アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


05<<  2017.06 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ダスマリニャスからバタンガスへ移動

2013年11月15日 SMART社 SIM LTEor3G回線更新

ダスマリニャス在住邦人の今井さん宅で6日間お世話になって次の目的地でもある
ミンドロ島へ向かうにあたり、何はともあれフェリーの発着地のバタンガス港へ
先ずは向かわなければならないのだがダスマリニャスからの行き方がわからない


ダスマ


いつもはマニラからなので高速道路が延長したおかげで短時間でバタンガスまで楽チンで
結んでいるのだが、どうしたものか。。。一度マニラへ戻るのは芸が無いな〜。。。
地図とにらめっこするもののバタンガスまでは遠回りを強いられそうな予感が。。


バタンガス


ネットで検索をするものの、皆さんマニラを起点に向かわれるので情報が全く無い
たまーにヒットすると知人と自家用車でタガイタイを系由してバタンガスへ行ったとか。。
自家用車の情報なんてなんの役にもたたない。。とにかくタガイタイまで行ってみるか〜


2013112518340492a.jpg


さて出発する同行者だが、三人組なので三両編成の電車に例えると、三両目の
安倍ちゃんは予想通りに脱線と呼ぶのが正しいのか、ここでお見送り組に。。
今井ゲストハウスの居心地が良いのか延泊してその後はアンヘルスへ向かうとの事。。

タクシンさんは私とバタンガスまで同行して単身プエルトガレラへ向かう予定
私は過去何度もプエルトガレラには寄ってるのでミンドロ島へ渡ってから西海岸まわりで
マンブラオ〜サブライアンとミンドロ島南部のロハスへ路線バスに乗って1人気ままに向かおうと思う。

そんな訳から二両編成になった列車は、これと言った情報も無いまま
皆さんに見送られ今井ゲストハウスを後にするのである。


201311251834013a9.jpg


今井ゲストハウスを8:30に出発し玄関先で今井さん、安倍ちゃんに見送られ
二両編成+最終お見送りのナオさんと三名でウォーターモールまでジプニーで向かう。

画像なんだが、出発当日は慌ただしいだろうと前もって撮影してあったタガイタイ行きのバスである。
ジプニーがウォーターモールに到着後、ほとんど待たずにバスがやって来て直ぐに乗車

ナオさんは、私たちの門出を動画に納めようとするが購入後間もないのか操作に手こずり
私たちは既に車内へ最後の挨拶も出来ないままバスはタガイタイ方面へ走り出した。
ダスマリニャス9:05発 40ペソ


20131125183400143.jpg


バスは国道を南下して、予想を上回る早さで9:40分にタガイタイに到着し車掌から
降りるように命じられる。観光地だけにツーリスト目当てのトライシケルが待ち構えており
タール湖のボート乗り場まで1人50ペソと言うが40ペソで両者落ち合い乗ることに

画像でもわかるようにサイドカータイプのトライシケルは座席がせまく大人二人は辛い。
トライシケルを乗ったところは標高の高い所で下界までは約15〜20分くらい掛かる。


20131125183333dff.jpg


フィリピンの地方からマニラへ戻る時、飛行機の窓からよく見えたタール湖であるが

今回は陸から見ることが出来たのでバタンガスまでのアプローチに選んで正解であった。


20131125183328b3f.jpg


フィリピンのルソン島首都マニラ中心街より南約70kmにあるカルデラ湖、周囲40km
タール湖北岸の外輪山標高700mの頂上部に避暑地として人気の高い都市タガイタイがある。

700mから一気にトライシケルで湖畔に降りたら、先の交通手段を聞かねばならない


20131125191408d5b.jpg


赤色の矢印がトライシケルを降ろされた船着場であるが、今回の目的はタール湖の遊覧ではなく
バタンガスへ向う事なので船着場の直ぐ前の湖畔道路でジプニーを拾えると教えて貰った。

僕の計画では赤色の矢印から半時計周りでサン・ニコラス 〜サン・テレーシタと通過して
バタンガスへ向かうと考えていたのだが、地元民に聞くところ時計周りの方向で下へは降りずに
地図上のタナゥアンと言う街へ向かうとバタンガス行きがあると教えられ変更する。


20131125183233876.jpg


上記の内容と重複するが地図上のタナゥアンと言う街へ向かうとバタンガス行きが

あると教えられ船着場の直ぐ前でジプニーを拾って30ペソで向かっている。


20131125183228075.jpg


タール湖、船着場から乗ったジプニーは途中から満員になり、蒸し暑いなか
30分はゆうに乗っただろうか、タナゥアンの市場横で降ろされた。
次はここでバスを拾い、本日の最終目的地のバタンガスへ向う。


