はタイ・ミャンマー国境ゲートのタイ側である。
大まかにランプーンからのアプローチであるがランプーンを7:15分のバスに乗り先ずはランパーンへ

その後はターク〜国境の街、メーソット。。ソンテウに乗り換えて国境ゲートに着いた。
14:00に宿へチェツクインしたので約7時間も乗り換えやらも入れ移動して来た事になる。



image_20130807094842226.jpg



通常は宿も飯屋も多く栄えてるメーソットで滞在するのだが
あえて変人の私は寂しい国境で宿を取ることにした。

メーソト街から国境ゲートまでは離れていてバイクタクシー100バーツか、人が集まらないと
なかなか出発しないソンテウ20バーツで約20分走ると国境ゲートに栄えた町に到着する。

ツーリストの目からは街の人種密度は、ほぼミャンマー人にしめられてるように見える。
密入国もけっこうな数なんだろうストリートチルドレンも多く見た。



image_20130807095010340.jpg



タイ・ミャンマー間は大きな川で隔たれているのだが実際は水が流れてる所は狭く
見ていても簡単に渡ってこれそうだ。国境付近にはポリスもそれほど目を光らせておらず
メーソットへ抜ける道で検問を敷いていてパスポート・身分証明書の提示を求められるくらいだ



image_20130807094948091.jpg


画像がタイ・ミャンマー国境を隔てる川である。
数日前に大雨が降り昨年のバンコク並に街に水が溢れたらしいんだが

ここ数日の晴天で川の水は引いたらしい。
川の中州には多くのミャンマー難民が暮らしている。
その生活ぶりは貧困を絵に書いたような暮らしである。



image_20130807094921b5c.jpg



国境の川ではミャンマー人が川を渡って運んで来たのか
ミャンマー煙草やわけの分からない秘薬を並べ売っている。



image_20130807094900ae9.jpg



この男もミャンマーから持ち込んだ秘薬を並べ声をかけて来た。



image_20130807095032fb9.jpg



叔母さんも怪しい秘薬やらを並べ売っている。
果たしてタイ人も含め外国人が買うのだろうか?

国境付近はシュールできな臭ささが残り平和ボケした日本人には興味の尽きない街だった。
今日、7日は国境ゲートを通りミャンマー側の街へビザランへ行く予定である。










2013年度 7月09日 CANON PowerShot S110 タイの旅


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。


1) 2013年度 CANON PowerShot S110 タイの旅 出発編

2) バンコクのスワンナプーム国際空港からカオサンへ安く行く

3) バンコク MBKでスマートフォンの修理

4) バンコク在住 ブログの読者さんとお食事。

5) バンコク サムセン地区から移動

6) バンコクからパタヤへコストパフォーマンスな宿

7) 安宿・ゲストハウス宿泊者のスイミングプール事情

8) 2013年7月 パタヤ…パタヤ…パタヤ

9) パタヤから北バスターミナルその後チェンコンへ向かう。

10) バンコク北バスターミナル、モーチットマイからチェンコンへ

11) タイ・チェンコンの穴場ゲストハウス

12) チェンコンからチェンセン・ゴールデントライアングル

13) タイ北部・チェンセンからメーサイへ

14) タイ北部・メーサイからチェンライへ移動・安宿

15)チェンライからメーチャンへ日帰りプチ旅行

16) チェンライからチェンマイ〜ランプーン

17) メーソト郊外のタイ・ミャンマー国境ゲート付近



関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/1048-61cb1f2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。