20131125194529c41.jpg


タナゥアンパブリックマーケットがジプニーの最終地点でバタンガス行きのバス停は
赤色の矢印の地点で乗ることが出来るのだがバスターミナルと思い込んで行ったのが

間違いでジプニーが普通に止まるような路上なわけ。。すっかり通り越して歩いてると
ガソリンスタンドで燃料補給してるトライシケルがいたので聞いてみると、歩いてる方向の

逆を指差すの。。ひっかえすの面倒になって聞くと10ペソって言うので乗ってみると100mも進まないうちに
ハイ、ストップ。。さっきに通ったジプニーの停車場のようなところがバス停でした。


20131125183229634.jpg


タナゥアンからバタンガス行きのバスは高速道路に乗らずに下の道を通って地図上のリパを通って
バタンガスへ走り、渋滞回避のためか市内は通らずに、このバスターミナルで降ろされる。

ここで千葉のタクシンさんとお別れでかくじ1両編成でタクシンさんはミンドロ島、プエルトガレラへ
僕はバタンガス市内で一泊してから明日の午前中にミンドロ島へ渡る予定である。


201311252204270bb.jpg


赤色の矢印がバタンガスでの宿「QUINIO Hotel」


201311251831241ad.jpg


上の画像のバスターミナルから市内へはジプニーが結んでおり10ペソでバタンガス市内の

以前にも泊まったQUINIO Hotelの真ん前で降ろして貰いPM1:00には宿で荷物を降ろせたって事です。


20131125183124350.jpg


QUINIO Hotel レセプションは二階でファンルームダブル 600ペソ トイレ・シャワー付き
エアコン部屋は950ペソであった。真ん前がブルゴスストリートなので多少の騒音は覚悟でね。。


201311252226465ec.jpg


明日は、いよいよルソン島・バタンガスからミンドロ島のアブラ港へ渡り西海岸沿いをバスで南下して
赤色の矢印のサブライアンまで行けたらいいんだけどとささやかな希望である。










2013年度 1月20日 避寒 越冬旅立ち フィリピン~インドシナ


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。


1) 2013年度 下半期 避寒旅 LCC ピーチ航空プロモチケット

2) 2013年11月6日 関空からピーチ航空で沖縄 那覇へ

3) 2013年11月7日 仙台の安倍ちゃん台湾から沖縄へやって来るの巻き

4) 2013年11月8日 オリオンビール工場見学

5) 2013年11月9日 古宇利島 本部 沖縄そば屋 夢の舎

6) 2013年11月10日 沖縄北部 カメラウォッチング

7) 2013年11月11日 那覇 沖縄ワールド

8) 2013年11月13日 名護市から路線バスで那覇市へ戻る。

9) 2013年11月14日 那覇からピーチ航空で台北へ-1

10) 2013年11月14日 那覇からピーチ航空で台北へ-2

11) 2013年11月15日 台北 街ぶら 龍山寺周辺

12) 2013年11月16日 台北郊外 平渓線一日周遊

13) 2013年11月17〜18日 台北からセブパシフィック航空で深夜にマニラ入り

14) 2013年11月19日 マニラベイウォーク散歩〜ダスマリニャスへ向かう。

15) 2013年11月20日 カビテ州 ダスマリニャス エリアC地区-1

16) 2013年11月22日 カビテ州 ダスマリニャス エリアC地区-2

17) 2013年11月23日 ダスマリニャス、トンド地区からの移住者たちが暮らす街

18) 2013年11月25日 ダスマリニャスからバタンガスへ移動




関連記事


コメント
羨ましくて拝見しています
仕事が終わって1杯飲みながら拝見しています。
自分が旅している様で 良いブログですね!
自分はとても行けないので 毎年 今年の越冬はどこかな!なんて眺めていますw
では
今 飲んでいて覚えていないけど 以前も投稿したことあるかもですw
[2013/12/01 20:26] URL | Kouki Uchida #UtCGRf0M [ 編集 ]

Kouki Uchidaさんへ
私も日本で滞在中は一杯やりもって旅ブログを読むのが楽しみですね
旅をしもっても馬車馬ブログだけに、画像制限があって
全貌がお伝えできないのが残影です。
引き続き宜しくお願いします。
[2013/12/02 07:25] URL | あじあの☆くん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/1083-38e16e63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。